MENU

SMBCモビットの限度額はいくら?限度額の決まり方や増額する方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

SMBCモビットは、SMBCグループが提供する消費者金融カードローンである。

消費者金融らしい借入までのスピード感と、大手銀行提供の安心感を併せ持っている点が魅力だ。

SMBCモビットを検討するならば限度額も忘れずチェックして欲しい。カードローンを選ぶうえでいくらまで借りられるかは重要だ。

ただ、あなたは限度額について正しく理解しているだろうか?

以下では借入で損をしないために知っておきたい、限度額の決まり方・増額する方法を詳しく解説する。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

SMBCモビットの限度額はいくら?

SMBCモビットの限度額は1万円~800万円だ。他の大手消費者金融カードローンと比較しても、一般的な金額設定となっている。

具体的に限度額がいくらになるかは貸付側の審査によって確定する。

貸付側は申込者がいくら借りたいか・いくらなら返済できそうかなどをチェックし、限度額を決めているのだ。

カードローンの限度額とは

契約内容のなかでも金利・無利息期間などと並んで、特に重要視される限度額。限度額はカードローンを選ぶ際には必ず確認する項目だろう。

しかし、限度額の正しい意味を理解しているだろうか。曖昧な理解のまま契約すると、契約後に希望に沿った借入ができないリスクもある。

以下でカードローンの限度額についてわかりやすく解説する。SMBCモビットで自分が希望する借入ができそうかよく確認して欲しい。

そのカードローン商品で借りられる最大の利用限度額

限度額とは「そのカードローン商品で借りられる最大の利用限度額」を指す。

そのカードローン商品では申込者がいくらまで借りられるのか、が提示されているのだ。

申込者は限度額の範囲内であれば、何度でも自由に借入・返済ができる。逆にいえばそのカードローン商品では限度額までしか借入できないともいえる。

申込者はカードローンを選ぶ段階で「いくら借りたいのか」をはっきりさせ、希望金額の借入が可能な金融機関を選ぶ必要があるのだ。

申込者ごとの利用限度額

利用限度額は申込者ごとに個別で決められる。カードローン会社はそれぞれ独自の審査基準を持っていて、申込者がそれをどの程度満たしているかで限度額を決定するのだ。

そのため同じ希望額で申込しても、申込者の審査結果次第で限度額は異なる。

審査結果によっては、申込時に申告した借入希望額まで借入できないケースもあるため注意が必要だ。

各カードローン会社の金利(年率)・限度額・無利息期間については、以下のようになっているので参考にして欲しい。

スクロールできます
SMBCモビットプロミスアコムアイフルレイク
金利(年率)年3.0%~18.0%年4.5%~17.8%年3.0%~18.0%年3.0%~18.0%年4.5%~18.0%
限度額1万円~800万円1万円~500万円1万円~800万円1万円~800万円1万円~500万円
無利息期間30日30日30日180日

SMBCモビット限度額の決まり方

SMBCモビットにおいて、限度額はどのような基準から決まるのだろうか。以下で3つの基準を解説する。

本人の属性

本人の属性は申込者の返済能力を測るうえで重要だ。具体的には以下のような本人情報がチェックされる。

  • 職業
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務年数
  • 家族構成
  • 年齢
  • 居住年数、形態
  • 家賃や住宅ローンの負担額
  • 収入形態(固定給、歩合給)

申込者が安定した収入を得られているかはもちろん、家族単位での返済能力・転職のリスクなども加味され返済能力を測られるのだ。

信用情報

信用情報とは申込者の金融機関での借入・返済状況といった情報を指す。

信用情報は信用情報機関によって記録・管理されており、金融機関は審査のために情報開示を求めることができる。

主に見られるのは過去に返済の滞り・未払いがないかという点だ。

その際に債務整理などの金融事故を起こした記録があれば、限度額が低く設定される傾向にある。

逆にローンを組んだ経験がないなど、信用情報が少ないために限度額を低く設定されるケースもある。

信用情報は「正しい返済経験がある」状態が理想なのだ。

自身の信用情報が気になる場合は、信用情報機関に情報開示を求められる。

基本的に有料だが、信用情報に傷がついているかが一目でわかるため検討する価値はあるだろう。

他社での借入状況など

他社での借入状況によっては、総量規制の対象となるため限度額が制限されてしまうことがある。

総量規制とは申込者の年収の3分の1までしか貸付してはならないというルールだ。

利用者を過度な借入から守る目的で、貸金業法により定められている。総量規制の対象となるのは貸付業者から個人への貸付だ。銀行からの貸付は対象外となる。

SMBCモビットは大手銀行・SMBCグループの傘下ではあるがあくまで消費者金融だ。そのため総量規制の対象となる。

貸付金額は複数の金融機関から借入している場合は合算して考える。

つまりすでに他社で年収の3分の1近くまで借入している場合は、SMBCモビットでは少額しか借入できないのだ。

また、SMBCモビットの借入については、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にして欲しい。

SMBCモビットでの借入について詳しく知りたい人はこちら。

SMBCモビットの限度額を増額する方法

SMBCモビットでは一度確定した限度額を増額できる可能性がある。そのためには増額の申込をして別途審査を受けなければならない。

以下のような条件をクリアしている人は増額審査に通りやすい傾向にある。

  • 滞りなく返済している
  • 半年以上の利用実績がある
  • 申込時より収入が増えている

つまりSMBCモビットを実際に利用するなかで、「確かに返済能力がある利用者」として実績が積み重なっていると審査に通過しやすいのだ。

きちんと返済している自覚があるのであれば、ぜひ増額申請を視野に入れて欲しい。以下でその申込方法について詳しく解説していく。

申込方法

申込方法は大きくわけて以下の3つだ。

  • オンラインで申込
  • 電話で申込
  • 増額案内に回答

オンラインで申込する場合は、スマートフォンとパソコンの場合で若干操作が異なる。

スマートフォンの場合は「SMBCモビット公式スマホアプリ」が利用可能だ。

増額申込可能な利用者には、トップ画面「利用可能額」下に「限度額増額の申込」が表示されるためこちらから申込して欲しい。

パソコンの場合は会員専用サービス「Myモビ」が利用可能だ。

増額申込可能な利用者には、トップ画面に「増額審査を申込む」が表示されるためこちらから申込して欲しい。

申込画面への案内は、増額申込ができる利用者の操作画面にのみ表示されるシステムになっている。

オンライン上の操作に不安がある人は電話で申請するとよいだろう。

またSMBCモビットから増額案内のメール・DMが届くケースもある。

この連絡が来るのは利用機関・返済実績が一定の基準をクリアしている場合のみだ。

つまり増額審査に通過する確率も上がっているのだ。希望する場合はメール・DMに回答して申込を開始できる。

必要書類

以下のような借入を希望する場合は追加で収入証明書の提出が必要だ。

  • 50万円を超える借入
  • 他社からの借入金額との合計が100万円を超える借入
  • SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合がある。

収入証明書には以下の書類が該当する。

収入証明書
  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2ヶ月分)

いずれか準備しやすいものを1点選び提出する必要がある。

書類提出はオンライン上の会員専用サービス「Myモビ」内「書類提出システム」からも可能だ。提出時は参考にして欲しい。

SMBCモビットの限度額増額がおすすめな人

SMBCモビットの限度額増額はどのような人におすすめできるだろうか。限度額増額のメリットと一緒に解説する。

利息を抑えたい人

借入時の利息を抑えたい人にはSMBCモビットの限度額増額がおすすめだ。借入金額が大きくなるほど、毎月支払う金利は低く抑えられるためだ。

これは利息制限法によって定められている。具体的には以下のように制限される。

  • 元本の金額が10万円未満の時の上限金利
    • 年20.0%
  • 元本の金額が10万円以上から100万円未満の時の上限金利
    • 年18.0%
  • 元本の金額が100万円以上の時の上限金利
    • 年15.0%

つまり希望の借入金額が大きい場合、低い限度額のなかで少しずつ借りるより、限度限額増額して借入金額を大きくした方が低い利息で借りられるのだ。

利息が低くなれば、毎月の返済額が抑えられる・総返済額が抑えられるといったメリットが生じる。賢く借りたい人にはぜひ検討してもらいたい。

借入先を増やしたくない人

借入先が増えると、その分管理する借入金額・返済先・返済日が増えることになる。

そうなれば管理が大変であることはもちろん、毎月何度も返済日がやってくる心理的負担・返済日の度にATMに出向かねばならない身体的な負担まで負うことになる。

借入先は複数にわけるよりも1つにまとめておいた方が管理しやすい。

このメリットを得たい人には、ひとつの借入先でも十分な借入ができるよう限度額を増額しておくことをおすすめする。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

SMBCモビットの限度額を増額する際の注意点

SMBCモビットの限度額増額を検討するならば、注意点も正しく理解しておくべきだ。

場合によっては増額申請のせいで損をしてしまうこともある。以下で詳しく解説する。

審査・融資には時間がかかる

限度額は即時増額できるものではない。追加審査は初回申込時よりも大きい希望額の審査になるため、必然的に厳しくなり時間を要すると推測できる。

特に「50万円を超える借入」・「他社からの借入金額との合計が100万円を超える借入」を希望する場合は、追加で収入証明書を提出しなければならない。

そうなれば提出・審査に時間を取られることは避けられない。

それでもカード発行などのステップが省略される分、新規申込ほどは時間がかからない傾向にある。

急ぎで限度額の増額を希望する場合は念頭に置いて欲しい。

  • SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合がある。

審査結果次第で限度額が減る可能性がある

増額申請を出したにもかかわらず、審査結果次第では限度額が減る可能性がある。その場合は以下のような要因が考えられる。

  • 総量規制をオーバーしている
  • 年収が下がってしまった
  • 返済の遅延が複数回あった

総量規制によって、借入金額は年収の3分の1までに制限される。

借入金額がこれを超えていた場合は、借入をセーブするために限度額が下げられてしまう。

そのため、事前に自身の借入金額と年収を確認しておくとよいだろう。

クレジットカードのキャッシング枠も借入として計算されるため注意が必要だ。

また、申込時より年収が下がっていないだろうか。年収が下がれば、限度額も下がってしまう。転職直後などは特に気をつけたい。

さらに、返済の遅延を繰り返してしまうと、信用度が低いと判断され限度額を下げられてしまう。

SMBCモビットはもちろん他社での返済情報も信用情報機関に登録される。

そのため、どの借入先にもきちんと返済し、信用情報に傷がつかないようにする必要がある。

上記のポイントのなかに思い当たるものがある場合は、増額申請の結果、損してしまうリスクが高いため注意して欲しい。

審査に通過しても金利が変わらない可能性がある

限度額増額の相場は10万円程度だ。借入金額が大きく変動するわけではないため、増額審査に通過しても金利が変わらない可能性がある。

金利をいくらに設定するかの基準は公表されていない。

ただし貸金業法によってどのような貸金業者も100万円以上を貸付する場合、金利は15.0%以下にしなければならない。

そのため、現在の限度額が+10万円で100万円を越えるケースでは、金利15.0%以下になることが保証される。

初回利用の際に適用される最高金利18.0%よりも、少なくとも3.0%は金利が制限されることになるのだ。

このように、金利が抑えられるケースは限られていることがわかるだろう。

借入金額を大きくして金利を抑えたいと考えている人は注意して欲しい。

SMBCモビットの限度額増額のメリット・注意点まで理解して借入を検討したくなった人は、以下のリンクから借入方法も確認して欲しい。

SMBCモビットの利用可能額が0円になる理由

上記では限度額増額の申請によって、逆に利用限度額が減ってしまう可能性があることを解説した。

時には利用可能額が0円になってしまうケースもあるのだという。どのようなケースで利用可能額が0円になってしまうのだろうか。

以下で利用限度額と利用可能額の違いに触れながら詳しく解説する。

利用限度額を超えている

利用可能額とはすでに借入している金額を差し引いた、「あといくら借りられるか」を示す金額だ。

そのカードローンで「最大でいくら借りられるのか」のボーダーラインを示す利用限度額とは意味合いが異なる。

借入するほど利用可能額は少なくなるが、利用限度額は変動しない。

つまり限度額いっぱいまで借りている場合、利用可能額は0円になってしまうのだ。

このケースでまた利用可能額を増やすためには、一度借入した金額を返済する・限度額を増額するといった方法がある。

年収の3分の1を超えた借入をしている

年収の3分の1を超えた借入、つまり総量規制により制限される額の借入をしている場合は利用可能額が0円になってしまう場合がある。

総量規制は法律で定められたルールであるため、利用限度額引き上げの申込をしても利用可能額は増やせない。

ただし、申込時よりも収入が増えているならば、カードローン会社に申告することで利用限度額・利用可能額を増やせる。

収入を含む「申込時に登録した本人情報」は、オンライン上の会員専用サービス「Myモビ」から変更できるため手軽だ。

返済遅延などの問題が生じている

返済遅延などの金融事故を起こすと、信用が悪化しているとして利用限度額が0円に変更されてしまう可能性が高まる。

専門機関が管理する信用情報において、返済遅延の記録は「異動」と呼ばれる。

具体的には「クレジットカード・ローンの支払いを、61日もしくは3ヶ月以上遅延している場合」に信用情報に「異動」の記録がつけられてしまう。

一度信用情報に「異動」が記録されると、5年後に情報を破棄されるまで消えない。

「異動」の記録から金融機関は「約束通りの返済をしない人」と判断するため、著しく信用が下がり、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなるのだ。

すでに契約しているローンであっても、利用可能額を0円に変更されてしまう可能性もある。常に正しい取引を心がけ、信用情報に傷がつかないようにすることが望ましい。

SMBCモビットを限度額内で有効活用するコツ

ここまで、限度額増額にはリスクも伴うことを解説した。限度額増額で逆に限度額が減ってしまっては本末転倒である。

以下では限度額増額のリスクを負うことなく、限度額の範囲内で賢く借りるコツを解説する。

返済計画を立てる

無計画な返済は、借金の総額がわからない・借金している状態に慣れてしまうなど、借金を長引かせる要因になる。

借入をしたら早めに返済計画を立てることが望ましい。毎月いくらずつ・いつまでに返済するのか明確にする返済計画書を作成するとよいだろう。

返済計画の作成を手助けしてくれるツールは多数ある。SMBCモビットの公式サイトでも返済額・返済月数を試算する「返済シミュレーション」があるため活用して欲しい。

ひとりで返済計画を立てることに不安を感じるならば専門家に相談することもできる。弁護士・司法書士や消費者ホットライン・法テラスなどの窓口がある。

自分に合った方法で無理のない返済計画を立てるとよいだろう。

任意返済を行う

任意返済とは毎月の約定返済とは別のタイミングで返済することを指す。つまり経済的な余裕のあるタイミングで、毎月の返済に加えて多めに返済するのだ。

多く返済することで返済期間を短くするメリットがある。

さらに返済期間が短くなることで、借りる期間が長引くほど高くなってしまう利息を抑えることにもなる。結果として総借入金額までも抑えられるのだ。

手数料がかからない返済方法を選択する

SMBCモビットの返済方法は以下の6つから選べる。

  • 三井住友銀行ATM・提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット
  • ポイント
  • スマホATM取引

それぞれメリット・デメリットが異なるが、手数料も異なる。手数料無料で返済できるのは以下の3つだ。

  • 三井住友銀行ATM
  • 口座振替
  • インターネット

不要な出費を抑えて賢く取引をして欲しい。

SMBCモビットの限度額を確認して上手に利用しよう

SMBCモビットの限度額は1万円~800万円だ。消費者金融カードローンとしては一般的な金額設定である。

限度額は審査内容・希望借入金額からSMBCモビットが決定する。限度額を増額するためには申請して再び審査を受けなければならない。

そして、この審査は初回審査より厳しくなる傾向にある。審査結果が悪いと、逆に限度額が下がるリスクもあるため気をつけたい。

SMBCモビットで長年きちんと返済している実績があるならば、限度額増額を検討するとよいだろう。

限度額について正しく理解して、SMBCモビットをより便利に有効活用して欲しい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次