1. ホーム
  2. 資産運用・資産管理
  3. 減らさない資産運用を実現するするなら?おすすめの投資方法を解説

減らさない資産運用を実現するするなら?おすすめの投資方法を解説

この記事で解決できるお悩み
  • 資産を守りつつ成長させる方法が知りたい
  • リスクを最小限に抑える具体的な投資戦略が知りたい
  • 安定的な資産運用のためのポイントを理解したい

資産運用に興味はあるものの、リスクへの不安から一歩を踏み出せない人は多いのではないだろうか。

投資初心者にとって、資産運用のリスクは大きな懸念材料だ。

しかし、金融機関への預金だけでは資産を着実に増やすことは難しい。

だからこそ、安全かつ効果的な資産運用の方法を知ることが重要なのだ。

本記事では、元本を減らさずに資産を増やすための具体的な方法を詳しく解説する。

長期投資の重要性や、リスクを抑える分散投資の手法、複利効果を最大限に活用する積立投資など、初心者でも取り組みやすい投資戦略を紹介する。

さらに、金融のプロであるIFAに相談するメリットや、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法についても解説する。

本記事を読んで、安全かつ効果的な投資戦略を実践してほしい。

目次

資産を減らさず守りながら成長させる方法

資産を減らさず守りながら成長させる方法 わたしのIFA

資産運用において、元本を減らすことなく着実に資産を増やしていくことは、多くの人が望むことである。

しかし、株式市場の変動や経済状況の不確実性などを考えると、リスクを完全に排除することは困難だと感じる人も多いだろう。

では、どのようにすれば資産を守りながら成長させることができるのだろうか。

ここでは、資産を守りながら成長させるための3つの方法を紹介する。

  • 時間を味方につける長期投資
  • リスクを軽減する分散投資
  • 短期的な変動に対応する積立投資

これらの手法を自身の資産運用に取り入れることで、安全かつ着実に資産を増やしていくことができるはずだ。

時間を味方につける長期投資 

長期投資とは、短期的な市場の変動に惑わされることなく、長い時間をかけて安定的なリターンを得ることを目的とした投資手法である。

市場には短期的な変動が常に存在する。

長期投資では、時間を味方につけることで一時的な値動きによる影響を受けにくくなる。

そして、長期的に見れば資産が着実に成長する可能性が高くなる。

つまり、一時的な値下がりに一喜一憂するのではなく、長期的な視点を持つことが重要なのだ。

まずは、長期的な価値の上昇が見込める投資対象を選ぶことが重要である。

優良な企業の株式や、幅広い銘柄に分散投資を行う投資信託などは、長期投資に適している。

これらの投資対象は、一時的な市場の混乱があっても、長期的には企業の成長や経済の発展とともに価値が上昇していく可能性が高い。

ただし、長期投資においてもリスクを適切に管理することを忘れてはいけない。

投資先の選定には十分な調査が必要だ。

そして、定期的な投資状況の確認と必要に応じた投資先の見直しも欠かせない。

時間を味方につけ、リスクを適切に管理する。

このように長期投資は、資産を守りながら着実に成長させることができる投資手法である。

リスクを軽減する分散投資 

分散投資とは、資産を分散させることで特定の資産によるリスクを軽減する手法である。

この手法の特徴は、一つの資産に依存しすぎないポートフォリオの構築を目指すことにある。

様々な資産クラスや銘柄に投資することで、一部の資産の値下がりがあっても、他の資産でカバーできる可能性が高まる。

例えば、株式市場が下落した場合でも、債券や不動産などの他の資産クラスが安定していれば、ポートフォリオ全体の損失を抑えることができるのだ。

具体的な資産クラスには、国内外の株式、債券、不動産、コモディティなどがある。

これらの資産クラスは、それぞれ異なる特性を持っており、経済環境の変化に対して異なる反応を示すことが多い。

そのため、分散投資を行うことで特定の資産クラスのリスクを軽減し、ポートフォリオ全体の安定性を高めることができるのだ。

ただし、分散投資を行う際には、自身のリスク許容度や投資目的に合わせて、適切な資産配分を決める必要がある。

また、投資信託などの金融商品を活用することで、より手軽に分散投資を実践するのも有効だ。

短期的な変動に対応する積立投資 

積立投資とは、定期的に一定額を投資することで、短期的な市場の変動リスクを軽減できる投資手法である。

積立投資は、市場が高い時には少ない口数を、安い時には多くの口数を購入する。

つまり、投資のタイミングを分散させることで、平均取得単価を下げることができるのだ。

これにより、短期的な市場の変動による影響を受けにくくなり、長期的に見て安定的なリターンを得られやすくなる。

ただし、積立投資を行う際には、手数料などのコストにも注意が必要である。

長期的に積み立てを行う場合、手数料の差が大きな影響を与える可能性がある。

そのため、低コストの投資先を選ぶことも賢明な選択肢の一つだ。

また、積立投資は長期的な資産形成を目的としているため、一時的な市場の変動に一喜一憂しないことも大切である。

リスクを最小限に抑える資産を減らさない投資戦略

リスクを最小限に抑える資産を減らさない投資戦略 わたしのIFA

資産運用において、リスクを最小限に抑えることは、多くの投資家にとって重要な課題である。

しかし、リスクを完全に排除することは不可能である。

重要なのは、適切にリスクを管理しながらリターンを追求することにある。

そこで、ここからは資産運用におけるリスクの種類と特徴を解説し、安全性の高い投資商品の選び方について触れていく。

さらに、実際の運用例を紹介する。

資産運用におけるリスク

投資には様々なリスクが存在する。

そのため、自身のリスク許容度を理解し、それに合わせた投資戦略を立てることが必要だ。

リスクを理解せずに投資を行うと、予期せぬ損失を被る可能性がある。

例えば、株式投資では、企業の業績悪化や市場の下落などの市場リスクがある。

また、債券投資では、発行体の信用力低下による信用リスクや、金利変動による金利リスクもある。

さらに、海外投資では、為替レートの変動による為替リスクも考慮しなければならない。

これらのリスクを適切に管理するためには、まず自身のリスク許容度を把握することが重要だ。

リスク許容度とは、投資において許容できる損失の度合いのことである。

若い世代であれば、長期的な資産形成を目的として、多少のリスクを取ることができるかもしれない。

一方、退職間近の世代であれば、安全性を重視し、元本割れのリスクを最小限に抑える必要があるだろう。

例えば、リスク許容度が低い場合は国内の債券など安全性の高い商品を中心にし、株式などのリスク資産の割合を抑えることが賢明である。

一方、リスク許容度が高い場合は株式や不動産、海外資産などに一定の割合で投資することで、リターンの向上を目指すことができるのだ。

このように、資産運用におけるリスクを理解し、自身のリスク許容度に合わせた投資戦略を立てることが、安定的な資産形成には欠かせない。

安全な投資商品の選び方

安全な投資商品を選ぶためには、商品の特性やリスク、手数料などを十分に理解することが重要である。

なぜならば、商品の特性を理解せずに投資すると、想定外の損失を被る可能性があるのだ。

例えば、国債は安全性が高い投資商品として知られているが、金利変動によっては価格が下落するリスクがある。

また、定期預金は元本保証だが、インフレによって実質的な価値が目減りするリスクがある。

投資信託は分散投資ができる便利な商品だが、運用コストが高くなる傾向にある。

ただし、いずれの商品を選ぶ場合でも、商品の仕組みやリスク、手数料などを十分に理解することが重要だ。

投資信託であれば、運用コストや信託報酬、売却手数料などを確認し、長期的な投資リターンへの影響を考慮しよう。

減らさない投資の運用例

ここでは、元本を減らさない投資運用の一例を紹介する。

元本を減らさない資産運用の例
  • 投資商品
    • 投資信託と国債をメイン
  • 投資方法
    • 定期積立
  • 投資期間
    • 10〜20年の長期投資

投資商品は、投資信託や国債を中心とする。

また、株式や不動産などのリスクが高い商品にも一部分散投資をしておこう。

株式や不動産などのリスク資産にも、一部資金を割り当てることで、ポートフォリオのリターンを高めることができる。

ただし、これらの商品は価格変動が大きい。

そのため、投資割合は自身のリスク許容度に合わせて慎重に決める必要がある。

投資方法は、定期的な積立投資を行う。

毎月一定額を投資信託や株式に積み立てることで、買付価格の平均化が図れ、短期的な価格変動の影響を抑えられるのだ。

投資期間は、10年や20年など先を見据えた長期運用をすることが、安定的なリターンにつながる。

元本を減らさない投資運用には、安全性の高い商品を中心に、分散投資と長期投資の視点を取り入れることが効果的なのである。

資産を減らさないための長期運用のポイント

資産を減らさないための長期運用のポイント わたしのIFA

資産運用において、長期的な視点を持つことは非常に重要である。

しかし、長期投資といっても、単に時間を味方につければ良いというわけではない。

適切な投資計画の策定、最適な投資先の選択、そして複利効果の理解が必要不可欠である。

ここでは、長期的な資産運用を成功させるためのポイントを詳しく解説していく。

長期的視野に立った投資計画の策定

長期的な投資計画を立てることで、一時的な市場の変動に惑わされずに、着実に資産を増やすことができる。

株式市場の短期的な値動きに一喜一憂し、感情的な投資判断を下してしまうケースは珍しくない。

そこで重要なのが、長期的な目標を設定し、それに向けて計画的に投資を行うことだ。

計画性を持つことで、短期的な感情に左右されず合理的な投資判断ができるようになるだろう。

例えば、老後の生活資金を確保するために、60歳までに5,000万円の資産を築くという目標を立てる。

そして、その目標を達成するために、毎月の積立金額や資産配分、リバランスのタイミングなどを決めた投資計画を策定する。

この投資計画に基づいて、コツコツと投資を続けていくことが長期投資の鍵となる。

ただし、長期的な投資計画を立てるためには、自身のリスク許容度や資産状況、将来のキャッシュフローなどを正確に把握することが大切だ。

長期投資に最適な投資先の特徴

長期投資に最適な投資先には、以下のような特徴がある。

収益の安定長期的に安定した収益を生み出す企業や金融商品
成長性長期的に成長が見込まれる企業や市場
市場での競争優位性ブランド力や独自の技術を持つ企業
財務体質負債比率が低く、キャッシュフローが安定している企業
株主還元安定的な配当を行う企業

優良な事業基盤を持つ企業の株式は、長期投資に適していると言えるだろう。

これらの企業は、確立されたビジネスモデルや競争優位性を持ち、景気変動の影響を受けにくい。

また、革新的な取り組みや、株主還元が充実している企業も長期投資に向いている。

このような企業の株式を保有し続けることで、長期的に安定したリターンを期待できるのだ。

ただし、長期投資に適した投資先を選ぶためには十分なリサーチが必要である。

企業の財務状況や競争環境、成長戦略などを丁寧に分析し、長期的な視点で投資先を見極めることが求められる。

投資信託選びでは、運用コストや運用方針などを確認し、自身のニーズに合った商品を選ばなければならない。

長期投資の実践で期待できるリターン

長期投資を実践する最大の利点は、複利効果による資産の成長である。

複利効果とは、運用で得た利益を再投資することで、利益がさらに利益を生む効果のことだ。

つまり、初期投資額に対して、利益が雪だるま式に膨らんでいくのである。この効果は、長期的に運用することで、より大きく働く。

例えば、月3万円を年利5%で30年間投資した場合を考えてみよう。

複利計算では、毎月の利益を再投資し続けることで、最終的な資産額は約2,496.8万円にまで膨らむ。

この結果は、金融庁の資産運用シミュレーションで見ると顕著に分かるだろう。

出典:金融庁「資産運用シミュレーション」

この結果から分かるように、長期投資では、複利効果の恩恵を大きく受けることができる。

たとえ月々の投資額が少額でも、長期的に継続することで、資産が着実に成長していく。

特に、若い時期から投資を始めることで複利効果を最大限に活用できるのだ。

ただし、複利効果を実感するためには、長期的な視点を持ち、辛抱強く投資を続けることが重要である。

また、複利効果は年利に大きく左右されるため、できるだけ高い利回りを得られる投資先を選ぶことも大切だ。

減らさない資産運用を実現したいなら誰に相談するべき?

減らさない資産運用を実現したいなら誰に相談するべき? わたしのIFA

資産運用を始めるにあたって、多くの人が情報収集や学習に励むだろう。

しかし、書籍やインターネットから得られる知識だけでは、自身に最適な投資戦略を立てるのは難しい。

そんなとき、投資経験が豊富な専門家から直接アドバイスを受けることができれば、初心者でも安心して資産運用に取り組めるだろう。

では、どのような専門家に相談するのが良いのだろうか。

ここでは、資産運用における専門家の重要性と選び方について解説する。

また、中立的な立場からアドバイスをするIFAに相談するメリットや、IFA検索サービスの活用法についても詳しく紹介する。

資産運用における専門家の重要性と選び方

資産運用では、専門家のアドバイスを受けることで適切な投資判断やリスク管理が可能となる。

投資初心者にとって、金融市場の動向や投資商品の特性を理解することは容易ではない。

自己判断だけで投資を行うと、予期せぬ損失を被るリスクがあるのだ。

そこで、専門家の知見を借りることが重要になってくる。

専門家は金融市場や投資商品に関する豊富な知識を持っている。

また、個々の資産状況やリスク許容度に合わせたアドバイスが可能だ。

例えば、投資目的や運用期間、リスク許容度などを踏まえて、最適な資産配分や商品選択を提案する。

さらに市場環境の変化に応じて、ポートフォリオの調整や投資戦略の見直しも行う。

ただし、専門家を選ぶ際には、その専門性や経験、資格などを確認することが大切だ。

また、相談料や運用コストなどについても事前に確認しておかなければならない。

資産運用に不安がある人は、専門家の知識を借り、着実に資産を増やしていこう。

IFAに相談するメリット

IFAは、特定の金融機関に所属しない。

そのため、中立的な立場から個々に合わせた最適な商品を提案する。

投資初心者にとって、金融商品の選択肢の多さや専門用語の難解さは、投資への大きな障壁となる。

しかし、IFAは顧客の利益を最優先に考え、個人の資産状況やニーズに合わせたアドバイスが可能だ。

IFAは、特定の金融機関に縛られないため、様々な金融機関の商品を横断的に比較検討できる。

これにより、個人の資産状況やリスク許容度、投資目的などに応じて、最適な投資商品の提案が可能だ。

またIFAは、定期的なポートフォリオのリバランスや投資方針の見直しなども行う。

さらに、IFAは金融に関する幅広い知識を持っている。

資産運用だけでなく、税金対策や相続対策、保険の見直しなど、総合的な資産管理のアドバイスができる点も大きい。

このように、IFAは個人の資産形成を長期的な視点でサポートしてくれる心強い存在なのだ。

IFA検索サービス「わたしのIFA」とは

投資初心者にとって、IFAに相談することのメリットは大きい。

だが、自身に最適なIFAを見つけるのは容易ではない。

「わたしのIFA」は、この課題を解決するために開発された検索サービスだ。

「わたしのIFA」では、IFAの専門分野や経歴などを確認でき、自身に最適なIFAを見つけられる。

サービス上では、各IFAの詳細なプロフィールが掲載されており、得意分野や過去の実績などを知ることができる。

信頼できるパートナーを選ぶことが、安定的な資産形成には欠かせないだろう。

投資初心者の方も「わたしのIFA」を活用して、自身のニーズに合ったIFAを探してみてはいかがだろうか。

プロのアドバイスを得ることで、リスクを抑えつつ、着実に資産を増やしていくことができるはずだ。

分散や積立で資産を減らさず「成長」させよう

分散や積立で資産を減らさずにより成長させよう わたしのIFA

本記事では、資産を守りながら成長させる方法について詳しく解説した。

重要なのは、長期投資や分散投資、積立投資といった手法を活用し、リスクを最小限に抑えることだ。

特に、長期投資では複利効果の恩恵を最大限に受けることができ、時間を味方につけた資産形成が可能となる。

また、投資信託や国債を中心とした安全性の高い運用例についても紹介した。

しかし、最適な投資戦略は個人の資産状況やリスク許容度によって異なることを忘れてはならない。

資産運用に関する疑問や不安があれば、専門家からアドバイスを受けることを考慮しよう。

その中でも、IFAは特定の金融機関に属さない中立的な立場だ。

あなたに最適なアドバイスを長期にわたって提供してくれる心強いパートナーになるはずだ。

IFA選びには、IFA検索サービス「わたしのIFA」が非常に役立つ。

自身のニーズに合ったIFAを比較・検討し、信頼できるパートナーを見つけることが、安定的な資産形成への第一歩となるだろう。

減らさない資産運用に関するQ&A

資産運用で資産を減らさないためのポイントは何ですか?

資産運用で資産を減らさないためのポイントは、長期的な視点を持ち、リスク分散のために様々な資産クラスに投資することである。

また、積立投資を活用し、自身のリスク許容度に合った運用方法を選ぶことが重要だ。

長期的な資産運用を行うにはどのような計画が必要ですか?

長期的な資産運用を行うためには、自身の人生設計に合わせた長期的な資産形成の目標を設定する必要がある。

また、目標達成のためには必要な投資額や運用期間を計算することが重要だ。

自身のリスク許容度に合った資産配分を決定し、定期的な投資を継続する。

そして、必要に応じてリバランスを行うことが求められる。

減らさない資産運用の相談先としておすすめの専門家は?

資産運用の相談先としておすすめの専門家は、中立的な立場から提案ができるIFAである。

IFAは、個人の資産状況やニーズに合わせたアドバイスが可能。

長期的な視点で資産形成をサポートをする。

また、投資だけでなく、税金対策や相続対策など、総合的な資産管理のアドバイスも行う。

リスク許容度を適切に設定する方法を教えてください。

リスク許容度は年齢、扶養家族の有無、運用経験、資産額などによって設定する。

年齢は若い方が長期で運用できるためリスク許容度が高くなり、扶養家族がいない人の方が支出が少ないためリスク許容度が高い。資産額が多い方やこれまでに運用経験が豊富な人もリスク許容度は高くなると言える。

ぜひ自分に当てはめてリスク許容度を適切に設定してほしい。

資産を減らさない資産運用をするためには、どのような投資信託を選べば良いですか?

資産を減らさないことを目的に運用するのであれば、ローリスクの商品を選ぶべきだ。

国内債券は、満期まで持てば元本割れする心配がほぼないため、リスクを抑えたい人に向いている。

実際に投資する際は、国内債券を中心としたファンドやバランス型と呼ばれるファンドがおすすめだ。

減らさない運用において、インフレ率はどのように考慮するべきですか?

比較的リスクが低くインフレ対策もできる先進国債券に資産配分するのがおすすめだ。

先進国であれば日本より利回りも高く経済状況も安定している。

しかし為替レートの影響を受けるため、現在のレートや為替手数料などに考慮して選ぶといいだろう。

資産を減らさないために、資産運用初心者が避けるべきことは何ですか?

投資初心者が避けるべきことは下記のとおりだ。

  • 集中投資
  • 勧められるがまま投資先を選ぶ
  • 短期間でリターンを狙う
  • リスクが高い資産クラスに投資する
  • リスクが高い国に投資する

資産を減らさないことを目的にするのであれば、上記に注意してほしい。

1つの銘柄に集中投資をせずに、さまざまな銘柄にバランスよく投資しよう。

また、リスクを抑えるために長期、分散、積立を意識してほしい。

リスクが高い資産クラスは下記のとおりだ。

  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内株式
  • 先進国REIT

また、新興国は成長性が期待でき大きなリターンを狙える一方、値動きが激しくリスクが高い。

慎重に判断しよう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次