1. ホーム
  2. 資産運用・資産管理
  3. 【5種類のFIRE】60代の早期リタイアに必要な資金と準備方法とは?

【5種類のFIRE】60代の早期リタイアに必要な資金と準備方法とは?

この記事で解決できるお悩み

・60代FIREにはいくら必要なのか

・60代FIREを目指すためには何を準備すればよいのか

「仕事に追われる日々から、早期リタイアしたい!」と願い、60代のFIREを目指す人が増えている。

今の時代の「FIRE」はライフスタイルごとに5種類あり、完全に仕事をリタイアするだけでなく、働き続けるものまでさまざまだ。

そこで今回は「5種類のFIREの特徴」「FIREに必要な資金」「FIREの準備方法」について詳しく解説していく。

資産運用のおすすめの相談先

わたしのIFA  おすすめ!

アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。

目次

「60代のFIRE」は5種類ある

経済的な自立による早期リタイアで、豊かな人生を目指す「FIRE」。

今の時代の「FIRE」は、以下の5種類となっている。

5種類のFIRE

  • コーストFIRE
  • バリスタFIRE
  • サイドFIRE
  • リーンFIRE
  • ファットFIRE

それぞれのFIREの特徴を、働き方や生活レベルごとに解説していく。

コーストFIRE

コーストFIREは、60代で仕事をリタイアするまで基本的にフルタイムで働く

資産運用によってやりくりできる「老後の生活費を確保」したうえで、日頃の生活費はフルタイムで働いたお金から捻出するのが特徴だ。

本業をリタイアするための資金は確保できているため、心に余裕をもって働きやすい。

バリスタFIRE

バリスタFIREはプライベートな時間を確保しやすい、パートやアルバイトという雇用形態で働く

労働時間が短くてすむので、年齢とともに体力が衰えてきたとしても仕事を続けやすい。生活費の半分を資産所得でまかない、残りの半分はパートやアルバイトで稼いで捻出する。

会社が半分社会保険料を支払ってくれるので、60代からもらえる年金をできるだけ確保しておきたい人におすすめだ。

サイドFIRE

サイドFIREは、プチFIREとも呼ばれており、完全に仕事をリタイアするFIREよりもハードルが低い。基本的な生活資金は蓄えた資産を運用して捻出し、旅行や趣味など生活のゆとりに使う資金は副業でまかなう。

バリスタFIREとの違いは、サイドFIREは副業やフリーランスという働き方であるため「個人事業主」であることだ。

また、本業も続けて資産を増やすと、完全に仕事をリタイアするFIREを目指せる

リーンFIRE

リーンFIREは、質素な暮らしによって日々の生活費を倹約するのが特徴だ。

仕事を完全にリタイアし、これまで貯めた資金を運用して生活資金を捻出する。

外食よりも自炊を選び、高価な買い物や贅沢な暮らしといった物質的なゆとりではなく、時間的なゆとりを目指す人やミニマリストに向いている傾向にある。

ファットFIRE

仕事を完全に引退して、優雅な生活を満喫する「ファットFIRE」。

生きていくために必要な「生活資金」と、高価な買い物や趣味に使える「贅沢資金」の両方を資産所得でまかなえるのが特徴だ。

高品質で贅沢なものに、心置きなく資金を費やせるだけの資産が必要となる。

【種類別】60代のFIREに「必要な資金」とは?

【5種類のFIRE】60代の早期リタイアに必要な資金と準備方法とは? わたしのIFAコラム

60代のFIREに必要な資金は、数億円〜数千万円と幅広い。

次の項目で4種類のFIREごとに、資金がどれくらい必要なのか解説していく。

「コーストFIRE」に必要な資金

働き方を変えず、仕事を完全に引退した後の生活資金を先に貯めておく「コーストFIRE」を実現するには、5,000万円〜1億円ほどの資金が必要だとされている。

社会保険料を会社が半分ほど負担してくれるため、完全にリタイアするより年金や健康保険の個人負担額が少なくてすむ。

「バリスタFIRE」に必要な資金

パートやアルバイトで生活費の半分を稼ぐバリスタFIREを目指すなら、4,000万円〜6,000万円ほどの資金が必要だ。

年利4%で運用し税金を差し引いた場合、4,000万円の資金で毎月10万円ほど、6,000万円の資金では毎月約16万円を生活費にできる。

「サイドFIRE」に必要な資金

サイドFIREは、最低限の生活費を資産運用によって作り出すため、2000万円〜5000万円ほどの運用資金を用意するといいだろう。

副業で得た資金は生活のゆとりに使うので、働かないFIREに比べ実現しやすい金額になっている。

「リーンFIRE」に必要な資金

生活費にあまりお金をかけない「リーンFIRE」は、質素な暮らしを楽しめる人に向いている。

総務省統計局の家計調査によると、生活費の月額平均は2人以上の世帯で28万9,974円、単身世帯だと15万5,046円だ。

リーンFIREは倹約生活が基本なので、生活費は平均額よりも少ない傾向にある。

たとえば年利4%の運用で課税を考慮すると、5,000万円の資金で13万円ほど、7,000万円の資金であれば約18万円が毎月の生活費となる。

「ファットFIRE」に必要な資金

5種類のFIREの中で、もっとも豊かな生活を送るファットFIRE。家族構成や贅沢資金をどれほど使うかによるが、およそ5億円ほどあればファットFIREを実現させやすい。

具体的には、5億円を年利4%で運用して「年間2,000万の利益」を目指す。

ただし、資産運用によって2,000万円の利益を得たとしても、社会保険料や税金が引かれるため手元に残るのは約1,500万円となる。

資産運用で得た1,500万円の利益により、毎月125万円を自由に使いながら生活していくイメージだ。

資産運用のおすすめの相談先

わたしのIFA  おすすめ!

アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。

60代のFIREを目指す「3つの準備方法」とは?

【5種類のFIRE】60代の早期リタイアに必要な資金と準備方法とは? わたしのIFAコラム

60代のFIREで豊かな老後を手に入れるには、以下の方法で準備するのがおすすめだ。

FIREを目指す3つの準備方法

  • 今の年間生活費を確認する
  • 人生プランを考える
  • 運用益で生活を目指す

次の項目では「60代のFIRE」を目指す準備方法について解説していく。

今の「年間生活費」を確認する

60代のFIREを目指すには、まず「今の年間生活費」を確認しよう。

今の生活費を知ることで、60代でFIREするためにどれくらいの資金が必要なのか確認できる。

その際、年間生活費に占める教育費や住宅ローンなどの割合をチェックしておくといい

なぜなら子どもが独立したり、住宅ローンを払い終えたりすると、年間生活費が現状より少なくなる傾向にあるからだ。

目指すFIREを決めて「人生プラン」を考える

FIREは5種類あるため、どのような生活を望むのか考えてみよう。

その際、理想とするライフプランと、現在の働き方を照らし合わせるのがポイントだ。

たとえば「コーストFIRE」「バリスタFIRE」「サイドFIRE」は、仕事を続けていくFIREとなる。

そのため、定年後も再雇用してもらえるか、経営者であればどれくらいの仕事量で携わっていくかにより生活スタイルが大きく変わってくる。

また目指すFIREに対し、今の働き方では必要となる資産が足りないのなら、副業や転職、資産運用などでFIREするための資産形成に着手する必要がある

「老後の生活に必要な資金」については、こちらで詳しく解説している。

運用益で生活を目指す「4%ルール」

「年間生活費の25倍の資金」が用意できれば、FIREを実現させやすいといわれている。

その考えの基となるのが、アメリカのトリニティ大学の論文による「4%ルール」だ。

論文によれば「株式50%、債券50%」の運用で得た資金を、毎年4%ずつ取り崩して生活すると、30年後も資産が残っている可能性が高いとされている。

ただし4%ルールは、運用で発生する手数料や税金、為替については考慮されておらず、物価の変動によっても運用成果が異なる。

そのため投資先を選ぶときは、プロのアドバイスを聞いてみるのもいいだろう。

「60代のFIRE」に向けて資産形成をはじめよう

【5種類のFIRE】60代の早期リタイアに必要な資金と準備方法とは? わたしのIFAコラム

本記事では、60代で目指せる「5種類のFIRE」に必要な資金と、準備方法について解説した。

FIREの種類必要な資金の目安
コーストFIRE5,000万円~1億円
バリスタFIRE4,000万円~6,000万円
サイドFIRE2,000万円~5,000万円
リーンFIRE5,000万円~7,000万円
ファットFIRE5億円

仕事をしないFIREには5,000万円〜5億円ほど必要とされているが、働くのであれば2,000万円〜1億円ほどの資金でFIREできる可能性がある。

どちらにせよ「円安」「物価高」など、先行きに不安を抱える人が多いご時世なので、資金を取り崩しながら生活するFIREでは心もとないかもしれない。

「お金を使うだけの生活では不安」という方は、運用益で生活費をまかなう「4%ルール」を意識したFIREを目指してみてはいかがだろうか。

また、もし資産運用を始める際に投資先に迷ったり、資産運用に関して相談したいことがあればぜひ「わたしのIFA」で自分に合うIFA(資産運用アドバイザー)を選んで相談してみて欲しい。

現在、下記ボタンから申し込むと無料で資産運用の相談にのってくれる。

資産運用に関して、少しでも不安やお悩みがある方は、無料相談を申し込んでみてはいかがだろうか。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次