MENU

中小消費者金融とは?大手消費者金融との違いやカードローンの選び方を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

中小消費者金融は、お金を借りたい時に頼りになる存在である。

一方で、大手消費者金融と比較すると、一般的には聞き馴染みのない会社が多い。

そのため「中小消費者金融の特徴は何か」、「大手消費者金融と違いがあるのか」など疑問に思う方もいるかもしれない。

そこで、この記事では中小消費者金融の特徴や、中小消費者金融を利用するメリット・デメリットについて解説する。

記事を最後まで読めば、中小消費者金融に関する正しい知識が得られ、適切に利用できるようになるはずだ。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

中小消費者金融とは?

中小消費者金融は、主に個人向けの小口融資を行う金融機関のことだ。

一般的な銀行や大手消費者金融とは異なり、比較的小規模で地域に密着した事業を展開している。

主なサービスとしては、以下のようなものがある。

  • 低金利での融資
  • 迅速な審査
  • 融資を申込むまでの手続きが簡単に出来る

中小消費者金融は、一部の特定のニーズを持つ個人に対して、より柔軟な対応をとってくれる特徴があるのだ。

中小消費者金融と大手消費者金融との違いとは?

中小消費者金融と大手消費者金融の違いは、以下のようになる。

中小消費者金融と大手消費者金融の違い
  • 店舗数と展開エリア
  • 融資規模
  • 審査基準
  • 利率と手数料
  • サービスの充実度

下記で詳しく解説しよう。

1つ目は店舗数と展開エリアの違いだ。

大手消費者金融は、全国規模で多数の店舗を展開している。

一方、中小消費者金融は地域に密着し、地域ごとに限られた店舗数で営業している。

2つ目は融資規模の違いだ。

大手消費者金融は、大きな融資規模を持ち、一括での大額の借入が可能だ。

対して、中小消費者金融は小口融資に特化しており、少額しか借りることができない場合が多い。

3つ目は審査基準の違いである。

大手消費者金融は一定の基準に沿った審査を行うが、中小消費者金融は柔軟に審査に対応してくれる場合が多い。

ただ、返済能力や信用度によって審査するのはどちらも共通している。

4つ目は利率と手数料の違いだ。

大手消費者金融は、比較的高い金利や手数料が設定されることがある。

そんな大手消費者金融に対抗すべく、中小消費者金融は低金利や低手数料でローンを設定していることが多い。

5つ目はサービスの充実度である。

大手消費者金融は、充実した顧客サービスや多様な融資商品を提供することが多い。

中小消費者金融は、地域に密着したサービスや迅速な審査対応など、細やかなサービスが特徴だ。

このように、中小消費者金融と大手消費者金融は、店舗数・融資規模・審査基準・金利・手数料・サービスの充実度などの面で異なる。

どちらが自分に合った選択肢かは、個々のニーズや状況によって異なるため、注意が必要だ。

下記の表で簡単にまとめたので、自分がどちらを使うべきなのか、考えてみて欲しい。

スクロールできます
中小消費者金融大手消費者金融
店舗数と
展開エリア
地域ごとに限られた店舗数で営業全国規模で多数の店舗を展開
融資規模小口融資に特化しており、融資が少額一括での大額の借入が可能
審査基準比較的柔軟かつ独自一定の基準に沿った審査
利率と手数料低いことが多い高い
サービスの
充実度
地域に密着したサービスが多い充実した顧客サービスが多い

中小と大手どちらがいい?自分に適した消費者金融の選び方

自分に合った消費者金融を選ぶためには、以下のポイントに注意することが重要だ。

  • 金利
  • 返済条件
  • 審査基準
  • 追加費用
  • レビューや口コミ

下記でそれぞれについて紹介しよう。

1つ目は金利を比較することである。

各カードローン商品の金利を比較し、適切な条件で借入ができる低金利の商品を選ぶことで、返済負担を軽減できる。

2つ目は返済条件を確認することだ。

返済期間・返済方法・返済日などの条件を確認し、自分の返済能力やライフスタイルに合った条件の商品を選ぼう。

3つ目は審査基準を見ておく、というものだ。

カードローンの審査基準は、金融機関やカードローン会社によって異なる。

自分の収入や信用情報などを考慮し、審査が通りやすい商品を選ぶことが重要なのである。

4つ目として追加費用がないかもチェックしておこう。

カードローンには、手数料や保証料などの追加費用が発生する場合がある。

これらの費用を確認し、不必要な追加費用がない商品を選ぼう。

5つ目はレビューや口コミの活用だ。

他の利用者のレビューや口コミを参考にすることで、実際の利用者の体験や評価を知ることができる。

信頼性や利便性など、他の利用者の意見を参考にすることで、自分に合ったカードローンを選べるはずだ。

中小消費者金融を利用するメリット

中小消費者金融を利用するメリットは、次のとおりだ。

中小消費者金融を利用するメリット
  • 独自の審査基準
  • 独自のサービス

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

独自の審査基準

審査基準が独自であることがメリットのひとつだ。

融資を受ける上で必要になるのが審査であり、一般的な審査基準には以下のようなものがある。

  • 個人の返済能力
  • 過去の金融事故の有無
  • 転職したばかりかどうか
  • 安定した収入源があるか

これらの審査基準を満たしていない場合、基本的には融資を受けることが難しくなる。

ただ、中小消費者金融の場合は審査基準が比較的柔軟であるケースが多い。

そのため、大手消費者金融や銀行からの融資を受けることが難しい方でも、融資を受けやすくなる。

独自のサービス

中小消費者金融を利用するメリットの1つは、独自のサービスや特典があることだ。

具体的には次のようなものがある。

  • 地域に密着したサービス
  • 迅速な審査対応
  • 小口融資に特化した商品が多いこと
  • 低い金利や手数料

以下でそれぞれについて詳しく説明する。

1つ目は地域に密着したサービスである。

中小消費者金融は、地域に根ざした営業を行っているため、利用者に対して細やかなサービスを提供することができる。

例えば、特定の地域や産業に特化した融資商品やキャンペーンを展開することがある。

2つ目は迅速な審査対応だ。

中小消費者金融は、審査や融資のプロセスが大手消費者金融よりも迅速なケースが多い。

これは、より柔軟な審査基準を持っているためだ。

急な資金需要が生じた場合や緊急の支出が必要な場合には、迅速な審査対応が利点となる。

小口融資に特化した商品が多いことも挙げられる。

中小消費者金融は、主に小額の借入に特化しているのだ。

そのため、少額の融資が必要な場合には、大手消費者金融よりも利用しやすい。

また、返済期間や返済サイクルの選択肢も豊富であり、利用者のニーズに合わせたプランを提供している。

ほかにも中小消費者金融は、大手消費者金融と比べて金利や手数料が低く設定されることがある。

これは、規模が小さく経営費用が抑えられるためだ。

低金利や手数料の特典を提供している中小消費者金融を選ぶことで、費用の削減や利益の最大化が図れる。

中小消費者金融は、地域に根づいたサービスや特典を提供することで、利用者により良い体験を提供しているのだ。

おすすめの中小消費者金融とは?

おすすめの中小消費者金融には次のようなものがある。

おすすめの中小消費者金融
  • フタバ
  • いつも
  • フクホー
  • アロー
  • セントラル
  • キャレント

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

フタバ

フタバのおすすめポイントは次の4つだ。

  • 利便性の高さ
  • 利率が低いこと
  • 無利息期間や限定クーポンがあること
  • 審査がスムーズなこと

フタバでは、Webやスマートフォンアプリを通じて簡単なオンライン申込ができる。

また、契約後の返済もATMや銀行振込など、自分に合った方法で行える。

さらに利率が比較的低く、契約金利は他の中小消費者金融と比較しても低いため、返済負担の軽減が期待できる。

無利息期間や限定クーポンの提供があるのもフタバの魅力だ。

特定の期間内は利息がかからない無利息期間や、限定クーポンなどの特典が用意されている。

さらに、審査が比較的スムーズであることもおすすめポイントとなる。

審査がスピーディなだけでなく、即日融資も可能であり、急な出費や緊急時にも迅速に融資を受けることができる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年14.959%~年19.945%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間最大30日間
借入限度額1万円~50万円
WEB完結可能
申込条件20歳以上73歳以下の安定した収入がある方
担保・保証人不要

いつも

いつもがおすすめであるポイントは以下の3つだ。

  • 好評な口コミとレビュー
  • スピーディーな審査と即日融資
  • 低金利

いつもは好評な口コミやレビューが多く、借り手から高い評価を受けている。

そのため、初めての方も安心して利用可能だ。

さらに、審査が迅速で即日融資も可能だ。

急な出費や緊急時にも迅速に融資を受けることができる。

また、低金利であることも嬉しいポイントとなる。

これにより、返済額の負担が軽減され、返済がしやすくなる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.8%~年20.0%
審査時間最短10分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短30分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間60日間
※当社の条件をすべて満たしたお客様に適用いたします。が不適当と判断した場合は対象外となる可能性がございます。
※無担保フリーローンのみ対象となります。その他の契約(不動産担保ローン等)は対象外です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入のある方
担保・保証人原則不要

フクホー

フクホーがおすすめであるポイントは以下の5つだ。

  • 店舗数が多く、利便性が高い
  • 土日も営業している
  • 契約手数料が無料
  • 借入限度額が高い
  • 対面での相談が可能

フクホーは多くの店舗を展開しており、全国各地に店舗が存在している。

そのため、利便性が高い。

フクホーの店舗は一部を除き、土日・祝日も営業しているため、繁忙な日常生活の合間にも訪れることができる。

契約手数料が無料なので、追加の費用を抑えられるのも魅力的だ。

ほかにも借入限度額が高く、一部条件を満たす場合、比較的高い借入限度額を設定しているのもおすすめポイントである。

追加の資金が必要な場合でも、ある程度の金額を借りることができるはずだ。

さらに、フクホーでは対面での相談も可能となっている。

店舗での対面相談により、状況に応じたアドバイスやカスタマーサポートを受けることができ、不安や質問を解消する助けとなる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年7.3%~年20.00%
審査時間最短30分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度
無利息期間
借入限度額最大200万円
収入証明書必要
WEB完結一部可能
申込条件20歳未満66歳以上の方
※当社基準を満たした場合となります。
担保・保証人原則不要

アロー

アローがおすすめなポイントは以下の3つだ。

  • 借入限度額が高い
  • 返済プランが柔軟
  • 申込が簡単

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

1つ目は借入限度額が高いことだ。

一部条件を満たす場合、比較的高い借入限度額を設定している。

追加の資金が必要な場合でも、ある程度の金額を借りることができるだろう。

2つ目は返済プランが柔軟であることだ。

返済期間や返済額などを相談し、自分に合ったプランを選ぶことができる。

3つ目は申込が簡単でスピーディーであることだ。

Webや電話などを通じて簡単に申込ができ、審査も早く終わる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年15.00%~年19.94%
審査時間最短45分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度
無利息期間
借入限度額200万円
収入証明書必要
WEB完結一部可能
申込条件22歳以上70歳以下の方
※無職の専業主婦(夫)・年金収入のみの方はお申込できません。
担保・保証人原則不要

セントラル

セントラルがおすすめなポイントは以下の通りだ。

  • 低金利
  • 返済プランが柔軟
  • 審査がスピーディー
  • 充実した顧客サービス

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

セントラルは低めの金利で借入できるため、返済負担を軽減することができる。

また、返済プランの柔軟さも特徴である。

返済期間や返済額などを相談し、自分に合ったプランを選ぶことも可能だ。

申込後、短時間で審査結果を知ることができるため、必要な資金を迅速に手に入れることも可能だ。

顧客サービスが充実しているのもポイントが高い。

借入や返済に関する疑問や問題があれば、専門のカスタマーサポートが丁寧に対応してくれる。

バナー画像予定

金利(実質年率)4.8%~18.0%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間契約日の翌日から30日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書必要になる可能性あり
WEB完結可能
申込条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
担保・保証人不要

キャレント

キャレントはWeb専門の消費者金融である。

申込は24時間365日いつでもすることができる。

そのため、対面での申込や契約を避けたい人や忙しくて時間の確保が難しい人にはぴったりの消費者金融と言える。

審査や融資のスピードもかなり早い

借入に対する審査や融資までのスピードが比較的早いため、1日でも早く融資を受けたい人は検討してみよう。

一方でキャレントは以下の点に注意が必要だ。

  • 他の中小消費者金融に比べて金利が高めであること
  • 在籍確認が必須であること
  • 融資対象者が法人のみであるため、個人事業者への融資ができないこと

キャレントを利用する場合は上記の点を念頭におこう。

おすすめの消費者金融については以下の記事でも解説しているのでぜひ参考にして欲しい。

おすすめの消費者金融についての記事はこちら。

バナー画像予定

金利(実質年率)年7.8%~年18.0%
審査時間
融資速度14時までのお手続き完了で即日振込が可能
無利息期間
借入限度額1万~500万円
収入証明書
WEB完結一部可能
申込条件法人の方、設立1年以上
キャレントのご利用がはじめての方
担保・保証人不要

無登録業者を避けるための方法

お金を借りやすく、審査が甘い金融業者ほど、無登録業者である場合がある。

金融業者は、日本の居住者を対象に金融商品取引業を行う場合は、日本の法令に基づき登録を受ける必要がある。

登録を行う上で、虚偽表示・誇大広告の禁止・投資者等から預かった資産の分別管理・トラブル時の対応窓口の設置・システム安全稼働のための管理などが必要だ。

登録を受けていない無登録業者は、上記の顧客保護のためのシステム整理が行われているかを確認できず、登録を受けている金融業者に比べて態勢が整っていない可能性が高い。

つまり無登録業者と取引してしまうと「法外な出金手数料を請求される」、「業者と急に連絡が取れなくなる」などのトラブルに見舞われるケースが多いため、注意が必要だ。

無登録業者を避けるための方法には次のような方法がある。

  • 登録番号の記載を確認する
  • 広告内容で判断する
  • 行政処分を受けていないか確認する

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

登録番号の記載を確認する

消費者金融業者は、金融庁に登録されているかどうかを確認することが重要だ。

登録業者は、Webや広告などに登録番号を掲載しており、それを確認することで信頼性を確保できる。

広告内容で判断する

無登録業者は、しばしば過剰な利息や違法な貸付条件を宣伝する。

広告をみる際には、金利や返済条件などを注視し、合理的な範囲内のものかどうかを判断しよう。

行政処分を受けていないか確認する

過去に行政処分を受けたことがある業者は、その信頼性に疑問が生じる場合がある。

金融庁のWebなどで、業者の過去の行政処分状況を確認することができる。

中小消費者金融の前に大手を検討する

中小消費者金融を利用する前に、大手の消費者金融の利用を検討することもあるかもしれない。

おすすめの大手消費者金融には、次のようなものが挙げられる。

おすすめの大手消費者金融
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

プロミス

プロミスがおすすめであるポイントは以下の3つだ。

  • 上限金利が年利で17.80%である
  • 初回利用日の翌日から30日間は無利息期間が設けられている
  • 融資利用まで最短20分である

上限金利を年利18.0%に設定する大手消費者金融が多い中で、プロミスはやや低めに設定している。

一般的に消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも金利が高い点がデメリットですが、プロミスの場合はやや低い金利で借入できるといえるだろう。

また初回利用日の翌日から30日間は無利息期間が設けられている。

契約日からすぐに利用開始しなくても、無利息期間を活用できるため、契約後すぐに借入できない方には向いている。

最後に融資利用までの時間が最短20分であることもポイントだ。

プロミスのアプリローンの場合、セブン銀行ATMを利用すると、最短20分で融資を利用できる。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アイフル

アイフルがおすすめのポイントは以下のとおりだ。

  • 独立系の大手消費者金融である
  • 最短20分で融資を受けられる
  • メール連絡にて優先した審査を受けられる

アイフルは唯一の独立系大手消費者金融のため、審査も独自の基準であることが期待できる。

また、最短20分で融資を受けられるため、「今すぐにお金が必要」という場面での利用に向いている。

全国には約7万台の提携ATMが設置されており、どこにいても借入や返済が行いやすいことも魅力だ。

また審査を急いでいる場合は、申込の後にメールでその旨を連絡することで、優先して審査してもらえる。

審査時間を短縮したい方はアイフルでの申込を検討すると良いだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

SMBCモビット

SMBCモビットがおすすめであるポイントは次の3つだ。

  • 融資までの時間が早い
  • 借入・返済はいつでもスマホで取引できる
  • 返済でTポイントが貯まる

SMBCモビットは融資を受けるまでの時間が早く、審査完了まで最短30分である。

またスマホでの取引が可能であり来店の必要もないため、こっそり借りたい方にもぴったりだ。

さらに返済時にはTポイントが貯まるため、お得なメリットも多いと言える。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

アコム

アコムがおすすめであるポイントは次の3つだ。

  • コールセンターが24時間体制で運営されている
  • 原則、電話による在籍確認がない
  • クレジットカード兼用のカードローンを取り扱っている

アコムは申込から借入までがWebで完結可能なことや、24時間365日いつでも借入と返済ができることに加え、コールセンターも24時間体制で運営している。

電話にて細かい点まで詳しく教えてもらいたい場合も、時間を選ばずコールセンターを利用できるだろう。

また原則、電話による在籍確認がないことも特徴だ。

万が一、必要となった際には申込者の同意を得た上で実施されるため、「職場に急に電話がかかってきて困る」という心配は不要だ。

そのため、申込が職場の人にバレたくない方には向いている。

さらにショッピング機能がついたカードローンである「ACマスターカード」を提供しており、最短即日の発行にも対応している。

カードローンの利用に加え、クレジットカードが欲しい方にもおすすめだ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

カードローンを無理なく返済するためのポイント

カードローンを無理なく返済するためには以下のようなポイントがある。

  • 必要のない借入を避ける
  • 臨時返済を活用する

それぞれについて詳しくみていこう。

必要のない借入を避ける

カードローンは、急な出費や資金需要に対応するための手段だが、必要のない場合には借入を避けるようにしよう。

借入の際には、返済計画を立てて自己の返済能力を考慮し、必要最低限の金額を借りることが大切だ。

臨時返済を活用する

臨時収入やボーナスなど通常の収入以外の収入があった場合は、その一部をカードローンの返済に充てることで、返済期間や金利を削減できる。

返済プランに余裕がある場合は、積極的に臨時返済を活用すると効果的だ。

中小消費者金融に関するよくある質問

中小消費者金融に関するよくある質問には以下のようなものがある。

  • 申込できる対象者
  • 借入が当日でも可能であるか
  • 申込に必要な書類

まずは申込できる対象者についてであるが、中小消費者金融によって多少異なるものの、一般的には20歳から69歳までの安定した収入のある方であることが多い。

また、主婦・パート・アルバイトの方でも収入が安定していれば申込できるケースが多い。

次に借入についてであるが、当日でも可能な金融業者も多い一方で、要望に応えられないケースもあるようだ。

店頭の窓口スタッフに相談するのが確実と言える。

最後に必要書類についてであるが、一般的に申込に必要な書類は本人確認書類である。

また、必要に応じて収入証明が求められるケースがある。

各消費者金融のホームページ等で確認しよう。

おすすめの消費者金融について詳しく知りたい方はこちら。

自分に合った消費者金融を見つけよう

プロミスやアイフルなど、CMなどでもよく耳にする大手の消費者金融から、フタバやいつもなどのような中小消費者金融まで、さまざまな消費者金融がある。

大手消費者金融は、大手ならではの安心感が魅力の1つだろう。

しかし中小消費者金融には大手消費者金融にはない独自のサービスがある。

本記事ではおすすめの中小消費者金融や、大手消費者金融との違いを解説してきた。

いかがだっただろうか。それぞれの消費者金融ごとに異なる特徴がある。

ぜひ本記事を参考に、自分に合った消費者金融を見つけて欲しい。 

\ 審査の手続きカンタン!/

目次