MENU

アイフルの申込の必要書類は?スムーズに手続きを進めるためのポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

アイフルは審査・融資のスピードが早く、緊急時にも利用しやすいカードローンだ。

また、原則在籍確認が無く郵送物も送られてこないため「周りにバレずにお金を借りたい」という人も利用しやすいだろう。

しかし、アイフルへの申込を検討したときに気になるのは必要書類の種類についてではないだろうか。

あらかじめ提出が必要な書類を知っておけば手続きをスムーズに進められ、借入までの時間を短縮できる。

この記事でアイフル申込時の必要書類について解説するので、ぜひ参考にして欲しい。

目次

アイフルの必要書類

アイフル申込時には以下の書類が必要だ。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 補完書類(※状況による)

本人確認書類はアイフルだけでなくその他の銀行系・消費者金融系のどのカードローンに申し込むときにも必ず提出を求められる。記載内容が正しいか、期限が切れていないかなどを事前にチェックしておこう。

収入証明書は借入希望額・その他の借入情報・申込時の申請内容などによって提出を求められる場合がある。

どちらの書類も不備があると再提出を求められ、借入できるまでの時間が長引いてしまう。スムーズに利用開始するためにも、必要書類は事前にチェックして準備を万全にしておこう。

本人確認書類

アイフルに申し込むときには、氏名・生年月日・現住所が記載された本人確認書類の提出が求められる。アイフルが対応している本人確認書類は以下の5つだ。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

また、Web申込の場合は以下の書類の中から複数枚組み合わせての提出が必要となる。

表を見ると分かる通り、公共料金の領収書や納税証明書も本人確認書類として認められるため「画像付き身分証を持っていない」という人も申込やすいシステムである。

スクロールできます
AB
運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
マイナンバーカード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍の附票の写し
住民票
記載事項証明書
公共料金領収書
(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書
納税証明書

組み合わせのパターンは「A表から2枚」「A表・B表から各1枚ずつ」から選べるため、あらかじめ準備しておこう。

補完書類

補完書類が必要なのは本人確認書類の記載住所と現住所が異なるケースだ。

この場合、A・B表の中から現住所が記載されている書類を2点提出する必要がある。健康保健証は裏面に住所を記載できるので、現住所を書き込んでおこう。

なお、健康保険証を本人確認書類として扱う場合は表・裏両方の提出が求められることも留意して欲しい。

収入証明書

アイフルでは、申込時に現在の収入を証明する書類の提出も必要だ。

会社に勤めている人の場合は、給与明細や源泉徴収票がこれにあたる。一方で個人事業主の人は住民税決定通知書や確定申告の控えが必要だ。

具体的には、以下の書類が収入証明書として認められる。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書または青色申告書
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 年金証書または年金通知書

このうち、源泉徴収票は最新の分が必要だ。また、給与明細は原則2ヶ月分だが、住民税の記載がある場合は1ヶ月分で条件を満たすこともある。

これらの書類を再発行する際は会社への申請で日数が掛かる可能性もあるため、申込時には余裕を持って依頼しておこう。

アイフルでスムーズに手続きを進めるためのポイント

アイフルで申込から借入までスムーズに進むためには、申込内容の不備を無くすよう気をつけよう。そして自身の信用情報・借入状況を正しく把握しておくことが重要だ。

ここでは、手続きをスムーズに進めるためのポイントを4つピックアップした。

アイフルで無事借入を受けられるように、各項目をチェックして申込時の参考にして欲しい。

申込前に必要書類を準備しておく

アイフルは最短18分で融資が受けられるスピード感が魅力なカードローンだ。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

しかし、書類が不足していたり不備があったりすると再提出の指示が出て、融資までの時間が長くなってしまう。

書類提出関係で申込・審査を長引かせないためにも、必要書類をよく確認してあらかじめ準備しておこう。

とくに注意して欲しいポイントは本人確認・収入証明書類の期限と記載内容の不足だ。申込前に有効期限が切れていないか再度チェックし、アイフルが定めている情報が記載されているかよく確認して欲しい。

信用情報に不安があるなら開示請求をする

アイフルの審査では信用情報も確認されるため、過去の支払い状況に不安がある場合は事前に自身の情報を確認しておこう。

信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの申込・利用・支払い状況などが掲載された金融取引の履歴である。現在国内で信用情報を扱っている会社は以下の3社だ。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

アイフルはJICCとCICに加盟しているため、この2社で自分の情報を開示し「異動」の記録が無いかチェックしよう。異動とは以下の状況を表しているため、異動の記載があると審査に影響を及ぼす恐れがあるのだ。

  • 61日・3ヶ月以上の返済遅延
  • 保証会社による代位弁済
  • 裁判所の破産宣告

JICCとCICに掲載される情報の保存期間は5年だ。5年経つと情報が消えるため、万が一異動があった場合は表記が消えてからの申込をおすすめする。

他社からの借入を整理する

アイフルに申し込むときには他社借入残高を整理して金額を把握しておこう。

先述した通りアイフルは貸金業法における総量規制の対象なので、年収の3分の1以上の貸付を行えない。

年収の3分の1とは、アイフルだけではなく他社の借入残高との合算だ。例えば、年収300万の人がすでに他社で100万円借りていた場合、3分の1を超えてしまうためアイフルがお金を貸すことはできないのだ。

また、例え他社からの借入残高が総量規制内だったとしても借入金額が多いと審査にも影響を与える可能性がある。

アイフルに申し込むときは、他社からの借入状況の整理をして自身の借金残高を把握しよう。

申込内容を十分にチェックする

アイフルでスムーズに手続きを進めたいなら、申込内容に誤りが無いかしっかりとチェックしよう。例えば生年月日・住所などに誤字があると訂正するための手間が発生する。

また、記載した年収と収入証明書類の金額が一致しなければ虚偽申請とみなされ融資を受けられなくなる可能性もあるだろう。

人は焦っていると普段では想像もつかないミスをしてしまうものだ。申込のときは気持ちを落ち着かせて項目を一つずつ丁寧に書き込んでいこう。

そして申込内容を書き込んだあとは、関連書類と照らし合わせて誤字脱字・間違った情報などが書かれていないか再確認してから申請に進んで欲しい。

借入希望額はできる限り少なくする

融資希望金額はできるだけ少額に設定することも重要だ。アイフルでは契約後に増額申請をすることもできる。

そのため、初回契約時にはなるべく審査が通りやすくなるように5〜10万円程度の希望額で申請してみよう。

総量規制・他者借入状況などにもよるが、カードローンは少額の方が審査を通過しやすい傾向にあるのだ。

もちろん総合的な判断は申込内容・提出書類・信用情報などをもとに行われるが、チャンスを増やすためにも初回の希望額を少なめにしておこう。

アイフルの申込については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひ参考にして欲しい。

アイフルの申込について詳しく知りたい方はこちら。

アイフルで利用できる本人確認書類の種類

アイフルで使用できる本人確認書類は、以下の条件を満たしている必要がある。

  • 氏名の記載がある
  • 生年月日の記載がある
  • 現住所の記載がある
  • 顔写真が載っている

免許証・マイナンバーカードがこの条件全てを満たしているため、持っている人は比較的スムーズに本人確認書類を準備できるだろう。

どちらも持っていない場合は住民基本台帳カードの作成がおすすめだ。

ただし、住民基本台帳カードは顔写真付き・顔写真無しの2種類がある。顔写真無しのカードは現住所の記載も無く、補完書類の提出を求められるだろう。

そのため、今から住民基本台帳カードを作る場合は顔写真付きを選んで欲しい。なお、住民基本台帳カードが手元に届くまでには申請から約2週間かかるため、余裕を持った申込を行って欲しい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフルを外国人が利用する場合の必要書類は?

アイフルでは「20歳以上で安定した収入があること」という条件を満たせば、外国人でも借入申込が行える。

外国人であっても申込時には本人確認書類と収入証明書が必要だ。

また、その他に以下の書類を求められるケースもある。

  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

外国人の場合、在留期間中に完済できるかも審査の基準となるため、在留期間が分かる書類が必要なのだ。借入をスムーズに行うためにも、申込時にはこれらの書類も携帯しておこう。

アイフルのカードローン審査時に書類提出が求められる理由

アイフルでは申込時に複数の本人確認書類・収入証明書の提出が求められる。しかし、なぜカードローンの申込時にはこのような書類の提出が義務付けられているのだろうか。

自分の個人情報を他者に明け渡す際には、その情報が何に使用されているのかを明確に把握しておくべきである。

そこで、ここではカードローン申込時に書類提出が必要な理由を解説するので、理解を深めて欲しい。

申込者本人の身分・収入を証明するため

カードローンで書類提出が必要な理由は、申込者の身分・収入の虚偽が無いか確認するためである。

本人確認書類の提出を義務付けていないと、他人を装って借入の申込をする犯罪行為が起きる恐れがある。

また、貸金業法には「総量規制」という規制があり原則年収の3分の1以上の貸付はできない決まりになっている。

カードローン会社はこの法律に則った貸付を行う義務があるため、申込者の収入証明書で確実な収入を把握する必要があるのだ。

返済能力を確認するため

特に収入証明書の提出は、返済能力を確認するために欠かせない項目だ。カードローン会社は審査時に申込者が滞り無く返済を行えるか判断する必要がある。

本人の返済許容量を超えた貸付を行うと返済が滞って会社に損害が発生するだけでなく、申込者本人の生活も破綻しかねない。

それを防ぐために、勤務先・勤続年数・借入状況に加えて収入証明を「貸付を行っても問題なく返済されるか」の判断基準とし、適正な貸付を行うのだ。

アイフルの必要書類提出方法

アイフルでは、新規申込時はもちろん増額申請時・アイフルからの指示があった時などに適時必要書類を提出する必要がある。では、提出が求められた場合にはどのような方法で書類提出ができるのだろうか。

アイフルではさまざまな方法での提出が可能である。各提出方法の流れを確認して自分がやりやすい方法を活用しよう。

アプリで提出

アイフルで必要書類を提出する際は「スマホアプリ」が利用できる。アプリをダウンロードした後の具体的な手順は以下を参考にして欲しい。

  1. 画面下部にあるタブから「書類提出」をタップする
  2. 提出する書類の種類を選ぶ
  3. 書類をカメラで撮影するか、すでに撮影した画像をアルバムから選ぶ

ただし、スマホアプリで提出できる書類は収入証明書のみである。それ以外の書類を提出する場合や新規申込時には以下の方法を利用しよう。

Webで提出

アイフルへの書類提出は「Web書類提出サービス」でも行える。

まずはアイフルから提示されるWeb書類提出サービスのページにアクセスし、画面の指示に従って氏名・生年月日・電話番号などの情報を入力しよう。その後、指示に従って画像をアップロードしていけば簡単に書類提出が行える。

セブン銀行ATMで提出

マイナンバーカードを持っている人はセブン銀行ATMからの書類提出も可能である。詳しい手順は以下を参考にして欲しい。

  1. セブン銀行ATMのメニューより「各種お手続き」を選択する
  2. 表示されるメニューから「マイナポータルから情報提出」を選択する
  3. ATMのカード挿入口にマイナンバーカードを差し込む
  4. 画面の指示に従って手続きを完了させる

1つ注意点として、自営業の人・2022年1月以降に入社した人はセブン銀行ATMでの書類提出が利用できないことを留意しておこう。

来店(自動契約機)で提出

アイフルでは「無人契約ルーム」でも必要書類提出が可能だ。

無人契約ルームにはATMのような機械が備え付けられており、実際に書類提出だけでなく申込から契約、審査など一連の手順を通して行える。

申込のやり方で迷っても機械の電話機能でスタッフに質問できるため、申込に不安がある人は利用してみよう。

アイフルで必要書類を提出する際の注意点

アイフルで必要書類を提出する際には、正しい手順で借入を受けられるための注意点がある。

以下の注意点を守らなければ、借入ができないだけでなく刑事罰に問われる可能性もあるのだ。申込時の注意点を2つ解説するので、アイフル利用時の参考にして欲しい。

身分証明書・収入証明書の偽造をしない

アイフルの申込で必要な身分証明書・収入証明書は決して偽造せず、自分自身のものを利用しなければならない。

もしも偽造した書類で申込を行ったことが明るみに出た場合、さまざまな罪に問われるのだ。

たとえば、偽名を用いた身分証明書を作った段階で該当する罪状は「有印私文書偽造罪」だ。さらに、偽造した身分証を使用すると有印私文書偽造罪の同行使罪を犯すこととなる。

また、偽造した書類で借入を行うと「詐欺罪」が適用され、10年以下の懲役に課せられるのだ。このような刑罰に処されることをよく理解して、各証明書類は必ず正規のものを利用して欲しい。

提出可能条件と合うものを準備する

書類提出のときには、提出可能条件を確認して適合するものを準備しよう。アイフルで必要な提出書類は、記載されている内容・顔写真の有無で提出可能条件が異なる

例えば、現住所が記載されている運転免許証があれば住民票などもう1つの書類だけで申込が可能だ。一方で、健康保険証や各種保険証などの顔写真が無い書類や、記載住所が異なる書類の場合は併せて複数の補足書類を提出する必要が出てくる。

書類が不足すると再提出まで審査が滞り借入までの期間も伸びてしまうため、事前準備を念入りに行って欲しい。

アイフルで審査に時間がかかるのはなぜ?

アイフルは最短18分での融資も可能と謳っているカードローンだが、場合によっては審査に時間がかかることもある。※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

では、なぜ審査に時間が掛かってしまうのだろうか?その原因は主に以下の2つだ。

  • 申込時の不備
  • 審査時間外の申込

それぞれを詳しく解説するので、急ぎで審査を受けたい場合はこれらの状況を回避して借入の申込を行おう。

申込の不備があったため

提出書類に何らかの不備があると、審査は通常よりも長引く傾向にある。

アイフルは申込者から提出された書類や申込の内容を1つずつ確認して審査を行っていく。そのため、内容に不備や不足があると確認が必要となり審査が滞ってしまうのだ。

また、提出書類の種類によって追加の補足書類を求められることもあるためその分時間がかかる可能性がある。

さらに、見逃しがちな問題が画像の不明瞭さだ。たとえ提出書類がすべて正しく揃っていたとしても、Webやアプリで提出した書類画像がぼやけていたり小さすぎたりすると内容が読み取れず再提出の対象となってしまう。

審査を長引かせないためにも、提出書類の不備を無くして読みやすい状態で申請しよう。

審査時間外・休業日が入ったなどタイミングが良くなかったため

借入を申し込んだ時間によってもアイフルの審査が長引くことがある。アイフルは基本的に24時間いつでも申込を受け付けているが、審査は営業時間内に行われるのだ。

申し込んだ時間が審査時間外であったり、アイフルの休業日であったりすると審査は翌営業日に回される。

急ぎで借入を利用したいというときには、アイフルの営業時間内に申込を行うようにしていただきたい。

アイフル申込の必要書類について知りたいなら

アイフル申込時には、氏名・年齢・住所などの申込情報を証明する本人確認書類が必要だ。さらに、申請した収入を証明するための書類提出も求められる。

これらの書類をあらかじめ用意しておけば、アイフルのスピード審査によって借入までの時間を短く済ませられるだろう。

書類不備で審査時間が長引くと、必要なときに必要なお金を借入できない可能性がある。

申し込むときにどのような書類が必要なのかをよく確認して、全て揃えた上でアイフルの借入申込を行って欲しい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要
目次