MENU

カードローンが審査なしで借り入れ可能?少額で即日融資できる方法を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

急な出費や資金繰りに便利なカードローンだ。

しかし、審査なしで借り入れたい方もいるだろう。

審査には時間がかかる為、できるだけ早く借りたい場合や、自己破産してブラックリストに入っている為審査なしでカードローンを利用したい方もいるかもしれない。

本記事では、カードローンが審査なしで借り入れ可能かどうかについて解説する。

また、少額で即日融資できる方法も紹介する。

審査なしでできるだけ早くお金を借りたい方はぜひ参考にしてみてほしい。

目次

カードローンが審査なしで借り入れ可能とは?

結論からいえば、審査なしで借り入れ可能なカードローンはない

カードローンで審査が必ず行われる理由については後ほど詳しくご紹介する。

しかしながら非常に簡単な審査でカードローンが利用できたり、最短20分ほどで審査が終了したりして、即日融資が可能なカードローンはある。

あっという間に口座にお金が振り込まれる為、実質的に審査がないように感じる場合もあるだろう。

ただし、繰り返しになるがまったく審査のないカードローンは存在しない。

審査なしで融資可能といっている金融業者があるとすれば法律を無視して違法な貸し付けをしている闇金業者なので注意しよう。

利用を検討することなく、審査があっても法律に法律に則った対応をする事業者を選ぶようにしよう。

急な出費や資金繰りに便利なカードローンだ。

しかし、審査はあると覚えておくことが大切だ。

カードローンの審査について詳しくは知りたい方はこちら。

審査なしで即日融資可能の消費者金融カードローンとは

すでに説明したように、審査なしのカードローンはないが、申し込めば短時間で審査が終了して即日融資が可能なカードローンはある。

ここでは代表的な4つのカードローンをご紹介する。

それぞれに特徴がある為、ぜひ参考にしてみてほしい。

アコム

アコムは最大800万円まで借り入れ可能なカードローンだ。

インターネットやスマホから24時間申し込みが可能で、最短18分で審査結果が分かる。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

できるだけ早くお金が必要な方におすすめだ。

契約を済ませると、アコムATMや提携ATMから即日で現金を借り入れできる。

また、アコムを利用する場合は、最大30日間金利0円で借りられるキャンペーンを実施している場合もある。

無利息期間がないカードローンに比べると利息を抑えられるだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスは、三井住友銀行系列のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営している大手消費者金融だ。

最短20分で融資が可能なカードローンで、初回借り入れ日から30日間は無利息で借り入れできる。

プロミスの金利は、99万円までは年4.5〜17.8%、100万円以上は年4.5〜15.0%となっている。

多くの消費者金融の上限金利は18.0%の為、消費者金融の中では低金利のカードローンだ。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは創業50年以上になる、老舗の消費者金融だ。

審査や融資のスピードが早いことが特徴で、審査は最短20分で完了するだけでなく、即日融資も可能だ。

アイフルであれば、急にお金が必要になった時も当日中に借り入れできるだろう。

また、アイフルには女性専用ダイヤルがあるのも特徴だ。

女性のオペレーターが対応してくれる為、女性でも借りやすいカードローンといえる。

初回契約日翌日から最大30日間の無利息期間もある。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

オリックス・クレジット

オリックス・クレジットは、オリックス株式会社の子会社である、オリックス・クレジット株式会社が運営する消費者金融だ。

オリックス・クレジットには4種類のカードローンがあり、おまとめローン以外は即日融資が可能だ。

審査は最短60分となっており、できるだけ早くお金を借りたい方におすすめできる。

また、オリックスグループの特徴を活かし、レンタカーやレジャー施設などの優待割引サービスもある。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.5%〜年17.8%
審査時間最短60分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円〜800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住の方
・満20歳以上69歳以下の方
・毎月定期収入がある方
担保・保証人不要

簡単審査でお金を借りられるスマホアプリもある

カードローンには、簡単な審査で手軽にお金が借りられるスマホアプリもある。

短時間で審査が終了し、必要な書類もスマホで撮影して送信するだけだ。

スマホアプリからの申し込みでも即日融資が可能な為、できるだけ早くお金を借りたい方におすすめできる。

ここでは、簡単審査でお金を借りられるスマホアプリの中から代表的なものを4つご紹介する。

SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友カードが提供しているカードローンだ。

公式スマホアプリで振り込み融資・取引情報の確認・書類提出・増額申し込みなどが完結する。

アプリなので、24時間いつでも自分の都合の良い時間で利用できるのもうれしいポイントだ。

即日融資が可能で、最短30分で審査結果が分かる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

アコム

アコムもスマホアプリ「myac」を使って24時間365日カードローンの申し込みが可能だ。

必要書類の提出や本人確認もすべてアプリ内で完結する。

ログインは指紋認証や顔認証などの生体認証となっており、パスワード忘れの心配がない。

アプリで利用可能額や返済日など利用状況を一目で確認でき、返済期日のお知らせ機能もついていて、返済忘れを防ぎやすくなっている。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは、公式スマホアプリからの申し込みが可能なカードローンだ。

アイフルのアプリでは最短20分で融資が可能で、フォームの入力も5分程度で行える為、手軽にお金が借りられる。

また、スマホアプリを使って申し込みを行えば、契約時に郵送物が自宅に送られてきない。

その為、家族にカードローンの利用を知られたくない方にもおすすめだ。

スマホアプリに表示されるQRコードを使い、コンビニのATMで借り入れ・返済ができる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスには、アプリローンと呼ばれるスマホアプリを使ってお金を借りられるサービスがある。

普段使用しているスマホで申し込みから借り入れまでが完結するサービスだ。

審査結果は申し込み後、最短20分程度でメールか電話で結果の連絡がある。

カードなしでアプリを使って24時間借入・返済が可能だ。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

カードローンで審査が行われるわけは?

カードローンを利用するには、まず審査を受けなければならない。

しかしながら、そもそも、なぜカードローンでは審査が行われるのだろうか。

カードローンで審査が行われる理由には、次のようなものが挙げられる。

  • 法で定められているから
  • ローンを延滞しているかの履歴がある
  • 総量規制に該当しないかを調べる為

それぞれの理由について詳しく解説する。

法で定められているから

審査が行われる1つ目の理由は、カードローンを利用する為の審査が法で定められているからだ。

カードローンは貸金業法に基づいて運営されている。

そして貸金業法では、貸金業者が貸し付ける前に借り手の信用状態を調べることが義務付けられている。

その目的は、借り手の返済能力を確認し、過度な借り入れや多重債務を防ぐことだ。

このように、カードローンの審査は法律で定められた手続きといえるだろう。

ローンを延滞しているかの履歴がある

二つ目の理由は、申し込み者にローンを延滞しているかどうかの履歴を確認したいからだ。

カードローンの審査で、金融機関は信用情報機関に登録されている申し込み者のデータを参照する。

信用情報機関とは、個人の金融取引履歴を集めて管理する機関だ。

信用情報機関のデータには過去のローンやクレジットカードの契約内容や返済状況が記録されている。

その為、過去にローンを延滞していれば審査においてマイナスポイントとなるだろう。

カードローンに申し込みをしても、断られてしまう可能性がある。

総量規制に該当しないかを調べる為

3つ目の理由は、申し込み者が総量規制に該当しないかを調べる為である。

総量規制とは、消費者金融やカードローンなどの無担保ローンの借り入れ限度額は、年収の3分の1以下にしなければならない規制だ。

この規制は、借り手の返済負担を軽減したり、過剰な借り入れや多重債務を防いだりする為に設けられている。

審査では借り手がこの総量規制に該当しないかを調査し、もし該当していれば新たにカードローンを利用できないようにする。

このようにさまざまな理由で、カードローンには審査が設定されている。

カードローン通過率を上げる為にしておきたいこと

審査に通過できるか不安な方やカードローンの利用を予定している方は、こちらの3つのポイントを確認してみてほしい。

借り入れしたい希望額をおさえる

カードローンには申し込んだ方の利用可能な借り入れ限度額がある。

借り入れ限度額の範囲内で希望の金額を借り入れできるが、通過率を上げる為にはできるだけ少額から始めるのがポイントだ。

一般的に金額が多くなるほど審査が厳しくなり、時間もかかる。

また限度額ぎりぎりまでの申し込みは、返済が可能なのか疑問に思われることがある。

即日の融資を希望しているのであれば、少額で申し込むとスムーズに審査を通過できるだろう。

何社も連続した申し込みをしない

カードローンを申し込むと、申し込み情報が本人の信用情報に記録される。

金融機関が信用情報を照会したとき申し込み情報だけがあってローンを契約した情報がないと、他社に申し込みをしたけれど審査に通らなかったことが分かってしまう。

申し込み情報だけが複数あることで、多重債務や返済能力の低さを懸念される原因となるのだ。

信用情報を照会した日時も登録されるので連続して申し込みをすると、貸し倒れのリスクありと判断され余計に審査に通らなくなる。

これが俗にいう「申し込みブラック」の状態だ。

申し込み情報は永遠に残るわけではなく、6ヶ月ほどで削除されるため、審査に通らなかったときは期間を空けて申し込むようにしよう。

ご自身が「申し込みブラック」になっていないか不安な場合は、信用情報機関に情報開示請求をすると確認できる。

転職する前にローンを申し込む

カードローンの審査では、返済能力の有無が重視される。

返済能力の判断材料の1つになるのが職業や勤務年数だ。

勤務年数が長いほど収入が安定していると考えられやすい。

カードローンの申し込みの際には通常2ヵ月分の給料明細などの収入証明書の提出を求められる。

その為、給料を受け取ったことがないと収入を証明できない。

審査基準が会社によって異なるので転職直後は決して借り入れできないわけではない。

しかし、審査に通りづらいことは予想できる。

近々転職を検討していてカードローンの利用を希望している方は、転職の前に申し込みをおすすめする。

カードローンを借りられない理由と対策は

カードローンの審査に通過できないのには、どういった理由があるのだろうか。

借りられないときはどのような対策をすれば良いのか、こちらにご紹介する。

収入がない際にはまずは安定した収入を

まったく収入がない方は、カードローンを借りることはできない

総量規制により収入の3分の1以上の貸し付けが禁止されているので、収入のない方に融資をすると法律違反になるからだ。

返済能力を審査するとき、「安定した収入があるか」が重要視される。

正社員だけでなく派遣社員やアルバイトでも、月々に安定した収入があることを証明できれば審査に通ることは可能だ。

年収が高くても月によって不安定だと、収入が途絶えないかが不安材料となり審査に通らない可能性がある。

しばらく働いて収入が安定してから、申し込みをしよう。

多重債務がある場合は他社での返済を進めておく

金融機関が貸し付けできるのは本人の年収の3分の1までで、その範囲内なら何社からでも借り入れは可能だ。

しかし審査で他社からの借り入れが判明すると、返済能力を不安視され審査に通りにくくなる。

特に借り入れが複数社ある方は、計画的に返済できないのではないか・返済不能に陥るのではないかとの印象を与えがちだ。

複数の借り入れがある場合は、できるだけ借り入れ額を減らすか、1社でも完済してから申し込むと通過率が上がる。

信用情報が悪いときは滞納しないように

信用情報機関の個人情報には、過去の返済延滞や債務整理などの金融事故が登録されている。

その情報が削除されるには、事故情報により異なるが5〜10年かかる。

登録が削除されないうちに延滞すると、その事故情報が登録されそこから新たな登録期間が始まってしまうのだ。

そうなると信用情報の回復が遅れて、新たな融資を受けるのは不可能となる。

信用情報が悪いとカードローンだけでなく住宅ローンや車のローンも組めなくなり、クレジットカードの契約もできない。

生活に影響が大きい為、信用情報が悪くならないように無理のない返済計画を立てるようにしよう。

銀行カードローンの審査は厳しいって本当?

カードローンを提供するのは消費者金融だけでなく、メガバンクや地方銀行などが提供する銀行系カードローンもある。

消費者金融と銀行系のカードローンの違いで特徴的なのは、審査のスピードと上限金利だ。

消費者金融のカードローンの上限金利は多くが年18%程度なのに対して、銀行のカードローンは年15%程度となり、銀行系の方が低金利に設定されている。

通常、金利が低いほど審査は厳しくなる傾向がある。

金利が低いと利息による儲けが少なくなる為、銀行側も確実に返済できるかチェックを厳しくするのだ。

また、銀行のカードローンでは審査時に警視庁のデータベースの照会が必要・銀行の保証会社と銀行のダブルチェックを行うところが多いなどの理由で、審査完了までに時間がかかる。

消費者金融は審査完了まで最短20~30分とスピード感がある。

しかし、銀行のカードローンは即日の融資は不可能だ。

場合によっては一週間程度かかることもある。

急ぎの借り入れをご希望の方には消費者金融のカードローンが、少しでも利息をおさえたい方には銀行のカードローンが適しているといえる。

闇金には手を出すべからず!

金融機関で融資を受ける際は、必ず審査を行うことになる。

返済能力を調査は、貸金業法で義務付けられており実施せず融資するのは法律違反だ。

銀行には貸金業法を適用しないが、厳しく審査して返済能力のない方には融資をしない。

違反行為をしない正規の業者は、審査なしで貸し付けを行うことは決してないのだ。

もし「審査なしで融資するよ」と誘いを受けたら、闇金業者ではないか疑う必要がある。

闇金とは、法律で定められた金利をはるかに超える高い金利で融資を行う違法な貸金業者だ。

闇金業者の集めたお金は、犯罪組織や反社会勢力に流れていると考えられる。

法外な利息の為に返済が遅れると、しつこい取り立てや悪質な嫌がらせにあうかもしれない。

他にも契約時に記入した個人情報を悪用されたり家族や勤務先にまで電話をかけたりなど、さまざまなトラブルに巻き込まれた事例があるのだ。

丁寧な接客で安心感を与える「ソフト闇金」を名乗る業者も多い。

しかし、法外な金利で融資を持ち掛けることには闇金業者と変わりない。

闇金からお金を借りてしまったら、返済する必要はない。

違法な金利で貸し付けを行っているので、1円も返済しないようにしよう。

脅迫や嫌がらせを受けた場合は、必ず警察や弁護士に相談してほしい。

カードローンを審査なしで借り入れ可能にする為に

カードローンで少額を即日融資できる方法をご紹介した。

審査なしで融資可能な金融機関は存在しないが、短時間で借り入れができるカードローンはある。

申し込みから数十分で審査が完了したりスマホからの申し込みで即日にお金を手にできたりと、急に現金が必要になったときでも手軽に利用できる。

カードローンの審査は、避けることができない。

法律で年収の3分の1以上の貸し付けはできないように義務付けられており、それは利用者が多額の返済で苦しむことのないようにすることにもつながる。

審査に通過できるか不安があっても、審査なしをうたう業者から融資を受けるのは危険だ。

法外な金利を要求され、悪質な取り立てにあう可能性がある。

もし借りてしまったときは、要求されるままに返済せずに警察や弁護士に相談をおすすめする。

カードローンで審査がない業者には、十分注意しよう。

目次