MENU

アコムで10万円を借りたときの金利はいくらになる?金利の決まり方や注意するポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

アコムで10万円を借りたときの金利はいくらになるのか、毎月の返済額はどうなのか詳細な情報が欲しい人もいるはずだ。

貸金業者のカードローンには総量規制というルールがあり、年収の1/3を超える借入を原則禁止としている。そのため、10万円を借りる場合には、最低でも30万円以上の年収が必要となるのだ。

総量規制は、全ての貸金業者からの借入合計が、年収の1/3を超えてはならないことに留意して欲しい。つまり、アコム以外からの借入金額も合計して計算されるのだ。アコムで適用される金利について知り、どれくらいの金額が借りられるか知っておくことは、計画的な利用をするために非常に重要となる。

そこで本記事では、アコムで10万円を借りたときの金利・金利の決まり方・注意するポイントについて説明していく。

アコムでの借入について関心のある方や他社との比較を知りたい方は、是非この記事を読んで参考にして欲しい。

目次

アコムで10万円を借りたときの金利はいくらになる?

アコムのWebサイトでは、金利は3.0〜18.0%の範囲に設定されていることが分かる。この範囲で具体的にどの金利が適用されるのか、判断に困ることがあるかもしれない。

結論から書くと、金利は審査結果や借入限度額によって変動するのである。利用限度額10万円で10万円借入した場合、通常は18.0%の金利が適用されると考えていい。

アコムの金利は、多くの消費者金融会社と同じように最高18.0%である。一方、銀行のカードローンは一般的に15.0%未満の金利が多いのだ。

アコムには契約日の翌日から30日間金利0円で借入できるプランがある。したがって、返済が短期間で可能ならば、アコムの方が銀行のカードローンよりもお得になる可能性がある。

利用限度額による適用金利について詳しくみていこう。

アコムの金利は年3.0%〜年18.0%

アコムの金利は高い方なのだろうか?アコムの金利を他社と比較してみたので以下に示す。

会社名金利(年)
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
SMBCモビット3.0%~18.0%

アコムの実質年率は3.0%~18.0%であり、他社と比較してもあまり変わらないことが分かる。つまり、消費者金融では一般的な金利といえるのだ。

アコム利用初回時には30日間金利0円サービスもあるので、短期間返済を考えている場合にはメリットが大きい。

返済方式は定率リボルビング方式で、35日ごとの払いか毎月払いかを選択しなければならない。定率リボルビング方式とは、借入残高に対して一定の割合で支払う方法である。いわゆる「リボ払い」のことだ。

定率リボルビング方式では、以下の計算式によって返済額が決まる。

借入額​​×一定の割合=返済額                                                   

利用限度額が10万円以上100万円以下の場合の金利

カードローンの融資は、厳格な総量規制に則っている。この総量規制は、個人が年収の1/3を上限として融資を受けることができる制限をさしている。

詳しくいえば、各借り手は自分の年収の範囲内で融資を受けることができるが、その際には他の金融機関からすでに受けている借入額も考慮されるのだ。

この仕組みによって、借り手が他の融資と合算しても、総年収の1/3を超えない範囲での借入が制限される。

利用限度額が10万円以上100万円以下であれば、年収300万円は必要となる。この場合の上限金利は18.0%である。

アコムの金利の決まり方は?

アコムの金利は、個々の借入に応じて設定される金利に基づいている。具体的には、顧客の信用スコアや契約条件によって異なる。

通常、信用スコアが高く返済能力がある場合は低い金利が適用される。逆に、信用スコアが低いか返済能力に欠ける場合は高い金利が課せられやすいのだ。

金利には、固定金利と変動金利の2つのタイプがある。固定金利は契約時に設定されたのち変動しないが、一定期間同じ水準を維持する。

一方、変動金利は市場状況に応じて変動する可能性があり、金利水準が変化することが予想される。

金利の詳細は契約時に提示され、契約書やアコムの公式Webサイトを通じて確認することができる。この際、金利だけでなく、契約条件や返済プランも注意深く確認することが不可欠になる。

返済計画を検討する上で、金利は重要な要素であり、適切な判断を下すためには事前に確認が必要だ。

利用限度額によって階層が分かれている

アコムでは契約極度額を大きく3層に分け、借入金額に対するパーセンテージを決めている。

各回の返済金額は以下のとおりである。





各回の返済金額
契約極度額30万円以下の場合借入金額の4.2%以上
契約極度額30万円超の場合借入金額の3.0%以上


契約極度額100万円超の場合
借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

イメージは階層による返済金額の表である。

たとえば、契約極度額30万円以下の場合で、10万円を借入したとする。

100,000円×4.2%=4,200円 ただし、1,000円未満は切り上げとなるため返済額は5,000円となる。

利率は金融情勢などによって随時変動する

利率の変動が随時変動しているのはなぜか、変動する理由を挙げていこう。

中央銀行は経済をコントロールするために、政策金利を変更する。この政策金利の変動は、金融機関が設定する借入金利にも影響を及ぼす。

経済が成長すると一般的に需要が増加し、中央銀行はインフレを抑制するために利上げを検討することがある。

逆に、不況時には需要が低下し、中央銀行は景気刺激のために利下げを行うことがあるのだ。これが利率に変動をもたらす。

インフレが上昇すると、中央銀行は物価上昇を抑えるために利上げを行うことがある。これは利率変動の一因となる。

資金の需要と供給も金利に影響を与える。需要が高まると金利が上昇し、需要が下がると金利が下がる傾向にあるのだ。

このように、金融情勢などによって利率は随時変動するのである。

利息の計算方法

利息は、借金をする際に発生する費用の一部のことだ。具体的な金利の割合によって、借入金額に対する利息が決定される。たとえば、金利が10.0%の場合、1年間で借りた金額の10.0%分の利息がかかる。

10万円を金利10.0%で1年間借入れた場合、利息は1万円になる。この金利は借りた金額に10.0%の金利をかけることで計算できる。

この計算結果を365日で割ることで1日あたりの利息が求められる。

そして、この日々の利息を借入日数にかけることで、完済時にかかる総利息が計算できる。このようにして、利息の発生や返済時の負担を詳細に計算することができるのだ。

金利の仕組みを理解し返済計画を立てる際には、借入金額や期間だけでなく、金利の影響も注意深く考慮しよう。

これにより、借金に伴う利息負担を最小限に抑え、返済プランをより効果的に構築することが可能となる。

利息の計算式

利息=借入残高×借入利率÷365日×利用日数が利息の計算式である。借入当日は利用日数に含まれない。1円未満の端数は切り捨てる。

たとえば、50万円を金利18.0%で30日利用した場合、50万円×18.0%÷365日×30日=7,397円となる。

10万円を金利年18.0%で30日借りた場合の利息

10万円を金利18.0%で30日借りた場合の利息は、10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円である。

10万円を金利18.0%で10日借りた場合の利息は、10万円×18.0%÷365日×10日=493円となる。

借入期間が短くなれば、支払う利息も少なくなることが分かる。

契約極度額が30万円以下の場合は最低返済額は5,000円であり、契約極度額が30万円超100万円以下の場合は最低返済額は3,000円となる。

毎月の返済額を少なくしたい場合は、契約極度額を大きく希望することも一考かもしれない。         

利息を計算するなら返済シミュレーションを活用

利息を計算するなら、返済シミュレーションを活用すると様々な利点がある。返済シミュレーションを利用すると、毎月の支払額・総返済額が即座に明確になる。

このサービスを活用するには、基本的な情報として金利・返済期間・希望借入額が必要となる。

このシミュレーションを通じて、具体的な返済計画を簡単に策定できるのだ。返済計画がクリアになることで、自分のプランに適した毎月の支払額をみつけることが容易となる。

返済のイメージが具体的になれば、精神的な負担も軽減される可能性がある。返済シミュレーションを行うことで、金利の負担が予想以上に感じられることや返済期間が長引くことが少なくなるはずだ。

返済シミュレーションツールは、スマートフォンからも手軽にアクセスが可能である。そのため、Webサイトでの融資申込前に手軽に返済計画を把握することができるのだ。

しかも、このサービスは無料で使用回数に制限がないため、何度でも利用できるのは便利である。

以下に返済シミュレーションを活用するメリットを挙げてみよう。

  • 返済計画の立てやすさ
  • 返済額の予測
  • 金利の影響の理解
  • 早期返済の影響
  • 比較検討の容易性

これらのように返済シミュレーションを活用すると、借入・返済計画を検討する上で非常に有用なのだ。

必要事項を入力するだけで簡単に計算できる

返済シミュレーションには必要事項を入力するだけで簡単に計算できるのだ。必要事項とは、借入希望額・借入利率・返済回数を指す。

また、返済期間でシミュレーションする場合は、借入希望額・借入利率・毎回の返済金額を入力しよう。

返済額・返済期間のシミュレーションが可能

返済シミュレーションは先述したとおり、返済希望額・返済期間の2つの要素に基づきシミュレーションが可能である。

このシミュレーションを通じて、個々の借り手は自分にとって最適な返済プランをみつけることが可能となる。

返済希望額と返済期間を変更しながら試算することで、毎月の返済額や総返済額に関する情報を簡単に取得できるのだ。

返済シミュレーションの利用は、借入に関する懸念や不安を軽減する手段となる。自分の返済能力に合わせた計画を立てることで、無理のない返済が可能となる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アコムの金利について注意するポイント

アコムの金利について注意するポイントを4つ挙げてみよう。

  1. 借入契約において適用される金利には、固定金利と変動金利の2つの種類がある。固定金利は契約締結時に一定の割合で設定され、契約期間中に変動しない。変動金利は市場の状況に応じて変動する可能性があるのだ。契約前にどちらの金利方式が採用されるのかを確認が必要である。
  1. 金利は借り手の信用スコアや返済能力に基づいて設定されることがある。高信用スコアを有するほど低金利が期待できる。自分の信用スコアを確認し、金利に及ぼす影響を理解しておくことが重要となる。
  1. 金利以外にも、契約に際して発生する可能性のある追加費用や手数料が存在する。契約書や公式Webサイトで情報を確認し、総返済額コストを正確に理解しておくべきだ。
  1. 低金利であるほど返済額を抑えられるが、個々の返済能力に合わせた返済プランを立てることが大切だ。負担なく返済できるプランを検討しなければならない。

これらのポイントを考慮して、アコムの金利について詳細な情報を確認することが重要である。

アコムの借入方法や審査について知りたい方は、以下の記事も参考にして欲しい。

上記に併せて、アコムで借入をするメリットも記載している。

アコムカードローンの金利について詳しく知りたい方はこちら

「アコムの金利|アコムカードローンの利息や計算式についても解説!」

<118 アコム 金利>

消費者金融カードローンの金利を比較

消費者金融カードローンの金利を比較する際に、注意すべきポイントについて挙げていく。

金利には固定金利と変動金利の2つがあることは前述した通りだ。固定金利は契約時に設定され契約期間中は変動しないが、変動金利は市場変動に従って変化する。

さらに実質年率の比較も重要だ。金利だけでなく手数料や諸費用を考慮に入れた、実際の支払総額を示すもので、総融資コストの指標となる。

各消費者金融の借入限度額は異なるため、必要な借入額を確認することが重要だ。同時に、審査の厳しさも比較対象となり、急な資金需要に対応する上での重要な要素となる。

また、返済条件にも留意しなければならない。返済期間やボーナス返済の可否など、自分のライフスタイルに合った柔軟なプランを選択すべきである。

消費者金融で採用されている残高スライド元利定額リボルビング方式・新残高スライドリボルビングがあるが、これらの方式は借入残高によって毎月の返済額が変わるのが特徴となっている。

以下に消費者金融カードローンの比較を示す。

会社名実質年率無利息期間利用限度額
アコム3.0%~18.0%はじめての方は30日間最大800万円
アイフル3.0%~18.0%はじめての方は30日間最大800万円
プロミス4.5%~17.8%はじめての方は30日間最大500万円
レイク4.5%~18.0%30/60/180日間最大500万円

プロミス

プロミスの金利は4.5%~17.8%で、最大500万円までの融資となる。18~74歳の本人に安定収入がある方が対象である。主婦・学生でもアルバイト・パートなどの安定収入があれば申込できるが、高校生は不可である。

ここでは残高スライド元利定額返済方式を採用されており、返済期間は最長81ヶ月である。はじめての方は30日間無利息が適用される。

金利(実質年率)年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件18歳以上74歳以下
(高校生を除く)
担保・保証人不要

アイフル

アイフルの金利は3.0%~18.0%で他社と同水準であり、融資は最大800万円である。満20歳以上69歳までの方で、定期的な収入と返済能力がある方が対象となる。

アイフルでは借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用しており、返済回数は最長60回である。

アイフル

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

             

SMBCモビット

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%で、最大800万円の融資となる。満20歳~74歳の安定収入のあることが条件で、派遣社員・パート・アルバイト・自営業の方でも申込できる。

借入後残高スライド元利定額方式を採用しており、返済回数および返済期間は最大60回である。返済能力その他の事情を考慮し、合理的理由があると認めた場合に限り最長106回にできる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり※
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

 

レイク

レイクの金利は4.5%~18.0%で、最大500万円の融資だ。満20歳~満70歳までの方が申込可能である。満71歳になった時点で新たな融資は停止となる。

残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式の両方を採用しており、返済回数は最大60回である。                  

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

ORIX MONEY

ORIX MONEYの金利は1.5%~17.8%で、最大800万円の融資が設定されている。満20歳~69歳までの方が申込可能で、毎月定期収入があることが条件だ。

返済方式は新残高スライドリボルビングで、返済回数は最長147回である。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.5%〜年17.8%
審査時間最短60分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円〜800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住の方
・満20歳以上69歳以下の方
・毎月定期収入がある方
担保・保証人不要

dスマホローン

dスマホローンの金利は3.9%~17.9%で、最大300万円の融資ができる。ドコモ所定の要件を全て満たす方が申込可能だ。満20歳以上満68歳以下の日本国内に居住する個人が対象となる。

返済方式には、残高スライド元利定額リボルビング方式が採用されており、返済回数は最長96回だ。                  

au PAYスマートローン

au PAYスマートローンの金利は2.9%~18.0%で、最大100万円の融資である。本人名義のau IDを持っている顧客で、満20歳以上70歳以下が対象だ。

元利均等定額の借入時残高スライドリボルビング方式を利用し、返済回数は最長60回である。

三井住友カード カードローン

三井住友カードローンの金利は1.5%~14.5%で、最大800万円の融資である。申込時に満20歳以上69歳以下が対象で、安定収入があることが条件である。年金収入だけの方は利用できず、使途が事業性資金では利用できない。

残高スライド型元利定額返済方式が使われており、最長返済回数は設けられていない。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

ファミペイローン

ファミペイローンの金利は0.8%~18.0%で、利用限度額は最大300万円である。満20歳以上70歳以下で安定収入がある方が対象となり、パート・アルバイト収入がある方も利用可能である。

残高スライドリボルビング方式を採用し、返済回数は最長120回である。

アコムの申込方法

アコムの申込方法は4種類あるので、以下に示していこう。

1つ目はインターネットによる申込だ。24時間365日いつでも申込できるので非常に便利である。申込後に必要書類を提出すると、審査へと進む。審査結果がメール送信されるので、内容に同意すれば契約完了となる。

アコムカードを受け取る場合は、店舗に行くか郵送かを選択する必要がある。カードレスで契約することも可能だ。

2つ目は店舗での申込である。必要書類を用意し、近くの自動契約機(むじんくん)へ行く。来店前にインターネットで申込をしておくと、来店後の手続きが早くなるのでおすすめだ。

審査結果はその場で回答されるので、内容に同意すると契約完了となる。その場でのカード発行もでき、すぐにATMから借入可能である。

3つ目は電話での申込だ。フリーダイヤルで電話し申込を行う。ただし、18時以降の電話は翌日受付となるので注意してほしい。必要書類を提出後に審査が行われ、審査結果の内容に同意すると契約完了となる。

カードを受け取る場合は、店舗へ来店するか郵送かを選択しなければならない。ただし、アコムから自分の口座に送金する「振込みで借りる」を利用すれば、カードレスで借入が可能だ。

4つ目は郵送による申込である。電話申込同様にフリーダイヤルに電話し、申込書類を請求する。申込書類到着後、必要事項を記入し必要書類の写しを返送すれば審査へと進む。

審査結果が電話で連絡されるので、審査結果の内容に同意すると契約完了となる。契約書類とカードが後日自宅へと郵送される。

カード到着後に、マイページにログインするかフリーダイヤルへ電話するとカード利用ができるようになり、ATMで借入が可能となる。

アコムが利用できる条件

アコムを利用するには、いくつかの条件をクリアする必要がある。20歳以上で安定収入があれば利用が可能で、年齢の上限制限は特段設けられていない。

アルバイトやパートでも安定収入があれば利用できるため、収入が多くない20~30代の若年層には利用しやすいと言える。また、年金受給者であっても、年金以外に安定収入・返済能力があれば利用可能である。

過去の債務履歴や返済能力が審査のポイントになることに留意したい。

また、アコムを利用するには日本国内に住んでいることが必要であり、申込時に本人確認書類が求められる。

アコムの金利について知りたいなら

本記事では、アコムの金利について説明してきた。まとめると、固定金利は契約期間中は変動せず、変動金利は市場変動に応じて変動する可能性があるということになる。

アコムの契約書には金利に関する詳細が具体的に記載されている。したがって、金利の計算方法・変動条件・追加料金などについて契約書を確認・理解しておかなければならない。

金利は個々の信用スコアや返済能力に基づいて設定されることがある。自分の信用スコアを確認し、金利にどのように影響するかは理解しておくことが重要だ。

契約書や公式Webサイトで、金利以外にも契約に伴う追加費用や手数料を確認することが大切である。

金利が低いほど返済額が軽減されるが、自分の返済能力に合わせてプランを検討することが必要となる。返済シミュレーションを行い事前に確認するといい。

契約書やWebサイトで利息について十分に理解し、返済シミュレーションを有効活用することでアコムの金利を知ることができるはずだ。

記事の内容を理解して、アコムを効果的に活用できるようにしてもらいたい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要
目次