MENU

FP2級と3級はどう違う?受験資格や合格率、試験範囲を徹底比較

国家資格でもある「ファイナンシャル・プランニング技能士」

1〜3級までの種類があるが、試験範囲や合格率にはどのような違いがあるのだろうか。

本記事では、受験者数の多い2級と3級の違いについて解説していく。出題形式の違いやダブル受験についても解説していくため、ぜひ受験の際の参考にして頂きたい。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

FP2級と3級の違い

ファイナンシャル・プランニング技能検定を受ける際、2級と3級のどちらを取得するか悩む人も多いだろう。

「どうせなら2級から受験しよう」と思っても受験資格を満たしておらず受験できない場合もあるため、まずは2級と3級の違いについて押さえておこう。

受験資格の違い

FP2級と3級の大きな違いとして、受験資格が挙げられる。3級の受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっているものの、書類の提出などは求められないため、実質誰でも受験が可能といえる。

一方、FP2級の受験資格は次のように定められている。

①日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した人
②3級FP技能検定、金融渉外技能審査3級(旧審査試験)の合格者
③2年以上のFP業務の実務経験を有する者
参考:日本FP会「3級・2級FP技能検定 試験要綱」

①②については受講者番号や合格証明書のコピーの提出が必要となっている。これらの受験資格を満たしていない場合は、③の実務経験の自己申告によって受験が可能だ。

ここでいう実務経験は、証券会社や銀行などの金融機関での勤務経験に限らず、下記のような業務も実務経験として認められる。

・会計事務所の職員
・不動産会社や建設会社で土地建物取引
・建築・相談業務に従事する人
・税理士、弁護士、司法書士、行政書士などで、資産に関する相談業務に従事する人
・一般事業会社や官公庁における福利厚生担当者、金融・財務・経理担当者 など
参考:日本FP協会「2級FP技能検定 受検資格『実務経験』について」

受験費用の違い

FP2級と3級は受験にかかる費用も異なる。詳細は次の表の通りだ。

検定名学科実技合計
2級FP技能検定5,700円6,000円11,700円
3級FP技能検定4,000円4,000円8,000円
出典:日本FP協会「受検手数料」(※2022年9月実施分の受験手数料)

どちらも受験申請後に試験科目の変更はできないため、どの級を受験するかよく検討してから申し込もう。試験範囲の違い

FP2級と3級の試験範囲は重複する部分もあるが、2級ではさらに広い試験範囲が設定されている。

■学科試験範囲

3級2級
ライフプランニングと資金計画
1.FPと倫理
2.FPと関連法規
3.ライフプランニングの考え方・手法
4.社会保険
5.公的年金
6.企業年金・個人年金等
7.年金と税金
8.ライフプラン策定上の資金計画
9.ローンとカード
10.ライフプランニングと資金計画の最新の動向
3級の範囲+11.中小法人の資金計画
リスク管理
1.リスクマネジメント
2.保険制度全般
3.生命保険
4.損害保険
5.第三分野の保険
6.リスク管理と保険
7.リスク管理の最新の動向
3級と同範囲
金融資産運用
1.マーケット環境の理解
2.預貯金・金融類似商品等
3.投資信託
4.債券投資
5.株式投資
6.外貨建商品
7.保険商品
8.金融派生商品
9.ポートフォリオ運用
10.金融商品と税金
11.セーフティネット
12.関連法規
13.金融資産運用の最新の動向
3級と同範囲
タックスプランニング
1.わが国の税制
2.所得税の仕組み
3.各種所得の内容
4.損益通算
5.所得控除
6.税額控除
7.所得税の申告と納付
8.個人住民税
9.個人事業税
10.タックスプランニングの最新の動向
3級の範囲
11.法人税
12.法人住民税
13.法人事業税
14.消費税
15.会社、役員間および会社間の税務
16.決算書と法人税申告書
17.諸外国の税制度
不動産
1.不動産の見方
2.不動産の取引
3.不動産に関する法令上の規制
4.不動産の取得・保有に係る税金
5.不動産の譲渡に係る税金
6.不動産の賃貸
7.不動産の有効活用
8.不動産の証券化
9.不動産の最新の動向
3級と同範囲
相続・事業承継
1.贈与と法律
2.贈与と税金
3.相続と法律
4.相続と税金
5.相続財産の評価(不動産以外)
6.相続財産の評価(不動産)
7.不動産の相続対策
8.相続と保険の活用
9.相続・事業承継の最新の動向
3級の範囲
10.事業承継対策
11.事業と経営
出典:日本FP協会「3級 試験範囲」「2級 試験範囲」

■実技試験範囲

3級2級
・関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたFP
・FPのプロセス
・顧客のファイナンス状況の分析と評価

3級の範囲+・プランの検討・作成と提示
出典:日本FP協会「3級 試験範囲」「2級 試験範囲」

表内太字で記載している部分が2級のみで出題される範囲である。特に、タックスプランニングについてはより広い分野の税制が出題範囲となっているため、2級ではより計画的に学習に取り組むことが大切だ。

出題形式の違い

FP2級と3級では出題形式や試験の問題数も異なる。

3級2級
学科実技学科実技
出題形式マークシートマークシートマークシート記述
問題数60問20問60問40問
出典:日本FP協会「2級FP技能検定 受検資格『実務経験』について」

2級では実技の問題数が多くなることに加えて、記述式での回答となる。計算による回答も求められるなどより実務的な出題が多くなるため、しっかりと対策をしておこう。

なお、合格基準についてはいずれも60%以上となっている。

合格率の違い

最後に、FP2級と3級の合格率を比較してみよう。

FP技能検定は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体が実施しているが、ここでは日本FP協会実施分の合格率を用いるものとする。

■2022年実施分(日本FP協会主催分)

3級2級
学科実技学科実技
1月87.01%90.75%41.51%56.33%
5月83.37%90.33%49.20%62.11%
9月80.78%84.44%42.16%56.55%
参考:日本FP協会「FP技能士の取得者数 及び 試験結果データ」

FP3級ではおよそ80〜90%の合格率となっているのに対し、2級になると40〜60%ほどまで合格率が下がる。この結果から見ても、2級の合格には計画的な学習と対策が求められることが分かる。

FP2級と3級はダブル受験可能?

FP2級と3級では試験範囲が重複しているところが多いため、「できるなら同時に受験したい」と考える人もいるだろう。

しかし、FP2級と3級の試験は同日同時間に開催されることから、ダブル受験は不可能となっている。

3級の合格後に2級の受験を検討している人は、最低でも4ヶ月の期間が開くことを理解しておこう。

まとめ

本記事では、FP2級と3級の違いについて解説してきた。2級と3級は試験範囲が重複するところが多いものの、2級はより実務的な知識が求められる。2級になると合格率も大きく下がるため、計画的な学習を行い試験に取り組むことが大切だ。

なお、2級と3級のダブル受験はできないため、受験にあたってどちらか一方の級を選ぶこととなる。2級の受験資格を満たしていればいきなり2級から受験することも可能だが、しっかり知識を身につけて試験に臨むためには、3級から順番に受験することがおすすめである。

\ IFAへの転職を検討している方は /

目次