MENU

三井住友銀行カードローン審査は厳しい?審査基準や落ちやすい人の特徴を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

三井住友銀行カードローンは、メガバンクの一つである三井住友銀行が展開しているローンサービスだ。

大手銀行のカードローンということもあり、安心できると感じる人も多いだろう。

その一方で、審査は厳しいといわれている。利用を考えている人にとっては不安になる情報かもしれない。

本記事では、三井住友カードローンの審査について解説する。厳しさの信ぴょう性・審査の流れなどについても紹介するので参考にして欲しい。

目次

三井住友銀行カードローン審査は厳しい?

三井住友銀行カードローンの審査は本当に厳しいのだろうか。結論からいうと、銀行系はすべて審査が厳しいといえる。その理由は下記の2つだ。

  • 損失を出さないため
  • 信ぴょう性を保つため

銀行は損失を出さないように努力している。カードローンで貸し付けたお金が返済されなければ、貸し倒れが発生してしまうからだ。

貸し倒れが発生すると、銀行の信用は失われる。いい加減な審査で貸し付けたといううわさなどが広がり、利用者が減少するかもしれない。

これらの状況は銀行にとっては死活問題になるため、三井住友銀行に限らずすべての銀行系カードローンは審査が厳しくなっているのだ。

三井住友銀行カードローン審査の流れ

三井住友銀行カードローンに申し込む場合には、どのような流れで審査が行われるのだろうか。主な手順は下記の4つだ。

  • カードローンの申し込み
  • 本人確認書類のご提出・審査
  • 審査結果のご連絡
  • ご利用開始

それぞれの流れについて解説するので、参考にして欲しい。

カードローンの申し込み

申し込み方法は、下記の3つだ。

  • パソコン・スマートフォンを使用したWeb
  • ローン契約機
  • 電話

なお、申し込みの際に銀行預金口座の開設は必須ではない。しかし、口座を持っていればキャッシュカードでの利用が可能だ。

口座を持っていない場合は、カードレスかローン専用カードで利用することになる。ローン専用カードは、第三者に知られてしまうかもしれない。

誰にも知られたくない場合は、口座を開設してキャッシュカードを利用するかカードレスを選択しよう。

本人確認書類の提出・審査

申し込みの際には、本人確認書類が必要なので準備しておこう。有効な書類は下記の4つだ。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

本人確認書類として認められているのは、顔写真がついているもののみなので注意して欲しい。

また、50万円以上の借り入れを行う場合には年収が確認できる書類の写しも提出しなければいけない。有効な書類は主に下記の5つだ。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書+賞与明細書

給与明細書を提出する際は、賞与明細書もあわせて必要だ。それ以外に付属の書類は必要ない。

求められる書類の提出が完了すれば、審査が開始される。

審査結果の連絡 

審査が完了すれば、三井住友銀行カードローンから連絡が来るので待とう。なお、連絡方法は以下の2つだ。

  • 電話
  • メール(Web申し込みのみ)

自宅に電話がかかってくるのが困る場合は、Web申し込みをおすすめする。指定したメールに結果が届くので第三者に知られないだろう。

なお、銀行系の場合は審査から結果が出るまで最短で1営業日かかるのが一般的だ。

しかし、三井住友カードローンの場合は最短5分で結果がわかる。ただし、以下の条件を満たしていなければいけない。

  • 借入限度額10万円
  • オンライン申し込み
  • 9:00~19:30の間で申し込み完了
  • 申し込み時に引き落とし口座設定完了

夜中の間に引き落とし口座の設定などを済ませておくことで、即日借入が可能になるだろう。

ただし、上記の条件を満たしていても審査で不備が見つかればさらに時間がかかるので注意して欲しい。

ちなみに三井住友銀行カードローンの通常審査は、最短当日だが申込や審査が土日になる3~5日かかる。ゆとりを持って申し込んだほうが良いだろう。

利用開始

審査結果で問題なしとされれば、利用開始だ。利用できるATMは自行のものだけではない。下記のATMでも借入が可能だ。

  • イーネット
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ
  • 三菱UFJ銀行(店舗外ATMのみ)

これらはすべて提携しているので24時間365日手数料無料で利用できる。メンテナンス時間外なら好きなタイミングで借り入れができるので便利だ。

なお、手数料無料で利用できるのは借り入れだけではない。返済時も無料で利用できるので余計なお金を払わなくて済む。

ただし、三菱UFJ銀行の店舗外ATMだけは返済時に利用できないので注意して欲しい。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三井住友銀行カードローンの審査通過率

三井住友銀行カードローンの審査通過率は、公表されていない。これはほとんどの銀行系カードローンも同様なので珍しいとはいえないだろう。

しかし、銀行系の審査通過率は低いといわれている。その主な理由として考えられるのが下記の3つだ。

  • 銀行は信頼・信用が重要だから
  • 信用調査が厳しいから
  • 反社会的勢力の調査が必要

冒頭でも触れたが、銀行は信頼・信用が重視されている。そのため、厳しい条件で信用調査を行っている。その結果、審査の通過率は低くなっているのだ。

また銀行はお金を貸し付ける際、反社会勢力との繋がりの調査を行う。法務省が調査を推奨しているからだ。

ここで問題ありと判断されると申し込みは受け付けられない。これも審査通過率が低い一因といえるだろう。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちやすい人の特徴

三井住友銀行カードローンの審査に落ちやすい人には、共通した特徴がある。主な特徴は下記の4つだ。

  • 書類に不備がある
  • 信用情報に不備がある
  • 在籍確認ができない
  • 虚偽申告をした

それぞれの特徴について解説するので、参考にして欲しい。

書類に不備がある

審査に落ちる条件として多いのが、書類の不備だろう。本人確認書類とあわせて、収入証明書についても不備があるケースが多いようだ。

本人確認書類の場合は、顔写真がついていないものを提出した可能性が考えられる。

三井住友銀行カードローンで有効とされている本人確認書類は、顔写真がついているもののみだ。それ以外のものは認められていない。

ほかの銀行系では健康保険証を本人確認書類として提出する場合、住民票のような不随書類を提出すれば通過することがある。

しかし、三井住友カードローンでは認められていないので注意して欲しい。

また、収入証明書の提出を求められた場合にも注意が必要だ。収入状況が確認できる書類として認められている種類は限られている。

書類に不備があると、審査に時間がかかる。長い場合には2週間程度かかることもあるので注意しよう。

信用情報に不備がある

信用情報に不備がある場合も、審査に落ちる可能性が高くなる。信頼できないと判断されるからだ。

信用情報の不備とは、長期間にわたって延滞した経歴のことを指す。これはカードローンやクレジットカードだけではない。

携帯電話料金の長期間にわたる延滞も記録として残される。信用情報に傷がつくので、審査で通りにくくなってしまうのだ。

在籍確認ができない

審査に落ちやすい人の特徴として、在籍確認ができない点もあげられるだろう。

消費者金融では在籍確認を行うところは少ないかもしれない。しかし、銀行系は必ず在籍確認を行う。

三井住友銀行カードローンも同様に、審査の一環として職場に在籍確認を行う。確認できなければ審査で落ちるので注意しよう。

虚偽の申告をした

虚偽の申告をした場合は、必ず審査で落とされるので注意して欲しい。

銀行は信用・信頼を重視しているので、虚偽の申告をすれば必ず発覚する。もし発覚すると信用情報に記録が残ってしまうかもしれない。

信用情報に傷がつけば、今後ローン・クレジットカードの申し込みをする際に審査で落とされる可能性が高まる。

自分の将来のことを考えて、虚偽の申告はやめたほうが良いだろう。

三井住友銀行カードローン申し込み方法

三井住友銀行カードローンの申し込み方法は、下記の3通りだ。

  • パソコン・スマートフォンからの申し込み
  • ローン契約機からの申し込み
  • お電話からの申し込み

それぞれの申し込み方法の特徴について解説するので、参考にして欲しい。

パソコン・スマートフォンからの申し込み

パソコン・スマートフォンからは、三井住友銀行カードローンの公式サイトから簡単に申し込むことが可能だ。「三井住友銀行 カードローン」から検索することですぐに見つけることができるだろう。

Web上での申し込みとなるため、銀行の営業時間にかかわらず、24時間365日申し込みが可能だ。審査は最短当日に行われるが、土日の場合は3日~5日後となるため、利用する場合はある程度時間の余裕を持っておくのがおすすめだ。

三井住友銀行の「カードローンお申込み窓口」サイトから申し込む場合、サイト上で「お借入れ10秒診断」という機能が便利だ。

この「お借入れ10秒診断」では、実際の申し込みの前に年齢・年収・他社借入額を記入することで、手軽にお借入れが可能かどうかシミュレーションできる。

借り入れできるか不安な場合は、パソコンやスマートフォンから「お借入れ10秒診断」を利用してみよう。診断結果は必ずしも審査結果と同じではありないが、目安として便利な機能だ。

また、パソコンやスマートフォンから確認できる「カードローンお申込み窓口」サイトでは借り入れの流れや条件なども詳しく説明されている。

カードローンのお申込みが初めての方や、返済までの流れに不安がある方は、「カードローンお申込み窓口」サイトを確認した上で申し込むとスムーズだ。

ローン契約機からの申し込み

ローン契約機は全国の三井住友銀行内に設置されており、平日・土日祝日を問わず9:00~21:00まで利用可能だ。

ローン契約機から申し込む最大のメリットは、その場でカードの発行が行われることだ。スピーディーに融資を受けることができるため、急いでお金が必要な場合もすぐにモビットカードの発行を受けることができる。

本人確認書類等が必要なため、事前に書類などは準備をしておこう。

ローン契約機がおかれている場所は、三井住友銀行のホームページから調べることができる。営業時間や地図なども確認できるため、まずはホームページから確認してみよう。

電話からの申し込み

三井住友銀行のカードローンは、電話でも申し込むことが可能だ。

「三井住友銀行カードローンプラザ」は通話料無料のフリーダイヤル(0120-923-923)で受付を行っている。受付時間は平日9:00~18:00だ。12月31日~1月3日は営業していない。

電話での申し込みの場合、不明点の相談もしやすいため、借り入れに関して相談したいことがある場合は電話での申し込みを活用すると良いだろう。

ただし、電話での申し込みの場合は、後日、本人確認書類の提出が必要となる。正式な審査完了はその後となるため、こちらもある程度日程に余裕を持っておこう。

三井住友銀行カードローン申し込み条件

申し込みのできる条件
年齢満20歳以上満69歳以下
収入安定した収入(年金除く)
保証必要

便利で信頼できる三井住友銀行のカードローンだが、申し込みにはいくつかの条件がある。

申し込み・借り入れができるかどうか、あらかじめ確認しておこう。また、申し込む際は必ず本人が申し込もう。

満20歳以上満69歳以下の人

三井住友銀行のカードローンを利用できる人には年齢制限があり、「満20歳以上満69歳以下」と定められている。

同種の銀行系カードローンでは65歳未満までといった制限がある場合もあるため、65歳以上の方にとっては強い味方となってくれるだろう。

また、「満69歳以下」となっているため、69歳の方でも利用が可能だ。

普段利用している銀行系カードローンが年齢制限で利用できない場合は、三井住友銀行のカードローンを検討してみてはどうだろうか。

安定した収入がある方

三井住友銀行のカードローンを利用するためには、原則安定した収入が必要となる。

注意したいのは、三井住友銀行のカードローンの場合、年金収入のみの場合は利用ができないことだ。

返済のことを考え、安定した収入の上で計画的な借り入れを行おう。

保証会社の保証を受けることができる方

三井住友銀行のカードローンを利用する場合、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」の保証を受けることが必要となる。

返済能力や信用情報などの保証が必要となるので、こちらも計画的で無理のない借り入れが必要となる。

審査に落ちた場合の対処法

上記のような条件を満たしていても、審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのだろうか。

三井住友銀行のカードローンは銀行による融資のため、審査はやや厳しく行われている。審査に落ちてしまった場合は、その原因を突き止めて改善するか、別の方法を検討するのがおすすめだ。

審査に落ちた原因を特定

審査に落ちる原因としては、主に以下のようなものが考えられる。

  • 信用情報に問題がある
  • 複数のカードローンに同時に申し込んでいる
  • 他社からの借入額が多い
  • 在籍確認が取れなかった

先ほど説明した通り、過去に借り入れや支払いを滞らせてしまったことがあると、信用情報に問題があるとされ、融資を受けることが難しくなる。この場合は5~10年ほど記録が残ってしまうので、別の方法を考える必要があるだろう。

また、カードローンに申し込んだ場合にも、その情報は信用情報として共有されている。

短い期間で複数の銀行系カードローンに申し込んだ場合、他の銀行では審査に落ちたと判断され、融資が難しくなることがある。カードローンを申し込む場合は1社ごとに余裕を持って申し込むことをおすすめする。

他社からの借入額が多い場合も同様に借り入れが難しくなる。

お金を借りる場合「総量規制」が設けられており、貸付金額の上限を年収の3分の1までにすることが定められている。

これは他社からの借入額も合わせて計算するため、他社からの借入額が多い場合は審査に落ちる原因となる。

総量規制は貸金業法で定められた制度なので、銀行法で運営している銀行は総量規制の対象外だ。しかし、銀行も総量規制の数値を参考に自主規制を設けているところが多い。

最後に、在籍確認が取れなかった場合だ。本人が外回りなどで職場にいなかった場合も在籍の確認さえ取れれば問題ないが、虚偽の申請を行っていた場合などは審査に通らない。

当然のことではありますが、申し込む際に虚偽の情報は使わないようにしよう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

銀行系のカードローンの審査に落ちてしまったが、急にお金が必要…という場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もある。

クレジットカードのキャッシング枠は、借入上限額が銀行系カードローンより少なく、金利もやや割高だが、クレジットカードの契約者であれば比較的簡単に融資を受けることが可能だ。

少額・短期間の借入となる計画なら、クレジットカードのキャッシング枠を上手に活用しよう。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三井住友銀行カードローン関するよくある質問

三井住友銀行のカードローンを申し込むにあたって、気になることは審査にかかる時間や「自分は借入できるだろうか?」という点ではないだろうか。特に個人事業者の方は、審査において不安に感じる場合が多いのではないだろうか。

それぞれ確認してみよう。

カードローンの審査時間はどのくらい?

三井住友銀行のカードローンは、審査時間として最短「当日」、土日の場合は3~5日後

となることが多い。

ローン契約機から申し込んだ場合、すぐにカードの発行を受けることができるが、借入自体の審査が終わるまでには少し時間がかかるため、あらかじめ了承しておこう。

個人事業主はどうすればいい?

三井住友銀行のカードローンは、個人事業主の方でも借入を行うことができる。

安定した収入や年齢などの項目を満たしている必要はあるが、個人事業主の場合は事業実績や事業計画に応じ、年収の3分の1を超える融資が可能となる場合もある。

不安がある場合は電話や窓口などで相談し、融資を受けることができるか確認してみよう。

カードローンを借りるなら三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは銀行系のローンのため、比較的低い金利と安心できるサービスが魅力だ。

また、借入までの期間も即日~5日と短く、急いでお金が必要な時にも頼もしいサービスになるだろう。

申し込みもインターネットなどから手軽に行うことができ、返済方法もネットバンキングや各コンビニのATMなどから行うことができる利便性が魅力だ。

三井住友銀行に口座を持っていたり、住宅ローンなどを借りている場合はさらに便利に利用することが可能だ。

早めにお金を借りたい方・返す時に手間取りたくない方・安心で金利の低いカードローンを探している方・三井住友銀行に口座を持っている方は、ぜひ三井住友銀行のカードローンを検討してみて欲しい。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要
目次