MENU

アコムのおまとめローンとは?審査基準やメリット・デメリットを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

複数抱えたローンを一つにまとめる方法がある。

それが「おまとめローン」だ。

おまとめローンを利用して複数のローンを一つにすることで、返済額や金利の負担を減らせる可能性がある。

カードローンとは違い、おまとめローン契約後の追加資金の調達はできないが、金利はカードローンよりも低い傾向にある。

複数のローンに悩んでいる方にはおすすめの借換え方法だ。

今回は消費者金融のローンやクレジットカードのキャッシング枠に対応した、アコムのおまとめローンについて紹介する。

アコムのおまとめローンの審査基準やメリット・デメリットについても解説するので、参考にしていただけると幸いだ。

目次

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」とは?

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」とは? カードローンナビ

アコムには複数のローンを一つにまとめる、「おまとめローン(借換え専用ローン)」という商品がある。

他社で複数のローンの借り入れを行っている場合に、複数のローンを借換えて一つにまとめられる。

借り入れを一つにまとめることで、月々の返済額を減らせる可能性があるため、複数の借り入れがある方は検討してみてはいかがだろうか。

アコムの借換え専用ローンについて説明する。

「借換え専用ローン」の概要

アコムの借換え専用ローンは、複数他社でローンの借り入れを行っている場合に、一つにまとめて返済できる商品だ。

アコムの借換え専用ローンでは、消費者金融からの借り入れや、カードローンのキャッシングなどをまとめて借換えができる。

複数の借り入れを抱えている場合、借り入れ金額・金利・返済日などが借り入れ先によってバラバラなため、利用者の負担が非常に重くなる。

複数の借り入れをアコムの借り入れ専用ローンで一つにまとめることで、借り入れ金額・金利・返済日が全て一本化できるため、利用者の負担が軽くなるだろう

カードローンとの違い

カードローンとの違い カードローンナビ

借換え専用ローンとカードローンの大きな違いは、返済途中の追加借り入れが受けられるかどうかだ。

カードローンは、銀行などの金融機関やクレジットカード会社が提供する個人用の融資サービスだ。

カードローンにはキャッシング枠が設けられており、限度額内であれば好きなタイミングで自由に借り入れができる。

一方、借換え専用ローンは返済専用の商品なため、一度融資が実行されたら原則追加での借り入れは受けられない

そのため、借換え専用ローンの利用中に追加で借り入れを行いたい場合には、別のローンに申し込む必要がある。

借換え専用ローンによる追加借り入れはできないが、その分金利はカードローンよりも安い傾向にあるだろう。

以下の記事でもアコムのカードローンについて詳しく解説しているので、参考にしていただきたい。

アコムのキャッシング・カードローンについて詳しく知りたい方はこちら。

アコムのおまとめローンの申し込みから利用までの流れ

アコムのおまとめローンの申し込みから利用までの流れ カードローンナビ

一つ一つは少額であっても、複数のローンを抱えていると、月々の返済額が予想よりも大きく膨らむケースも少なくない。

また、返済日が別々だとこまめに入金しないといけないため、常に返済のことばかり考えてしまうだろう。

そのような時に便利なのがアコムのおまとめローンだ。

ここではアコムのおまとめローンの申し込みから利用までの流れについて説明する。

電話で申し込み

アコムのおまとめローンに申し込む方法には、インターネット・自動契約機・郵送・電話といった方法がある。

少しでも早くおまとめローンを利用したい場合には、電話での申し込みがおすすめだ。

インターネットや自動契約機での申し込みは、必要事項の記入などで時間がかかる。

しかし、電話であれば必要事項を口頭で伝えれば良いので早くて意図が正確に伝わりやすい。

アコムのおまとめローンを電話で申し込む際には、フリーダイヤル「0120-07-1000」から手続きについての案内を受けてほしい。

審査・融資

電話にておまとめローンの申し込みを行ったら、次に店頭窓口や自動契約機で本申し込みを行い審査を受けよう。

アコムのおまとめローンの審査を受けるには本人確認書類が必要だ。

次のいずれかを用意しておく。

  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • 保険証

また、場合によっては収入証明書の提出を求められるケースもあるため、以下のいずれかの書類を用意しておくと安心だ。

  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳表
  • 給与証明書

収入証明書として給与明細書を持参する場合には直近2か月分が必要になる。

なお、賞与がある場合には直近1年分の賞与証明書も一緒に提示しよう。

せっかく店頭窓口や自動契約機まで足を運んだのに、必要書類が足りずに申し込みができないと2度手間となってしまう。

本人確認書類と収入証明書の2通は必ず持参しよう。

必要書類を提出後、その場で審査結果が出ることもある。

しかし、審査に時間がかかる場合には回答が保留となるケースもあるだろう。

借換え実行まで時間がかかるケースも考えられるため、期間に余裕があるうちに申し込みを行うようにしよう。

無事に審査に通り、利用者が審査内容について同意すると契約完了だ。

契約が完了すると、アコムが利用者名にて他社の借り入れを返済する。

融資実行後は他社のローンが一本化されたおまとめローンを返済していくことになるわけだ。

しかし、返済方法には以下の方法がある。

  • インターネット返済
  • ATM返済
  • 振込
  • 口座引き落とし

インターネット返済やATM返済では、原則として土日祝日を含む24時間、いつでも返済できる。

ボーナスが支給された時など資金に余裕があるタイミングで繰り上げ返済をする際などに非常に便利だ。

アコムのおまとめローンの返済方法は、毎月決まった金額を返済していく方法だ。

このほか、まとまった金額を返済する繰り上げ返済も利用できる。

繰り上げ返済をすることで総支払い金額を抑えられ、支払い期間も短くできるので、資金に余裕がある時は積極的に利用すると良いだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アコムのおまとめローンの審査基準

アコムのおまとめローンの審査基準 カードローンナビ

複数のローンを抱えている方にとって、ローンを一つにまとめられるアコムのおまとめローンは魅力的な商品だ。

しかし、それも審査に通らなければ利用できない。

アコムのおまとめローンは、アコムが提供するカードローンと比べて審査が厳しい傾向にある。

なぜなら、すでに複数の借り入れを行っている利用者にお金を貸すのは、アコムにとってもリスクがあるからだ。

そのため、慎重に審査をして融資を行うか決定する。

ここではアコムがおまとめローンの利用者を審査する時の基準について説明する。

以下の基準を満たしていれば、審査に通る可能性があるだろう。

年収

年収が多ければ必ず借り入れできると考える方がいる。

しかし、そうではない。大切なのは収支のバランスだ。

確かに年収が低すぎれば審査を通るのは難しくなる。

しかし、いくら年収が高くても支出ばかりで貯蓄できないような状況では、ローンを支払うことは難しいだろう。

借り入れ資金に見合った年収や、収支のバランスかどうかが一つの判断ポイントになる。

借換え元の借り入れ総額・金利

他社のローンをまとめられるといっても、やはり金額には限度がある。

借換え元の借り入れ総額・金利が、利用者の収入に見合わないほど高額である場合には、審査を通るのは難しいだろう。

また、他社の借り入れ件数が多すぎる場合にも審査を通らない可能性がある。

月々の返済に苦慮して別の借り入れを繰り返すケースがある。

しかし、借り入れ元が増えるほどおまとめローンの審査に通りにくくなってしまうので、早めにローンをまとめてしまった方が良いでだろう。

個人信用情報のブラック情報の有無

個人信用情報に、ローンの支払いの滞納や債務整理をした経歴といったブラック情報が記載されている場合、審査を通るのは難しくなる。

個人信用情報に記載されるブラック情報とは、俗にいう金融事故のことだ。

ローンの支払い遅延や滞納、債務整理などがそれに当たる。

ブラック情報に記載があったとしても、どの程度の範囲までを許容するかは各金融機関や金融商品によって差がある。

そのため、ブラック情報に記載があれば必ず審査に落ちるわけではない。

しかし、ブラック情報の内容によっては審査に悪影響があることは覚えておく必要がある。

なお、一度ブラック情報が記載されると5年程度は情報が削除されないため注意しよう。

アコムのおまとめローンのメリット

アコムのおまとめローンのメリット カードローンナビ

アコムのおまとめローンで複数のローンをまとめることで、毎月の返済額や金利負担を軽減できる可能性がある。

無駄な借り入れが減るし、返済先がアコムだけになるので、月々の返済管理もしやすくなるだろう。

ここではアコムのおまとめローンでローンをまとめるメリットについて説明する。

毎月の返済額・金利負担を軽減できる

アコムのおまとめローンを利用する最大のメリットが「毎月の返済額・金利負担の軽減」だ。

複数のローンを組んでいる場合、それぞれの返済額や金利にバラツキがある。

例えば、A社で金利14%で10万円・B社で金利15%で5万円・C社で金利18%で15万円などのように借り入れている場合、借り入れ総額は30万円だ。

しかし、金利がバラバラな上に18%と高い金利もあるため、単純に30万円を一括で借り入れた場合より返済総額が高くなる場合がある。

これらのローンをおまとめローンで一つにまとめると、30万円に対して一つの金利が適用されるため、金利負担と支払い総額が抑えられる。これにより毎月の返済額も軽減される仕組みだ。

月々の返済がきつい方は、おまとめローンで返済額が少なくなるか、審査を受けてみよう。

無駄な借り入れが減る

月々のローン返済がきつくなると、ローン返済のためにさらに借り入れを行ってしまうケースがある。

おまとめローンで月々の返済額に余裕が出れば、無駄に借り入れを繰り返す必要がなくなるだろう。

また、おまとめローンは原則として追加借り入れができない点も、無駄な借り入れの削減になる。

返済の管理がしやすくなる

ローンが複数あると月々の返済金や返済日を把握するだけでも一苦労だ。

返済金を引き落とし日までに入金するのを忘れてしまうケースも少なくない。

ローンを一つにまとめれば月々の返済金と返済日の管理がしやすくなるので、入金し忘れて引き落としできないこともなくなるだろう。

アコムのおまとめローンのデメリット

アコムのおまとめローンのデメリット カードローンナビ

アコムのおまとめローンにはメリットだけではなく、デメリットもある。

おまとめローンのデメリットを理解せずに利用してしまうと、なかなかローンが減らないケースも出てくる。

ここではアコムのおまとめローンのデメリットについて説明していこう。

銀行カードローンやショッピングリボ枠はまとめられない

アコムのおまとめローンは、どのようなローンでも借換えできるわけではない。

アコムのおまとめローンで借換えできるのは、消費者金融のローンやクレジットカードのキャッシング枠だ。

銀行が提供するカードローンや、クレジットカードのショッピングリボ枠は借換えできないため、一つにまとめることはできない点に注意しよう。

契約後は一切借り入れできない

おまとめローンは一度契約が完了すると、追加での借り入れは一切できない。

これは、無駄な借り入れが増えない点においてはメリットといえる。

しかし、急に資金が不足した際に借り入れができない点ではデメリットといえる。

どうしても資金を調達しなくてはいけない場合には、新たに別のローンを組む必要がある。

毎月の返済額を減らすと返済期間が延びる

おまとめローンでは月々の返済額を調節できるが、返済額を減らすと返済期間が延びてしまう恐れもある。

返済期間が長くなりすぎると、借換え前よりも総返済額が多くなることもあるため注意が必要だ。

おまとめローンは審査が厳しくなる

おまとめローンは審査が厳しくなる カードローンナビ

おまとめローンの審査は通常のカードローンと比べて審査が厳しくなる傾向にある。

なぜなら、おまとめローンは限度額が高額になるケースが多く、貸付側のリスクも大きくなるからだ。

例えば、A社から30万円・B社から20万円・C社から50万円の借り入れを行っている利用者がいるとする。

それぞれA・B・C社の貸付金額はそれほど大きなものではない。

しかしこれらをおまとめローンで一本化すると、総額100万円の高額なローンとなる。

それまでは3社が分散して貸付していた金額を、アコム一社で貸付するわけだ。

つまり、回収できなかった時のリスクはアコムが最も大きくなる。

そのため、おまとめローンの利用者に返済能力があるかどうか慎重に審査する必要があるので、必然的に審査が厳しくなるだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

おまとめローン審査に落ちないためのポイント

おまとめローン審査に落ちないためのポイント カードローンナビ

おまとめローンの審査に落ちないようにするには、まず審査に必要な書類をしっかりと用意することだ。

また、おまとめローンの利用を検討している金融機関が、借り入れ元のローンをまとめられる金融機関かどうかの確認も重要だ。

以下でポイントについて詳しく説明する。

審査に必要な書類を用意する

審査に必要な書類が不足していると、本審査に進めない。

アコムのおまとめローンの審査では、免許証などの本人確認書類と、給与証明書などの収入証明書の2通が必要だ。

これらの書類が不足していると審査を行えない。忘れずに準備しておく必要がある。

また、基本的なことだが、申請する内容に虚偽や誤りがないようにすることも大切だ。

利用者の生年月日や電話番号といった基本情報から、他社の借り入れ件数など、誤りや偽りがないように正確に申請する必要がある。

特に申請内容に虚偽があった場合には、たとえ年収などが審査基準に満たしていたとしても、借り入れができなくなってしまうため注意しよう。

借り入れ元がまとめられる金融機関を選択する

おまとめローンは提供している金融機関によって、まとめられる借り入れ元が異なる

そのため、今現在まとめたいと思っているローンの借り入れ元に対応している金融機関を選択しなければ、そもそも借り入れできない。

前述のように、アコムのおまとめローンでまとめられる借り入れ元は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠のみだ。

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングリボ枠はまとめられない

現在利用しているローンの借り入れ元を整理し、対応している金融機関のおまとめローンを利用しよう。

おまとめローンの注意点

おまとめローンの注意点 カードローンナビ

アコムのおまとめローンは、どのようなローンでも一つにまとめられるわけではない。

また、返済期間によっては借換え前よりも総返済額が増えてしまう可能性もある。

以下でアコムのおまとめローンの注意点について解説する。

まとめられない場合がある

複数あるローンの借り入れ元にアコムのおまとめローンが対応していない場合、まとめられないケースがある

どの金融機関に対応しているのか確認してから利用しよう。

返済期間が延びると利息が増える

おまとめローンでは月々の返済額を調節できるが、返済額を低く設定しすぎて返済期間が延びてしまった場合、利息が増えて総返済額が借換え前よりも増えるケースがある。

月々の返済額だけではなく、総返済額も確認して利用を開始するようにしよう。

おまとめローンを利用するならアコムがおすすめ

おまとめローンを利用するならアコムがおすすめ カードローンナビ

複数のローンを抱えていると、返済額や返済日の管理に追われて気持ちが休まる日がない。

なかなか減らないローン残高に嫌気がさしてしまうこともあるだろう。

そのような時は複数の借り入れを一つのローンにまとめてみてはいかがだろうか。

金利がバラバラだった複数のローンを一つにまとめることで、返済額を減らせる可能性がある。

返済日も月に1度だけになるので、常にローンのことを考えなくてもよくなる。

複数の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用している方は、アコムのおまとめローンで一つにまとめるのがおすすめだ。

電話で申し込みをしてから店頭窓口や自動契約機で本申し込みをすればスムーズに審査を受けられる。

複数のローンに悩んだら、アコムのおまとめローンでの借換えを検討してみてはいかがだろうか。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要
目次