MENU

転勤・異動先への手土産は準備すべき? 決める際のポイント

転勤や異動が決まった際、元いた職場や移動先の職場へ、何か手土産を準備すべきか迷う人も多いだろう。
当記事では転勤・異動先への手土産は準備すべきか、準備する際のマナーやポイントはなにか、手土産のおすすめのギフトはなにか、などについて解説する。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

転勤・異動先への手土産は準備したほうがよい?

結論としては、転勤先・異動先のいずれにおいても、手土産を準備する必要は原則としてないが、持参した方が心象が良くなると考えらえるので持参をおすすする。

贈り物自体がマイナス評価になることはほぼないので、準備自体は悪いことではない。むしろ「贈り物が会話のきっかけになった」といったプラスの影響はあると考える。

準備すべきかわからないときは、社内の風習を調べたり、以前異動した方に話を聞いてみたりしておこう。
臨機応変な対応が大切になる。

なお、営業職の場合は、転勤・異動先の前任者と一緒に取引先などへ挨拶まわりに行くケースがある。
このケースでは、前任者の指示に従って準備するか否かや、何を持っていくと良いか等を決定しよう。

転勤・異動先に渡す手土産を決める際のマナー・ポイント

転勤・異動先に渡す手土産を決める際には、いくつか押さえておきたいポイントが存在する。

手土産の予算は3,000~5,000円程度

転勤・移動先に渡す手土産の予算は、3,000~5,000円程度に収めるのがよいだろう。

一般的に、支店のような感じで1拠点数十人ぐらいの人数がいる様な所では、大きなお菓子の様なものを渡すのが一般的ではないだろうか。1個100円〜200円程度で、1人ひとりに個別包装されているようなお菓子が配りやすくおすすめである。

また、もし贈る相手が特別お世話になった取引先や目上の方であれば、5,000~10,000円程度のものでも問題ない。当然ながら、数百円レベルの安い土産は逆に失礼に当たる。

どの値段の土産においても大切なのは、高級感や品を感じさせるものを選ぶことだ。友人に贈るものではなく、あくまでビジネスシーンでの「感謝の気持ち」、「今後お世話になる挨拶」を表すものだと認識しておこう。

日持ちしないものや保存が難しいものなどは避ける

日持ちしないものや保存が難しいものは、転勤・移動先へ贈る手土産としては好ましくない。万が一消費しきれないときに、ゴミ捨ての手間や余計な気を使わせることにつながるだろう。例えば食べ物だと、生物は避けるべきだ。

手土産を選ぶ際は、次の点を意識するとよいだろう

・賞味期限が長いもの
・焼き菓子など常温で保存できるもの
・調理が必要ないもの
・食べたり作ったりする際に手間がかからないもの(崩れる、溶ける、引っ付くなど)

贈ってはならないものを避ける

贈り物のマナーとして、贈ってはならないものを避けることも大切だ。転勤・異動先へ贈るものとしてはポピュラーではないものの、一応覚えておくとよい。また、こちらから転勤・異動する上司や同僚に贈る際も同様である。

贈ってはならないものの代表は次のとおりだ。

贈ってはならないものその理由
白いハンカチ別れを連想させる
ビジネスアイテム(ペン、腕時計、かばん)「もっと勤勉になれ」の意味がある
刃物縁を切るという意味がある
履物・靴下相手を踏みつける、下に見ているなどの意味がある
ベルト「気を引き締めて」「腹をくくって」などの意味がある
苦や死を連想させる

なお、現在では刃物は「未来を切り開く」、櫛は「揉め事を解きほぐす」など、別の意味を持つものがある。とはいえ誤解を招かない意味でも、贈らないほうが無難だと考えられる。このあたりも、会社ごとの風習がないかチェックしておこう。

個包装のものを選ぶ

職場単位で配ることも多い転勤・異動先への手土産は、個包装となっているものを選ぶのがおすすめだ。個包装の手土産にするメリットは次のとおりである。

・転勤や異動先の人数に合わせやすくなる
・シェアがやりやすい
・持ち帰りや一時保存が容易となる
・衛生面がよい

このように、個包装の手土産は受け取った側にとっては、さまざまな面で臨機応変に扱いやすくなる。

のし紙のマナーを守る

相手へ渡す手土産には、のし紙(贈答品や慶事などのときに添える飾り)に関する適切なマナーを守るようにしよう。転勤・移動先に渡す手土産における、のし紙のマナーを見ていこう。

・白と赤の蝶々結びののしを選ぶ
・転勤や異動先であれば表書きに「御挨拶」と記入、元の職場へ贈る場合は「御礼」と記入する

結婚祝いや慶事の際のマナーと比べると、気にすべき要素は少ない。とはいえ、失礼のないように最低限の部分は押さえておこう。地域ごとの風習・伝統によって異なるケースもあるので注意したい。

もしも、のし紙のマナーに不安を覚えるのであれば、手土産を購入したお店のサービスカウンターなどに相談するとよい。

転勤・異動する際の挨拶

転勤・異動する際に大切なのは、転勤・移動先やお世話になった職場へ行う挨拶である。手土産を準備しない場合も、社会人として挨拶はしっかりと行おう。以下では挨拶の際に注意すべきポイントをまとめた。

社内の方に挨拶する際のマナー

転勤・異動の公示が発令された後で、社内の方に正式な挨拶を行う。関係の深い職場や人物には早い段階で直接出向いて挨拶し、関わりが少ない場合はメールの一括送信などで挨拶を済ませよう。

転勤・異動はあくまで社内での出来事であり、転職ではない。配置が変わった後も、引き続きお世話になる前職場の上司・同僚も少なくないだろう。できる限り多くの方に挨拶を済ませておきたいところだ。

また当然ながら、自分の後任となる方への仕事の引き継ぎや、自身のデスク・ロッカーの整理なども忘れてはならない。引き継ぎの時間をしっかり確保し、滞りなく完了できるようにしておこう。

社外の方に挨拶する際のマナー

取引先やその他社外の方に挨拶する際は、できる限り先方に直接訪問して挨拶しよう。営業の場合は、前任者または後任者と一緒にあいさつ回りすることも多いので、そのときに済ませることになるだろう。

先方とスケジュールが合わないときは、電話やメールでも構わない。メールを送る際は、一括送信にはせず、個別にメッセージをするのがマナーとなる。

手土産におすすめのギフト

ここからは手土産とするのにおすすめのギフトをまとめた。迷った際の参考としてほしい。

クッキーやフィナンシェなどの日持ちするお菓子

転勤・異動先への手土産として代表的なものは、日持ちするお菓子系となる。苦手な人が少なく個包装のものが多い、理想的な手土産の1つといえる。どのような種類にするかは、事前に職場や上司にさりげなく聞いておくのがよいだろう。

日持ちするお菓子として挙げられるのは次のとおりだ。

・クッキー
・フィナンシェ
・チョコレート
・ラスク
・せんべい
・饅頭

コーヒーギフト

コーヒーギフトであれば、職場での一服用にも使えるビジネス向けの手土産となる。いつでも買えるお手軽なインスタントタイプよりも、普段は手が届きにくい高級感あるコーヒーを選ぶのがおすすめだ。

前の職場で有名な特産品

もしも転勤先が遠方で、前の職場がある地域の有名な特産品が手に入りにくい環境である場合は、その特産品を持っていくと喜ばれる可能性が高い。特産品をきっかけに、会話が発展することも期待できるだろう。

手土産の準備は贈る相手のことを考える

転職・異動先への手土産を準備する際に一番大切なのは、手土産を贈る相手のことを考えることだ。相手が気持ちよく受け取りやすいよう、「個包装のもの」「日持ちするもの」「食べやすいなど消費しやすいもの」など、受け取る相手に配慮したものを準備したい。

相手が喜ぶ手土産を渡せれば、転勤・異動後の人間関係もよい方向に働くはず。感謝の気持ちやお近づきの印を示す意味でも、用意できる方は手土産の準備を検討してはいかがだろうか。

\ IFAへの転職を検討している方は /

目次