MENU

30代で証券会社から転職する際のポイント|よくある転職先もご紹介

証券会社に勤務して30代を迎えると、今後のキャリアについて見つめ直す機会も増えてくるだろう。思い切って転職に踏み切るのであれば、しっかりとポイントを押さえておくことが大切だ。

この記事では、30代で証券会社から転職する際に押さえたいポイントやよくある転職先について紹介していく。

また、証券会社から転職をする際に利用をおすすめする転職エージェントについても解説するので、ぜひ本記事を参考に転職活動を進めていこう。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

30代で証券会社から転職する際のポイント

証券会社に勤務する30代が転職する場合は、以下のポイントを押さえておくことが大切だ。

  • 自分の強み・市場価値を分析する
  • 転職したい理由を明確にしておく
  • 年収アップを目指すなら同じ業界への転職

転職活動をしっかりと成功させるためにも、上記3つのポイントを押さえておこう。

自分の強み・市場価値を分析する

転職活動をしていく上で重要になるのが「自己分析」である。

自分の強みや市場価値を分析し、強みを活かせる業界や企業にアプローチしていくことが大切だ。

30代になるまで証券会社で働いている場合、金融の専門知識を有しているだけでなく、顧客との信頼関係を築く対人能力も身に付いているケースが多い。相手のニーズをヒアリングしつつ、最適な商品を提案する営業力が強みとなるだろう。

転職活動を始める際は、自分の強みや市場価値を正しく認識し、転職後にどのように役立てるかを考えていくことから始めてみよう。

転職したい理由を明確にしておく

年齢が上がると高度なスキルが求められるため、30代での転職は場合によってはラストチャンスになる可能性がある。中途半端な覚悟で転職活動を始めてしまうと失敗するリスクが高く、後悔してしまう可能性があるため注意が必要だ。

例えば、職場の人間関係に悩んでいる場合、上司に相談したり、部署の異動を希望したりすることで解決できる可能性がある。

無理に転職をしなくても解決できるのであれば、今の職場の環境を改善することに力を入れる方が良いかもしれない。

「本当に転職が必要なのか」「転職したい気持ちは一時的ではないか」をしっかりと見極めることが、30代で転職をする場合のポイントだ。

年収アップを目指すなら同じ業界への転職

転職したい理由が「もっと高い年収で働きたい」という理由なのであれば、同じ金融業界での転職がおすすめである。

なぜなら、新たな業界にチャレンジすることで年収が下がる可能性が高いためだ。証券会社は他業種と比べても年収が高い傾向にあり、30代であれば年収1,000万円を超えるケースも珍しくないだろう。

しかし、ほかの業界で30代から年収1,000万円を目指すのは容易ではない

「新しい仕事にチャレンジしたい」という場合は他業種でも良いだろう。

しかし仕事内容に不満がなく、「もっと良い待遇で働きたい」と考えているのであれば、同じ金融業界のなかでもっと自分を評価してくれる企業を探すことをおすすめする。

証券会社からの転職先

証券会社から転職する場合、以下の業界を選ぶケースが多い。

  • 同じ金融業界
  • M&A仲介
  • コンサルティング業界
  • IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)

証券会社からの転職を検討している方は、こちらを参考に自分が進む業界を考えてみよう。

同じ金融業界

証券会社からの転職先として多いのが、ほかの証券会社や銀行、生命保険会社などである。これまで培ってきた金融の知識や営業力を活かし、同じ金融機関で活躍するケースが多い。

特に仕事内容に不満はないものの、より良い待遇を求めて転職をするという場合は、自分をもっと評価してくれる金融機関への転職がおすすめだ。

また語学力に自信があり、さらなるキャリアアップを目指すのであれば外資系金融機関を目指すこともできる

30代であれば専門的な金融知識や営業力などのスキルが十分に身に付いているため、金融業界でのキャリアアップを目指して転職することを視野に入れてみよう。

M&A仲介

証券会社からほかの業界に転職する場合、M&A仲介を選ぶケースが多い。これまで証券会社で培ったスキルを活かしやすい上に、高収入も期待できる業界である。証券会社の顧客にも経営者が多いが、M&A仲介でも相手をするのは経営者が基本だ。

企業の買い手と売り手のニーズを聞き出しながら双方が納得する条件での買収にするためには、証券会社で培われたコミュニケーションスキルが役に立つ。また企業買収では大きな金額が動き、発生する報酬も高額になりやすい。

中小企業の後継者問題は今後の日本でも大きな課題となるため、M&Aの需要はさらに高まっていくだろう。

やりがいのある大きなビジネスであり、収入面でも魅力がある点がM&A仲介への転職者が多い理由だ。

コンサルティング業界

証券会社からの転職先としては、コンサルティング業界も少なくない。

高い成果を求められる部分が共通しており、証券会社で培った「いかにして成果を出すか」というマインドがコンサルティング業界でも役に立つ。

ただし、個人での営業成績が求められやすい証券会社に比べ、コンサルティング業界はチームで動くケースが多い。顧客の課題をチームで話し合いながら改善策を話し合い、実行に向けて動いていく形だ。

周囲との協調性も求められるため、チームで協力しながら働きたい人はコンサルティング業界が向いているだろう。

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)

近年、証券会社からの転職が増えているのがIFAだ。IFAとは既存の金融機関からは独立した立場で、顧客の資産運用をサポートする専門家である。

業務内容が証券会社と似ているため、IFAを転職先に選ぶ人も多い。

証券会社からIFAに転職するメリットとしては、以下の3点が挙げられる。

  • 会社のノルマに縛られず、顧客に最適な商品を提案できる
  • 歩合制の報酬体系が多く、成果を出すほど収入が高くなる
  • 転勤などの制度が基本的にないため、顧客と長期的な関係を築ける

日本ではまだまだ認知度が高くないIFAであるが、米国では家計のマネードクターのような役割を担っている

今後は日本でも拡大していく可能性が高く、証券会社からの転職先として選ぶ人も増えていくだろう。

証券会社時代に身に付けたスキルや実績を活かし、IFAを目指してみてはいかがだろうか。

証券会社からの転職は転職エージェントの利用がおすすめ

証券会社は激務であるケースが多く、転職活動のための時間を割くのが難しい場合がある。特に30代で転職をする場合、責任ある立場になり始めて忙しくなるだろう。働きながらでもスムーズに転職活動を進めるのであれば、転職エージェントの利用がおすすめだ。

自分のスキルや実績にマッチした求人情報を紹介してくれるだけでなく、面接の日程調整や給与の交渉まで代行してくれるため、働きながらでも転職活動を進められる

また、面接を受けることが決まったら、転職先企業に合わせた面接対策までサポートしている。

一般には公開されていない「非公開求人」を紹介してくれる可能性もあり、魅力的な求人情報に出会えるかもしれない。

近年では業界に特化した転職エージェントサービスも存在している。求職者側は無料でサービスを利用できるため、気軽に転職エージェントを利用してみてはいかがだろうか。

まとめ

30代で証券会社から転職したい場合、転職したい理由を明確にした上で自分の強みや市場価値を分析することが重要だ。

同じ金融業界やM&A仲介、コンサルティング業界、IFAなど、さまざまな転職の選択肢があるため、自分に合った業界を選んでいこう。

また、証券会社で働きながら転職活動を進めるのであれば、転職エージェントの利用がおすすめだ。

あらゆる面で転職活動をサポートしてくれるため、気軽にサービスを利用してみよう。

\ IFAへの転職を検討している方は /

目次