MENU

アイフルおまとめローンの審査について知りたい!確認されるポイントや申し込みの流れなどを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

複数の金融機関で借入している場合、適用されている金利や返済期日がそれぞれ異なる。これによって、返済管理が複雑化しているケースが多くみられる。

これら複数の金融機関からの借入に対し、おまとめローンへ切り替えることで管理が簡単になる。

おまとめローンとは複数の借入を1本化することで、利息負担の軽減や返済の管理が簡易になる方法である。

アイフルでは、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という2種類の商品を取り揃えている。前者は既に借入がある方が対象で、後者ははじめて利用する方が対象だ。

本記事では、アイフルおまとめローンの審査・確認されるポイント・申し込みの流れ・落ちたときの対処法などを解説する。

目次

アイフルおまとめローンとは?

アイフルのおまとめローンとは、複数の金融機関からの借入を1本化して利息負担を軽減し、返済管理をしやすくするローンである。

おまとめローンは比較的低金利に設定されているため、現状よりも利息が少なくなる可能性がある。

アイフルおまとめローンの貸金業者はもちろん、金融機関の借入やクレジットカードのリボ払いも対象となる。

貸金業者やクレジットカードのリボ払いの金利は上限で15%〜18%台、金融機関でも14%〜16%台と高い金利になっている。

アイフルのおまとめローンは、貸付金利が3.0%~17.5%に設定されている。借入金額が大きくなるほど低い金利が適用されるローンだ。

このように、様々な借入金をおまとめローンで適用可能且つ比較的低金利で利用できるアイフルのおまとめローンはおすすめだ。

アイフルおまとめローンの審査の基準は?

アイフルのおまとめローンは借入申込時に審査が行われ、審査がおりた後に既存の借入がまとめられる。この審査はどのような基準で実施しているのだろうか。

ここでは、アイフルのおまとめローンの審査基準について4つ解説しよう。

なお、審査基準の詳細については一般的に公表されていない。そのため、おまとめローンの商品概要をもとにポイントをおさえていく。

年収などの本人情報

まず、審査の基準として挙げられるのが、年収などの本人情報だ。借入可能額を審査するためには、どのくらいの収入があるのかを確認しなくてはならない。

通常、貸金業者は貸金業法の総量規制の対象である。貸金業法の総量規制とは、過度な借入を防ぐために年収の3分の1を超える借入が原則禁止されていることだ。

アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外になっているため、年収の3分の1以上の借入も可能である。

ただし、年収に対する借入の割合が高いほど貸し倒れの危険性があるため、年収に相応した借入額にしなければならない。

他にも年齢や家族構成などの本人属性も審査でみられるポイントとなってくる。

返済状況などの信用情報

現在までの借入返済については信用情報として残っているため、その情報をもとに審査が進められる。

例えば過去に延滞をしていたり、自己破産していたりすると信用情報が残ってしまう。そのため、返済能力に懸念があると判断される可能性があるのだ。

信用情報は本人からの申し出で照会ができるため、心配な方は事前に信用情報機関へ問い合わせてみても良い。

信用情報機関としては、株式会社CIC・株式会社日本信用情報機構(JICC)・全国銀行個人信用情報センターがある。いずれも、本人開示請求すると確認可能だ。

開示請求はインターネット・郵送・窓口のいずれかで請求し、所定の手数料を支払うと開示できる。詳しい方法については、「信用情報データベース」と入力して検索してみよう。

他社の借り入れ状況

おまとめローンを利用するにあたっては、他社の借入状況を確認することが重要である。

借入状況を確認することで、既存の借入残高や適用金利などの現状を整理できる。その上で、おまとめローンを申込んだ場合にどのくらいの借入希望額になるのかが明確になる。

自分自身が借入希望額に対する年収の割合をみて、借りすぎていないかどうかを判断することができる。

他社の借入先が多ければ多いほど、どのくらい借入残高が残っているのか把握するまでに時間がかかる。おまとめローンの利用を検討している場合は、早めに確認しよう。

年齢や勤続年数

アイフルのおまとめローンの審査では年齢や勤続年数といった、本人属性に関わる項目も考慮される。

アイフルのおまとめローンは満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方が対象であり、当社基準を満たす必要がある

年齢が高い方や安定的な収入がない方は、借入が難しい場合もある。

また、勤続年数も審査では重要視される項目で、勤務年数が短いと収入が安定していないとみなされる場合もある。

アイフルおまとめローンの審査時に確認されるポイントは?

アイフルのおまとめローンの審査時には、収入が安定しているか、返済が滞りなく実施されるかなど多くの確認ポイントがある

例えば、審査で返済が滞る可能性があると判断されてしまうと、審査落ちしてしまうことが考えられる。

審査に通るためにはポイントを理解しておくことが重要だ。ここからは、アイフルのおまとめローンの審査時に確認されるポイントについて詳しくみていこう。

過去に金融事故を起こしてないか

これまでの借入に対する返済で、過去に金融事故を起こしていないかどうかが確認される。これは、信用情報機関へ照会して実施される項目である。

過去に自己破産や債務整理の実績がある場合、信用情報機関に記録され、5年ほど履歴として残るのだ。

金融事故の経験があると、新たに借入をしてもまた金融事故を引き起こす可能性が高いと判断されやすいのだ。

短期間で複数のローンに申し込んでいないか

短期間で複数のローンを申込していると、多重債務とみなされる懸念がある。借入できるのか不安で、審査結果が出ないうちに他のローンも申込してしまう人もいるはずだ。

ただ、信用情報によって複数のローンを申込していることは金融機関に確認されてしまう。そのため、審査上ではマイナスに捉えられる可能性が高い。

そのため、おまとめローンを申込した前後では他の借入申込をしないように注意したい。

自身の信用情報に傷がないか

過去に返済期日を過ぎても返済しない延滞や、返済ができなくなり代わりに返済してもらう代弁経験があった場合、信用情報に傷がついてしまう。

信用情報に傷があれば、おまとめローンに借り換える際の審査は、慎重に判断されるだろう。

過去の返済に懸念が生じる場合は、あらかじめ信用保証会社へ申込者から照会しておくと良い。

安定した収入があるか

安定した収入があるかどうかは、審査でよくみられるポイントである。これらを審査するためには、勤務先・勤続年数・年収・給与等の状況などがみられる。

例えば、勤続年数が短いと定職に就いていない懸念も考えられる。また、年収はある程度あるが定期的な収入がないと、返済が滞る恐れもある。

よって、安定した収入があるかどうかは多角的な視点でみられ、返済への影響がないかについて確認されるのだ。

アイフルおまとめローンの申込みの流れ

ここまで、アイフルのおまとめローンの審査について詳しくみてきた。審査自体厳しいものではないが、確認されるポイントが多くある点に留意しておこう。

では、実際アイフルのおまとめローンを申し込みたいとなった場合にはどのような流れとなっているのだろうか。段階的に1つずつ確認していこう。

電話やWebで申込み

まずはアイフルのおまとめローンの申込手続きを行う。アイフルのおまとめローンは電話またはWebから選択できる。

Webでは24時間365日申込受付可能だが、電話ではアイフルのオペレーターへ連絡して申し込みとなる。電話は平日10:00~18:00の間で申込可能だ。

申込には他社ローンの残債や適用金利なども入力する項目があるため、すぐに対応できるよう事前に準備しておこう。

審査の実施

申込が受理されるとアイフルにて審査が行われる。審査回答はWebでの申込の場合、当日もしくは翌営業日に電話またはメールにて連絡がある。

審査にあたっては、必要書類の提出が求められる。必要書類は本人確認書類・収入証明書・他社ローンの残高や振込先が分かる資料などが挙げられる。

スムーズに審査回答を得るには、あらかじめ何が必要なのかを確認してから申込手続きに進むことをおすすめする。

契約の手続きを行う

審査の結果借入が承諾されると、契約手続きに進む。Webでの申込の場合は引き続きWeb上で契約手続きが実施される。

電話での申込の場合はアイフルの店舗へ来店契約書類を郵送してもらい署名の上、返送するかのいずれかが選べる。

契約手続きが締結したのち、契約日の当日または翌営業日にアイフルから既存の他社ローン先へ振込返済が行われる。

振込は申込者名義で行われるため、アイフルのおまとめローンを利用したことは知られにくい。

アイフル

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフルのおまとめローンに落ちたときの対応策は?

アイフルのおまとめローンは審査を経て利用可能となるが、仮に落ちてしまった場合には2つの対応策が考えられる。

1つは借入件数や借入額を減らして再度審査してもらうことだ。もう1つは別の金融機関のおまとめローンの検討をすることが考えられる。

では、これらの対応策について詳しくみていこう。

借入件数や借入額を減らしてみる

アイフルのおまとめローンへ引き続き申込したい場合は、借入件数や借入額を減らしてみると審査が通る可能性がある。

アイフルのおまとめローンに落ちた理由として考えられるのが、おまとめローンの借入希望額が多いことである。

借入額は、年収に対してどのくらいの割合になるかで審査される。そのため、借入希望額が多すぎるために審査が通らなかったことは十分考えられる。

おまとめローンに借換する既存の借入件数や借入額を減らして、借入希望額も減らすと年収に対する割合も下がる。金額が下がった状態で再度申し込んでみよう。

別の金融機関のおまとめローンを検討する

アイフルのおまとめローンで審査が通らなかった場合、別の金融機関のおまとめローンを検討してみるのも良い。

おまとめローンの審査基準は金融機関によって異なる。そのため、アイフルのおまとめローンは通らなかったが、他の金融機関のおまとめローンは審査が通る可能性がある。

銀行系のおまとめローンはアイフルのおまとめローンよりも審査が厳しい傾向にある。他の金融機関のおまとめローンを検討するなら、同様の消費者金融でみていくと良い。

アイフルおまとめローンを借りやすくするためには

おまとめローンの利用を決意したら、出来る限りすぐに借換したいと考える人が大半のはずだ。

アイフルのおまとめローンを借りやすくするためには、申込前に事前の準備をしておくことや選び方などがポイントとなってくる。

いくつかのポイントがあるため、詳しくみていこう。

他社借入時の契約書などの書類を揃えておく

アイフルのおまとめローンを申込する前に他社借入時の契約書などの書類をあらかじめ揃えておこう。

申込や審査が進むと、借換する他社の借入契約に関して、アイフルから照会されることも考えられる。

その際には即時回答できるよう、手元に資料を用意しておけば申込時の誤入力も防げて便利である。

もし、他社借入時の契約書が見当たらない場合は、借入先へ確認する必要がある。

 

在籍確認には必ず応じる

アイフルでは、原則として電話による在籍確認は実施していない。しかし、審査に関連して自宅または勤務先へ在籍確認が必要となった場合には必ず応じるようにしよう。

アイフルが実施した在籍確認は申込全体の約1%にも満たないが、全くないとも言い切れない。

仮に在籍確認が必要となった場合は先に申込者へ同意確認の電話連絡が行われる。そこで拒否すると在籍確認は行われないが、審査に影響があるだろう。

そのため、アイフルより在籍確認の依頼があったら必ず応じるようにしよう。

アイフルおまとめローンのメリット・デメリットは?

ここまで、アイフルのおまとめローンについて審査の内容や抑えておきたいポイントなどを確認してきた。

おまとめローンは他の金融機関でも展開しているが、アイフルのおまとめローンの魅力はどのような点にあるのだろうか。

また、気をつけておきたいデメリットもあわせて確認しよう。

メリット:誰にも知られずにWebで返済できる

アイフルのおまとめローンはWebで返済が可能なため、誰にも知られずに済ませられるだろう。

アイフルの返済方法には、口座振替やATMでの入金以外にも、インターネット返済やスマホアプリでの返済が可能である。

インターネット返済はWebもしくはアプリにて返済用口座を指定し、アイフルの返済口座へ振込する方法だ。24時間365日いつでも返済可能なことがメリットになる。

また、スマホアプリでの返済はセブン銀行もしくはローソン銀行にてQRコードをアプリで読み取ることでも返済できる。

インターネット返済とスマホアプリはスマートフォン1つあればカードレスで返済できるので、誰かに知られる確率は低いだろう。

メリット:他のローンをまとめるので借入残高を減らし管理が簡単に

複数から借入していたローンを1つにまとめられるので、返済管理が簡単になる点がメリットといえるだろう。

複数で借入をしていた場合、期日が月末であったり、毎月5日であったりとそれぞれ返済期日が異なるケースが多い。そのため、返済忘れが起きやすくなる。

また、残額や返済額があとどれくらいなのか管理するのは負担が大きい。

アイフルのおまとめローンに1本化することで返済期日がまとまって返済管理も簡易になる。管理しやすくなることで、返済忘れのリスクも低減できるのだ。

メリット:低い金利で返済額の負担を減らせる

既存の借入を高金利で借りていた場合、アイフルのおまとめローンに切り替えることで低金利になる。こうなると、返済額の負担が減らせる

消費者金融での借入やクレジットのリボ払いを利用していた場合は適用されている金利が高いケースが多く、利息の負担も大きい。

アイフルのおまとめローンは貸付利率が3.0%~17.5%となっている。そのため、まとめることで利息負担が軽減するケースもあるだろう。

まずはシミュレーションを活用してみよう。既存の借入で毎月利息をどれだけ支払っているのか、アイフルのおまとめローンに借換すると負担軽減できるのかがわかるはずだ。

デメリット:審査が厳しめとなっている

アイフルのおまとめローンは他のローン商品に比べて審査が厳しい。

おまとめローンは借入額が大きくなる可能性が高いローン商品だ。そのため、審査では本人確認書類のほかに収入証明書も提出必須となる。

顔写真付きの本人確認書類としては、運転免許証・パスポート・個人番号カード・在留カードなどが挙げられる。

顔写真なしであれば、健康保険証・年金手帳・母子手帳・戸籍附票のコピー・住民票などが該当する。

  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 児童扶養手当証書

また、上記の顔写真なしの本人確認書類を提示する場合、他の本人確認書類として住民票・戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しの添付あり)もしくは、現住所が記載された補完書類の原本が必要になる。

補完書類として使えるのは、電気・都市ガス・水道・NTT・NHKなどの公共料金の領収書だ。

収入証明書としては、源泉徴収票・住民税決定通知書・確定申告書・所得証明書が該当する。

また、これまでの返済状況や金融事故の有無なども詳しく審査される。つまり、審査が厳しくなったことで、通らないケースも他のローン商品よりは多くなると予想される。

デメリット:金利が低い分利息がかかりやすい

おまとめローンは低金利になった分、毎月の返済額も抑えると返済回数が増え、利息がかかりやすくなるのだ。

おまとめローンは既存の借入に適用されていた借入が高金利であった場合、低金利になりその分毎月の返済額を抑えられる。

しかし、毎月の返済額を抑えるには返済回数を増やさなくてはならない。借入期間が延長した結果、利息がかかりやすいデメリットもあるのだ。

おまとめローンへ借換する場合は金利のみならず、月々の返済額がどのように変化するのかについてもシミュレーションしておきたい。

デメリット:追加での借り入れが難しい

アイフルのおまとめローンは一度借入するとその後追加で借入することが難しい商品である。

カードローンであれば利用限度額まで何度でも借入可能だが、おまとめローンは一度借入した金額から追加で借入は基本的に受け入れしていない

もし追加で借入を検討しているのであれば、カードローンにて借入すべきかどうかアイフルへ相談してみると良い。

アイフルおまとめローンは総量規制の対象外?

アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外となる。おまとめローンは貸金業法上では「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当するためである。

総量規制の例外貸付けの分類に当てはまるのだが、おまとめローンでの借入額は借入残高に計上されるのだ。

そのため、おまとめローン借入時点で総量規制を超えている場合は、除外貸付けや例外貸付けを除く借入は受けられない。注意しておこう。

アイフルおまとめローンを利用し返済を軽くする

アイフルのおまとめローンは銀行や消費者金融の借入だけでなく、クレジットのリボ払いもおまとめできる。この特徴から、借入の1本化には適している商品といえる。

また、1本にまとめることで利息負担や返済管理も軽くなり、返済しやすくなる効果もあるのだ。

アイフルのおまとめローンであればスマートフォン1つで返済できる方法もある。そのため、家族など誰にも知られたくないケースにも対応している。

まずは既存の借入について確認し、アイフルのおまとめローンのシミュレーションをしてみよう。

アイフル

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

■アイフルの貸付条件について
※【商号】アイフル株式会社【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率)【遅延損害金】20.0%(実質年率)【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査)【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)【担保・連帯保証人】不要

目次