MENU

三井住友銀行カードローンの審査時間はどのくらい?申込方法・審査結果までの流れを解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

三井住友銀行カードローンの利用を検討している人のなかには、審査時間がどのくらいかかるか気になる人もいるかもしれない。

結論から書くと、三井住友銀行カードローンでは最短当日に審査結果が分かる

ただし、申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によっては当日に結果がでないこともある。

申込したタイミングによっては審査に数日かかる場合もあるため、注意が必要だ。

また、申込した当日に結果が来ても当日借入できるわけではないため、あらかじめ計画的に借入を検討すると良いだろう。

今回の記事では三井住友銀行カードローンの審査時間・審査結果までの流れを解説する。

また、カードローンの申込方法・審査に通過するコツも紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

目次

三井住友銀行カードローンの審査時間はどのくらい?

三井住友銀行カードローンの審査時間はどのくらい? カードローンナビ

三井住友銀行カードローンの審査時間は、本人確認書類を提出してから最短で当日となる。

ただし、申込をする時間帯によっては、翌日となる可能性がある。

通常、審査結果は9時〜20時の間に電話もしくはメールで連絡が来る。

つまり20時以降に申込をしても当日中の連絡はできないため、翌日になるのだ。

できるだけ早く知りたい場合は、早めの時間帯に申込をするのが望ましい。

また、土日・祝日に申込をした場合は、3〜5日程度かかる場合があるため注意が必要だ。

営業日以外では審査が行われず、月曜日や祝日の翌日から始まるからである。申し込む曜日も意識しておくと良いだろう。

確認書類の提出状況によっても変わる場合があるので注意して欲しい。

三井住友銀行カードローンの申込方法は?

三井住友銀行カードローンの申込方法は? カードローンナビ

三井住友銀行カードローンの申込方法には、以下の3つが該当する。

  • パソコン・スマートフォンからの申込
  • ローン契約機での申込
  • 電話での申込

それぞれの特徴を理解し、自分に合った方法で申込をして欲しい。

パソコン・スマートフォンからの申込

パソコン・スマートフォンからの申込はWebで手続きをするため、24時間いつでも申込が可能な点が嬉しいポイントだ。

また、本人確認書類の提出もWebから可能である。

パソコン・スマートフォンからの手続きは、仕事・家事で忙しく手続きする時間が限られている方に適している方法といえる。

さらに、三井住友銀行の普通預金口座を持っている人は、持ってない人よりも申込時の入力事項が少ないというメリットがある。

そのため、三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っている人におすすめしたいカードローンといえる。

ローン契約機での申込

三井住友銀行カードローンは、ローン契約機で申込することも可能だ。

ローン契約機は三井住友銀行の店舗内に設置されており、場所は三井住友銀行の店舗・ATM検索で調べられる。詳細は公式HPを参照しよう。

ローン契約機での申込は、タッチパネルで必要事項を入力し、スキャナーで本人確認書類を読み込んで行う。

この後に、ローン専用カードが発行され、審査が通ればカードローンの利用ができる。

ローン契約機での申込では申込時にカードが発行されるため、ローン専用カードをすぐに利用したい人におすすめの方法といえる。

電話での申込

自分で必要事項の入力が難しい場合は、電話での申込が適している。

電話での申込は、オペレーターが必要事項をヒアリングしてくれる。

それに回答することで、手続きが進む形だ。

その後、Webで本人確認書類を提出して、審査が通ればカードローンの利用ができる。

ただし、キャッシュカードを持っていない場合は、審査が通ってもカードの発行手続きが必要になる。

そのため借入するまでに時間を要する可能性がある。

三井住友銀行カードローンについての詳しい解説はこちら

審査結果までの流れ

審査結果までの流れ カードローンナビ

三井住友銀行カードローンの申込から借入・返済するまでの流れを知りたい人もいるだろう。

三井住友銀行カードローンは、基本的に以下のような流れで利用手続きが進んでいく。

  • 新規申込
  • 本人確認書類の提出
  • 審査結果の報告を待つ
  • 審査結果の連絡
  • 契約する
  • 借入する
  • 返済する

ただし、申込方法によって途中の作業が異なる部分もあるため、注意が必要だ。

それぞれの作業について詳しく解説するので参考にして欲しい。

新規申込

はじめに本人情報などの必要事項の入力作業を行う。

パソコン・スマートフォンからの申込の場合は、三井住友銀行カードローンのサイト画面の案内に沿って、入力操作を行う。

ローン契約機での申込の場合は、タッチパネルで必要事項を入力して手続きを進める。

また、電話での申込の場合は、入力操作はなくオペレーターに必要事項を伝える必要がある。

どの手段から申込を行うかによって手段が異なるため、それぞれの申込方法を確認して欲しい。

本人確認書類の提出

次に、本人確認書類の提出を行う。

本人確認書類は住民基本台帳カード(顔写真付き)・運転免許証・個人番号カード・パスポートのいずれかである。

これらがない場合は、カードローンプラザに問い合わせが必要だ。また、50万円を超える借入をする場合は、年収が確認できる書類の提出も必要となる。

年収が確認できる書類は以下のものが該当する。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知表・納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(3ヶ月以内に発行されたもの)+賞与明細書(直近1年以内に発行されたもの) ※賞与明細書がない場合は3ヶ月以内に発行された給与明細書を用意する

本人確認書類の提出方法には、書類提出サービスが利用できる。

これは、Webページもしくはローン契約機のスキャナーで読み込みをして本人確認書類を提出するものだ。

Webで提出する場合は本人確認書類を写真で撮る必要があるため、文字がしっかり写るように撮影しよう。

また、本人確認書類年収が確認できる書類は申込の前に用意しておき、すぐに提出できるようにすることが重要だ。

審査結果の報告を待つ

本人確認書類の提出が完了すると、審査が開始される。

ローン契約機で申込をした場合は、ローン専用カードが発行されるため、忘れずに受け取ろう。

審査結果は申込時に申告した電話番号かメールアドレス宛に連絡が来るため、電話にはすぐ出られるようにしておくと良いだろう。

審査結果の連絡

申込が完了して、最短で当日に審査結果の連絡が来る。

ただし、申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって変わる。

審査結果の連絡は9時〜20時(12月31日~1月3日を除く)の間に来ることになっている。

できるだけ早く審査結果を知りたい場合、この時間帯を目安に電話に出られるようにしておくことをおすすめする。

ただし、申込する時間帯が20時以降だと連絡の時間帯を過ぎているため、翌日の連絡となることに注意しておこう。

さらに土日・祝日に申込をした場合は、審査結果の連絡が3〜5日後になる可能性がある。

早く借入をしたい場合は、休日での申込を避けると良いだろう。

契約する

審査が通ったら、契約を行う。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人は、後日送られてくるカードを受け取るないし、ローン契約機での受け取り、借入ができるようになる。

なお、パソコン・スマートフォンで申込をした場合はカードレスを選択できる。

カードレスを選択できるのは、三井住友銀行の普通預金口座を持っていない方でWebから申込んで、本人確認をオンラインで行った場合だ。

審査結果の連絡後、カードローン審査のマイページにてカードレスを選択すればすぐに借入が可能だ。

ただし、カードレスの場合はATMで借入・返済できないため注意が必要だ。

借入する

審査が通り契約が完了したら、借入をしていく。

三井住友銀行カードローンの借入方法には、以下の3つがある。

  • ATMでの借入
  • SMBCダイレクトでの借入
  • 自動融資

ATMでの借入は、現金で借入したい人に向いている方法だ。

カードレスを選択した場合はインターネット(SMBCダイレクト)による利用となるため、ATMは利用できない。

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行のATM以外に、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM・提携金融機関のATMが利用できる。

※普通預金口座との兼用カードの場合、ゆうちょATM・提携金融機関ATMは利用できないので注意。

基本的にATM利用手数料・時間外手数料は無料となっている。

ただ、提携金融機関のATMは手数料がかかる場合があるため、注意が必要だ。

また、カードレスの場合は、ATMを利用できないため併せて注意して欲しい。

SMBCダイレクトでの借入は、他の銀行口座をメインとしている人に適している方法だ。

SMBCダイレクトというインターネットバンキングで手続きするため、他行の口座に振込による借入ができる。

また、自動融資は口座の残高不足を自動で補う方法である。

例えば、クレジットカードを自動引落で利用している時に、口座残高が足りない場合は、カードローン口座からバックアップしてくれるのだ。

引落などによって残高の不足を防ぎたい人には、自動融資をおすすめする。

ただし、自動融資は三井住友銀行の口座を持っている人に限られるため、利用したい場合は口座を開設しておくと良いだろう。

自動融資機能の利用の手続きは、カードローンプラザに問い合わせよう。

返済する

借入をしたら返済を行っていく。返済方法はいくつか方法があるため、自分に合ったものを選ぶと良いだろう。

三井住友銀行カードローンの返済方法は、以下の3つがある。

  • ATMでの返済
  • SMBCダイレクトでの返済
  • 口座引落による返済

ATMでの返済は、指定した期日までにATMでカードローン口座へ入金する方法である。

利用できるATMは借入と同じで、手数料もかからない。

ただし、借入と同じくカードレスを選択した場合は利用できない。

SMBCダイレクトでの返済は、SMBCダイレクトにログインすることで返済できる方法である。

三井住友銀行の普通預金口座もしくは他行の口座からカードローンに振込をすることができる。

最後に、口座引落による返済は、返済用の口座を登録することで自動引落により返済する方法だ。

返済日に自動的に返済してくれるため、入金・振込の手続きを忘れてしまう人にとっては嬉しい方法だろう。

返済漏れを防ぐために、返済用の口座を登録することをおすすめする。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

審査結果の連絡が遅い理由とは?

審査結果の連絡が遅い理由とは? カードローンナビ

三井住友銀行カードローンの審査結果は最短で当日と比較的早いといわれている。

しかし、審査結果の連絡がなかなか来ないということもあるようだ。

審査結果の連絡が遅い理由は、以下のようなことが考えられる。

  • 申告内容に誤りがある
  • 収入に対して借入額が高い
  • 迷惑メールとして届いている
  • 審査が混雑している

申込時に入力した情報のなかで誤り・矛盾があると、確認に時間を要して結果の連絡が遅れる場合がある。

申込内容に虚偽の内容があると審査に落ちる可能性があるため、入力する際は誤りのないように注意して欲しい。

また、収入に対して借入額が高いと、返済能力があるかを慎重に審査されるため時間がかかる場合もある。

基本的に借入金額が収入の3分の1を超えていると、借入が難しいとされる。

そのため、必要以上に借入しないことも大切だ。

また、審査結果がメールで連絡が来ているにも関わらず、迷惑メールに振り分けられている場合がある。

早めに結果を知りたい人は、定期的に迷惑メールを確認するのが良いだろう。

また、時期によっては審査が混雑する可能性もあると考えられる。

これらの理由を考慮した上で、カードローンの申込をすることが望ましい。

「三井住友銀行(SMBC)カードローン審査の流れとは?申し込み方法や借り方についても解説します」

<子記事誘導リンク ID280 >

三井住友銀行カードローンがおすすめの理由

三井住友銀行カードローンがおすすめの理由 カードローンナビ

三井住友銀行カードローンは、限度額の幅が広く、上限金利が消費者金融に比べて比較的低いとされる。

また、返済方法が複数あるため、自分に合った方法を選べることが嬉しいポイントといえる。

ここからは三井住友銀行カードローンのおすすめ理由を詳しく解説するので参考にして欲しい。

限度額

三井住友銀行カードローンがおすすめな理由として、限度額の幅が広いことが挙げられる。

三井住友銀行カードローンの限度額は、10万円〜800万円となっている。

他の大手銀行カードローンと比較してみよう。

カードローン名限度額
三井住友銀行カードローン10万円〜800万円
みずほ銀行カードローン10万円〜800万円
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)10万円〜500万円

このように三井住友銀行カードローンは他行によるが、比較的に限度額の幅が広いといえる。

これはできるだけ多く借入したい人にとって嬉しいポイントといえるだろう。

ただし、契約時に応じて利用限度額は設定される。

下限金利

三井住友銀行カードローンは、下限金利が他行よりも低めに設定されている。

他行のカードローンの金利と比較してみよう。

カードローン名金利
三井住友銀行カードローン年1.5〜年14.5%
みずほ銀行カードローン年2.0〜年14.0%
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)年1.8〜年14.6%

このように三井住友銀行カードローンは、下限金利が他行よりも低いことが分かる。

もちろん、借入条件によって金利は変わってくるが、下限金利が低い方が良いと考えている場合は三井住友銀行が適している。

返済方法

三井住友銀行カードローンは、他行に比べて返済方法の種類が多い特徴がある。

他行のカードローンの返済方法は自動引落のみ、もしくは自動引落・ATMでの返済が多いとされる。

一方で三井住友銀行カードローンの返済方法にはATMでの返済、自動引落に加えて、SMBCダイレクトというインターネットバンキングでの返済もある。

複数の返済方法があるのは、自分の都合に合わせた返済がしやすいため嬉しいポイントといえる。

審査完了後はすぐに借入できる?

審査完了後はすぐに借入できる? カードローンナビ

三井住友銀行カードローンでは審査完了後にすぐ借入できるのか、気になる人もいるだろう。

三井住友銀行カードローンは条件によって、すぐに借入することが可能だ。

審査結果の連絡が来た後にローン専用カードかキャッシュカードを持っている場合は、すぐにATMで借入ができる。

しかしカードの受け取りを郵送にしてしまうと、カードが届くまで時間がかかるためすぐに借入は難しいとされる。

ATMでできるだけ早く借入したい場合は、ローン契約機でカードを発行すると良い。

また、SMBCダイレクトで借入する場合は、すぐに借入ができる。

ただしカードレスを選択した場合、インターネット(SMBCダイレクト)での利用となり、ATMが使えない点は注意が必要だ。

すぐに借入できるかどうかは手続きの方法によって変わってくるため、事前に申込方法・借入方法を確認しておこう。

「三井住友銀行(SMBC)カードローン審査の流れとは?申し込み方法や借り方についても解説します」

<子記事誘導リンク ID280 >

三井住友銀行カードローンの審査通過率とは?

三井住友銀行カードローンの審査通過率とは? カードローンナビ

三井住友銀行カードローンの審査通過率は公表されていない。

しかし、三井住友銀行カードローンをはじめ多くの銀行のカードローンは審査が厳しいといわれている。

その理由は以下の3つが挙げられる。

  • 三井住友銀行と保証会社の2つの審査に通過する必要がある
  • 在籍確認が行われる
  • 警視庁データベースへ照会される

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行・保証会社の2つの審査が行われる。

2つの審査は、それぞれ審査内容が異なる。

例えば保証会社の審査が通っても、銀行の審査が必ずしも通るとは限らない。そのため、この2つの審査は通過が厳しくなっている要因と考えられる。

また、三井住友銀行カードローンでは在籍確認が行われる。

三井住友銀行カードローンの申込条件として、申込した本人に限る旨が記載されているため、申込した人が同一人物かどうかは慎重に調査される可能性がある。

この在籍確認は勤務先に電話がかかってくる場合があるため、在籍確認がとれる電話番号を申告しておくことが大切だ。

さらに、三井住友銀行はじめ銀行のカードローンは、審査の際に警視庁のデータベースへ照会される。

これは、暴力団をはじめとした反社会勢力の関係を断つことを目的として行われている。

保証会社・銀行とは違った審査が行われるため、審査が厳しくなっていると考えられる。

三井住友銀行カードローンの審査に通過するためのポイント

三井住友銀行カードローンの審査に通過するためのポイント カードローンナビ

カードローンの審査に通過するためにはどうしたら良いのだろうか。

三井住友銀行カードローンの審査に通過するためには、以下の5つのポイントに気をつけたい。

  • 書類に不備がないかを確認
  • 信用情報に傷がないかどうか確認
  • 在籍確認の電話に対応
  • 虚偽の申告をしない
  • 複数のローンに同時申込をしない

それぞれのポイントについて詳しく解説する。

書類に不備がないかを確認

まず、申込時に提出する書類に不備がないかを確認することが重要だ。

本人確認書類を提出する際は、記載されている情報が正しいものか確認する必要があるだろう。

引っ越し前の住所が記載されているなど情報が更新されていないと、審査に影響する可能性がある。

また、撮影した本人確認書類の写真は文字が鮮明に写っているか、顔が分かるようにきれいに写っているかを確認すると良い。

なお、年収を証明する書類は種類によって条件が異なるため、提出する前に正しい書類が用意できているかを確認して欲しい。

信用情報に傷がないかどうか確認

一般的なカードローンの審査に落ちるのは、支払いを延滞するなど信用情報に傷があるケースが多い。

そのため、信用情報機関のデータを確認しておくと良いだろう。

信用情報機関はいくつかあり、銀行・保証会社がそれぞれ加盟している。

三井住友銀行は全国銀行個人信用センター、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は指定信用情報機関(CIC)・日本信用情報機構(JICC)に加盟している。

なお、どの機関もインターネットから信用情報の開示請求が可能である。

少しでも信用情報に不安のある人は確認しておこう。

在籍確認の電話に対応

三井住友銀行カードローンの審査を通過するためには、在籍確認の電話に対応することが重要である。

一般的に在籍確認というのは、申込した人が申告した勤務先で働いているかどうかを確認するものだ。

在籍が確認できれば良いため、勤務先に電話した際に申込した本人が対応する必要はない。

ただし、最近は個人情報保護の目的により、在籍しているかどうかを伝えないという企業も増えている。

そのため、電話が来た際に自分が応対できるようにしておくと良いだろう。

虚偽の申告をしない

虚偽の申告をしないことも、カードローンの審査を通過するためには重要だ。

少しでも有利になるようにと本人情報・勤務先情報などを虚偽で申告すると、審査に落ちる可能性がある。

また、嘘の情報を申告するつもりはなくても、入力ミスで誤った情報を申告してしまうと、審査が通過しにくくなるため注意が必要だ。

申込を完了する前に、入力した内容に誤りがないかチェックすることを心掛けよう。

複数のローンに同時申込をしない

カードローンの審査通過率を高めたい場合は、複数のローンに同時申込をしないように注意しよう。

一般的に複数のローンに申込をしていると、慎重な審査が行われる。

これは、総量規制という年収3分の1を超える借入ができないルールを考慮しなければならないからだ。

複数のローンに申込をしていると、返済能力があるのかどうかが疑われやすい。

そのため、希望額よりも低い借入金額となったり審査に落ちたりする可能性が高まる。

カードローンに申込をすると決めたら、1つのカードローンに絞っておくことが望ましい。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

カードローンを借りるなら三井住友銀行

カードローンを借りるなら三井住友銀行 カードローンナビ

三井住友銀行カードローンは審査結果の連絡が最短で当日となっており、審査時間は比較的早いといわれている。

ただし、申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によっては最短当日とはならない場合もある。

申込をする時間帯・曜日によっては翌日もしくはそれ以降の連絡となる場合もあるため、計画的に申込を行うことが望ましい。

三井住友銀行カードローンの申込方法は、インターネットからの申込・ローン契約機での申込・電話での申込がある。

それぞれメリット・デメリットがあるため、自分に合った方法で申込をすると良い。

審査は厳しいとされるものの、審査が通るといくつかの方法ですぐに借入することができる。

また返済もATMの返済・SMBCダイレクトでの返済・自動引落での返済があり、選べるのが嬉しいポイントといえる。

このように申込・借入・返済においていくつか方法がある三井住友銀行カードローンは、さまざまな状況に応じて利用しやすいといえる。

また消費者金融に比べて上限金利が低いこと・限度額に幅があることなどのメリットもある。

ぜひ三井住友銀行カードローンの利用を検討してみて欲しい。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要
目次