MENU

カードローンは電話で在籍確認される?会社にバレない方法や審査のポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

今すぐ現金が必要なとき、カードローンは便利な選択肢のひとつだ。

カードローンを利用する際には、申込者に対するいくつかの審査が行われる。

申込者が申請どおりの企業に勤務実態があるか、企業に在籍確認が行われることを不安に思う人もいるだろう。

この記事では、申込後に行われる在籍確認の方法や流れについて解説し、会社に知られないようにする方法を紹介する。

また、審査全体の流れや重視されるポイント、審査に落ちる原因も解説しているので、自分に最適なカードローンの選択と事前準備に役立てて欲しい。

目次

カードローンの在籍確認とは

カードローンの在籍確認とは カードローンナビ

金融機関は、返済能力を判断するためにカードローン申込者に対していくつかの審査を行う。

この審査では、申込者が申請した企業に実際に勤務していることを証明する在籍確認を行っているのだ。

ここでは、在籍確認の目的と確認が必要な理由について解説する。

また、電話連絡だけではなく他の方法で行うこともあるため、在籍確認方法についても紹介していく。

在籍確認の目的と確認が必要な理由

企業に在籍していることを確認する目的は、返済能力がない人への融資を防止するためだ。

申込者の審査において、信頼性のある企業で安定した給与収入を得ていることは、個人の返済能力をはかる一つの指標となる。

金融機関は、融資した金額が戻ってこないとその分損失を被るだろう。

また、利息によって利益を得ているため、返済能力が不足した利用者に融資をしてしまうと利益を獲得する機会も失ってしまう。

金融機関が利益を最大化するためには損失のリスクを極力下げることが重要で、在籍確認による申込者の信頼性の評価は、その取り組みの一環である。

在籍確認の方法

金融機関による在籍確認方法は、主に電話である。

申告した勤務先に直接電話をかけ、申込者の在籍を確認する。

その際、必ずしも本人が応対する必要はない。席を外している、会議中で電話に出れないなど、電話を受けた人が申込者の状況に応じた対応を取れば完了となる。

そのような従業員はいませんといった回答の場合、勤務実態がなく虚偽の申告と判断され、審査には通らないだろう。

電話以外の確認方法を取る金融機関では、勤務を証明する書類の提出だけで在籍確認が完了するケースもある。

例えば以下のような書類を証明書として提出する。

  • 勤務先の名称が記載されていて申請時に有効な健康保険証
  • 勤務先企業が発行した在籍証明書
  • 直近数ヶ月の給与明細書
  • 源泉徴収票

金融機関や貸金業者によって必要な書類は異なる。

証明書の発行など用意に時間を要するものもあるので、早めに確認し、準備しておこう。

カードローンの在籍確認電話の流れ

カードローンの在籍確認電話の流れ カードローンナビ

カードローンの審査において在籍を確認する方法は多様化しているが、現時点では電話での在籍確認が一般的である。

勤務先に金融機関や貸金業者から自分宛てに連絡が入ることで、上司や同僚にカードローンの利用が知られてしまうと心配な人もいるだろう。

ここでは、電話での具体的な在籍確認の流れを解説する。

どのような電話が勤務先にかかってくるのかを把握できるだろう。

勤務先に個人名か銀行名にて入電

申告した勤務先に、カードローン担当者から個人名か金融機関名を使って申込者宛に電話をかける。

代表番号で申請していれば、企業の受付担当などが最初に受電するだろう。

企業内に自分のデスク直通の電話があれば、そちらの番号を申請しておくと便利だ。

本人が電話に出た場合

本人が電話に出て、在籍が確認できれば即完了だ。

その電話で何か周囲に聞かれたくない回答を求められることはない。

在籍確認はあくまで申請した企業に勤務していることを確認することが目的である。

本人不在の場合

申込者が外出や休暇中、会議中などで席を外している場合でも、在籍が確認できれば問題ない。

カードローン担当者から電話を受けた人が申込者の不在を回答すれば確認は完了となる。

その後、本人が出るまで何度も繰り返しかかってくることはない。

ここで「弊社には〇〇という従業員はいません」という回答があれば、カードローン担当者に勤務実態なしと判断され、審査には通らないだろう。

在籍確認でカードローンは会社にバレる?

在籍確認でカードローンは会社にバレる? カードローンナビ

金融機関などから自分宛てに電話がかかってくることで、カードローンを利用しようとしていることが会社に知られてしまうのかと不安を抱える人も少なくないだろう。

在籍確認の際、担当者は個人名や金融機関名を名乗るが、カードローンの審査の目的でかけているとはいわない

日常的に銀行や信販会社などの金融機関を利用している人は多く、さまざまな金融商品の案内や利用確認などが行われているため、これらの企業から電話がかかってきただけではカードローン審査とは分からないだろう。

しかし、プライベートな電話がないような職場で突然、自分宛てに金融機関から電話がかかってくると職場で嫌な思いをする可能性はあるだろう。

カードローンを利用していると分かれば、どのようなことに使っているのかなど詮索される可能性もあり、恥ずかしいなど精神的な苦痛も出てくるかもしれない。

在籍確認の電話だけでカードローンの利用が知られる可能性は低いが、職場の環境によって詮索される可能性もあるため、気になる人は対策を考えたほうがよいだろう。

在籍確認で会社にバレないようにする方法

在籍確認で会社にバレないようにする方法 カードローンナビ

カードローンの在籍確認は、今でも電話が主流である。

基本的に在籍確認の電話で直接的にカードローンの利用を知られることはないが、それでも不安という人は勤務先に連絡が来ない方法を選ぶとよいだろう。

電話以外の在籍確認方法として、勤務を証明できる書類の提出が一般的だ。

また、そもそも在籍確認を行わないカードローンもある。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しく解説していく。

在籍確認が書類でできる会社に申し込む

企業での勤務を証明できる書類がある。

典型的なのは、企業が発行する勤務証明書や勤務先の情報が記載された健康保険証などだ。

これらの提出をもって在籍を証明できるカードローンを選べば、審査目的で職場に電話がかかってくることはない。

在籍確認で電話連絡を原則実施していない主要なカードローンは、以下の通りだ。

 プロミス アコム アイフル
在籍確認原則電話連絡なし原則電話連絡なし原則電話連絡なし
借入利率(実質年率)4.5%〜17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%
契約限度額500万円800万円800万円

在籍確認なしのローン会社に申し込む

審査時に在籍確認をしないカードローンもあるが、在籍確認は申込者の申請内容の信ぴょう性を確認するために必要なプロセスだ。

在籍確認は、申込者が安定した収入を得られていることを確認するための重要な作業で、返済能力を証明する一つの要素である。

そのため、貸金業法に従う金融業者はこの作業を怠ることはできない。

在籍確認がないローン会社を利用するには、リスクが高いといえるだろう。

在籍確認なしのカードローンは危険?

在籍確認なしのカードローンは危険? カードローンナビ

在籍確認をしないことは、金融機関にとって申込者の返済能力を正しく評価できず、損失リスクを抱えることを意味しする。

法的にもたとえ数万円であっても、無審査での融資は認められない

多くのカードローンの審査において在籍確認を電話で実施しているのは、それだけ返済能力をはかる重要な要素だからだ。

このプロセスを省くカードローンは、利用者にとってデメリットが存在する可能性がある。

ここでは、危険なカードローンの特徴を3つ紹介する。

職場にバレたくないからという理由でこれらのカードローンを利用することがないよう、注意して欲しい。

高金利

在籍確認などの審査がない、または甘いとうたって勧誘するカードローンでは、法外な金利で貸付を行うケースがありる。

利息制限法では、上限金利は年15.0〜20.0%と設定されており、それより高い金利での融資は禁止である。

極端に高い金利が設定されているカードローンは違法である可能性が高いため、利用は避けたほうがいいだろう。

厳格な返済

在籍確認をせずカードローン利用者の返済能力を正しく評価できない場合、貸付業者は損失を防止するために返済を厳格に管理する。

在籍証明がないことをいいことに、実態とは異なる虚偽の申請を行う利用者が含まれている可能性があるだろう。

安定収入が得られていない利用者が返済を滞らないよう、返済が厳格になっている。

あまりに厳しい返済の催促を受けると精神面への負担も大きくなり、日常生活や仕事に多大な影響を及ぼすだろう。

詐欺のリスク

在籍確認がないからといって虚偽の勤務実態を申告した場合、詐欺とみなされる可能性もあり危険だ。

金融機関は、あらゆる情報を用いて個人の返済能力や信用度を評価しており、他のクレジットカードの登録情報などを照会することもある。

住所や勤務先などの個人情報が他の登録情報と異なっていれば、金融機関は確認を実施し、正確な情報を入手する。

申請内容に虚偽があれば当然審査には通らないだけでなく、不正としてみなされる可能性すらあるので注意しよう。

カードローン審査の流れ

カードローン審査の流れ カードローンナビ

カードローンの利用を検討している人の中には、すぐにお金が必要で早く借りたい人もいるだろう。

どのような審査が行われるかを知っておくと、借りられるまでのプロセスの全体像が分かるだろう。

一般的な流れは以下のとおりだ。

  1. 申込
  2. 必要書類提出
  3. 審査
  4. カード発行

カードローンの申込はWebで行うのが便利で主流である。

他にも電話や店頭でのローン契約機による申し込みも可能だ。

申込の際に入金する銀行口座を設定することが多いので、あらかじめ準備しておこう。

申込が完了すると、完了通知と必要書類の提出依頼が届く。

必要書類とは、免許証の写しなどの本人確認書類や収入を証明する書類などだ。

全ての必要書類が揃ったら、金融業者は審査に入る。

審査内容は、年収などの収入の状況、申込者の信用に問題がないか、いくらまで貸付可能かなどだ。

信用情報機関を利用して、普段利用しているクレジットカードの利用状況などもチェックされる。

審査に問題がなければカードローン専用のカードが発行され、届き次第利用を開始できる。

最近ではカードを発行せず、アプリで全て管理するカードローンもあり、便利である。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%年4.5%~年17.8%年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円1万円~500万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

カードローンの審査についての詳しい解説はこちらから

カードローンの審査で重視されるポイント

カードローンの審査で重視されるポイント カードローンナビ

カードローンを利用するにあたり、最も気になるのは審査に通過するかどうかだろう。

審査する要素は多岐にわたるが、重要視されるポイントは3つある。

審査に通過するには、この3つの要素について可能な限り評価を高められるように準備しておくことだ。

そのためにも、それぞれの詳細を理解しておこう。

信用履歴(クレジットスコア)

信用履歴(クレジットヒストリー)とは、これまでに契約したクレジットカードやローンなどの利用履歴のことである。

クレジットカードやローンサービスを提供する金融事業者は、申込者の信用情報を正確に入手するため信用情報機関に加盟している。

カードローンの利用者はもちろん、スマホ契約時に端末の分割払いを選択しているケースなどでも信用情報機関に登録されているのだ。

日本にある信用情報機関は以下の3つです。

金融機関や貸金業者により加盟する情報機関は異なるが、信用情報交流ネットワーク(CRIN)上で個人の延滞情報などは共有され、加盟事業者は参照できるようになっている。

  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

信用履歴に登録される主な情報は、契約内容や貸付・支払い状況、延滞などだ。

信用を悪化させる延滞などの情報は契約終了後も5年間は維持されるため、支払いの遅れなどはしないように注意しよう。

収入と雇用履歴

毎月安定した収入が得られていれば、返済能力が高いと判断される可能性も高まる。

また収入が多いほど、審査によい影響を与えるだろう。

勤務状況も返済能力をはかる重要な要素である。

短期間に転職を繰り返していたり勤続年数が短い場合は、将来的に収入の安定が得られない可能性があると判断されてしまうかもしれない。

また、勤務形態が審査に影響する場合もある。

正社員に比べてアルバイトやパートなどは雇用や給与面で不安定さがあり、審査に通らない、または制限がかかるケースがある。

借入履歴や返済能力

他社からの貸付状況も審査対象だ。

信用情報機関には過去5年間の契約状況や返済状況が記録されており、返済能力をはかる判断材料になる。

複数の金融業者から融資を受けている場合、新たに融資を受けると返済能力を超えることがないかなどを判断していく。

これまでの融資の利用状況を総合的に確認して審査を行うことが一般的である。

よくあるカードローン審査に落ちる原因

よくあるカードローン審査に落ちる原因 カードローンナビ

カードローンは誰でも利用できるサービスではない。

お金は信用と同義であり、お金を借りるには、それに見合う信用があることを証明しなければならない。

カードローンの審査に落ちる主な理由は、この信用度が基準に達していないことを意味する。

ここでは4つの原因を挙げ、それぞれ詳しく説明していく。

勤続年数が極端に短い

就職したばかりの人や転職してまだ間もない場合、長期間継続して安定した収入を得られる可能性は、勤続年数が長い人に比べると低い

勤続年数に関する金融機関の基準はさまざまだが、入社した直後の人は職場に慣れなかったり能力不足だったりして短期で離職する可能性もあり、将来の収入に対するリスクが高い人とみなされる。

一定期間、勤務経験を得た後でカードローンの申込を行うと信頼度も向上し、落ちる可能性は低くなるだろう。

他社の借入がある

貸金業法では、個人に対して融資可能な総金額を年収の3分の1までとする「総量規制」が定められている。

例えば、年収300万円の人に融資できる金額は最大で100万円である。

今回申し込みをするカードローン以外で既に年収の3分の1の金額まで融資を受けている場合は貸金業法の規定により融資できないため、審査には通らないだろう。

過去に滞納履歴がある

過去にクレジットカードやローンの支払いなどを滞納したことがある人は要注意だ。

期日までに支払う契約にもかかわらず支払えなかったという事実は、自分の返済能力を超えたことを意味し、計画的に収支を管理できていないとみなされる。

滞納を繰り返している場合は信用履歴に全て記録され、個人の信用度は低下してしまう。

この状態で新たにカードローンの利用を申請しようとすると、金融機関は滞納リスクが高いとみなし、審査に通る可能性は低くなるだろう。

個人事業主かつ収入が不安定

金融機関が申込者の返済能力を確認する際、収益の大きい企業で長期的に勤務しているほうが信頼度は高くなる。

一方、個人事業主は事業の安定性が収入に直結するため、審査も厳しくなりがちだ。

カードローンを利用するということは、十分な収入が得られず資金繰りに困っている状況であり、すなわち事業が順調でない可能性が高いとみなされるだろう。

個人事業主の場合は、収入の状況を詳しくチェックされ、不安定な状況であれば審査に通ることは難しくなる。

カードローンは事前準備をしてから利用しよう

カードローンは事前準備をしてから利用しよう カードローンナビ

現金が足りないときにカードローンを利用すると便利だ。

利用する際には、自分自身の収入や融資の現状を把握したうえで、慎重に契約を進めていこう。

契約の状況や支払い状況は信用情報機関に登録されるため、延滞など信用に傷がつくと将来の生活に影響を及ぼしてしまう。

カードローンを利用すると決めて申込をする際は、電話での在籍確認が必要かを確認し、会社にかかってきてもいいようにあらかじめ対応を考えておこう。

どうしても知られたくない場合には、書類提出で在籍確認が可能なカードローンを選ぶことをおすすめする。

目次