MENU

楽天銀行のカードローンの金利の計算方法が知りたい!金利と返済期間の関係や返済のコツを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

大手通販サイトの楽天ユーザーであれば、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の利用を検討したことがあるかもしれない。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用することで、楽天ポイントを貯められる

通販サイトと楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)のポイントを合算しながら借入することができるため、お得に利用する事ができる。

また、楽天銀行カードローンを利用する際には金利に注意しておこう。

金利計算の方法を把握することで、無理のない借入と返済の計画を立てることができる。

本記事では、楽天銀行のカードローンの金利計算方法や返済期間との関係、返済のコツなどについて解説している。

借入を検討している方は、自分に合った借入と返済にかかる金利を把握することが重要となるので、ぜひ参考にしてほしい。

まずは「カードローンの金利について」から見ていこう。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

楽天銀行カードローンの利用前に知っておくべき金利について

金利はカードローンを利用する上で、避けては通れない。

金利を把握しておかないと、返済につまずく要因となる。

基礎的な知識を身につけることで、資金計画に役立てられるはずだ。

金利とは

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利とは、資金計画において重要なポイントだ。

なぜなら、借入する際に元金に上乗せされる利息を計算するために用いる割合が金利だからだ。

カードローンには金利・利息・実質年率など、似たような単語がいくつかある。

これらの概念を正確に理解することが重要だ。

次は利息について詳しく見ていく。

利息との違い

利息とは、カードローンで借りたお金に加算される金額を指す。

利息の特徴は、お金を借りている期間によって上乗せされる金額が変化することである。

たとえば、お金を借りるレンタル料と考えると分かりやすいだろう。

利息はカードローンを提供している会社によって規約が異なる。

借入条件に左右されることもあるため、理解していただきたい。

実質年率との違い

実質年率とは、カードローンから借入をした際に支払う1年間の利率割合を示している。

実質年率は「年利」とも呼ばれている。

年利と金利は言葉が似ているが、意味は全く異なる。

保証料・手数料などの1年間にかかる諸費用を含めたお金の割合が年利、借入金額に上乗せされる利息割合が金利だ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利は年1.9〜14.5%に設定されている。

利息の計算に、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利を当てはめると以下の通りとなる。

10万円×14.5%=14,500円

上記は借入金額が10万円、金利は楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の上限である14.5%で計算した結果だ。

この利息を踏まえて実質年率を求めると、以下の計算式になる。

10万円×14.5%+14,500円=29,000円

保証料や手数料などの諸費用を加算すると、借入金額の10万円は同じでも29,000円を返済する必要がある。

実質年率は上限金利の2倍である29.0%になるわけだ。

もし返済計画を立てる際に、金利・利息・実質年率などの概念を正確に理解していなければ、計画を立てる意味が無くなってしまう。

返済計画を間違えてしまえば、結果的に多重債務や破産につながる可能性を高める。

そのような失敗を防ぐためにも、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の公式サイトに掲載されている数値と単語は、セットでチェックして欲しい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利の計算方法

間違えやすい単語の意味を理解したところで、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)金利の計算方法を解説していく。

計算式と具体的な利息例を挙げているため、ぜひ参考にして欲しい。

借入金額や金利から利息を求める計算式

まず、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では「残高スライドリボルビング返済D」を用いる。

計算式は以下の通りだ。

借入残元金 × 金利 ÷ 365日 × 借入日数 = 利息

上記は日割り計算だ。

うるう年の場合は、366日で計算するように留意して欲しい。

以下は、計算式の手順を説明したものである。

  • 借入残元金に金利を掛けて365日の利息を出す
  • 365日で割り1日あたりの利息を出す
  • 借入日数を掛けて日割りの利息額を出す

では、10万円を楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の上限金利14.5%で、10日間の利息がどうなるか計算してみよう。

10万円×14.5%÷365日×10日間=397.260273…

利息金額は円未満切り捨てで算出される。

そのため、10万円を楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の上限金利14.5%で10日間借入すると、利息は397円となる。

カードローンに使用されている言葉と計算式を知っていれば、誰でも簡単に利息を計算できる。

では、上記の借入期間を1ヶ月に伸ばした時の利息がいくらになるのか見ていく。

10万円を金利年14.5%で1ヶ月借りた場合の利息

10万円を金利年14.5%で1ヶ月借りた場合の計算式は以下の通りだ。

10万円×14.5%÷365日×30日間=1,191.780821…

円未満切り捨てすると、1ヶ月借入した際の利息は1,191円である。

利息と借入元金を足すと、返済金額は101,191円になる。

これから返済計画を立てる方は、ぜひ参考にして欲しい。

カードローンの金利と返済期間の関係について

カードローンの金利は、借入期間によって上乗せされる利息が変動する特徴がある。

そのため、金利と返済期間はカードローンにおいて密接な関係にある。

金利が高く、返済期間も長くなると返済総額が増加する。

逆に、金利が低い状態で返済期間が長期化してもそこまで返済総額が増加することはない。

「借入金額や金利から利息を求める計算式」を利用すれば、一目瞭然だろう。

  • 借入金額
    • 10万円
  • 金利
    • 年14.5%
  • 返済期間
    • 10年

上記の条件を計算式に当てはめると、10万円×14.5%÷365日×3,652日=145,079.452054…円となる。

返済期間を短くした1年で計算すると、10万円×14.5%÷365日×365日間=14,500円だ。

9年の返済期間で、利息の差は130,579円となる。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)から融資を受ける上で、利息は切っても切れないものだ。

低い金利で融資を受けられるに越したことはない。

低い金利で融資を受けられるようにするにはどうすればよいのか、さらに詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして欲しい。

楽天銀行のカードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利についてさらに詳しい解説はこちら。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済のコツは?

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済のコツを押さえておけば、スムーズな返済へとつなげられる。

利息の計算方法と併用して考えてみよう。

返済のコツには大きく4つのポイントがある。

  • 給料日に合わせて返済日を設定する
  • 引き落とし口座の残高に注意を払う
  • 余裕がある月は随時返済をする
  • 借入残高が少なければ一括返済を利用する

それぞれのポイントを詳しく見ていく。

給料日に合わせて返済日を設定する

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では、約定返済日に申込者が登録した指定口座から約定返済額を自動振替できる。

その際に約定返済日を下記の中から選択できるのだ。

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日

給料日に合わせて返済日を設定しておけば、自動振替もスムーズに行われる。

ただし、27日は楽天銀行口座を引落口座として登録した方だけが選択できる

また、自動振替当日が土日祝・年末年始など金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日に自動振替が行われる

引き落とし口座の残高に注意を払う

自動振替でよく見られる失敗は引き落とし口座の残高不足により、返済されないケースだ。

このような失敗も給料日後に自動振替を設定していればある程度は防げる。

しかし、給料日後であっても登録した金融機関の休業日によって約定返済日が延びる可能性もある。

クレジットカードや生活費などの支払いで引き落とし口座のお金を使うこともあるはずだ。

約定返済日の前日までには引き落とし口座の残高チェックや、返済額よりも多めに入金しておくことが大切だ。

余裕がある月は随時返済をする

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)には、随時返済が用意されている。

随時返済とは、利用者にお金の余裕がある時はいつでもカードローンの返済ができるサービスである。

毎月の約定返済日とは別に、利用者の好きなタイミングで返済を追加するものだ。

追加で臨時返済を利用すれば、借入金額の完済も予定より早くできる

借入残高が少なければ一括返済を利用する

臨時返済を行うと元金を予定より早く減らせるため、結果として利息を減額できて返済総額が少なくなる

さらに、借入残高が少なければ一括返済を利用することで、より利息と返済期間を減らすことができるのだ。

利息をできるだけ抑えたいのであれば、利用するほかに手はない。

お金に余裕を持たせて、積極的に臨時返済を活用して欲しい。

返済シミュレーションで楽天銀行カードローンの金利計算を簡単に

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)には、返済シミュレーションが用意されている。

この返済シミュレーションは、3つの項目を選択と入力するだけで結果が表示される。

  • 希望の利用限度額
  • 借入希望額
  • 返済日

上記の3つだけで結果が表示されるため、返済シミュレーションを行うには1分もかからない。

また、借入希望額以外の2つの項目は選択できるようになっている。

申込者が希望する利用限度額によって、金利は変化する。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の場合は選択式になっているため、迷わずに済む。

希望の利用限度額が100万円で金利が14.5%の場合、借入希望額を10万円・返済日を20日に設定すると仮定しよう。

そうすると、以下の一覧表のように結果が表示される。

希望の
利用限度額
100万円
年利率6.6%
ご返済方式残高スライド返済
ご返済日20日
借入希望額10万円
初回支払い年月2024年2月
支払い回数75回
最終回支払い年月2030年4月
最終回支払い額1,708円
総支払い額152,708円

返済シミュレーションは無料で何度でも利用可能だ。

ぜひ活用してみて欲しい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)と大手消費者金融の金利の違い

カードローンを提供している会社は複数社存在する。

そこで楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)と大手消費者金融の金利の違いを見ていこう。

まずは、大手消費者金融のプロミスとアコムから解説する。

プロミス

プロミスは、三井住友銀行(SMBC)グループが運営するカードローンである。

最短30分で審査結果がわかり、即日融資を受けられることが特徴だ。

いろいろな申込方法が用意されているため、利用者の使いやすさが人気を誇っている。

申込から借入までWebで完結できることも、人気の理由のひとつだ。

さらに初めてプロミスを利用する方は、初回利用翌日から30日間無利息で借入できるサービスが適用される。

利息を抑えて、短期間で返済したい方におすすめだ。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アコム

アコムは、三菱UFJファイナンシャルグループが運営するカードローンである。

インターネットから申込すると、最短20分で審査結果が通知される

そのため、即日融資を受けることが可能だ。

また、カードレスで契約できるため、郵便物などによって周囲にカードローンを利用していると知られるリスクが少ない。

初めての利用で契約翌日から30日間金利0円で借入ができるなど、利用者に寄り添ったサービスも多い。

安心して利用できることが、アコムの最大のメリットと言える。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)とほかの銀行カードローンの金利の違い

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)と同じ銀行カードローン系の金利の違いは、どのように設定されているのだろうか。

銀行カードローンの中で大手とされる、三井住友銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)を見ていこう。

それでは詳しく解説する。

三井住友銀行カードローン

まずは、三井住友銀行カードローンの利用限度額や金利を見ていこう。

公式サイトに掲載されている情報は、以下の通りである。

  • 利用限度額
    • 10万円~800万円
  • 金利
    • 1.5~14.5%
  • 審査
    • 最短当日
  • 融資
    • 最短翌日
  • 提携ATM
    • 三井住友銀行ATM・セブン銀行・ローソン銀行・ゆうちょ銀行・その他提携ATMなど
  • 口座開設
    • 不要

三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくてもWeb申込できる。

忙しい日々の中でもスマートフォンひとつで申込から返済まで完了できるため、利便性に優れている。

三井住友銀行のキャッシュカードによる借入だけでなく、カードレスでの利用も可能だ。

口座やカードを無暗に増やしたくない方には、大きなメリットである。

Webやカードローン専用アプリから、いつでも簡単にサービスを利用できることが最大のメリットといえる。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

次に、三菱UFJ銀行カードローンの利用限度額や金利を見ていこう。

公式サイトに掲載されている情報は、以下の通りである。

  • 利用限度額
    • 10万円~500万円
  • 金利
    • 1.8~14.6%
  • 審査
    • 最短当日
  • 融資
    • 最短翌日
  • 提携ATM
    • 三菱UFJ銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMなど
  • 口座開設
    • 不要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、全国各地の三菱UFJ銀行ATMを無料で利用できることが大きな特徴だ。

他にも、ATM利用手数料や振込手数料がすべて無料・振込借入に特化したバンクイックアプリ・利用限度額の範囲内なら何度でも借入可能といったメリットがある。

大手銀行という安心感も、利用者にとっては嬉しい点といえる。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の申込手順

ここまでは金利や、ほかのカードローンとの比較について説明してきた。

その中で楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用したいと感じた方も多いはずだ。

ここからは楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の申込方法を解説する。

インターネットから申込を行う

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)はインターネットから申込を行う。

公式サイトに掲載されている「カードローンの新規お申込はこちら」をクリックしよう。

申込者情報の入力では、希望借入額を入力する必要がある。

審査をスムーズに通過するためには、シミュレーションツールを使って、返済プランをあらかじめ検討しておこう。

審査・在籍確認

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では審査の際に在籍確認が行われる。

これは他のカードローンでも避けては通れない審査項目だ。

なぜなら、申込者の返済能力や信用度などを判断する必要があるからである。

審査には消費者金融が管理している信用情報も参照される。

誤入力や偽りの情報を入力しないよう、注意が必要だ。

必要書類提出

申込の際には、本人確認書類と収入証明書の提出が求められる。

楽天銀行カードローンの利用を検討している方は、事前に必要書類を準備しておくように留意して欲しい。

本人確認書類は、以下のものが使用可能である。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書
  • 税金の領収書
  • 社会保険料
  • 公共料金の領収書

納税証明書や領収書などを提出する際には、発行日または領収日が3か月以内のものを用意する必要がある。

また、希望借入額が50万円を超える際には収入証明書の提出が求められる

収入証明に利用できる書類は以下の通りである。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 確定申告書

給与明細書を提出する際には、直近2か月分とボーナスの明細書が必要だ。

書類に不備があると審査落ちや手続きに時間がかかってしまう。

最短で借入を検討している方は、しっかりと必要書類を準備しておくことが大切だ。

ローンカード発行

審査を通過すると、スーパーローンカードが発行される。

このスーパーローンカードは、コンビニなどの提携ATMでも利用可能だ。

ほかにもWebや電話でも融資を受けられる。

スーパーローンカードは申込者の自宅へ郵送される。

もし手元にスーパーローンカードが届いていない場合でも、借入は可能だ。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 提携ATM
  • 電話

上記の借入方法から、自分が利用しやすいものを選択しよう。

ネットバンキングを利用すれば、手数料無料でどこでも手続きが可能だ。

さらに、楽天銀行口座を登録すれば、いつでも即時振込ができる。

全国に展開している提携ATMで申込も可能だが、手数料がかかる提携金融機関もあるため注意が必要だ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について詳しく知りたいなら

本記事では、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用する際に欠かせない金利の計算方法・返済期間の関係・返済のコツを解説してきた。

また、一般的な消費者金融や銀行のカードローンとの違いも説明した。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の魅力を感じられるはずである。

これまで解説してきた内容以外にも、楽天銀行ならではのポイント還元やお得なサービスが豊富だ。

借入とポイントを駆使して、余裕のある資金運用を体験して欲しい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次