MENU

アイフルの審査時間はどのくらい?申込方法・審査結果までの流れを解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

アイフルカードローンは審査時間が短く、最短では申込当日に借入金を手にすることが可能だ。

急にお金が必要になっても、アイフルでは早く対応できると評価が高い。

短時間に融資ができる理由としては、審査時間そのものが短い・申込手続きが簡単・土日祝日でも審査を行うなどが挙げられる。

ただ、必ずしも短時間で審査が終わるわけではない。

状況によっては審査が長引き、融資までに時間を要する場合もある。

あらかじめ手順を把握し、準備を整えてからの申込もスムーズな借入のためには必要だ。

この記事では、アイフルの審査内容・申込方法・申込から融資への流れ・審査をスムーズに通過するコツなどを詳しく解説する。

参考にして、短時間での借入を実現して欲しい。

目次

アイフルの審査時間はどのくらい?

アイフルのカードローン融資審査は、最短で18分とされている。これは申込から審査結果の通知までの所要時間である。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

この20分は大手消費者金融各社と比べてどの程度の早さなのか、比較してみた。

社名審査所要時間
アイフル20分
プロミス20分
アコム20分
レイク25分
SMBCモビット30分

アイフル・プロミス・アコムが20分、次いで25分のレイク・30分のSMBCモビットが続く。こうしてみると、アイフルの審査時間はトップクラスだということがわかる。

アイフルのローン審査は休日も行われ、申込も24時間可能だ。

ただ、審査そのものは9時から21時までで、申込時間帯によっては審査結果の連絡が翌日以降になる。

アイフルの審査の申込方法は?

アイフルのカードローン申込にはさまざまな方法があり、その中から都合の良い方法が選べる。申込の時間によっては審査結果が翌日になることもあるので、事前に確認して欲しい。

カードローンの利用開始に当たっての流れはどの方法でも同じで、申込・審査・契約・借入というステップを踏む。最初のステップ・申込は以下の3通りだ。

  • パソコン・スマートフォン(Web)からの申込
  • 無人契約ルームでの申込
  • 電話での申込

順に詳細をみていこう。

パソコン・スマートフォン(Web)からの申込

手持ちのパソコンやスマートフォンを使ったWebからの申込方法は、自宅にいながら手続きができる非常に便利な方法だ。

この方法では365日24時間申込できるのが大きなメリットといえる。Web利用は最も手間がかからない方法で、最短18分で審査を済ませるためには必須の方法でもある。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

パソコン・スマートフォンを使い、公式サイトの申込ページから必要事項を入力して申込を行う。そのあと本人確認書類と、希望金額によっては所得証明書を撮影して提出ページから送信すれば申込は完了だ。

スマートフォンを使うなら、スマホアプリをダウンロードしてそこからの申込手続きがより簡単だ。本人確認書類では、アプリカメラで免許証を読み込んで送信するだけである。

読み込んだデータは個人情報の入力にも利用するので、改めての入力が不要だ。審査結果はメールで受け取り、契約後はカードレスならATMからすぐに借入ができる。

無人契約ルームでの申込

必要書類を用意して市中に設置された無人契約ルームへ行き、そこから申込手続きを進める。必要書類は本人確認の運転免許証等と、希望金額が50万円を超える場合は収入証明書だ。

無人契約ルームには電話機があり、これでオペレーターと話しながら契約手続きするので安心だ。書類は併設のスキャナーに持参した本人確認書類や収入証明書を読み取らせて提出する。

書類提出が終わったら審査が始まるので、そのまま契約ルームで待機する。審査が終わるまで最短18分とはいえ、書類の不備などでさらに時間がかかる場合も当然ながらある。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

あとは審査を無事通過すれば契約・借入に進む。いずれにしても審査には一定の時間がかかることは承知しておいて欲しい。稼働時間は年中無休で8時〜22時、審査時間は9時〜21時だ。

電話での申込

アイフルのカードローンは、電話による申込も可能だ。電話は申込専用のフリーダイヤル(0120-201-810)か、怖いイメージを持つ女性のために女性専用電話(0120-201-884)がある。

一通りの質問に答えたら仮審査が始まり、結果はメールで通知される。急ぐ場合は本人確認書類や収入証明書を持って無人契約ルームへ行き、本審査・契約手続きの後カードを発券すれば完了。ATMから借入が可能になる。

電話での申込手順は無人契約ルームを使う場合とほとんど同じで、書類を送る手順が少し違うだけになる。ただし、365日受付するものの時間には制限があり、9時〜18時までの対応だ。

なお、急がない場合は書類を郵送したりカードを郵送で受け取る方法でも利用できる。

アイフルの申込から審査結果までの流れ(Webの場合)

アイフルのカードローンには複数の利用方法があり、自分に都合の良い方法が選べる。使い勝手が良いのは、自分のパソコンやスマホで借入まで完結するWebによる方法だ。

時間帯によってはそのWebを利用して最短18分で審査を終え、借入に進み必要な現金を手にすることができる。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

最短で借入金を受け取るためのベストな方法の流れは下記の通りだ。

  1. Webから申込
  2. Webで書類を送り審査を受ける
  3. Web上で契約して提携コンビニのATMで受け取る

この流れに沿って、申込から借入に至るまでを解説していこう。

スマホやパソコンから申込をする

Webからの申込は、公式サイトのトップページ上端にある「お申込」アイコンのクリックからスタートする。スマホアプリを使う場合は、公式サイトからダウンロードだ。

審査時間は9時〜21時なので、当日融資を希望するなら遅くとも19時頃までには申込を済ませたい。平日では仕事のあとの申込が増え、締め切りが近づくと混雑する傾向だ。

氏名・住所から性別・国籍・家族など自身の個人情報から、勤務先の情報・希望する融資限度額など、相当詳しい情報の入力が求められる。

入力に要する時間は、アイフル公式サイトによると5分程度だ。しかし、項目には年収や家の入居年月など正確に即答しにくい項目があり、10分程度はかかるかもしれない。間違えないように慎重に入力して欲しい。

必要書類の提出

申込の後、メールで書類の提出を求められる。本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど写真付きの書類・各種保険証など)と、希望限度額が50万円超の場合は収入証明書(源泉徴収票など)が必要だ。

書類の提出は、申込後にメールで書類提出ページのURLを指定される。そのフォームにアクセスして、スマホで撮影した画像をファイルに添付・送信すれば完了だ。

スマホアプリを使う方法では、「スマホでかんたん本人確認」を使って免許証などを撮影し、次に自分の顔写真を撮影して動作確認する。そのままアプリで送信すれば提出が完了する。

もう一つ、スマホアプリにより銀行口座で本人確認する方法もある。本人名義の銀行口座を返済用に登録する方法で本人確認する。この方法を使うと、カードレスで提携コンビニのATMから借入が可能だ。

審査

アイフルのカードローン審査は申込の時点で開始されている。申込フォームに入力した内容についてチェックが行われ、これは一次審査ともいえるステップだ。

この時点で問題があれば、その旨メールで通知がある。通知ではなく書類送付の指示メールが来れば、一次審査は通過したと受け取って良いだろう。

書類を送ると本審査が開始される。添付した画像にボケや見切りがあると再提出が求められ、審査時間が長引く原因になる。

書類の不備や不具合がなければ、申込から最短18分程度でメールにより審査結果の通知が届く。審査を通過すれば、続いて契約手続きだ。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

契約

審査結果の通知とともに契約手続きの案内が届く。その内容に従って契約手続きを進める。スマホアプリの場合は、メールに記載されたURLでログインIDを登録する。

契約内容を確認した後、ローンカードの受け取りの有無・カードの受け取り方の選択・口座振替の登録・パスワードと暗証番号の設定などを指示に従って進める。

口座登録の後に振込の予約もできるので、当日振込を希望するなら予約しておこう。こうした契約手続きは10分程度で終了する。

カード受け取り・借入

契約手続きが終わったら、ローンカードの受け取りと借入が可能になる。カードは郵送か、無人契約ルームへ出向けば即日受け取れる。

近所に無人契約ルームがある方なら、出向いて発券機からカードを受け取れば即日借入が可能だ。提携コンビニのATMから借入ができる。

スマホアプリではカードなしでコンビニATMを利用して借入でき、Webでは登録した銀行口座への振込により即日借入が可能だ。

スマホアプリは利便性が良いが、借入時にATM使用料がかかる。その点Webによる振込では手数料が無料のほか、曜日を問わず深夜でも借入できるなど使い勝手が良い

アイフルの審査結果の連絡が遅くなるケース

アイフルカードローンでは「最短18分で審査完了」をうたっているが、最短と断っている通り18分より長くなる場合がある※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

どのような場合に遅くなるのか、要因を挙げておこう。

まず挙げられるのが書類の不備だ。申込時の申告内容と提出書類に食い違いがあったり、

記入欄に空欄があったりなどの不備があれば、調査・問い合わせのために審査が長引く。

窓口の混雑も審査が遅れる理由になる。土日など休日は申込人数が多く混みあうし、21時の締め切り時間前も混雑する。このタイミングは避けた方が良い。

他社での借入額が多い・借入件数が多いことも時間がかかる要因だ。借入額・件数が多いのは返済リスクになり、安全性の確認に手間取る。できれば申込前に整理して欲しい。

アイフルでの借入がおすすめの理由

カードローンでおすすめなのは、消費者金融大手のアイフルだ。理由はいろいろあるが、大きいのはスピード感だろう。

申込から借入実行までが早くでき、急な借入でも間に合うので安心感がある。

他にも手続きの多様さなど多くの理由がある。おすすめ理由のうちで主なものを紹介しよう。

最短18分で融資が可能

アイフルのカードローンで最大の売りは審査時間の短さだ。

最短18分で審査が完了するのは利用者として十分満足できるし、同業他社と比較しても18分は現状で最短時間である。

この画期的な短時間審査は、電話による在籍確認を省略したことで実現した。曜日を問わず、夜間でも変わらず実施される。

また、申込から融資実行までの行程をWeb内で完結可能にさせたことも、審査時間の短縮に大きく貢献している。必要な時にほぼ即日で融資できる機能は、非常に魅力的だ。

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

無人契約ルームならその場でカード発行

アイフルでは全国各地に無人契約ルームを設置していて、ここでは契約後直ちにローンカードを発行できる。店舗とは違って無人だが、直通電話やスキャナー、発券機などを備えた契約設備だ。

ここでは最初の申込から審査・契約完了・カード発行までの全行程が完結できる。そのカードで最寄りのATMから融資を受ければ、20分プラスαで即日融資が可能である。

また、自宅からWebで申込を始め、契約完了後に無人契約ルームでカードを発行できる。そのカードで近くのコンビニATMから即日現金融資という使い方も可能だ。

さらに、登録口座への振込融資なら無人契約ルーム内で借入までできるので、非常に便利なおすすめツールといえる。

カードレスでの利用なら郵送物なし

アイフルのカードローンでは、ローンカードを発行しないで利用することができる。契約時にカードレスを選択するか、スマホアプリで申込すればカードなしで融資が受けられる。

カードは無人契約ルームがない地域では書留で郵送してもらうしかない。そうすると、消費者金融を利用していることが家族に知られてしまう可能性がある。

実のところ、消費者金融の利用を家族に秘密にしている方は少なくない。そういう方にとって、カードレスで利用できて自宅に郵便物が来ないアイフルは好都合なのである。

家族にカードローンのことを知られたくない方は、アイフルのカードローンをカードレスで利用することをおすすめする。

無利息期間が用意されている

アイフルのカードローンでは、初めて契約する方に30日間の無利息期間が用意されている。(女性用のSuRaLiや最低限度額100万円以上のファーストプレミアムも含む)

契約日の翌日から30日間が利息0円になるので、それまでに元金を完済できれば利息は払わずに済む。つまり、借入金をすぐに返せる方なら利息0円の恩恵を十分に感じられる。

金額に制限はなく、多く借りればそれだけメリットも大きくなるといえるだろう。ただし、それまでに返済日が来れば約定の金額を返済しなくてはいけない。

30日とはいえまとまったお金が無利息で借りられるので、完済できる方にはそれなりにお得感があっておすすめできるサービスだ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフルの審査完了後すぐに借入するには?

アイフルのカードローンでは、基本的に審査・契約が完了したらすぐに借入が可能だ。

Webで申込んだ場合は、契約時にカードレスで振込融資を選択する。契約手続きが終了次第、10秒で登録した銀行口座に振込で入金される。

カードありで契約した場合も、本人確認書類を持って無人契約ルームへ行けばカードが発券される。すぐ手近な提携コンビニへ行けば現金で受け取り可能だ。

スマホアプリでは事前にアプリをダウンロード、契約手続き終了後にセブン-イレブン・ローソンのATMからQRコードを読み取り、企業番号・暗証番号を入力すれば現金を受け取れる

アイフルの審査通過率はどのくらい?

アイフルの審査通過率(申込者と契約者の比率)は、直近の資料では34.4%になっている。審査通過率は多くの消費者金融各社より月例資料などで公表されており、主要各社では以下の通りだ。

社名通過率
アイフル34.4%
プロミス40.3%
アコム39.9%
レイク32.7%

おおむね30〜40%台に収まっており、アイフルは平均的な通過率といって良いだろう。コロナの影響かしばらくは低下傾向にあったが、コロナも落ち着き、元の水準に戻ってきている。

通過率と審査の難易度との関係にはさまざまな要因が考えられ、通過率だけでは難易度の高低は判定しにくい。アイフルの評価としては、難易度はあまり高くないといわれる。

理由としては、銀行の系列に入っていないため独自の判断基準があり、比較的柔軟な姿勢で審査されていることが考えられる。

アイフルの審査に通過するためのポイント

アイフルの審査通過率は低くないとはいえ、落ちる方が多いのは事実だ。審査基準は公表されないが落ちる原因はほぼ明確になっており、対策を講じることで審査落ちを防げる。

以下に挙げた要素が審査を通れない原因になっているので、申込時にはこうしたポイントに十分配慮して欲しい。

書類に不備がないかを確認

最も基本的な要因に提出書類の不備がある。申込時には住所氏名や年齢・勤務先の情報を提出するが、本人確認書類の内容と違っていたり、空欄があったりすると評価が落ちる。

単純に間違えただけでも落とされる原因になり得るが、その間違え方が虚偽申告と受け取られる可能性もある。提出書類はできるだけ正しいものを作成するよう心掛けて欲しい。

虚偽の申告をしない

審査に通るために年収を水増ししたり、他社からの借入を書かなかったりなどの虚偽申告があると、それだけで審査を通過できなくなる

申告内容は必ず裏付けを取って確認するので、虚偽やあやふやな内容は必ず指摘される。虚偽記載が発覚した場合、その審査で落とされるばかりか、その後の申込も受け付けられない可能性がある。提出書類はできる限り正確なもので申告することだ。

他社の借入額を減らしておく

消費者金融には「総量規制」という制限がかけられる。借入金の総額が、他社分も含めて年収の3分の1を超えてはいけないという内容だ。

他社からの借入が多い場合はこの限度を超えてしまう恐れがあるので、貸す側としては審査を通すことにためらいが出てしまう。

借入が多ければそれに対する返済も多いはず。返済能力にも懸念が出てくるので、審査は通りにくくなる。これを防ぐために、あらかじめ他社分を減らしておこう。

可能なら他社借入の件数を減らしておく

複数の消費者金融から借入がある場合も、金額が多額になりやすい点で警戒される。数が多いほどリスクも高いとみなされやすい。

一般的に4社以上から借入があれば審査に通らない傾向があるといわれる。総量規制に加えて返済能力が疑われる状態だ。

対応としてはかなり難しくなるが、あらかじめ借入先を絞り込むことが必要だろう。できれば借入先の件数を減らすことを考えて欲しい。

複数のローンに同時申込をしない

同じ時期に複数のカードローンを申込すれば、それが原因で審査が通らないリスクが高い。この状態は一般的に相当お金に困っていると受け取られる。

1社では間に合わずあちらこちらに手を出して、挙句に多重債務者になってしまう事態がさし迫っている。そう受け取られたら、審査はまず通らない。

申込の記録は6ヵ月間残るため、この間はどこへ申込しても断られるだろう。審査落ちを想定して保険をかけるつもりであっても、複数社への申込はくれぐれもやめて欲しい。

アイフルの審査の流れについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にして欲しい。

カードローンを借りるならアイフルがおすすめ

アイフルのカードローン審査はとにかくスピーディだ。審査時間は申込からわずか20分で結果が出せる。すぐに借入が可能で、ATMから引き出すか口座振込でお金を手にできる。

申込はWebか契約ルームか電話の3通りから選択可能だ。スピード感を持った審査から契約に進み、一気に借入まで進んでしまう。

急な借入にも難なく対応でき、借入方法も自分の都合に合わせて選べて便利だ。さらには30日間の無利息期間もある。

アイフルのカードローンは、メリットがとにかく多いのでおすすめだ。ただし審査は厳正に行われるので、審査通過の対策ポイントは押さえておこう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要
目次