MENU

カードローンを最短で借りる方法とは?即日融資可能なカードローン12社を紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

金融機関の提供するカードローンは、即日融資可能な商品もあり急な借入に便利だ。

また、借入までの手続きが簡単であり、少額からの借入ができることで人気も高い。

しかし、初めての申込の場合や新たな借入を検討している場合、即日融資に必要なことが分からない人も多いはずだ。

そこで本記事では、カードローンを最短で借りる方法や、即日融資可能なカードローンの特徴について解説する。

カードローンを最短で借りる方法や審査時間・特徴、即日融資可能なカードローン12社を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

\ 審査の手続きカンタン! /

目次

カードローンを最短で借りる方法とは?

即日融資できるカードローンでも、申込方法や借入方法によって融資までの時間は変わる。

カードローンを最短で借入する方法は以下の通りとなる。

  • 自動契約機を利用して手続きを行う
  • インターネットからの申込を行う
  • 振込融資可能な金融機関を選ぶ
  • 審査対応時間内に申込をする

一般的に、カードローンはインターネットからの申込または自動契約機からの申込でない限り、即日融資を行っていない。

そのため、最短で融資を受けるには、インターネットまたは自動契約機からの申込が必要だ。

インターネットから申込を行う場合、24時間申込・振込融資可能な金融機関が好ましい。

また、審査対応時間内に申込をすることで即日融資の可能性を上げられる。

インターネットからは審査対応時間内に申込を行うことで、即日審査結果がわかる。

契約が終わると振込で借入ができるようになるが、カードの即日発行はできない。

自動契約機での申込の場合、その場で契約までが完了するため最短30分程度で借入れができる。

また、契約完了後にその場でカードが発行されるため振込またはATMでの借入れが即日可能だ。

カードローンの融資まで最短でどのくらいかかるのか?

カードローンには即日融資不可の商品や最短30分で融資が完了する商品もあり、金融機関ごとに特徴がある。

そのため、融資までの時間に大幅な差が出る。

その中でもカードローンは、銀行が提供している商品・消費者金融が提供している商品に分けられる。

2つのカードローンの違いは、即日融資が可能か可能でないかだ。

銀行カードローンは即日融資ができない。

というのも、銀行は反社会勢力への貸付をしてはならず、警察庁へのデータベースの照会が義務付けられているからだ。

データベースの照会は1日では終わらないため、即日融資が不可能になっている。

一方で、消費者金融カードローンは即日融資が可能だ。

消費者金融は警察庁へのデータベースの確認が不要だからである。

各社で定めた審査を通過すれば最短30分程度で借入ができるようになる。

ただし、夜間や金融機関の定める休業日等の場合は、即日審査ができず翌日以降の融資になる可能性もある。

そのため、必ずしも即日融資ができるとは限らないのは覚えておこう。

カードローンの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら。

即日融資可能なカードローンの特徴

即日融資可能なカードローンの特徴は2つある。

消費者金融であることとカードレスであることだ。

即日融資可能なカードローンの特徴の1つに、消費者金融であることがあげられる。

中でも大手消費者金融の場合、ほぼ確実に即日融資が可能だ。

大手消費者金融はすべての審査を自社で行っているため、他社へ委託する手間が必要ない。

また、審査は機械で行われるため、人によって確認する項目が少なくなり審査時間を短縮している。

即日融資可能な金融機関に導入されている機械審査は、年収や勤務先等の一部項目を点数化するシステムだ。

ただし、信用情報の確認や在籍確認は、機械ではできないため人が対応することになる。

また、即日融資可能な金融機関ではカードレスで借入ができる商品が多い。

カード発効前でも、スマホアプリやインターネットバンキングを利用して借入ができる。

カードレスで借入の場合、契約手続きが終わり次第すぐに利用可能だ。

近くに提携ATMがなくても、インターネットバンキングから即時借入ができる。

カードローンで即日融資してもらう流れについて

カードローンを即日融資する流れは、申込を行い審査結果が出たら契約に進み融資が行われる。

どのカードローンも融資までの流れは変わらない。

カードローンを即日融資するためには、インターネットからの申込または自動契約機での申込に限る。

インターネット申込の場合には、即日審査に対応できる時間が決まっているため注意が必要だ。

また、自動契約機での申込の場合には、自動契約機の営業時間内に行く必要がある。

ただし、インターネット申込の場合は審査時間ぎりぎりだと申込受付時間が遅くなって翌日の審査となることもある。

確実に即日融資を受けたい場合は、最終審査対応時間1時間前には申込を行うと良い。

審査対応時間内に申込を行うことで即日審査結果が通知され、必要書類を提出することで契約が完了する。

カードレスの場合には、振込またはスマホアプリ等を利用してATMからの借入が可能だ。

カードがある場合には、提携ATMでの借入ができる。

最短で融資可能なカードローン12社を紹介

カードローンは商品によって融資までの時間が異なる。

そのため、利用する際には自分の希望通りに借入ができるか確認したうえで検討することが重要だ。

また、金融機関により審査対応時間や申込方法も異なるため、申込方法や審査対応時間を事前に確認すると良い。

ここからは、即融資可能なカードローンを含めて12社紹介する。

スクロールできます
審査時間即日融資金利最高融資額
レイク最短25分可能4.5%~18.5%500万円
アイフル最短20分可能3.0%~18.0%800万円
ダイレクトワン最短即日可能4.9%~18.0%300万円
au PAYスマートローン最短即日可能2.9%~18.0%100万円
フタバ最短即日可能14,959%~19.945%50万円
アコム最短20分可能3.0%~18.0%800万円
プロミス最短20分可能4.5%~17.8%500万円
SMBC
モビット
最短30分可能3.0%~18.0%800万円
ベルーナ
ノーティス
最短30分不可4.5%~18.0%300万円
ORIX MONEY最短60分最短60分1.5%~17.8%800万円
セントラル最短即日最短即日4.0%~18.0%300万円
クレスト
フォービズ
最短30分最短30分6.0%~18.0%

レイク

レイクのカードローンはインターネット申込の場合、最短25分で借入ができる。

申込から審査結果表示までは最短15秒で完了する。

ただし、即日融資の条件は、平日と土曜日は21時、日曜日は18時までに契約が完了していることとなる。

契約には審査・必要書類の提出が含まれているため、事前の準備が必要だ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルのカードローンは土日祝日問わず、インターネット申込なら最短20分で借入ができる。

アイフルの審査対応時間は、土日祝日問わず9時00分~21時00分で、最短20分で審査結果が通知される。

審査時間外に申込の場合は、翌営業日の午前中に審査結果通知となり通常より時間がかかる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

ダイレクトワン

ダイレクトワンはスルガ銀行グループのカードローンだ。店頭窓口での申込の場合、その場でカードが発行され最短30分で借入ができる。

インターネットで申込の場合、仮審査が通ると必要書類提出後に本審査が行われる。

また電話受付の場合、口頭での情報をもとに審査が行われ審査に通ると契約手続きに進む。

バーナー画像予定

金利(実質年率)年4.9%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短30分
無利息期間最大55日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書当社の極度額と他社のお借入れ総額が100万円を超える場合
当社の極度額が50万円を超える場合
WEB完結可能
申込条件20歳〜69歳までの安定した収入がある方
担保・保証人不要

au PAY スマートローン

au PAYスマートローンは、au PAYカード会員限定のサービスだ。

24時間365日申込可能だが、夜間の申込の場合は審査結果が翌営業日となる。

au PAYスマートローンはau IDを利用して登録するため、au PAYカードの情報が反映される。

そのため、他社ローンに比べ申込の手間が少ない。

また、借入・返済に利用する銀行口座を登録することで、本人確認書類の提出が不要になる。

フタバ

フタバの商品は24時間365日申込を受け付けており、平日16時までの審査完了で即日融資が可能だ。

営業時間外・休日は翌営業日の融資となる。

申込後、審査に通過すると契約書類提出前に融資が行われる。

その後、フタバから送付されてくる契約書類と共に住民票を提出して契約が完了する。

また、返済は自動引き落としではなく指定口座への振込のため、振込忘れに注意する必要がある。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.6%~年14.8%
審査時間最短3~5営業日ほど
※申し込み内容、時間帯によっては時間がかかる場合がございます。​
融資速度
無利息期間
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書希望借入可能上限額が50万円を超える場合必須
WEB完結可能
申込条件満20歳以上64歳までの定期的な収入がある方
※上記の他、該当条件がございます。
担保・保証人不要

アコム

アコムは申込から最短20分で融資が完了する。

ただし、夜間に申込の場合は審査結果が翌営業日となり即日融資ができない。

契約完了後はインターネット振込利用で、申込からわずか10秒で借入ができる。

また、自動契約機で契約の場合はその場でカードが発行されるので、カードを利用した融資が可能だ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスのカードローンは最短15秒で審査結果が通知され、最短20秒で融資可能だ。

24時間申込ができて、土日祝日の審査に対応している。

ただし、夜間申込の場合は翌営業日の審査となり、融資も同じく翌営業日となる。

即日融資をする場合にインターネット申込の場合は振込、自動契約機で契約の場合はローンカードを利用する。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

SMBCモビット

SMBCモビットは、申込から最短30分で借入が可能だ。

契約完了後、振込までは最短3分で行われる。

ただし、申込の時間によっては審査結果が翌営業日となる場合もある。

また、24時間365日申込可能だが、毎週月曜日の午前2時~午前5時まではインターネット申込ができない。

メンテナンスが入るためである。

確実に即日融資をしたい場合には、三井住友銀行内ローン契約機での契約が確実だ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは、申込から最短24時間以内の融資が可能で最短30分で審査が完了する。

インターネットからの申込ならわずか3分で申込が可能だ。

ただし、申込の状況によっては審査に時間がかかることもある。

また、営業時間外の申込の場合は、審査結果が翌営業日となる。

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短24時間

無利息期間
最大14日間
※完済後何度でも利用可能(再度の無利息キャッシング利用は、完済後前回のお借入日から3ヵ月経過した再度のお借入の場合のみ適応)
借入限度額1万円〜300万円
WEB完結可能※一部、郵送物の送付あり
申込条件20歳から80歳までで安定した収入がある方
ベルーナノーティスが定める審査基準を満たす方
担保・保証人不要

ORIX MONEY

ORIX MONEYは、申込から審査までが最短60分で完了する。

申込の曜日・時間帯によっては翌営業日の対応となる。

カードレス型であればアプリを利用して、インターネットやスマホから簡単に借入が可能だ。

また、ORIX MONEYを利用することで、会員限定特典でオリックスグループのサービスを優待価格で受けられる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.5~17.8%
審査時間最短60分
※お申込み時間・諸事情により数日間お時間をいただく場合もございます。
融資速度
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書原則不要
※1社でのご利用限度額が50万円を超える場合、または複数社からのお借入総額が100万円を超える場合は必要
WEB完結原則可能(スマホ完結)
申込条件20歳以上69歳以下で安定した定期収入がある方(日本国内に居住)
担保・保証人原則不要

セントラル

セントラルはインターネットから24時間365日申込ができる。

平日14時までに受付完了すれば即日振込が可能だ。

また、自動契約機を利用すればその場でカードが発行され、即日融資ができる。

カードを利用して借入をする場合には、セントラルATMまたはセブン銀行ATMを利用する。

その他ATMでは利用できないため注意が必要だ。

バナー画像予定

金利(実質年率)4.8%~18.0%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間契約日の翌日から30日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書必要になる可能性あり
WEB完結可能
申込条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
担保・保証人不要

クレストフォービズ

クレストフォービズはオリコが提供する、個人事業主専用のカードローンだ。

一般の人や法人は利用できない。

クレストフォービズは他社カードローンとは異なり、総量規制の対象外商品になる。

さらに事業用資金としての利用もできる。

申込から融資までは最短30分で完了し、平日・土日祝日を問わず、20時45分までの申込で即日融資が可能だ。

金利(実質年率)年6.0%~18.0%
審査時間1週間程度
借入限度額10万円~300万円
必要書類・本人確認書類
・所得証明書類
・事業状況の確認書面
申込条件個人事業主(法人不可)
担保・保証人不要

カードローンの融資までに必要な書類とは?

カードローン融資までに必要な書類は、本人確認書類収入証明書の2点だ。

ただし、収入証明書は借入金額によるため、必要ないこともある。

また、金融機関や商品によっては本人確認書類・収入証明書以外の書類が必要になることもある。

事前に確認しておくと良い。

では、カードローン融資までに必要な書類について詳しく説明する。

本人確認書類

本人確認書類は氏名・住所・生年月日が確認できる必要がある。

本人確認書類として利用できる書類は以下の物になる。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

ただし、本人確認書類の住所が現住所と異なる場合は、現住所が確認できる公的書類が必要だ。

また、金融機関や商品によって必要な本人確認書類が異なるため、申込商品の必要書類を確認したうえで申込をすることが大切となる。

借入金額によっては収入証明書が必要

消費者金融で50万円または100万円を超える借入をする場合、収入証明書の提出をする必要がある。

これは、日本賃金業協会によって義務付けられている。

1社で50万円以上の借入・複数社で100万円以上の借入をする場合に、収入証明書が必要だ。

前述した金額以下の場合は、原則収入証明書の提示は不要である。

収入証明書として提出できる書類は以下の物になる。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 年金証書
  • 住民税決定通知書

ただし、金融機関により収入証明書として利用できる書類が異なる場合や、申込内容によっては認められない書類もある。

給与明細書の場合は、金融機関から指定された年月分の給与明細書が必要だ。

さらに勤続年数が少ない場合は、源泉徴収票では認められないことがあるため気を付けなければならない。

カードローンの審査に必要な情報

カードローンの審査で必要になる情報は以下のようになる。

  • 返済能力
  • 信用情報
  • 借入状況

どの金融機関でも必ず確認される内容なので、借入を検討している場合には対策する必要がある。

カードローンの審査では、金融機関が貸し倒れを防ぐために厳しい審査が行われる。

前述の通り、返済能力・信用情報・借入れ状況により貸付の可否やいくらまでの融資可能かが決まる。

3つの中で1つでも問題があれば、高額な融資は期待できない。

また、全てに問題があれば融資を受けること自体が難しくなる。

では、カードローンの審査に必要な情報について説明していこう。

返済能力

カードローンの借入には返済能力があるかどうかが確認される。

金融機関は毎月の返済が滞りなく行われるために、安定した継続収入が求められる。

また、雇用形態が正社員か否かも重要視される。

正社員は安定した継続収入が見込めるため、他の雇用形態よりも審査に有利に働く。

信用情報

信用機関へ登録されている情報をもとに、顧客の貸付をするかが判断される。

具体的には過去のクレジットカード・ローンの借入記録・申込記録・返済記録が確認されているのだ。

信用情報に延滞や滞納があった場合には、審査に不利になる可能性が高い。

延滞・滞納が複数回ある場合には、金融トラブルを起こす可能性があると判断されるためだ。

一般的に3カ月以上の滞納があった場合には、いずれの金融機関においても借入ができないと考えられる。

反対に過去の借入をすべて延滞なく返済している場合には、審査に通りやすい。

借入状況

消費者金融のカードローンは総量規制の対称であるため、現在の借入金額が確認される。

年収の3分の1以上の借入はできないため、カードローン申込前に借入総額を把握しておくことが重要だ。

他金融機関で借入がある場合、新たなカードローンでの借入金額は年収の3分の1から借入総額を引いた額より少なくなる。

また、借入金額が高くなるほど審査が厳しくなるため、できる限り他社での借入を減らす・借入先を減らしておくと審査に通りやすい。

カードローン審査に通らない場合の対処法とは?

カードローンの審査に通らない理由としては、以下のものが考えられる。

  • 借入希望額が高い
  • 借入総額が年収の3分の1を超える
  • 他金融機関で延滞・遅延がある
  • 年収が低い

カードローンの審査に落ちた場合、短期間に同じ商品へもう一度申込するのはおすすめしない。

また、連続で数社への申込も信用情報へ登録されるため、多くても2社までにとどめておくほうが良い。

もしカードローンの審査に落ちてしまったら、借入希望額を下げて申込をすることで審査に通ることがある。

また、総量規制になるため年収の3分の1以上の借入はできない。

借入総額・借入先を減らせば審査に通る可能性が上がる。

即日融資可能のカードローン利用時の注意点

近年カードローンを謳り個人情報を聞き出したり、金銭を要求する詐欺が増えている。

カードローンを検討する際は、正式なサイトを利用するのが重要だ。

即日融資可能なカードローンを利用する際には、カードローン詐欺に気を付ける必要がある。

審査不要・保証金が必要というワードが出てきたら、詐欺の可能性が高い。

カードローンの借入には、審査が必要である。

どんなに急いでいても、必ず審査があるカードローンを選ぶことが重要だ。

また、カードローンには一定の審査基準が設けられているため、1社で審査が通らなかった場合には審査に必要な情報を元に対策をとってみてはいかがだろうか。

カードローンを最短で融資してもらう方法や商品を押さえよう

今回はカードローンを即日融資してもらう方法や、審査時間・特徴・即日融資可能なカードローン12社について解説した。

それぞれの会社ごとに特徴が異なる。

カードローンの利用を検討している場合は、ぜひ本記事を参考に自分にあったカードローンを探してみてはいかがだろうか。

本人確認書類や収入証明書などの必要書類は予め用意しておく、インターネット・自動契約機を利用することなどでも審査時間を短縮できる。

ぜひ参考にして欲しい。

\ 審査の手続きカンタン! /

目次