MENU

カードローンを本人確認なしで借りるためには?電話の在籍確認を避ける方法も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンを申請する際に、できれば本人確認なしで簡単に借入したいと考える方もいるのではないだろうか。

カードローンについて調べると、即日融資や短時間で融資可能などと書かれていることが多く、カードローンは今や簡単にお金が手に入る身近なものになっている。

しかし結論からいうと、カードローン借入時の本人確認は必須項目であり、避けられない。

ただ、消費者金融系のカードローンであれば在籍確認がないなど少し負担が少なくなるケースもある。

本記事では、提出書類や在籍確認について詳しく解説するので、借入を検討する際の参考にして欲しい。

\ 審査の手続きカンタン! /

目次

カードローンを本人確認なしで借りるためには?

結論からいうと、カードローンを、本人確認なしで貸付している金融業者はない

なぜなら、金融業者が貸付を行う場合、本人確認を行うことが法律で定められているからである。

詳しく知りたい方は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」を参照すると良い。

よって、本人確認なしでカードローンを申込することはできない。

しかし、在籍確認なしの金融業者であれば多数存在する

在籍確認は、申告された勤務先が正しいことを照合するためのものであり、金融業者から勤務先へ書類や電話にて確認がある。

会社にバレたくない場合は、在籍確認なしのところを選ぶことをおすすめする。

また、カードローンを借入する際には、収入を証明する書類の提出を求められる場合があるので覚えておこう。

申し込みは、電話やローン契約機、Webなどから可能である。

また、大手の消費者金融では、本人確認から契約まですべてWeb上で完結できるところもある。

忙しい方や対面で申請手続きをするのが苦手な方には非常に便利だ。

以下では、本人確認や在籍確認について詳しく解説する。

カードローンの仕組みについて詳しく知りたいかたはこちら。

カードローンの本人確認方法

カードローンの本人確認は、必ず行う決まりがある。

だが確認方法は借入先によって違うので、詳細はホームページなどで確認すると良い。

一般的に、本人確認は電話や身分証明書の提出によって行われる。

加えて、借入先にもよるが、ローンカードを自宅に送る際に「本人限定受取便」で郵送し、本人が受け取ることで本人確認完了とする場合もある。

本人限定受取便は、郵便物の宛名に記載された本人もしくは、差出人が限定した代理人だけが郵便物を受け取るきまりである。

また、その際には本人確認書類の提示が必要である。

そのため、カードローンの受け取りが完了することで、本人確認ができたと判断されるのだ。

以下で詳しく解説する。

電話での確認方法

カードローンを申請すると、申請書類に書いた連絡先に電話がかかってくる。

これは申込者が間違いなく本人であるか確認するためである。

「原則、電話での本人確認なし」の貸付業者もあるので、電話は困るという方はそのような業者を選ぶと良いだろう。

本人確認用の連絡先を会社にしていると、会社に確認の電話がかかる。

会社に電話をする場合は、本人以外には業者名や用件は伝えず、担当者の個人名でかかってくる。

カードローンの申請だとは気づかれにくいが、心配な場合は連絡先電話番号は自宅か携帯電話の番号を登録しよう。

本人確認は、なりすましなどの犯罪防止策でもある。

他人の個人情報を得て、本人が知らない間にローン契約して、借り逃げをするのだ。

書類提出での確認方法

カードローンの身分証明書の提出は必須である。

身分証明書の提出方法は、借入先金融機関によって違うので借入先の指示に従って行う。

提出方法には以下のようなものがある。

  • 借入先店舗に提出する
  • アプリやWeb上で提出する(カメラ撮影した本人確認書類をアップロードする)
  • 無人契約機を使って提出する

提出書類は、いずれの場合も記載内容が鮮明に写っている必要がある。

かすれている場合や薄くて見にくい場合は、再提出を求められるので注意が必要だ。

記載内容は住所・氏名・年齢・電話番号・職業は必須なので書き漏れのないように確認して提出しよう。

電話による在籍確認のタイミングについて

在籍確認は審査の段階で、本人が記載した勤務先に在籍しているかを確認するだけのものである。

必ず本人がその場にいる必要はなく、確認だけなので短時間で終了する。

また、電話による在籍確認は、金融業者によって不要とする場合もあるので、詳しくは各社の情報をチェックしよう。

以下では、在籍確認のタイミングも含め、申し込みから契約までの流れを説明する。

審査申込

カードローンを申請したい場合は、Web上や電話などで申込をする。また、郵送で対応している金融業者もある。

カードローンの借入先は、銀行・消費者金融・クレジット会社などである。

スクロールできます
カード
ローン
金利利用限度額審査時間融資スピード無利息期間審査難易度
銀行系1.5~14.95%10万~800万円最短即日3日以内×やや高い
消費者
金融系
3.0~18.0%1万~800万円最短30分最短即日低め
信販系4.4~12.5%50万~500万円最短即日1週間以内普通

以上のように、比較してみるとメリットとデメリットが見えてくる。

自分がどこに重点を置くかでローン会社を決めよう。

書類提出

カードローンを申請すると、身分証明書の提出を求められる。

提出方法は、借入先によって違うので借入先の指定方法で行う。

身分証明書類には次のようなものがある。

身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明書(ただし、有効期限がないので公的身分証としては不可)
  • 日本国パスポート
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 写真付き身体障害者手帳
  • 在留カード・特別永住者証明書

カードローンを申請する場合は、身分証明書の提出は必須である。

事前に準備することで融資までの時間が短縮される。

審査・電話による在籍確認

審査の際に、電話による在籍確認がある。

在籍確認とは、勤務先に借入者本人が勤務しているか確認することだ。

借入先の担当者が個人名で電話をする。

業者名や用件を、本人以外に漏らすことはないので周囲に借入が知られることほぼない。

本人が、当日不在でも「休暇中」「外出中」「離席中」が確認できれば、本人が勤務先に在籍しているとみなされ用件は済む。

未確認とならないために、勤務先の電話番号や会社名は間違わないように記載する。

また、部署直通電話や内線番号を記載すると確認が早い。

契約

カードローンの審査に通ると契約が成立する。

ATMで借入する方法や指定の金融機関口座に振込まれる方法があり、限度額の範囲内だと何度でも借入が可能だ。

銀行やクレジットカード会社などは、毎月返済日が決まっているが、臨時の増額返済は可能である。

また、消費者金融は、返済方法や返済日を自分で自由に決めることができる。

支払に余裕がある月は、返済間隔を短くしたり増額したりすることで、効率よく返済することができるだろう。

そして、カードローンの使途は自由である。

しかし、長期延滞になると信用に傷がつき今後どこからも借入ができなくなるので、返済期日は守るようにしよう。

もし、長期延滞してしまった場合、ペナルティは大きい。

一括返済などのペナルティを避けるため、計画的な返済を心がけよう。

カードローンの電話での在籍確認を避ける方法とは?

スマートフォンからの申込やWeb上で完結する業者などは、在籍確認なしとする消費者金融などもある。

在籍確認は、電話で借入者が勤務していることを確認するだけなので短時間で済む。

それでも勤務先に在籍確認の電話をして欲しくない場合は、借入先によっては書類の提出で済む金融業者もあるので確認してみると良い。

書類の提出例
  • 顔写真付社員証
  • 勤務先名が記載された健康保険証
  • 勤務先が発行した在籍証明書
  • 給料明細書
  • 源泉徴収票

家族にカードローンの借入を知られたくない場合は、在籍確認なし・在宅確認なし・郵便物(申込書類・カード・契約書類)もなしとする金融業者もある。

電話による在籍確認がないカードローンを紹介

大手消費者金融のカードローンは、在籍確認がないことが多い。

また、カードローンの借入をWeb上で完結する業者がほとんどであり、事前の借入診断シミュレーションも短時間でできる。

シミュレーションの結果、借入可能の診断がでれば即申込画面に切り替わる。

在籍確認がないので審査結果が出るのも早く、最短20分で融資が可能になるのだ。

本人確認は必要だが、利用限度額が50万円以下および他の金融業者を含めて、総利用額が100万円以下なら、原則収入証明書は提出不要である。

借入金は、スマホやコンビニATMから24時間自由に引き出せるので非常に便利である。

以下で在籍確認がない消費者金融業者6社を紹介する。

スクロールできます
カードローンアイフルプロミスレイクメルペイ
スマートマネー
セブン銀行
カードローン
オリックス銀行
カードローン
金利
(実質年率)
3.0~18.0%4.5~17.8%4.5~18.o%3.0~15.0%変動金利1.7~14.8%
利用限度額1万~800万円1万~500万円1万~500万円1.000~30万円10万~300万円10万~800万円
契約年齢満20~69歳満18~74歳満20~70歳満20~70歳満20~69歳満20~68歳
返済期間
(最長)
14年6ヵ月
(151回)
6年9ヵ月
(80回)
5年
(60回)
2~36ヵ月
(36回)
1年
自動更新
1年
自動更新
審査最短20分最短20分最短25分1~2日翌日

アイフル

アイフルは、Web完結・来店不要で郵便物も自宅に郵送されることはない。

初めてカードローンを利用する方は最大30日間利息が0円になる。

利用限度額は1万〜800万円で金利は年率3.0〜18.0%である。

アイフルのATMは無論のこと、スマホアプリがあればローソン銀行やセブン銀行ATMも利用できる。

契約年齢満20〜69歳で、返済期間は最大で151回(14年6ヵ月)である。

最大利用限度額が6社で最も高額な分、返済期間を長く設定できる。

また、初めての借入だと、契約日の翌日から30日間利息が0円になるので、30日の間に全額返済できれば実質借入額のみの返済になる。

この無料期間の利用には、限度額の上限がないので借入金が高額な方が30日以内に返済できれば、かなりおすすめな商品である。

在留カードや特別永住者証明書の提出で、外国人の借入も可能である。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスは契約年齢幅が広いのが特徴だ。満18〜74歳と幅広い。

だが、高校生や年金収入のみの方は契約できない。

カードローンは「安定した収入があること」が必須だからだ。

ただし、学生や主婦(主夫)でも、安定した収入があれば満18歳から借入可能である。

金利は、年率4.5〜17.8%である。

利用限度額は1〜500万円で返済期間は最大で80回(6年9ヵ月)だ。

プロミスの資金使途は生活費に限るとの条件付きだ。

アプリローンの契約ならスマホATMを登録すると、セブン銀行やローソン銀行のATMで24時間借入や返済ができる。

またプロミスアプリの利用や毎月の返済で、Vポイントが貯まる。

貯まったポイントは景品交換や買い物に使えるのだ。

在留カードや特別永住者証明書を提出すれば、外国人のカードローンの借入も可能である。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

レイク

レイクは、Web限定の申込で60日間無利息、通常借入では借入額のうち5万円までなら180日間無利息が特徴だ。

レイクアプリをインストールすると、返済日を事前に知らせてくれる。

スマホ決済も可能でセブン銀行ATMで借入や返済が24時間できる。

利用限度額は1〜500万円で、金利は4.5〜18.0%である。

返済期間は最大60回(5年)だが、プロミスと同額の1万〜500万円まで借入可能である。

契約年齢は満20〜70歳まで利用可能だ。

レイクでも在留カードおよび特別永住者証明書の提出で外国人の借入も可能である。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネーは、フリマアプリ大手の「メルカリ」の決済サービスメルペイが提供するカードローンである。

メルペイは、元々メルカリ内で商品を売った代金が振込まれたり、事前に残高をチャージすることで買物の代金を支払える決済サービスであった。

このメルペイが、2021年7月からお金を借りることができるメルペイスマートマネーを開始したのである。

また、メルカリの売上金を返済に当てることも可能だ。

利用限度額は、1,000円〜30万円で金利は年率3.0〜15.0%である。

満20〜70歳までが利用できる。

返済期間は2ヵ月〜3年である。

初回に返済した利息分が、ポイントとして還元される

そのため、実質1ヵ月分の利息が無料となる。

審査には、本人確認と銀行口座の登録が必要になる。

本人確認は、メルカリアプリで身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)と自分の顔写真を撮影して送信するだけである。

銀行口座は、返済金の自動引落しに利用する。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結お申し込みまでは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、セブン銀行に口座がある方が対象のローンだ。

毎月の返済は、借入額に準じて定額が口座から自動引落しされる。

カードローンを初めて利用する場合は、50万円までと決まっている。

また、増額申請は6ヵ月を経過してからとなるので借りすぎることがない。

利用限度額は、10〜300万円までの9段階あり、限度額は審査により決定する。

金利は、利用限度額毎の変動金利である。

例えば、10〜50万円の借入だと年率15.0%になる。

契約期間は1年だが、その後自動更新する。

また、セブン銀行ATMを7:00~19:00間に利用した場合は、ATM手数料が0円でおすすめだ。

カードローンの契約には、アコム株式会社の保証が必須である。

アコムも大手消費者金融だが、貸付業務の他に銀行の保証業務も行っている。

バナー画像予定

金利(実質年率)年12.0%~年15.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間なし
借入限度額10万円~300万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上70歳未満
セブン銀行口座を持っている方
一定の審査基準を満たして株式会社セブン銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者の資格がある方
担保・保証人不要

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴は、がん保障特約付きプラン「Bright」があることだ。

このプランでは保険料はオリックス銀行が支払い、自己負担はない。

また、特約を付けても、カードローンの契約条件は変わらない。

「がんと診断されたとき」「高度障害・死亡」などに該当した日で、未返済分が保険金で支払われることになる。

そのため、この時点でカードローンの契約解除となるのだ。

保険加入には条件があるため、商品説明書を読んで検討すると良い。

オリックス銀行カードローンの、利用限度額は10〜800万円である。

金利は年率1.7〜14.8%だ。

契約年齢は満20〜68歳で6社の中ではやや年齢幅が狭い。

返済期間は1年毎の自動更新になる。

担保・保証人は不要だが、オリックスクレジット株式会社または新生ファイナンシャル株式会社の保証が必要である。

金利
(実質年率)
年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

在籍確認によってカードローンの審査に落ちる事例とは?

カードローンを契約するためには、審査を受ける必要がある。

在籍確認なしの大手消費者金融もあるが、在籍確認を必要とする銀行系などは避けられない。

在籍確認は、借入先の担当者が提出書類にかかれた勤務先に電話で確認する。

勤務先に間違いがないか」「契約者が在籍しているか」を確認するのが目的である。

以下では、在籍確認によって審査に落ちる場合の事例を解説する。

勤務先の電話連絡に出た人が申込者を知らない

大手企業では、多くの部署があり提出書類に部署名や所属が書かれていないと個人を特定しにくい場合がある。

また、同姓同名の方が居ることもある。

そのため、電話がたらい回しされた挙句、申込者が確認されないと「誰も申込者を知らない」という結果で、在籍確認が取れず審査落ちになる。

勤務先を記入する際には、住所・省略しない企業名・所属部署名・企業電話番号・内線番号および直通電話番号など詳細に記入しよう。

必ず自分に繋がる電話番号を記入することで、在籍確認が速やかに完了し、審査時間が短縮される。

なお、電話がかかってきた時間に李籍中であっても他の人で申込者の在籍を確認できれば良いのである。

そのためには確実に自分に繋がる電話番号の記載が必要なのだ。

また、電話をかける際は、貸付担当者は個人名でかけて企業名や用件を伝えることはない。

在籍確認の電話に出ることができなかった

在籍確認は、必ずしも本人が電話に出る必要はない

申込者が勤務していることが確認されれば良いのだ。

「○○は本日休暇中です」「○○は只今席を外しています」「○○は只今外出中です」などで、その会社に現在在籍しているとわかれば、在籍確認完了となる。

ただし、会社に電話したが誰も電話に応答しない場合、この会社は存在するのかと疑われて審査落ちする可能性がある。

応答電話だけでは、在籍確認にはならない

会社の休業日や慰安旅行の予定を、提出書類に記載しておくとその日を避けて在籍確認ができる。

ただし、休業日が長期だった場合、在籍確認が遅れ審査日程が伸びることがある。

また、審査が日曜や祝日にかかる場合も長期化する。

休職中に申込んでいる

在籍確認が取れても、休職中である場合は「安定した収入がある」とは認められず審査落ちする可能性がある。

借入先が審査をするのは、返済能力があるか確認するためである。

休職中だと収入も減額し生活費を圧迫していると推測できる。

延滞の可能性がある以上、どの金融業者も貸付は行わない。

また、収入が年金だけという場合も貸付できない金融業者は多いので注意しよう。

虚偽の申告をしている

カードローンの審査にどうしても通りたいからと虚偽の申告をすることは、むしろ審査落ちにつながる。

提出書類に記載する内容は真実を誠実に書くことである。

金融業者が貸付を行う場合は信用情報や警察への確認を行うことが義務付けられている。

金融事故なども、信用情報機関に問合せればすぐにわかることだ。

些細なことでも、虚偽の申告をした事実だけで信用がなくなる。

うっかり間違えて虚偽の申告とならないように、提出書類は、抜けなどがないように再確認してから提出しよう。

また、アップロードして書類を提出する際は、書類が鮮明に写っているかも確認しよう。

カードローンでは本人確認なしでのキャッシングは原則できない

カードローンを契約する際の、本人確認をなしにすることはできない

貸金業者は貸金業法に従って貸付を行っている。

貸金業法では、「融資する場合は申込者の収入や信用情報・借入状況・返済計画などを確認しなければならない」という法律がある。

また、住所・電話番号・氏名・生年月日・勤務先の確認も必須である。

これは不正にお金が動き犯罪行為が行われることを防ぐ目的でもある。

貸金業者は、融資することで利益をあげている。借り逃げ回避のためにも本人確認は必要なのである。

カードローン利用時の本人確認に関するよくある質問

「カードローンの契約を、家族に知られたくないが家に電話がかかってくるのか」本人確認は、Web上で完結する貸金業者が多数ある。

その場合、身分証をアップロードするだけで本人確認ができるので、居宅に電話をすることはない。

また、スマートフォンでの契約の場合は郵便物も一切郵送しないことも可能だ。

「カードローンの本人確認書類にはどんなものがあるのか」本人確認書類には、顔写真付きの身分証明書が必要になる。

例えば、運転免許証・マイナンバーカード・パスポート(2020年2月4日発行以前のもの)・在留カードなどである。

顔写真が付いていない健康保険証などを、本人確認に使用する場合は、顔写真を撮影して書類に添付する場合もある。

「少額の借入でも本人確認はするのか」本人確認は、法律で決められている。

金額にかかわらず本人確認は必須である。

カードローンを本人確認なしで利用したいのなら

在籍確認は勤務先の電話番号に内線電話や直通電話を記載することでスムーズに確認ができ、契約までの時間も早まる可能性がある。

一方、カーローン担当者が在籍確認の電話をかけるのは、本人が勤務している実態調査のためなので必ずその時間に社内にいる必要はない。

なお、消費者金融系は在籍確認なしで借入可能な場合もあるので、在籍確認に抵抗があるのならそのような業者を検討しても良いだろう。

カードローンを本人確認なしで即日融資を受けるために

本記事では、カードローン会社で行われる在籍確認のタイミングや本人確認の方法などを解説してきた。

カードローンは、本人確認なしで融資を受けることはできない。

また、銀行カードローンはほとんどの銀行で在籍確認を行っている。

だが、消費者金融系では在籍確認を簡略化している所が多いので融資を急いでいる場合は消費者金融のカードローンを検討してはいかがだろう。

\ 審査の手続きカンタン! /

目次