MENU

証券アナリストとは?試験内容や資格取得のメリットを解説

 証券アナリストとは、高度な金融知識を活かして企業の価値を分析する専門家のことを指す。

証券会社などで活躍する証券アナリストにあこがれを持つ方も多いだろう。しかし、

  • 証券会社などで活躍する証券アナリストになるには、一体どのような資格や準備が求められるのだろうか。
  • 証券アナリスト資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか。

 と疑問に思う方が大半ではないか。

本記事では、証券アナリストの業務内容や必要な資格、試験内容について解説する。証券アナリスト資格(CMA)取得のメリットも解説していくため、金融機関でキャリアアップを目指す人は本記事を参考にしてみよう。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

証券アナリストの概要

証券アナリストとは、高度な金融知識・スキルを活用して企業価値を分析するプロフェッショナルのことを指す。

ここでは、証券アナリストの具体的な業務内容や必要な資格について解説していく。

証券アナリストの業務内容

証券アナリストは証券会社や運用会社に在籍し、企業の分析や顧客への助言、レポートの作成などを行っている。

自身が担当する企業や業界について継続的な調査を行い、企業の投資先としての将来を予測して顧客に情報提供することが主な業務内容だ。企業が発表する決算情報や財務諸表などをもとに数理的なアプローチで分析することが多いため、専門的な分析スキルが求められる

一方で自ら企業に赴いて、経営陣への取材や調査などを行うケースもあるため、コミュニケーション能力も必要な仕事だ。多角的なアプローチ方法を用いて企業を分析し、「現在の株価は適正水準か」「今後株価はどう推移していくか」などの内容を顧客に提供するのが基本的な業務内容である。 

必要な資格

証券アナリストには必須の資格というものが存在しない

業務に必要な金融知識やスキルを身に付け、関係する部署に行けば証券アナリストとして活動できる。

 しかし、証券アナリストとしてのキャリアを目指すのであれば、CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)の取得がおすすめだ。CMAとは、日本証券アナリスト協会が運営・認定する民間資格であり、証券アナリストとして働く上で必要な企業分析や財務分析などを幅広く学習できる資格だ。

 証券アナリストを目指す人は、CMAの認定に向けて勉強していこう。

CMA認定までの流れ

CMAの認定には、指定の講座の受講や試験の合格が必要となる。

基本的に以下の流れでCMAの認定を受けることになるため、あらかじめ確認しておこう。

  1. 第1次レベル講座(6つの学習分野)を受講
  2. 第1次レベル試験(3科目)のすべてに合格
  3. 第2次レベル講座を受講
  4. 総合試験である第2次レベル試験に合格
  5. 実務経験が通算3年以上あると認められたらCMA認定

 CMAの認定を受けるためには、講座の受講や試験の合格に加え、通算3年以上の実務経験も求められる。認定までのハードルが高く、時間がかかる資格であるため、長期戦となる覚悟を持って臨むことが大切だ。

高度な知識とスキルを身に付けるためにも、計画的に学習スケジュールを立てて勉強していこう。

取得にかかる費用

証券アナリストの資格取得にかかる費用は、以下の表の通りである。

講座受講料(消費税込)受験料(消費税込)
第1次レベル会員受講者:54,000円一般受講者:60,000円科目Ⅰ:6,400円科目Ⅱ:3,300円科目Ⅲ:3,300円
第2次レベル57,000円(会員への割引はなし)15,000円

 日本証券アナリスト協会の法人会員・法人賛助会員の会社に所属している場合、第1次レベル講座の受講料が割引される。

合格までにどれくらいの費用がかかるかを確認し、受験に向けて費用を準備していこう。

 

試験で学習する内容

証券アナリスト資格の認定を受けるためには、「CMA第1次レベル講座」「CMA第2次レベル講座」の受講に加え、各レベルの試験合格が必要である。

それぞれの講座で学習する内容について確認していこう。

CMA第1次レベル講座

CMA第1次レベル講座では、以下の分野について学習していく。

  1. 証券分析とポートフォリオ・マネジメント
  2. 財務分析
  3. コーポレート・ファイナンス
  4. 市場と経済の分析
  5. 数量分析と確率・統計
  6. 職業倫理・行為基準

試験では「科目Ⅰ」が①、「科目Ⅱ」が②〜③、「科目Ⅲ」が④〜⑥の学習範囲となる。講座は6つの学習分野をまとめて受講することになるが、試験は科目別の受験が可能だ。受講料に講座テキストの代金が含まれており、各学習分野の体系的な解説や具体例が記載されたテキストを受け取れる。

日本証券アナリスト協会のマイページから過去5年分の過去問と解答もチェックできるため、試験に向けて計画的に学習していこう。

CMA第2次レベル講座

CMA第2次レベル講座では、以下の分野について学習していく。

  • 証券分析とポートフォリオ・マネジメント
  • 財務分析
  • コーポレート・ファイナンス
  • 市場と経済の分析
  • 数量分析と確率・統計
  • 職業倫理・行為基準

 基本的な学習分野は第1次レベル講座と変わらないが、第2次レベル講座の試験では全ての学習分野が1つにまとまった総合試験である。

第1次レベル講座では基本的な学習内容が中心であるのに対して、第2次レベル講座は応用力や想像力が求められる。記述式の問題が中心であり、結論に至るまでの論理展開も採点対象となるため、しっかりと準備していこう。

 

証券アナリスト資格を取得するメリット

証券アナリスト資格(CMA)の認定を受けると、以下のようなメリットがある。

  • 専門的な金融知識が身に付く
  • 転職・就職に役立つ幅広い
  • 業界で活躍できる
  • 顧客から信頼されやすくなる

 CMAの認定を目指している人は、モチベーションを高めるためにも上記のメリットを確認していこう。

専門的な金融知識が身に付く

CMAでは、企業の財務分析や市場・経済の分析などを総合的に学習できる。金融業界で役に立つ実践的な知識やスキルを身に付けられる点が大きなメリットだ。

特に、職業としての証券アナリストを目指している場合、企業の決算情報や財務諸表などのデータを数理的なアプローチで分析する専門知識が求められる

高度な金融知識を体系的に学習できるCMAの認定を受けていれば、証券アナリストとして必要な資質も自然と備わっていくだろう。金融業界でのキャリアアップや証券アナリストを目指している人は、CMA認定を目指すことをおすすめする。 

転職・就職に役立つ

基本的に証券アナリストの業務は、新卒から採用されるケースは少ない。

ほかの部署や職種で実績を積んだ人が、適正を認められて証券アナリストに関係する部署に異動になったり、中途採用されたりするパターンがほとんどだ。

異動や転職で証券アナリストとしての適正を示したい場合、CMAの認定は非常に効果的である。高度な金融知識を身に付け、金融・投資のプロフェッショナルであることの証となるため、転職や就職でも大きく役に立つだろう。

 また、証券アナリスト以外の職種を目指す場合でも、企業の財務部門やIR部門などへの転職でも有利になる資格だ。キャリアの選択肢が広がり、転職や就職を有利に進められるようになる点もCMA認定を受ける魅力と言えるだろう。

幅広い業界で活躍できる

CMA認定が活用できる業界・職種は、証券アナリストだけではない。

金融系では銀行や信託銀行、証券会社、投資運用などに所属し、保険系では生命保険や損害保険に所属している方が一定数いる。

このように、CMAを取得した人はさまざまな会社に所属し、活躍することができる。

また、主な活躍分野に以下のような職種が挙げられる。

  • リサーチ・アナリスト(企業・産業調査)
  • エコノミスト(経済分析)
  • ストラテジスト(投資戦略)
  • クオンツ・アナリスト(計量分析)
  • ファンド・マネージャー(投資運用)
  • インベストメント・バンカー(企業金融)
  • コンサルタント
  • 公認会計士

さまざまな業界や職種で活躍できる点は、CMA認定の大きなメリットである。

今後のキャリアの選択肢を広げたいと考えている人は、CMA認定に向けて学習を深めていこう。

顧客から信頼されやすくなる

CMAの認定を受けた場合、自分の名刺などに「日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)」と記載することができる。

専門知識を有しているプロフェッショナルであることを示せるため、顧客からの信頼を得やすい点が大きなメリットである。

もちろん資格を持っているからといって必ずしも仕事ができるわけではない。

しかし、CMA認定を受けるまでにしっかり勉強してきた証であるため、顧客からの信頼につながっていくだろう。顧客に対して高度な金融知識を持っていることを証明できる点は、CMA認定を受けることの魅力と言える。 

まとめ

証券アナリストは企業価値や市場・経済の分析をし、顧客への情報提供やレポート作成などを行う専門家のことである。業務を行う上で必須の資格はないものの、基本的には日本証券アナリスト協会が主催する「CMA」の認定を受けるケースが多い。

 CMAを取得すれば専門的な金融知識が身に付き、転職・就職に役立つというメリットがある。

認定を受けるまでに長い時間と労力を要するため、しっかりと覚悟を持って学習に取り組もう。

\ IFAへの転職を検討している方は /

目次