1. ホーム
  2. 資産運用・資産管理
  3. 2億円あれば老後資金は安心?理想的な老後資金の金額と準備のコツを解説

2億円あれば老後資金は安心?理想的な老後資金の金額と準備のコツを解説

この記事で解決できるお悩み
  • 2億円あれば老後どう過ごせるか知りたい
  • 理想的な老後資金の金額が知りたい
  • 老後資金準備のために必要な運用の知識を習得したい

「老後資産として2億円を用意できれば、充実した老後生活を送れる」このように考えている方もいるのではないだろうか。

2億円は紛れもなく大金だ。老後資金として2億円の資産があれば、多くの方は不自由なく暮らせるだろう。

しかし、多くの方にとって2億円もの資産を築くのは容易ではない。

高収入であることに加えて、それなりのリスクを取って資産運用をすることが求められる。

こちらの記事では、老後資金として2億円を貯めるための方法や2億円を用意できたときのライフスタイルの一例を紹介する。

豊かな老後生活を送りたいと考えている方に役立つ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

目次

老後資金が2億円あれば安心?

老後資金が2億円あれば安心? わたしのIFA

老後資金として2億円を準備できた場合、理想としている生活を概ね実現できるだろう。

以下で、2億円の資産があれば実現できるライフスタイルの一例を紹介する。

2億円があれば実現可能な老後のライフスタイル

2億円の老後資産があれば、毎月40万円を使ったとしても約41年間にわたって資産を維持できる。

さまざまなライフスタイルを実現できるだろう。

公的年金に加えて、毎月40万円を自由に使えれば、趣味や旅行、美味しい食事などゆとりある生活を送ることが可能だ。

働きたければ働けばよく、完全にリタイアしたいのであれば毎日の生活に追われることなく、自分の時間を自由に使えるだろう。

2億円の資産があれば、好きなところへの移住も可能だ。海や山に近い別荘を購入し、自然を感じられる場所へ移れば、のんびりとした雰囲気で老後生活を送れる。

旅行が趣味という方は、世界一周旅行も実現できる。

特に、完全にリタイアしたあとは時間的な制約が少ないため、世界一周旅行を楽しめるチャンスともいえる。

気に入った国があれば長期的に滞在するとよいだろう。

子や孫がいる場合は、必要に応じて資金援助ができる。

「子や孫に好きな生活を送らせてあげたい」と考えている場合は、贈与を通じて世代を超えた資産形成をサポートできる。

ただし、子や孫が贈与に依存しないように注意しよう。

インフレ率や医療費の考慮が必要な理由

2億円の資産を保有していたとしても、インフレ率や医療費を考慮する必要がある。

資産運用を通じて資産寿命を延ばすことで、より安心感を得られるだろう。

資産寿命を延ばせば、自分が理想としている生活を送る中で、資産が枯渇してしまうリスクを軽減できる。

2億円もの資産があれば急に生活が苦しくなるリスクはほとんどないとはいえ、無計画に散財していると想定以上に資産が減ってしまう。

散財している中で、インフレによる資産の目減りや想定外の医療費・介護費による支出が発生すると、さらに資産が減りかねない。

特に、高齢になるほど医療費や介護費が必要となる可能性は高まるため、一定の備えは必要になるだろう。

例えば、毎年2.5%のインフレが起きた場合、毎年資産の2.5%が実質的に目減りすることになる。

資産価値を守るためには、2.5%以上で資産を運用しなければならない。

年齢とともに、医療費と介護費は増大する傾向にある。

2億円の資産があっても、医療費と介護費の増大によって、老後の生活が圧迫されるリスクは考えられる。

充実したサービスを提供している有料老人ホームに入居した場合、毎月数十万円以上の費用が発生するケースも少なくない。

要介護生活になったあとも理想の生活を送るうえで、資産を失わないように保全する意義は大きい。

そのためにも、2億円を預貯金で保有するのではなく、インフレヘッジができる資産へ投資することを検討すべきだ。

あわせて、一定の資産を医療費や介護費として別途保管すれば、安心して老後生活を送れるだろう。

長寿化社会における資金計画の重要性

日本では世界でもトップクラスに平均寿命が長い長寿化社会に突入している。

2億円の資産を持っていたとしても、資産が枯渇してしまうリスクを軽減するために資金計画を綿密に立てることが欠かせない。

資金計画を綿密に立てることで、老後の生活設計を明確にできる。

例えば、ゆとりある生活を送るために必要な毎月の生活費が50万円で、受給できる公的年金が15万円の場合は毎月35万円の取り崩しが必要となる。

この場合、約570ヵ月(約47年)にわたって資産を維持できる。

ゆとりある生活を送るために必要な毎月の生活費が100万円の場合は、毎月85万円の取り崩しが必要となる。

この場合は約235ヵ月(約19年)で資産が枯渇してしまうため、使い過ぎであることがわかる。

このように、具体的な数字に落としこんで資産状況を把握することが重要だ。

具体的な資金計画があれば、漠然とした不安を取り除き安心して老後を迎えられるだろう。

また、計画的にお金を使い「やりたいことをやる」という充実した老後生活を実現できる。

さらに、資金計画を綿密に立てることで適切な資産運用方針を立てられる。

資産寿命を延ばすために資産運用を行う必要があれば、運用期間や必要なリターンなどを把握したうえで、自分に合った運用方法を選択しよう。

長寿化社会において、長生きはリスクになりかねない。

特に、日本は少子高齢化が進んでいるため年金をはじめとした社会保障給付が縮小される可能性を織り込む必要がある。

想定以上に早く資金が枯渇してしまう事態を防ぐためにも、資金計画を綿密に立てることが欠かせない。

充実した老後生活を送るためにも、理想としている生活スタイルや必要な支出に応じて、具体的にシミュレーションしよう。

2億円の老後資金を準備する方法

2億円の老後資金を準備する方法 わたしのIFA

老後資金として2億円を貯めるためには、できるだけ早く必要な準備を行い実践することが欠かせない。

以下で、2億円の老後資金を準備するための具体的な方法を解説する。

老後資金準備のための資産運用における運用計画の立て方

2億円の資産形成を目指すためには、長期的な視点に立ち、計画的な資産運用を実践することが大切だ。

何も考えずに資産運用をするのではなく、計画を立てて目標に応じた運用を行おう。

例えば、以下の条件では2億円を貯めるために必要な利回りは4.4~4.5%程度となる。

  • 現在の年齢
    • 40歳
  • 運用に回せる資産
    • 5,000万円
  • 毎月投資に回せる金額
    • 10万円
  • 目標金額
    • 2億円
  • 運用期間
    • 25年(65歳まで働く)

4.4~4.5%程度の利回りを得るためには、株式を中心とした資産構成で運用を行う必要がある。

預貯金だけでは2億円に到達できないため、例えば以下のような割合で金融資産に投資することが必要だ。

  • 株式
    • 60~70%
  • 債券
    • 20~30%
  • 預貯金
    • 5~10%

インデックスファンドを活用すれば、株式や債券にバランスよく投資できる。

投資初心者の方でも手軽に分散投資できるため、自分で投資について勉強する時間がない方はインデックスファンドの活用がおすすめだ。

定期的な積立投資を行うことも欠かせない。

毎月一定額を積み立てることで、購入するタイミングを分散させて安定したリターンを得られる効果が期待できる。

毎月の積立投資を習慣化すれば、自然と資産を増やせるだろう。

また、長期的な視点を持って資産運用に臨むことも重要だ。

短期的な市場の変動に一喜一憂せず、長期的な視点を持って運用を続けよう。

暴落相場に巻き込まれると焦って資産を売却してしまう恐れがあるが、もともと長期的な視野を持っていれば焦らずに済む。

運用成果を最大化する資産配分の構築

2億円の資産形成を目指す場合、運用成績を最大化するために資産配分を決めることが重要だ。

現在の保有資産や毎月投資に回せる金額によって、どのような資産配分で運用すべきか異なる。

例えば、現在の保有資産が3,000万円~5,000万円程度の方は、リスクを取って株式へ積極的に投資することが求められる。

株式は金融資産の中でも長期的に高いリターンが期待できるため、運用を行ううえで中心となる存在だ。

リスク許容度に応じてどの程度の資産を株式に回すか異なるが、全体の50%以上を株式に配分するイメージを持つとよいだろう。

自分で企業分析を行える方は個別で株式を購入し、手軽に分散投資したい場合は国内外の株式インデックスファンドを活用しよう。

すべて株式へ配分するのではなく、一部は比較的安全性が低い債券への投資に回すことも有効だ。

日本債券だけでなく、海外の債券も組み入れれば資産全体の安定感を高めつつリターンを期待できる。

市場環境の変化に応じて、資産配分を変更することも有効だ。

リスク許容度が大きくなったら株式への投資割合を高めたり、相場が悲観的になったら早いうちに債券への保有割合を増やしたりする対策が考えられる。

ただし、状況に応じて投資判断を下すのは簡単ではない。

判断に迷う場合は、プロのファイナンシャルアドバイザーに相談することをおすすめする。

定期的な資産評価と再配分の重要性

2億円の資産形成を目指す過程において、定期的な資産評価と再配分を行うことは欠かせない。

資産運用を始めたあと、一定期間が経過したら運用成績がどうなっているのか、当初の資産配分から乖離が生じていないか確認しよう。

市場環境は常に変化するため、当初設定した資産配分は時間の経過とともに変化する。

例えば、市況が好調だと株式の比率が高まり債券の比率が低くなるケースが一般的だ。

当初は「株式50%・債券50%」という資産配分での運用を考えていても、気づいたら「株式70%・債券30%」という配分になっている可能性が考えられる。

定期的な評価を行い、当初の資産配分に再調整(リバランス)することでリスク許容度の範囲内における投資を継続できる。

市場環境が変化する要因は、金利や経済状況、投資家心理などさまざまだ。

自分ではコントロールできない要因が市場環境に影響をもたらすため、定期的に資産状況を評価して運用状況を確認しよう。

確認を怠ると、自分のリスク許容度を超えた運用になってしまいかねない。

その結果、当初の計画から外れた資産運用になり、目標を達成できずに終わってしまう恐れが考えられる。

見直しを行う中で、個別の投資商品について定期的にパフォーマンスを評価することも大切だ。

運用成績が芳しくない金融商品がある場合は、より優れた商品に入れ替えることで運用効率を高められる。

定期的な資産評価は重要とはいえ、頻繁に行う必要はない。

過度に気にしすぎるとストレスになってしまい、普段の生活に悪影響が出てしまう可能性が考えられる。

資産評価と再配分を行う頻度としては、年に1回程度を目安にするとよいだろう。

どのように見直すべきか判断に迷うことがあれば、資産運用の専門家へ相談することも検討しよう。

2億円の老後資金を貯めるのに最適な方法

2億円の老後資金を貯めるのに最適な方法 わたしのIFA

2億円の老後資金を貯めるための方法を解説する。

あくまでも一例にはなるが、自分のリスク許容度や価値観に応じて合っている方法を選択してほしい。

バランス型(1億円近い資産がある方)

すでに1億円近い資産がある方は、運用期間にもよるがリスクを取りすぎないバランスを取った資産配分を意識しよう。

例えば、以下のような例が考えられる。

  • 国内株式インデックスファンド
    • 30%
  • 先進国株式インデックスファンド
    • 20%
  • 新興国株式インデックスファンド
    • 10%
  • 国内債券インデックスファンド
    • 20%
  • 先進国債券インデックスファンド
    • 10%
  • REIT
    • 5%
  • コモディティインデックスファンド
    • 5%

株式を中心にしつつ、債券や不動産(REIT)、コモディティも組み入れている。

バランスが取れた資産配分となっているため、不況に見舞われたとしても資産が大きく毀損する事態を防げるだろう。

コモディティとは、金をはじめとした貴金属や石油などの現物資産を指す。

現物を買うのではなく、投資信託やETFを通じて投資するのが一般的だ。

パターン2: 株式重視型(現在の資産が5,000万円程度の方)

現在の資産が5,000万円程度の方が2億円の資産形成を達成するには、高いリスクを取る必要がある。

そのため、以下のように株式を資産配分の中心に据える必要があるだろう。

  • 国内株式インデックスファンド
    • 40%
  • 先進国株式インデックスファンド
    • 30%
  • 新興国株式インデックスファンド
    • 20%
  • 国内債券インデックスファンド
    • 5%
  • 先進国債券インデックスファンド
    • 5%

株式が資産全体の90%となっており、高いリターンを目指す資産構成となっている。

短期的には下落する場面があっても、長期的に見れば右肩上がりで資産が増えるため、長期投資を行える方に向いている。

株式重視型の資産運用を行う際には、長期的な視野を持って投資に臨むことが重要となる。

個別株式への投資とインデックスファンドの併用(現在の資産が3,000万円程度の方)

現在の資産が3,000万円程度の方は、より高いリターンを求めるために個別株式への投資も行うとよいだろう。

ただし、個別株式に集中投資するとリスクが大きすぎるため、インデックスファンドも併用するとよい。

  • 国内株式
    • 25%
  • 米国株式
    • 25%
  • 先進国株式インデックスファンド
    • 40%
  • 新興国株式インデックスファンド
    • 10%

資産構成は100%株式となる。国内株式と米国株式の中から高成長が見込めそうな企業や、本来の価値よりも株価が低く評価されている企業へ投資すれば、高いリターンを期待できる。

個別株式への投資は簡単ではないうえに大きなリスクを伴うため、分散する意味でもインデックスファンドを有効活用しよう。

個別株式で期待通りに大きな値上がり益が得られたら、売却してインデックスファンドに乗り換える、という方法も考えられる。

ただし、個別株式への投資とインデックスファンドの併用は投資をするタイミングをうかがう必要があるため、難易度が高い。

投資に関する知識や経験が十分でない場合は、信頼できる専門家に相談するとよいだろう。

2億円の老後資金を貯めたいなら誰に相談するべき?

2億円の老後資金を貯めたいなら誰に相談するべき? わたしのIFA

老後資金として2億円を準備したいと考えている方は、資産運用の専門家に相談しながら計画的に資産形成を行うとよいだろう。

以下で、老後資金を用意する際に専門家を頼るべき理由や、どのような専門家に頼るべきかを解説する。

なぜ専門家に相談するべきなのか

2億円という大金を貯める際には、多くの方にとって資産運用を行うことが求められる。

資産運用を始める際や実際に始めたあとには投資判断を求められるシーンが多くあるため、専門家からアドバイスを仰ぐと安心だ。

資産運用の専門家は、個人の財務状況やリスク許容度、目標などを総合的に考慮したうえで最適な運用方法を考えてくれる。

画一的なアドバイスではなく、個人のニーズを鑑みて「年〇%で運用する必要がある」という具体的な数字に落とし込んでくれるだろう。

資産運用の専門家は、金融市場や投資商品ごとの特徴を熟知している。

立てた目標を達成するための具体的な方法を考え、現実的かつ効果的な資産運用計画を立案してくれる。

長期的に信頼関係を築ければ、実際に資産運用を始めたあとも必要に応じて相談することが可能だ。

定期的に資産運用のパフォーマンスをチェックし、必要な調整を行ってくれるだろう。

2億円という老後資金を計画的に準備するうえで、資産運用の経験がない人ほど専門家に頼る意義は大きいといえる。

IFAとは何か

金融機関の担当者をはじめ、資産運用の専門家は多くいる。

専門家の中でも、特におすすめなのがIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)だ。

IFAは特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルアドバイザーで、特定の金融資産に偏ることなくフラットな目線からアドバイスをしてくれる。

2億円の老後資金を貯めたいという目標を持っている方にとって、ベストな選択肢を提示してくれる存在だ。

金融機関の窓口で相談すると、自社が取り扱っている保険商品や手数料の高い金融商品を勧められる可能性が考えられる。

しかし、IFAは金融機関に属していないため、中立的かつ客観的なアドバイスが期待できるメリットがある。

幅広い金融商品の中から、相談者の利益を最優先に考えた最適な選択肢を提案してくれる点はIFAと相談するメリットだ。

異動という概念がないため、長期的に信頼関係を築けるだろう。

さらに、IFAは資産運用だけでなくリタイアメントプランニングや税金対策など、幅広いお金の相談に対応している。

2億円の老後資金を貯めるうえで、節税や家計管理も重要となるため、総合的な視点からサポートを受けることは非常に有意義だ。

IFA検索サービス「わたしのIFA」の紹介

自分に合っているIFAを探したい際に役立つのが「わたしのIFA」だ。

相談内容や年齢、保有している金融資産などを入力するだけでIFAのマッチングを行える。

自分で頼れるIFAを探すのは手間がかかるが、「わたしのIFA」を活用すれば効率よく探せる。

全国対応で、相談費用は0円なので気軽に利用できる点もメリットだ。

登録しているIFAは資産運用のプロであり、相談者の悩みを解消し、目標を達成するために有意義なアドバイスを授けてくれる。

お金に関する悩みや不安を解決に導いてくれる存在を探している方は、有効活用しよう。

2億円の老後資金があれば自由な生活を謳歌できる

2億円の老後資金があれば自由な生活を謳歌できる わたしのIFA

2億円の老後資産があれば、自分が理想としているさまざまなライフスタイルを実現できるだろう。

趣味や旅行、美味しい食事などの娯楽に充てる資金が十分にあるため、悠々自適な時間を過ごせる。

「好きなところで、好きなことをして過ごす」というライフスタイルを実現できれば、幸福度の高い生活を送れるだろう。

老後資金として2億円を準備するためには、ある程度のリスクを取って資産運用をする必要がある。

個別株式や株式のインデックスファンドを中心とした資産構成で投資を行い、リターンを得るようにしよう。

資産運用をする際には、専門家からアドバイスを受けるとよいだろう。

2億円という大金を貯めるために、どのような戦略で投資と向き合えばよいのか有益なアドバイスを授けてくれる。

特に、IFAは中立的な立場から相談者の希望を第一に考えてアドバイスをしてくれる。

「わたしのIFA」を利用すれば自分に合ったIFAを見つけられるため、頼れる専門家を探している方は活用するとよいだろう。

2億円の老後資金に関するQ&A

2億円の老後資金でどれくらいの期間できますか?

2億円の老後資金を用意できる期間は、現在保有している資産額と毎月投資に回せる金額によって異なる。

また、どの金融商品を選択するかによって期待利回りが異なるため、一概には言えない。

まずは現在の資産状況と収支状況、確保できる運用期間を整理しよう。

整理したうえで、どのような運用方針を掲げるか決めてほしい。

老後に向けた資金運用において最も安全な方法は何ですか?

資金運用において最も安全な方法として、預貯金や個人向け国債が挙げられる。

すでに2億円の貯金を達成している方は、預貯金や個人向け国債で安全に資産を保有することを検討しよう。

老後に向けて高額な資産を運用する際に注意するべき点は何ですか?

資産運用にはリスクが伴うため、自分のリスク許容度を把握することが欠かせない。

自分のリスク許容度を超えて投資をすると、下落相場に巻き込まれたときにパニックを起こしかねない。

損失が出ている状況で慌てて売却すると、その後の回復局面を逃してしまう。

結果的に、2億円の資産を用意するうえで逆効果となってしまうため、自分のリスク許容度を把握することは欠かせない。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次