1. ホーム
  2. 退職金
  3. 退職金運用はIFAに相談しよう!IFAと始める退職金運用のポイントと注意点を解説

退職金運用はIFAに相談しよう!IFAと始める退職金運用のポイントと注意点を解説

この記事で解決できるお悩み
  • 退職金運用の基本的な戦略を理解したい
  • 退職金運用の相談をIFAにするメリットを具体的に知りたい
  • どのようにIFAを選ぶべきかがわからない

退職金運用において、信頼できる相談先を選ぶことは非常に重要である。

近年、この相談先としてIFA(独立系資産運用アドバイザー)が注目を集めていることをご存じだろうか。

IFAには、中立的な立場から専門性の高いアドバイスを受け取れるという、証券会社や銀行などにはない特有のメリットがあるのだ。

そこで本記事では、IFAに退職金運用の相談をするメリットや注意点、さらにIFAの選び方までを詳しく解説する。

退職金運用を安全かつ効果的に行うための参考となれば幸いだ。

目次

退職金運用の基本戦略

退職金運用の基本戦略 わたしのIFA

長く企業に勤めたことで支給される退職金を運用する以上、しっかりと戦略を考えてリスクを管理しながら運用していくことが重要となる。

基本戦略とリスク管理法のポイントを押さえ、自分に合った適切なポートフォリオ(資産の組み合わせ)を検討していこう。

ここでは、退職金運用の基本戦略とリスク管理法、おすすめのポートフォリオの例について解説していく。

退職金運用の目的とリスク許容度を明確にする

退職金運用を行う際、「なぜ運用するのか」という目的部分と「どの程度の損失までは許容できるか」というリスク許容度をそれぞれ明確にしておこう。

退職金運用の目的とリスク許容度がはっきりすると、立てるべき戦略も明確になってくる。

一般的な退職金運用の目的には以下のようなものがある。

  • 数年後に行く海外旅行の資金を準備する
  • 住宅の改修資金を準備する
  • 公的年金で不足する老後の生活費を補う
  • 子どもの住宅購入費を援助する

運用目的によって資金が必要となるタイミングや金額も違ってくる。

「いつまでにどのくらいの資金を準備すべきか」という点が明確になれば運用期間や目標リターンが設定でき、具体的な戦略も立てられるだろう。

また、自分自身がどの程度まで損失を許容できるかという「リスク許容度」の把握も重要となる。

リスク許容度の大きさに応じて取るべき戦略が変化するためだ。

ある程度の損失は許容できるという場合、リスクが大きな株式等を活用して高いリターンを狙いに行くと良いだろう。

一方、退職金をなるべく減らしたくないという場合は、リスクが比較的小さい債券の比率を増やし、堅実な運用手法を取ることをおすすめする。

運用目的・リスク許容度を明確にした上で、計画的に戦略を立てていくことが大切だ。

退職金運用におけるリスク管理法

退職金はまとまった金額が支給されるケースが多く、運用する場合は徹底したリスク管理が重要となる。

少しの下落率でも大きな金額の損失を抱えるリスクがあるためだ。

退職金運用におけるリスク管理のポイントは「長期投資」「分散投資」の2点である。

この2点を押さえておくことで、かなりリスク軽減効果が高まる。

長期投資は、数年から数十年にわたる長期目線での運用を行うことでリターンの安定化を狙う運用スタイルだ。

短期的には損失を抱えることがあるものの、長期的には価格が上昇すると期待できる投資先を選ぶことで安定したリターンを目指す。

分散投資は、値動きの特徴が異なる複数の投資先に分散して投資を行う運用スタイルである。

仮に投資先の1つが暴落しても、ほかでカバーできる状態にしておく。

万が一のダメージを軽減しつつ、堅実に安定したリターンを狙いにいく手法だ。

大切な退職金を守りながら運用していくためにも、長期投資と分散投資の2つの方法は必ず押さえておこう。

おすすめの退職金運用例

退職金で運用する際のポートフォリオの例として「国内株式25%・外国株式25%・国内債券25%・外国債券25%」というバランスをおすすめする。

これは日本の国民年金や厚生年金を管理・運用しているGPIFが採用しているポートフォリオを参考にしたものだ。

値動きの相関性が低い株式と債券を半分ずつ運用することで、リターンを狙いつつもリスクは小さく抑えられる。

さらに国内外の資産に分散しているため、よりリスクを抑えた運用が実現できるポートフォリオになっている。

リスクとリターンのバランスが取れた魅力的なポートフォリオと言えるだろう。

ただし株式の比率が半分を占めているため、「退職金を絶対に減らしたくない」という人にとってはリスクが大きいと感じられるかもしれない。

株式の割合を減らし、その分債券を購入したり、不動産などの違う資産を組み入れたりすることでよりリスクを抑えたポートフォリオが完成する。

上記のバランスを基本としつつ、自身のリスク許容度に合わせて比率を調整しよう。

退職金運用におけるIFAの重要性

退職金運用におけるIFAの重要性 わたしのIFA

退職金を運用する際、自分1人で始めることに不安を感じて専門家への相談を検討している方も多いだろう。

資産運用の専門家には金融機関のアドバイザーやFPがいるが、近年はIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)という存在が注目を集めていることをご存じだろうか。

ここでは、IFAの基本的な特徴や証券会社・銀行のアドバイザーとの違い、IFAに相談するメリットについて解説していく。

そもそもIFAとは

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)とは、既存の金融機関から独立した立場で顧客の資産運用をサポートする専門家のことだ。

米国ではすでに金融アドバイザーの一種として定着しており、近年日本でも注目を集めている。

IFAは、投資に関するアドバイスやライフプランに沿った運用戦略の策定支援だけでなく、具体的な金融商品の提案・仲介を行えることが特徴だ。

証券会社などの「金融商品取引業者」と業務委託契約を結び、「金融商品仲介業者」として商品の仲介を行っている。

銀行や証券会社のアドバイザーと違い、自社で商品を取り扱っているわけではなく、業務委託契約を結んでいる金融機関の商品を提案することが特徴だ。

契約を結ぶ金融機関の数に制限はなく、複数の金融機関と契約しているIFAも多くいる。

金融機関とはあくまでも業務を提携しているパートナーという関係となるため、販売方針などを指示されることはない。

会社の都合に左右されず、顧客のために最適な商品を提案できる点が魅力となっている。

退職金運用をIFAに相談するメリット

顧客本位の営業でサポートしてくれる点以外にも、IFAに相談するメリットは多い。

IFAへの相談で得られるメリットとして以下のような点が挙げられる。

IFAに相談するメリット
  • 多様な運用手法を検討できる
  • 長期的な関係性を築きやすい
  • お金について幅広く相談できる

IFAは、株式や債券、投資信託などの一般的な運用手法に加え、不動産投資やヘッジファンド、仕組債などの運用手法に対応しているアドバイザーが多い。

多様な運用手法を視野に入れながら戦略を立てられることが特徴だ。

また、銀行や証券会社などの金融機関と違ってIFAには転勤制度がない。

長期にわたって信頼関係を築きながら運用をサポートしてもらえる点はIFA独自の強みと言えるだろう。

そして、IFAは資産運用以外にも税金対策や保険など、お金に関する相談に幅広く対応してくれる。

前述したように長期的な関係を築けるため、相続や贈与などの資産承継問題も相談可能だ。

このように、IFAは長期的な信頼関係を築きながらお金についての悩みを幅広くサポートしてくれることが魅力の専門家である。

退職金運用について悩んでいる方は、IFAに相談することをおすすめする。

退職金運用を相談するIFAの選択基準と注意点

退職金運用を相談するIFAの選択基準と注意点 わたしのIFA

IFAへの相談を検討している場合、自分に合う担当者を選ぶ必要がある。

担当者選びのポイントや注意点を理解し、自分と相性の良いアドバイザーを探し出そう。

ここでは、自分に合った担当者を選ぶことの重要性や適切なIFAを選ぶためのポイント、活用時の注意点について解説していく。

自分に合った担当者(IFA)を選ぶ重要性

一口にIFAといっても、アドバイザーの得意分野やターゲット層はそれぞれ異なる。

よく考えもせずに担当者を選んでしまうと、自分の希望に合わないアドバイザーに運用を任せることとなってしまう。

例えば、株式や投資信託などでの退職金運用を検討しているにもかかわらず、不動産投資やヘッジファンド、仕組債などに強みを持つアドバイザーに相談しても希望のプランはなかなか得られない。

もちろん運用の基本的なポイントは抑えているかもしれないが、株式や投資信託を専門としているアドバイザーの方がより良いアドバイスを得られるだろう。

また、アドバイザーによっては「金融資産5000万円以上」「1億円以上」などの条件を設けているケースもある。

ターゲットが富裕層だったり、これから資産を形成する層だったりと、アドバイザーによって異なる。

自身の属性や資産の状況に合ったアドバイザーを選ばないと、身の丈に合わない投資法を勧められる可能性がある。

このように「IFAであれば誰でも良い」というわけではなく、自分に合った担当者を探すことが重要だ。

自分の希望の運用スタイルや資産状況に合ったアドバイザーを見つけ出そう。

適切なIFAを選ぶためのポイント

自分に合うIFAを選ぶためのポイントとして以下の3点を押さえておこう。

  • 得意分野とターゲット
  • IFAとしての登録年数
  • 「FD宣言」の公表

前述の通り、IFAはそれぞれ得意分野やターゲットとしている層が異なる。

まずはアドバイザーが自分の退職金運用の目的や資産状況などにマッチしているか確かめよう。

また、IFAとしての登録年数も評価ポイントとして確認しておきたい。

ある程度登録年数が長いアドバイザーは継続的に相談に対応してきた実績があると考えられるためだ。

ホームページを開設しているIFAの場合、登録からの年数や実績などを確認できる。

具体的には「3年以上」を目安に、登録年数をチェックしておくと良いだろう。

そして「FD宣言(顧客本位の業務運営方針)」を公表しているかどうかも確認しておこう。

FD宣言は「顧客を第一に考えた業務運営のためにどういった方針を策定しているか」を宣言することが目的であり、金融庁から公表を求められているものである。

FD宣言は義務付けられていないため、すべての業者が公表しているわけではない。

しかし、顧客本位を実践する意思があるかどうかを判断する基準として、FD宣言の公表の有無をチェックしておくと良いだろう。

IFA相談時の注意点

IFAに相談する際には、以下の2点に注意が必要だ。

  • 手数料がかかる
  • 既存の金融機関に比べて企業の規模が小さい

IFAを利用する場合、金融商品の購入時に仲介手数料がかかったり、個別相談の際にコンサル料が発生したりする。

できるだけコストをかけずに運用したい方にはデメリットと言えるだろう。

しかし、プロの目線からのアドバイスやサポートなどのメリットを考えれば、決してコストパフォーマンスが悪いわけではない。

また、IFAによって料金体験が異なるため、複数のIFAを比較することでコストパフォーマンスの高いアドバイザーに出会える可能性もある。

手数料がかかる点だけを理由にIFAを選ばないというのはもったいないと言えるだろう。

また、既存の金融機関に比べて企業としての規模が小さく、資産運用を任せることに不安を感じる方も多いだろう。

しかし企業規模の大きさはアドバイスの質には影響しない。

むしろ会社規模が小さいことで人件費等のコストも抑えられており、無理なノルマなどが課せられずに寄り添ったサポートをしてくれるケースもある。

手数料や会社規模の点で不安を感じている方がいるかもしれないが、どちらも相談をする上で大きな問題とはならないため、安心してIFAに相談してほしい。

退職金運用にIFA検索サービス「わたしのIFA」を活用しよう

退職金運用は、IFA検索サービス「わたしのIFA」を活用しよう わたしのIFA

ここまでIFAの重要性や選ぶ際の基準、注意点などを解説してきたが、IFA選びでお悩みの方は「わたしのIFA」の利用をおすすめする。

「わたしのIFA」は、全国にいるIFAの中からあなたに最適なアドバイザーを自動で診断・紹介するサービスだ。

信頼できるアドバイザーを探すためにも、ぜひ「わたしのIFA」を活用してほしい。

ここでは、自分に合うアドバイザー探しの難しさや「わたしのIFA」のサービス内容、利用するメリットについて解説していく。

自分に合うIFA探しは難しい

前述の通り、希望の退職金運用プラン実現のためには自分に合うアドバイザーを探すことが重要だ。

IFAはそれぞれ得意領域やターゲットとしている顧客層が異なっており、希望の条件と合わないアドバイザーに相談しても適切なアドバイスを得られないためである。

しかし、自分に合うアドバイザーを探すことは容易ではない。

まだまだ日本ではIFAが定着しているとは言い難い状況となっており、情報の入手やIFAの比較が難しいためだ。

例えば「自分が住んでいる地域で相談できる担当者を探したい」という希望があっても、なかなか情報は入手できない場合がある。

ましてや希望の運用プランや資産の状況に合ったIFAを探すのはかなり難易度が高いだろう。

こうした理由から運用アドバイザー検索サービス「わたしのIFA」の利用をおすすめしているのだ。

「わたしのIFA」のサービス内容とメリット

「わたしのIFA」は、退職金運用目的や資産状況、性格の相性がぴったりのIFAを紹介するサービスだ。

希望の条件をたった60秒入力するだけで、全国のデータベースの中から最適なアドバイザーを自動で診断する。

IFAのプロフィールも公開されているため、経歴や得意分野を確認して納得した上で面談を申し込める。

全国47都道府県どこでも相談でき、WEBや好きな場所を選んで面談できることが特徴だ。

また、初回相談は何人でも無料でできるため、自分に合うアドバイザーを見つけるまでじっくりと担当者を比較できる。

面談した上での相性を確かめつつ、長期的な運用のパートナーを探せるだろう。

退職金運用を検討している方はぜひこの機会に「わたしのIFA」を活用し、信頼できるアドバイザーを見つけ出そう。

退職金運用はIFAに相談しよう

退職金運用はIFAに相談しよう わたしのIFA

退職金運用を行う際は、運用の目的やリスク許容度を明確にした上で計画的に取り組むことが大切だ。

しかし自分1人で運用プランを策定することは容易ではないため、IFAに相談することをおすすめする。

IFAに相談することで、長期的な関係を築きながら多様な運用手法を検討できる。

お金について総合的なアドバイスを得られるため、信頼できるパートナーとなるだろう。

「わたしのIFA」では、自身の運用目的や資産状況に最適なIFAを紹介するサービスを提供している。

ぜひこの機会に「わたしのIFA」を活用して信頼できるIFAを探し、あなたの資産を最大化するための戦略を立てよう。

IFAと退職金運用に関するQ&A

IFAとは何で、なぜ退職金運用に重要なのですか?

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)は資産運用アドバイザーの一種で、銀行や証券会社から独立した立場で顧客の資産運用をサポートする専門家である。

退職金を運用する際の戦略は人によって異なるため、自分に合う戦略を専門家に相談する必要性が高い。

IFAは多様な運用手法の中からあなたに合った運用戦略を策定できるため、退職金の運用相談はIFAがおすすめだ。

IFAを選ぶ際の主な基準は何ですか?

「担当者の得意領域・ターゲット」「IFAとしての登録年数」「FD宣言の公表」をチェックしよう。

登録期間が3年以上で自分の属性・希望の運用プランに合うアドバイザーを探そう。

退職金運用でIFAとどのように協力すれば良いですか?

IFAは運用戦略の策定から具体的な商品の提案・仲介、定期的なポートフォリオの見直しまでを網羅的にサポートしてくれる。

希望のライフプランや資産状況を正確に伝え、適切な運用戦略を提案してもらえるように準備しておこう。

退職金運用で気を付けるべきポイントは何ですか?

退職金はまとまった金額を支給されることが多いため、少しの下落率で大きな損失額が発生するリスクがある。

長期投資・分散投資などでリスク管理を徹底し、大切な退職金を守りながら運用していこう。

退職金運用でよくある失敗事例とそこから学べることを教えてください。

退職金の運用では、大きなリターンを目指そうとして運用に失敗し、老後の生活資金に影響が出てしまうケースがよくある。

退職金運用を行う際は、積極的なリターンを追求するよりも「資産をなるべく減らさない」という戦略を立てることが大切だ。

IFAに相談する際にはどのような準備が必要ですか?

IFAに相談する際は「自身の資産状況の整理」と「ライフプランの明確化」といった準備をしておくと良い。

貯蓄の状況や毎月の収支、保険の加入状況などを整理しておき、今後どういったライフプランを歩んでいきたいのかをイメージしておこう。

IFAに運用相談をする場合、どのようにすれば信頼性を確認できますか?

IFAの信頼性を見極めるポイントとして以下の2点をチェックしておこう。

  • 「FD宣言(顧客本位の業務運営方針)」の公表の有無
  • IFAとしての活動年数が3年以上あるかどうか

FD宣言とは、顧客を第一に優先した業務を行う姿勢を示す宣言のことであり、金融庁が顧客に向けて公表することを求めている。

しかし宣言が義務付けられているわけではないため、公表していないケースもある。

顧客本位の営業を行う姿勢を示しているかどうかを判断する基準として確認しておくと良いだろう。

また、IFAとして3年以上活動している場合、顧客からの信頼を得ている可能性が高いと判断できる。

3年以上の実績があるかどうかをもとに相談先を選定しよう。

退職金を運用するうえで、IFA以外に相談できる専門家はいますか?

IFA以外の相談先の選択肢には「金融機関のアドバイザー」「FP(ファイナンシャルプランナー)」といった専門家が存在する。

特に、銀行や証券会社などの金融機関であれば、退職金運用に適した投資商品なども紹介してもらえる。

しかし金融機関の場合、自社の収益を優先した提案をされてしまう場合がある。

手数料が高い商品やリスク水準が高過ぎる商品を提案されてしまう恐れがあるため注意が必要だ。

退職金運用の相談をIFAにする場合の平均的な手数料はどのくらいですか?また、平均リターンはどのくらいですか?

IFAの手数料については報酬体系によって異なる。

報酬体系ごとの平均的な手数料は以下の通りだ。

  • コミッション型
    • 売買代金の1〜2%ほど
  • フィー型
    • 資産残高に対して年間1〜2%ほど
  • コンサルティング料金型
    • 1時間の相談で5,000円〜10,000円ほど

相談によって得られる平均的なリターンについては運用戦略やアドバイザーの力量によって異なる。

5〜7%程度のリターンが平均と言えるだろう。

退職金運用を成功させるためには、どのようなIFAを選ぶべきですか?

相談先のIFAは以下の2点を基準に選ぶと良い。

  • 得意分野
  • メインの顧客層

IFAによって得意分野が異なるため、自分が相談したい内容と得意分野が一致していることが大切だ。

相談先のIFAがどういった内容の提案を得意としているのか確認しておこう。

また、IFAがどういった属性の顧客を多く抱えているかという点もチェックしておきたい。

自分と似たような資産状況の顧客に助言を行っているIFAの方が的確な助言を得られるためだ。

IFAの得意分野やメインの顧客層をもとに相談先を選定しよう。

IFAと長期的な関係を築くためのポイントは何ですか?

IFAはライフプランが変更となったり、マーケットが変動したりしたときにもアドバイスを提供してくれる。

自身を取り巻く生活環境が変わったり、運用について気になることがあったりしたときにすぐに連絡し、相談することが長期的な関係においては重要だ。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次