MENU

【FXで大損】負ける理由と損小利大のポイントを解説

この記事で解決できるお悩み
  • FXトレーダーの負けを招く2つの要因について
  • FXトレードで大損する原因
  • FXトレードにおける損小利大の3つのポイント

FXトレードは、人気のある投資方法の1つだ。

しかし、インターネットを見ていると外国為替トレーダーの90%が負けており、10%だけが利益を上げているという情報をよく見る。

しかし、なぜFXトレーダーの多くが利益を伸ばすことができず負けてしまうのだろうか。

 FXトレードにおいて、負ける理由がわかれば、利益を伸ばす方法を紐解くことができるだろう。

今回は、FXでは、なぜ大損してしまうのか、負ける理由や損小利大の3つのポイントについてわかりやすく解説していく。

\最短30分で取引可能/

目次

FXトレーダーの負けを招く2つの要因

FXトレーダーの負けを招く2つの要因 わたしのIFAコラム

多くのFXの投資本やウェブサイトでは、トレーダーの9割は負けていると紹介されている。

そこには、2つの理由が存在する。

 ゼロサムゲームで勝つことが非常に難しい

FXで勝つことが難しいのは、ゼロサムゲームという仕組みがあるからである。

ゼロサムゲームとは、誰かがFXで10万円を稼ぐことができると、その一方で誰かが10万円の損をするという仕組みのことである。

そのため、1人のトレーダーが1000万円稼ぐことができているということは、1000万円の大損をしている方がいるということである。

この仕組みは、多くの資産を有する強者に非常に有利であり、資産の少ないものには不利な仕組みなのだ。

なぜなら、FXでは資金力が高い方が稼ぎやすい構造となっているからだ。

機関投資家にはなかなか勝てない

FXを実践する者の多くは、個人投資家として参加する。

しかし、FX市場には、機関投資家や長年の経験や知識を有するプロトレーダーが一緒に参加している。

これらの方と同じ市場で、取引を有利に進められなければ、利益を残すことはできない。

機関投資家やプロトレーダーは、経験や資産力という点において、一般的な投資家とは大きくレベルが異なる。

たとえば、資産保有力の高いトレーダーであれば、自分でチャートを動かせる者も存在するのだ。

 自分の資金力を使って意図的に上昇トレンドを形成したり、下降トレンドを形成したりできるのであるから、利益を伸ばすことができて当然である。

FXトレードで大損する理由

FXトレードで大損する理由 わたしのIFAコラム

FXは、ゼロサムゲームや機関投資家の観点から負けやすいと紹介した。

次に、FXトレードで大損する理由を解説する。

 ボラティリティによる損失リスクが大きい

ボラティリティとは、一般的に価格変動がどれくらいあるかを表現する言葉である。

たとえば、ボラティリティが高いという場合、それだけ価格変動が大きいということがわかる。

一方で、ボラティリティが小さい場合は、ほとんど値動きが存在しないということだ。

外国為替取引には、高いボラティリティとリスクが伴うが、これはすべての人にマッチしているわけではない。

高いボラティリティは、FX取引においてそれだけ利益を伸ばしやすくなるが、一方でそれだけリスクが高くなり、損失も大きくなる。

市場に関する知識の欠如

初心者のFXトレーダーは、市場に対する経験や知識が低くなってしまう。

FXトレードで利益を残すためには、それを補うための膨大な経験や勉強が必要だ。

それらが不足している状態では、大損になるリスクが極めて高くなる。

 何百何千とエントリーと決済を繰り返し、自分なりの攻略法を見つけることができなければ、利益を伸ばしていくのは難しい。

圧倒的な時間の不足

フルタイムで働く人々は、外国為替取引に時間を費やすことができない。

時間の不足は、FXトレードにおいて、経験や知識の不足に繋がってしまい、負けを招いてしまう。

365日24時間、チャートをチェックしているプロトレーダーや機関投資家と1日数時間だけチャートをチェックしている個人投資家であれば、どちらが有利な状況なのか明白だろう。

そのため、本業で大きな収入を稼いでいる個人投資家は、どうしてもFXトレードへの時間が不足しがちなため、大損という結果になりやすい傾向がある。

自己管理不足

FXトレードで利益を伸ばしたければ、自分の感情をコントロールし、一貫性を持たせる自己管理能力を求められる。

そのため、決済すれば負けが確定するからといって、決済ポイントを変えるようなことをしてはいけない。

 プロトレーダーは、買っても喜ばす、負けても悲しまない。

例えるなら、ロボットのように取引を繰り返している。

逆に、ロボットのようにエントリーと決済を繰り返すことができなければ、常に感情に左右され大損してしまう可能性もあるだろう。

FXトレードにおける損小利大の3つのポイント

FXトレードにおける損小利大の3つのポイント わたしのIFAコラム

FXトレーダーが損失を小さく利益を大きく伸ばすには、どのように取引をすればよいだろうか。ここでは、損小利大の3つのポイントを説明していく。

 低いレバレッジで取引を行う

FXトレーダーの多くは、大きく利益を伸ばすために高いレバレッジで取引をしてしまう。

高いレバレッジの取引は、自分なりの手法があっていれば大きく利益を伸ばすことができるが失敗すれば損失が大きくなってしまう。

特にFX初心者は経験不足から負けやすい傾向があるため、一歩間違えれば資金ゼロの状態になってしまう。

そのような状態にならないようにするためには、低いレバレッジで取引を開始し、損を小さくしていくことが大切である。目安としては、3倍程度が良いだろう。

投資資金の2%で損切する

FXトレードでは損切することが必要不可欠である。損切りは、トレードにおいて負けを認める行為だが、損小利大の実現に欠かせないのだ。

損切りはプロトレーダーも行なっており利益を残す手法として非常に有益である。

逆に損切りのできないFXトレーダーは、長期的に見た時に大きな損失を発生させてしまう。

有力な損切方法としては、投資資金の2%で決済するという方法が実践しやすいだろう。

たとえば、100万円の投資資金を有していた場合、損失が2万円になった段階で損切を行う。

これによって大きな損失につながる前に決済ができる。

取引の方法を変えない

FXトレードで大損したくなければ取引の方法を変えてはいけない。

なぜなら取引の方法を変える習慣を持ってしまうと相場の動きや感情に流されてしまうからである。

そうなってしまったら冷静な取引はできない。

そのため事前に次のような取引方法を決めておくと良い。

  • 取引は1日2回まで
  • 米ドル/円以外は、取引しない
  • 取引時間は、午前10時から11時まで
  • 逆方向に進んだら投資資金の2%の段階で損切する

このように事前に取引方法を決めておけば、ロボットのごとく従うだけである。

これによって感情に振り回されることがなくなる。

まとめ

まとめ わたしのIFAコラム

FXは、他の投資方法と比べて、大きな損失が発生しやすい。

特に、専門家や相談できる先生ともいえる存在がいない場合は、誤った行為によって大きな損失を招きやすいのだ。

また、具体的にどのような投資を行ったら良いか悩んでいる人も多いだろう。

\最短30分で取引可能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次