MENU

10万を借りるときは審査なし?即日で少額融資を受けられる方法を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

パソコンが壊れたり結婚式に招待されたりして、急にお金が必要になることは日常生活の中でよく経験するだろう。

貯金では足りずに次の給料日までに10万円を用意しなくてはならない場合、融資を受けることを考える方は多いのではないだろうか。

お金を借りる方法はいろいろあっても今すぐに融資を受けることは可能なのか、審査に通ることができるのかと不安を感じるかもしれない。

この記事では即日で10万円ほどの少額融資を受けられる方法を紹介する。

金融機関から融資を受ける以外の方法もあるので、参考にしていただきたい。

目次

10万を借りるときは審査なし?

10万を借りるときは審査なし カードローンナビ

消費者金融や銀行のカードローンで融資をお考えなら、10万円程度と少額でも審査なしで借入することはできない

貸金業者や銀行は融資を行う前に、返済能力の調査を貸金業法で義務付けられているからだ。

審査なしで借入したい方は、次に述べるクレジットカードのキャッシングや生命保険の契約者貸付の方法がある。

審査なしで少額融資を受けられる方法は?

審査なしで少額融資を受けられる方法は? カードローンナビ

先にご説明した通り、審査なしで金融機関からの融資を受けることはできない。

そこで、こちらでは金融機関以外からお金を借りる方法を説明する。

手持ちのクレジットカードキャッシングを利用する

クレジットカードにはショッピング機能とは別に、キャッシング機能がある。

お手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付帯していれば、審査なしで銀行やコンビニのATMから現金を借入することができる

注意点はクレジットカード全体の利用限度額にキャッシング枠が含まれており、ショッピングの利用額が多くなるとキャッシング枠が減ることになるので、確認が必要だ。

家族や友人から借りる

家族や友人にお願いするのも、金策の方法の一つ。無利息で借りられる可能性がある反面、人間関係が壊れかねないリスクもある。

気心の知れた仲でも、借用書を書き確実な返済を心掛けるべきである。

生命保険の契約者貸付を使う

終身保険や養老保険など解約払戻金のある生命保険に加入している方は、払戻金を担保にして保険会社から借り入れをすることが可能だ。

保険を解約することなく審査なしで借り入れできること、金利が低いなどのメリットがある。

デメリットは、返済しないまま保険の満期を迎えると保険金から借入金と利息が引かれること・借入が長期間に及んで借入金額が払戻金を超えると保険自体が失効する可能性がある。

公的制度で借りる

生活に困っている人を支援するために国からお金を借りられる制度がある。

  • 生活福祉資金貸付制度:いくつか種類があるが、生活支援や教育支援など、それぞれ細かく用途が決まっている。
  • 臨時特例つなぎ資金貸付:失業して住居のない方の失業保険などの給付が始まるまでの生活費を支援してくれる制度で、10万円までを無利子で借り入れができる。
  • 求職者支援資金援助制度:職業訓練を受講する方で給付金だけでは生活費が足りない場合に利用できるのが、求職者支援資金援助制度である。貸付額は月額10万円(単身世帯は月額5万円)×職業訓練受講予定月数になる。

無利息または低金利で借り入れができる一方、様々な条件があり確実に融資を受けられるとは限らない。

他にも、手続きが難しい・借り入れまでに時間がかかるという欠点がある。

消費者金融のカードローンは即日で借りられる?

消費者金融のカードローンは即日で借りられる? カードローンナビ

カードローンとは個人向けのローンで、担保と保証人が不要で自由な使い道の融資を受けることができる。

消費者金融のカードローンは、特に融資のスピードが早く即日融資が可能

SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友カードのローンブランドである。

即日融資を希望する場合、まず公式ホームページから申し込み後コールセンターに電話連絡すると最短30分で審査が完了する。

会員登録をすませて入会完了メールが届いたら、すぐに融資が可能となる。

または三井住友銀行のローン契約機を利用すると、その場で申し込みとモビットカードの受取が可能だ。

返済時にTポイントが貯まるのも、嬉しいポイントだ。

公式スマホアプリの利用で、セブン銀行・ローソン銀行ATMの借入が可能である。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスは大手消費者金融会社の一つで、三井住友フィナンシャルグループの子会社。

公式ホームページからweb上で手続きを完了すると最短20分で借入が可能になるため、急ぎで融資を受けたい方にはおすすめのカードローンとなる。

申し込みの際にインターネット振込を選択すれば、希望する銀行口座に最短10秒で振込が完了する。(システムメンテナンス時を除く)

またプロミスのアプリで申し込みから借入までできる「アプリローン」というサービスもある。

借入や返済がセブン銀行とローソン銀行のATMから利用でき、24時間365日いつでも取引が可能。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社の、大手消費者金融会社。

アコムもまた最短20分で融資が可能というスピードを誇る。

公式ホームページで年収や他社からの借入金額を入力する「3秒診断」を行うと、借入が可能かを簡単に知ることができる。(実際の審査では違う結果が出ることもある)

楽天銀行の口座をお持ちなら、24時間最短10秒で振り込みが完了し、非常に便利である。

スマホアプリからセブン銀行ATMで借入・返済ができる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは創業50年を超える、老舗の消費者金融会社。

アイフルもweb申し込みで最短20分で借入が可能である。

特にお急ぎの方は、電話で急いでいることを伝えると優先的に審査される。

スマホアプリから申し込むとセブン銀行・ローソン銀行のATMから、深夜や早朝でもカードレスで借入が可能。

注意点としては、各社共通してweb申し込みは24時間受け付けているが審査には受付時間があるため、時間帯や混雑状況によっては借入が翌日になることがある。

確認書類の提出を求められるので、あらかじめ準備しておこう。

年齢や年収額などの条件があるので、クリアしているか確認が必要だ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

カードローンの審査についての詳しい解説はこちら

10万円をさらに借りやすくするには?

10万円をさらに借りやすくするには? カードローンナビ

少額であっても、お金を借りるということに変わりはない。

融資を受けるには審査や返済計画など様々な制約がある。

加えてすぐにお金が必要ということであれば、これらの制約を素早く済ませなくてはならない。

よりスムーズに融資を受けやすくするにはどうしたらよいのだろうか。

すでに借り入れがある人は返済を進めておくと融資してもらいやすい

ローンの返済だけでなくクレジットカードの支払いなどの延滞があると、信用情報機関に記録が残り追加の融資が受けにくい

毎月確実に返済を進めることで、融資してもらえる可能性は高くなる。

金利から利息を計算

融資を受けるとき、金利によって毎月の返済額が変わる。

金利から利息を計算する方法を知っていると、返済計画を立てやすく新たな借入の交渉材料に使えるだろう。

金利とは、借入金額に対する利息の割合のことで、パーセンテージで表示される。

金利5%~20%と表示されている場合、一般的に1年間の利率を意味する。

金利から利息の計算方法は、借入金額×金利÷365(うるう年は366)×借入日数となり、でた数が利息。

例えば10万円を金利20%で30日間借入したとき、10万×20%÷365×30で利息はおよそ1643円となる。

借入金額が増えると金利も変化するため、実際の金利を把握しておくことが大切。

借入の起算日をいつに設定するか会社によって違いがあり、日割り計算すると利息が変わるので確認をお忘れなく。

急いで借りたい人は金融機関からの電話連絡に迅速な対応をしよう

在籍確認などの電話に出られないと、その分時間がかかり急ぎの融資に対応できない場合がある。

電話連絡に対応できない事情がある方は、前もって先方に相談しよう。

カードローン「審査あり」には理由がある

カードローン「審査あり」には理由がある カードローンナビ

一刻も早くお金を借りたい方や、収入が安定しない方は「何故わざわざ審査をするのか」と煩わしく感じてしまうかもしれない。

しかし金融機関が審査を行うのは法律で定められた義務である。

そしてそれはお金を貸す企業の利益だけでなく、借りる側の債務者を守るためでもある。

金融機関が審査をする理由をしっかり理解しよう。

「審査あり」の理由は法律で義務付けられているから

日本にはカードローンの審査を義務付ける貸金業法という法律が存在する。

複数の金融会社から借入をして返済することができない「多重債務者」が社会問題になったことから、平成22年に新しい貸金業法が施行された。

貸金業法第13条で、顧客の返済能力の調査を義務付けている。

年齢や収入、信用情報などを審査して返済能力がないときは融資をしないことは、顧客を保護することも意味する。

「審査なし」は闇金業者なので注意!

貸金業法で審査が義務付けられているため、審査なしで融資する金融機関は法律に違反している。

そのような業者は闇金業者の可能性が高い

違法な闇金業者から借入をすると、出資法で制定されている上限金利を超える金利を要求されたり、悪質な取り立てや個人情報の悪用などの危険が考えられる。

闇金業者から借入してしまったら、警察や弁護士に相談しよう。

「審査なしで闇金業者でもない」という個人間融資にも注意しよう

最近では、SNSやインターネット掲示板で「お金を貸します」という書き込みをよく見かけるだろう。

個人間であっても繰り返しお金の貸付をするには貸金業登録が必要で、登録を行っていないと貸金業法違反となる。

借入する側は個人間の取引と考えていても実は相手は闇金業者の場合が多く、法外な金利での融資や悪質行為などのトラブルに巻き込まれる可能性が高い。

審査にとおりやすくなるコツ

審査にとおりやすくなるコツ カードローンナビ

審査をとおりやすくするには、自身の信用を損なわない行動・対応を心がけよう。

誠実でいることが、審査にとおるコツといえるだろう。

このコツについて詳しく見てみよう。

虚偽申告はしない

「年収が少なくて借入できるか心配…」という方は、申し込みの際に少し多めの年収を記入したくなるだろう。

しかし、カードローンの申し込みで嘘をつくのは、非常にリスクを伴う行為である。

申し込み時に申告した内容と信用情報機関の個人情報を確認すると、勤務先や年収、他社からの借入などの嘘は全て分かる。

審査で虚偽申告が発覚すると、その時点で審査に通ることができない。

悪質な嘘と判断されると、その会社の審査にはそれから永遠に通ることができなくなる。

また借入を受けた後に嘘が発覚した場合は、借入金の一括返金を求められることもある。

短期間で複数社に申し込まない

カードローンの申し込み履歴は、信用情報機関の個人情報に記録される。

貸金業者がローンの審査を行うとき、申し込み履歴や返済状況を調べて返済能力の有無を判断。

短期間に複数の業者に申し込みをしていることで即座にNGがでるわけではない。

しかしお金に困っている印象を与え、審査に影響を及ぼすことはある。

借入状況を改善させる

借入の審査に通りやすくなるコツは、すでに融資を受けている場合は借入額をできるだけ減らしてから申し込む。

カードローンを行う貸金業者は、貸金業法の総量規制により借り手の年収の3分の1以上の貸付が制限される。

総量規制は1社だけでなく全ての借入額を合計した金額が対象となるので、借入希望額が総量規制を超えると借入できなくなる。

ご自分の借り入れ状況を把握し、毎月確実に返済を続けることで審査に通りやすくなるだろう。

審査なしの少額融資は無職や主婦、学生でも受けられる?

審査なしの少額融資は無職や主婦、学生でも受けられる? カードローンナビ

無職の方が審査なしで少額融資を受けることができる方法は、先に述べたクレジットカードキャッシングと生命保険の契約者貸付の利用である。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていない方や、解約払戻金のある保険に加入していない方は、他の方法を探すことになるだろう。

しかし残念ながら、収入のない方は少額でもカードローンで融資を受けることはできない。

カードローンには審査があり、収入がなく返済能力がないと審査に落ちることになるだろう。

総量規制により年収の3分の11を超える貸付は禁止されているので、もし貸付をすれば違法となることも。

退職を考えている方は、在職中にカードローンの契約を済ませるようにしよう。

しかし無職になっても返済は続くため、よく考えて無理のない返済計画を立てるのが賢明である。

専業主婦の方は本人に収入がなくても夫に安定した収入があれば、配偶者貸付を利用すると融資を受けられる可能性がある。

配偶者貸付とは、貸金業法の例外措置で夫婦2人の年収を合わせた額の3分の1までの融資を受けられる制度。

しかし配偶者貸付が可能な消費者金融会社はほとんどなく、貸金業法が適用されない銀行のカードローンが主である。

注意点は、配偶者貸付を利用するときは配偶者の同意書が必要になること、総量規制で配偶者に借り入れがある場合は2人合わせて年収の3分の1を超える融資は受けられない。

学生の方でも、アルバイトで収入があれば融資を受けることができる。

借入を周囲に内緒にしたいのであれば、大手の消費者金融のカードローンを選ぶのがおすすめである。

アルバイトの給料明細を提出すると、勤務先への在籍確認の電話連絡はなしで借入が可能になる。

公式ホームページやアプリから申し込むとカードレスで借入や返済ができるため、郵便物が自宅に届く心配もない。

消費者金融は金利が高いのが気になる方は、銀行のカードローンの利用を考えてみよう。

消費者金融に比べて金利が低いのが魅力の反面、審査が厳しめなことと融資が可能になるまでに時間がかかることがデメリット。

クレジットカードを所持していて、キャッシング枠が付帯していればクレジットカードキャッシングが利用できる。

また20歳以上でないと契約できないカードローンが多いが、学生ローンなら18歳・19歳の方でも借入が可能。

学生ローンとは、大学生や専門学校生など学生を対象に貸付を行う貸金業者である。

ただし親の同意書が必要な業者が多いので注意が必要になる。

借りる以外でも審査なしでお金を用意することも視野に

借りる以外でも審査なしでお金を用意することも視野に カードローンナビ

ここまで借入の方法を説明してきたが、お金を「借りる」以外の方法で調達する方法を紹介しよう。

  • 持ち物を売る自分の持ち物を売ってお金にする方法。不要なブランドのバッグや洋服、腕時計などがあればまとまった金額が期待できる。
  • 日雇いのアルバイト:日雇いバイトは一日単位の単発バイトなので、自分の都合に合わせて働くことができる。様々な職種があるが、比較的身体を使う仕事が多い。
  • 質屋で借入をする:貴金属やブランド品があれば、それを担保にお金を融資してもらうことを考えよう。利息と借入金を返済できれば品物は戻ってくるが、返済できなくて質流れしても信用情報に傷がつくことはない。

10万を審査なしで借りるには

10万を審査なしで借りるには カードローンナビ

銀行や消費者金融のカードローンで融資を受けるには、少額でも審査を避けることはできない。

返済能力があるか調査することを法律で定められているため、法律を遵守する金融機関では必ず審査を実施する。

「審査なしで10万円融資します」と誘いをうけたら、それは闇金業者の可能性が高い。

法外な金利を要求されたり、違法な取り立てにあったりする危険がある。

もし借入してしまったら、警察や弁護士へ相談しよう。

審査なしで10万円を借りる方法として、クレジットカードキャッシングの利用・生命保険の契約者貸付がある。

急ぎでお金が必要な方には、消費者金融のカードローンがおすすめ。

大手の消費者金融は審査のスピードが早く、即日で融資を受けることができる。

注意点として、10万円と少額であっても借入期間が長くなるほど利息がふくらみ、支払の総額が増えていく。

借入は必要な金額だけにして、確実に返済できるように返済計画を立ててほしい。

目次