MENU

おまとめローンのデメリットは?メリット・一本化する際の注意点を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

複数のカードローンを、金融業者1社にまとめるのがおまとめローンだ。月々の返済額を抑えることができるおまとめローンは、一見するとお得な気がする。

だが、おまとめローンにはメリットもあればデメリットもある。計画的な返済ができることや返済総額を減らせる可能性があることは大きなメリットである。

おまとめローンで一本化する際の注意点や、カードローンやフリーローンを利用してまとめるメリットなども紹介する。

おまとめローンでまとめるメリットとデメリットを踏まえて解説するので、カードローンの一本化を検討しているのなら、ぜひ参考にして欲しい。

目次

おまとめローンのデメリットは?

おまとめローンは、複数のカードローンを1つにまとめるので月々の返済額が軽減される。そのため、返済にかかっていた負担も軽くなる。

だが、返済総額が減ったわけではないので、月々の返済額が減額された分返済期間が長くなる可能性がある。

おまとめローンを検討する際は、デメリットも知って自身の返済方法に適用しているか考える必要がある。

追加での借入ができない

おまとめローンは、既存の銀行や貸金業者からの借入金を返済するのが目的の返済専用ローンである。カードローンとは異なり追加の借入は原則できない

通常のカードローンは、利用限度額の範囲内なら何度でも借入可能である。しかし、おまとめローンは、最初に契約した借入額のみの貸付となるので注意が必要だ。

追加借入の可能性があるのなら、おまとめローンではなくカードローンで1社にまとめる方法もある。

また、カードローンなら、追加借入も可能なので急な支出に備えることができる。

銀行系のカードローンだと、金利が低く限度額が高いカードローンもあるので、既存の借入額を超える借入ができるなら、選考に加えても良いだろう。

返済総額が高くなるケースがある

おまとめローンは、月々の返済額は減らせるが、返済期間が延長された分総利息が増えることがある。利息が増えると、かえって返済総額が増えてしまう可能性がある。

返済総額を抑えるためには、既存の金融業者より金利が低い借入先を探したり、返済期間を短くする必要があるのだ。

銀行系のおまとめローンは、消費者金融に比べると金利が低い傾向にある。だが、消費者金融よりも審査に時間がかかることがデメリットだ。

返済期間を短くするために、支出を抑えられた月は臨時に借入金を払込むようにして、少額ずつでも返済総額を減らすことも考えよう。

金利が高くなるケースがある

おまとめローンは、カードローンに比べると金利が高くなるケースがある。低金利なのは銀行系で、審査に通りやすいのは消費者金融系だ。

既存の借入先のカードローンが低金利だった場合、おまとめローンでまとめても金利が上がるケースがあるのだ。

金利は、返済総額に大きく影響するので非常に重要である。単に月々の返済額が減額されたことに喜んではいられない。

借入先の約定返済額(毎月返済する最低金額のこと)を比較して、慎重におまとめローンの借入先を検討する必要がある。

再度審査を受ける必要がある

カードローンの契約先で、おまとめローンに変更する場合でも、再審査は必要になる。カードローンの延長で借入できるわけではない。

おまとめローンは、別のローン商品になる。また、同じ金融業者だとしても金利や借入額などの契約条件が変わるので、再審査・再契約になる。

銀行系だと、自行の住宅ローンの利用や会員がおまとめローンを利用する場合、金利が軽減されたり特典が付くことがあるが、契約に関しては再契約になる。

だが、銀行系は消費者金融系に比べると、返済期間が短いため月々の返済額が高くなる可能性があるため注意が必要だ。

審査が厳しい傾向にある

おまとめローンは、高額の返済金がある方が利用する傾向にあるため、カードローンの契約時と比べると審査基準が厳しくなる

担保や保証金は不要だが、収入の確認は必須である。本人確認のほか収入を証明する書類の提出や既存の借入先の返済残高の明細なども必要だ。

過去の金融事故なども詳細に調べられる。また、返済能力がポイントになるので勤務実態や安定した収入があるかも重要だ。

借入件数の多さが、審査に影響することはほとんどないが、返済額があまりにも高額だと審査に通りにくくなる。

審査の前に、少額の借入は返済して返済総額を減らすことで、審査に通る可能性が高くなる。

おまとめローンのメリット

おまとめローンには、審査が厳しいことや金利が高くなるケースがあるなどデメリットもある。

だが、債務を一本化することで多重債務をなくし信用回復が見込めるなど、さまざまなメリットもある。

また、月々の返済の負担から解放され、返済金や返済日の管理も簡単になることで、計画的な返済が可能になるだろう。

以下の記事では、おまとめローンについて詳しく解説している。おまとめローンで借入を検討している方は、こちらの記事も参考にして欲しい。

おまとめローンについての詳しい解説はこちら

「おまとめローンとは?低金利や審査に通りやすいおまとめローンも紹介します」

金利を下げられる可能性がある

おまとめローンは、個々の金融業者に返済していた借入金(元金)をまとめて1つにするローン商品だ。個々の返済額が少額でも一括すると高額になる。

金利は、借入額に応じて利息制限法で決まっている。利息制限法で定められた上限金利は次のようになる。

  • 元金の額が10万円未満=年20%
  • 元金の額が10万円以上100万円未満=年18%
  • 元金の額が100万円以上=年15%

この利息制限法により金融業者は自行の金利を決めているのである。

例えば、個々の借入金が10万〜100万円未満だった場合に、まとめたことで100万円を超えると利息制限法の上限金利で見ると3%金利が下がる。

また、住宅ローンなどを借りている金融業者で、おまとめローンを組んだ場合、そのローンの借入金と合算して金利が決められる。

そのため、おまとめローンの借入金が10万円未満で金利が20%だった場合でも、住宅ローンと合算することで年率15%になるのだ。

以上のように、複数のカードローンを、おまとめローンに借換えることで金利が下がる可能性がある。

返済総額を減らせる可能性がある

おまとめローンは、契約が完結した時点で、既存の借入金を一括返済する。そのため将来払うはずだった利息が減額される可能性がある。

借入金は変わらないが、おまとめローンの金利が既存より低い場合は、返済総額が減額される。

カードーローンを1つにまとめる場合は、返済中の借入金の月々の総利息とおまとめローン後の利息を比較検討することが重要だ。

月々の返済金には利息分が含まれているが、臨時返済をするとこの返済金は元金の返済に加えられる。そのため、返済期間が短縮され返済総額が減額される。

返済日が1日にまとまるので返済忘れを防げる

複数のカードローン会社に借入があると、返済日がバラバラで管理が難しい。おまとめローンは、借入先が1社になるので返済計画が立てやすく管理が楽である。

また、消費者金融系で借入するとスマホアプリやメールで返済日のお知らせが届くサービス

がある。返済日を忘れそうで困るという方はぜひ活用していただきたい。

総量規制の対象にならない

総量規制とは、「年収の3分の1を超えての新たな貸付をしてはならない」という貸金業法の規定である。

貸金業法は、消費者金融・事業者金融・クレジット会社などが対象になる。銀行や信用金庫は貸金業者に当たらないため総量規制の対象外である。

消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外貸付に当たるので、借入額が年収の3分の1を超えても貸付が可能だ。

だが、カードローンでまとめる場合は、消費者金融やクレジット会社では総量規制の対象に当たるので、カードローンの借入額は年収の3分の1までとなる。

また、銀行や信用金庫は総量規制というものはないが、同等の自主規制はほとんどの銀行で行っているので、カードローンでまとめる場合は覚えておこう。

計画的に返済ができるようになる

おまとめローンは、1社だけの借入先になるので管理がしやすい。また、返済方法はほとんどの借入先が固定金利なので計画的な返済ができる

固定金利とは、最初の契約の際に決めた金利が、返済が終わるまで同じということだ。金利の変動に左右されることがないので月々同じ額を返済すれば良いのである。

そのため、収支がわかりやすくなり、将来設計も立てやすくなる。また、多額の債務があるより、おまとめローンで債務を1つにすることで自身の信用も得ることができる。

固定金利のデメリットは、将来金利が下がった場合も最初に契約した金利は変わらないということだ。

そのため、なるべく金利の低いおまとめローンを選択することが重要である。なお、おまとめローンを検討しているのなら以下を参考にして欲しい。

おまとめローンのおすすめについての詳しい解説はこちら

「おまとめローンのおすすめランキング|低金利や審査に通りやすいおまとめローンも紹介」

一本化する際の注意点

おまとめローンは、月々の返済額をおまとめ前の返済額と同等額の支払いを基準とすると、返済期間が大幅に伸びる可能性がある。

返済期間を短縮するためには、繰上げ返済や増額返済などを検討することで返済期間が短縮され利息が軽減される。

支払いに余裕がある場合は、上記のような返済方法も検討してみよう。

ただし、繰上げ返済は臨時返済扱いになるので、月々の返済がなくなるわけではない。毎月返済日には指定された返済額を支払う必要があるので注意しよう。

おまとめローンの金利は低い?

おまとめローンの金利は、カードローンに比べると低い傾向にある。複数のカードローンをまとめると返済額が高額になる。

そのため、金利が下がり月々の利息が減額される可能性がある。借入の際は金利の比較をして、今より金利が低いおまとめローンの借入先を探そう。

  • 1日の利息の計算式:借入金(元金)×金利(年率%)÷365=1日の利息
  • 月額の利息の計算式:借入金(元金)×金利(年率%)÷365×日数=月の利息

月々返済している明細書等と照らし合わせて利息を比較すると良いだろう。

おまとめローンの審査の必要書類

おまとめローンの審査には、身分証明書などの本人確認書類や収入を証明する書類の提出が必須である。

その他に、既存の返済残高が確認できる資料(返済予定明細書・残高証明書など)や銀行のおまとめローンを契約する場合は、通帳と届印も必要になる。

書類の提出は必須なので、審査のスピードを上げ融資を早めるためには、書類は事前に用意しておこう。次で提出書類等の詳細を解説する。

本人確認書類

本人確認書類は、「借り手が本人に間違いないか」「提出書類の属性が間違っていないか」を確認するためなので、顔写真付きのものが要求される。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号通知書および通知カードは不可)
  • 在留カード・特別永住者証明書

顔写真付きがない場合

  • 住民票の写し
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード

顔写真があるものが揃えられない場合は、提出書類に顔写真を添付することもある。借入先毎に提出書類は違うので求められたものを用意する。

収入証明書

収入証明書を提出するのは、返済能力を審査するためのものである。従って安定した収入や延滞することなく返済できることが示されなくてはならない。

おまとめローンでは、収入証明書の提出は必須である。収入証明書を提出しても、契約時に休職中や定職についていない場合は、審査に通る可能性は低い。

収入証明書は、次のようなものの提出が求められる。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 納税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 年金通知書

以上の中から1〜2点、最新年度のものを提出する。臨時収入は収入とは認められないので注意が必要だ。

カードローンやフリーローンを利用しておまとめすることもできる?

おまとめローンは、既存の返済総額と同額の借入ができる。借入後は、複数あるカードローン会社に一括返済することになる。

その後は、おまとめローン会社に月々返済していくことになる。おまとめローンは、借入専用のローンなので追加の借入はできない

急な出費に備えるのであれば、今ある返済総額を補えるカードローンまたは、フリーローンの利用をおすすめする。

ただし、カードローンやフリーローンを、消費者金融やクレジットカード会社で契約すると、総量規制の対象になるので注意が必要だ。

総量規制は、年収の3分の1の新たな借入ができないというデメリットがある。借入額は、今ある返済総額の同額または少し多めに借りる必要があるからだ。

銀行は、総量規制の枠がないので相談窓口で「借入についての相談」をすると良い。ただし、一部のカードローンも追加借入ができないケースがある。

また、借入額が高額になるため審査に通らない可能性がある。

おまとめローンと借換えの違いは?

間違えやすいのがおまとめローンと借換えである。

おまとめローンは、新たに「おまとめローン」というローン商品を契約し、既存の複数のカードローンの返済金を借入金で一括返済する。

その後、新たに契約したおまとめローンを月々返済していくのである。おまとめローンは、総量規制の対象外なので貸金業者も高額借入が可能になる。

借換えは、元々1社から借入していたローン商品を、返済総額や利息を抑える目的で、条件の良い他のローン会社に乗り換えることである。

複数のカードローンをまとめるのは「おまとめローン」になる。

おすすめのおまとめローン5選

おまとめローンを取り扱う金融業者は、複数あるがそれぞれにメリットやデメリットがある。

消費者金融やクレジット会社のメリットは、即日融資が可能・審査が通りやすい・メールで返済日を教えてくれるサービスがあることだ。デメリットは、返済先の指定があることである。

銀行系のメリットは、低金利で借入できることだ。

だが、在籍確認があり、審査が厳しいことや年収の査定があることはデメリットである。

このように、消費者金融系・銀行系共にメリット、デメリットは存在する。

そこで以下では、おすすめのおまとめローンを5社を紹介する。

おまとめローンアイフル
「おまとめMAX」
プリミス
「おまとめローン」
レイク
「レイクdeおまとめ」
SMBCモビット
「おまとめローン」
東京スター銀行
「おまとめローン」
金利
(実質年率)
3.0
~17.5%
6.3
~17.8%
6.0
~17.5%
3.0
~18.0%
9.8
~14.6%
利用限度額1万
~800万円
300万円10万
~500万円
800万円30万
~1,000万円
契約年齢満20
~69歳
満20
~65歳
満20
~70歳
満20
~65歳
満20
~65歳未満
返済期間10年
(120回)
10年
(120回)
10年
(120回)
13年4ヵ月
(160回)
10年
(120回)
必要書類本人確認書類収入証明書
本人確認書類収入証明書
本人確認書類収入証明書
本人確認書類収入証明書
本人確認書類収入証明書
お知らせ
メール
アプリとメールメールアプリとメールメール
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

アイフル「おまとめMAX」

アイフルの「おまとめMAX」は、銀行ローン・貸金業者・クレジットカードのリボもまとめることができる。

消費者金融は、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングは「おまとめローン」に組めない業者が多い中、アイフル「おまとめMAX」は貴重だ。

金利は3.0〜17.5%と消費者金融のなかでは、金利は平均的な利率である。利用限度額は1万〜800万円と利用限度額が高いので高額返済も可能だ。

返済期間は10年(120回)で、こちらも平均的な返済期間だが、下限金利が3.0%なのは有難い。契約年齢は、満20〜69歳である。

アイフル

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス「おまとめローン」

プロミス「おまとめローン」は、契約書類の提出は郵送か自社の自動契約機の2種類から選べる。

自動契約機は、必要書類をその場で発行してくれる。審査結果が伝えられ、審査に通っていれば契約後に借入可能になる。

郵送の場合は、自宅に必要書類が郵送されてくる。必要事項を記入して返送すれば、書類受領後に借入可能だ。

また、プロミスアプリは生体認証機能があり、指紋・顔・声のいずれかで認証できる。また、本人の端末だけに生体情報は保管される。

金利は、年率6.3〜17.8%である。下限金利が消費者金融としては少々高めであるが、上限金利は平均的である。利用限度額は300万円までとなる。

契約年齢は、満20〜65歳までの主婦(主夫)・学生・パート・アルバイトの方も、安定した収入があると認められれば「おまとめローン」の契約ができる。

返済期間は10年で、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングは「おまとめローン」に組み込むことができないので注意が必要だ。

金利(実質年率)年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件18歳以上74歳以下
(高校生を除く)
担保・保証人不要

レイク「レイクdeおまとめ」

レイクの「レイクdeおまとめ」は、SBI新生銀行自動契約機で本人確認と契約が可能だ。

レイクで「おまとめローン」を契約すると、借主名でレイクが以前の借入先に直接返済する。この場合の振込手数料は無料なのでおすすめだ。

原則自宅や勤務先に電話をかけることはないが、レイクが必要とした場合は非通知または発信専用ダイヤルで、社名や用件はいわず個人名でかけることがある。

この場合、男性か女性いずれかの希望があれば事前に申告する。また、電話連絡がつかない場合は、書類を提出して、本人確認を行うことも可能である。

金利は年率6.0〜17.5%で、利用限度額は10万〜500万円である。契約年齢は満20〜70歳と消費者金融の中では年齢幅が広い。

安定した収入があれば契約可能なので、高齢の方には特におすすめな商品だ。最長契約期間は10年(120回)である。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

SMBCモビット「おまとめローン」

SMBCモビット「おまとめローン」は、審査結果がSMSまたは、メールで送られてくる。電話での連絡を希望する場合は、社名や用件はいわず個人名でかけてくれる。

契約は、PCまたはスマートフォンでの手続きが可能である。Web上で完結するので自宅に居ながら借入ができるのは便利だ。

手続き完了後は、レイクが借主に変わり振込を完了する。振込手数料は0円である。

金利は年率3.0〜18.0%で、金利の上限が5社の中では高いので、借入額が10万円以下ならおすすめである。

利用限度額は800万円までで、返済期間は13年4ヵ月(160回)だ。他社消費者金融と比べても、返済期間が長いので高額借入の希望者にはおすすめである。

契約年齢は満20〜65歳で、アルバイト・パート・自営業の方の借入も可能だ。みなし貸金業者からの借入金も対象になる。

ただし、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングはおまとめローンに組み込めない。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

東京スター銀行「おまとめローン」

東京スター銀行「おまとめローン」は、銀行系おまとめローンになるので他4社とは基準が

異なる。

金利は、9.8%・12.5%・14.6%の固定金利で保証料込みとなる。利用限度額は、30万〜1,000万円とかなり高額だ。

契約年齢は、満20〜65歳未満の給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)で収入200万円以上の方が対象になる。

なお、自営業やパート・アルバイトの方は契約できない。また、事業性資金の場合も契約はできない。

返済期間は、10年(120回)だが、いつでも繰り上げ返済が可能である。また、仮審査期間は最短2日で電話またはメールか郵送で結果が知らされる。

銀行カードローン・消費者金融ローン・クレジットカードのキャッシング・クレジットカードのショッピングリボは借入対象になる。

なお、不動産担保ローン・有担保ローンはおまとめローンの対象外なので覚えておこう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.5%〜年14.6%
審査時間最短数日
融資速度最短数日
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円〜1,000万円
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

なお、消費者金融のおまとめローンは他社を含めた総量規制がある。総量規制について詳しく知りたい方は以下を参考にして欲しい。

おまとめローンの総量規制についての詳しい解説はこちら

「おまとめローンは総量規制の対象外?年収の3分の1を超える金額を借りる方法を解説」

おまとめローンで借入を一本化したいなら

ここまでは、おまとめローンのメリットやデメリットを紹介してきたが、おまとめローンで借入金を一本化するには審査が必要である。

審査は、通常のカードローン契約より厳しいものだと覚えておこう。以下で審査に通るポイントと確認ポイントを解説する。

審査に通るポイント

  • 収入が200万円以上ある
  • 休職中や転職直後ではない
  • 返済総額は、総量規制の枠に余裕がある額である
  • おまとめローン借入先の契約基準を満たしている
  • 過去に金融事故など信用情報に傷がない
  • 借入件数が多すぎない

確認ポイント

  • おまとめローンの借入金で既存の返済総額がすべて返済できる
  • 月々の返済額が今より下回っている

以上のポイントを確認して、おまとめローンを契約する借入先を選ぶことだ。おまとめローンで借入先が一本化することで多重債務から解放される。

計画的な返済をして、今後は新たな債務を増やさないようにしていただきたい。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
目次