MENU

楽天銀行のカードローンの限度額はいくら?限度額の決まり方や増額する方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

楽天ショップや楽天銀行など有名なサービスを提供している楽天銀行は、カードローンも利用することができる。

楽天銀行の利用者は多く、カードローンの利用を検討したことがある人も多いのではないだろうか。しかし、いくらまで借りられるのか・誰でも借りられるのか・借入限度額はどう決まるのかなど、気になることも多い。

また、他社ローンとの比較もカードローン選びの重要なポイントである。

この記事では、そのような疑問を解決すべく各所で詳しく解説しているため、ぜひ最後まで読んでみて欲しい。

目次

楽天銀行のカードローンの限度額はいくら?

楽天銀行のカードローンの最大貸付限度額は800万円となっている。しかし、誰でも無条件で800万円まで借入ができるわけではない。

総量規制といわれる法律があり、総借入額が年収の3分の1を超えた貸付は禁止されている。

しかし、総量規制は貸金業法に属するため、銀行系は総量規制の対象外とされている。楽天銀行は銀行系に属しているため法律上は対象外だ。

だが、貸倒リスク回避の為に銀行独自で総量規制を採用しているとされている。

限度額は借主の年収によってバラバラだ。例えば、年収300万円の人だとすれば3分の1の100万円が限度額になる。

カードローンの限度額とは

カードローンの限度額とは、カードローンの利用で借りられる金額の上限のことだ。カードローンは利用金額の範囲内であれば何度でも借入が可能だ。

また、利用者によってそれぞれの限度額が設定されている。どのような条件で限度額が決定するのか解説していく。

そのカードローン商品で借りられる最大の利用限度額

上述した通り、楽天銀行のカードローンの最大借入限度額は800万円となっている。しかし、全員が必ず最大値の800万円まで借入ができるわけではない。

利用限度額は借入主の年収の3分の1が上限である。

申込者ごとの利用限度額

カードローンには利用者ごとによって限度額が異なっている。同じ年収300万円の人が全員限度額である3分の1の100万円が借入上限額になるとは限らない。

利用限度額は信用情報などの他の情報も確認して総合的に判断するため、信用情報に不利な情報が記載されている場合は、上限額が低く設定される可能性がある。

上限額を低く設定されないためには、信用情報にカード会社側にマイナスな印象を与える情報を記載されないように注意が必要だ。

楽天銀行のカードローン限度額の決まり方

カードローンの限度額の決め方にはいくつかの参考にする基準があるとされている。

ここではどのようなことがカードローン限度額審査の基準となっているのか詳しく解説していくので、申込前の確認として参考にして欲しい。

本人の属性

属性とは審査に影響する個人情報の項目である。

属性として挙げられる主なものは年齢・勤務先・雇用形態・勤続年数・年収・居住形態・居住年数・その他借入状況だ。

公務員・医師・弁護士・一流企業などの正社員は職種的に勤続年数が長くなる傾向にあり、安定収入があるため属性の評価が高くなると言われている。

それと比べると、逆にアルバイトやパートは低く評価されやすいだろう。

勤続年数も2・3年以上あると、属性が高いと判断されやすい傾向にある。年収も属性としてみられるが最低年収がいくらないと借入ができないなどの基準はない。

ただし、収入形態が固定給であるほうが、安定した収入というイメージを与えやすいため属性は良いといえるだろう。

居住形態・年数は持ち家であれば1年未満でも問題はないとされている。しかし、賃貸で1年未満の場合は強い属性とはいいきれない。

上記でさまざまな属性を紹介したが、あくまで判断傾向に過ぎない。アルバイトだからといって決して通らないわけではないので、少しでも属性が高くなるように工夫して申込んでみよう。

信用情報

信用情報とは、クレジットやカードローンの申込に関する情報のことで、客観的な取引事実を登録している個人情報だ。

ここの信用情報に過去に返済の滞納・遅延などが記載されていれば、返済能力がないと判断され限度額が低く設定されるか、審査に落ちやすくなるだろう。

逆に何も悪影響が出る情報がなければ、希望の限度額になる可能性は十分に高まる。

信用情報は5年間保管されるため、過去に滞納・延滞を起こしているが、どうしても限度額いっぱいで借入したい人は信用情報の保管期間がすぎるまで待つのが良いだろう。

他社での借入状況など

他社での借入状況によって借入限度額は大きく変わってくる。もし、他社借入がない場合は限度額いっぱいで借入がしやすいはずだ。

しかし、すでに他社で借入限度額のギリギリで借入している場合は、新たに借入を申込しても限度額が低く設定されてしまう可能性がある。 

また、ギリギリ借入審査が通っても低額借入の場合はまとまった借入よりも利息が高くなる。

楽天銀行のカードローンの借入に関することは以下の記事で詳しく解説しているため参考にして欲しい。

「楽天銀行のカードローンの借入方法は?流れ・返済方法・最短融資を受けるポイントなどを紹介」

<451 楽天銀行のカードローン 借入>

楽天銀行のカードローンの限度額を増額する方法

ここまでは楽天銀行のカードローンの限度額について解説してきた。しかし限度額以上に借入したい場合はどうしたら良いのだろうか。

1つの手として限度額を増やす選択肢がある。楽天銀行のカードローンの限度額増額をする方法はいくつかあるのでそれぞれ詳しく解説していく。

申込方法

楽天銀行のカードローンの借入限度額増額の申込はスマートフォン・Webサイト・フリーダイヤルの3つだ。

スマートフォンの場合は、メンバーズデスクにログイン後「借入限度額増額申込」をクリックし、以下の必要事項を入力する。

  • 希望の利用限度額
  • 職種
  • 現在の年収
  • 収入形態
  • 家賃または住宅ローン
  • 利用目的
  • 審査結果の連絡先
  • 他者の借入状況

上記の項目を入力し、間違いがなければ「送信」を押して申込完了となる。

パソコンの場合もスマートフォンと同様、メンバーズデスクにログイン後「利用限度額増額の申込」をクリックし、必要情報を入力したら手続き完了だ。

電話の場合は以下の電話番号にかけることで専用オペレーターに繋がり手続きができる。

カードローン返済に関する問い合わせ

全日 9:00 〜 20:30

カードローン返済に関するご相談

平日 9:00 〜 17:00

楽天カードセンター

TEL 0120-730-115

電話での申込の場合は、平日・休日・祝日ともに9時〜20時30分の間しか繋がらないため注意が必要だ。

必要書類

楽天カードローン限度額増額の申込をする場合、以下の2つのどちらかに当てはまっていたら、収入表明書の提出が必要だ。

  • 既存の借入額を含めて50万円を超える場合
  • 他社借入を含めて100万円を超える場合

これは貸金業法によって定められている規定であり、増額してもきっちり返済できる人なのかを調査する必要がある。

銀行系カードローンは規定の対象外とされているが、提出を求められる場合もあるため、収入証明書として認められるものを以下で解説する。

源泉徴収票最新のもの
給与支払証明書直近2ヶ月以内のもの
確定申告書最新のもの

上記のもの以外や期間外のものを提出しても、収入証明書として認められないので注意が必要だ。

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行のカードローンの限度額増額がおすすめな人

カードローンをさらに借入したくて、他社からの追加借入を考えている人もいるだろう。

しかし、複数のカードローン会社から借入するよりも1つのカードローン会社で増額申込をした方が良いとされている。

その理由と限度額増額がおすすめな人を解説していく。

利息を抑えたい人

通常カードローンは借入額が大きいほど、利息・金利が低くなるように設定されている。

そのため、複数のカードローン会社から高金利の状態で借入を行うよりも、1つのカードローン会社で限度額増額を行い、利息を低く抑えた方が返済の負担は軽減する。

楽天銀行のカードローンの金利(年利)は以下のようになっている。

借入金額年利
800万円年1.9%〜4.5%
600万円以上800万円未満年2.0 %〜7.8%
500万円以上600万円未満年2.5%〜7.8%
350万円以上500万円未満年2.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満年2.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満年3.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満年6.6%〜14.5%
10万円以上100万円未満年14.5%

大きな金額を借入するほど、年利が低くなっているのがわかる。このように1つのカードローン会社で借入をすれば利息・金利は複数社から借入するよりも低くなる。

できるだけ利息・金利を払いたくない人・低く抑えたい人は、限度額増額をぜひ検討して欲しい。

借入先を増やしたくない人

カードローンの限度額増額は、借入額は増やしたいが借入先を増やしたくない人にはぜひ利用して欲しい。

カードローンの借入先が多いほど、後から借入するカードローン審査への影響が大きくなる可能性がある。

借入をしている会社が多ければ、1社のみで多く借入するよりも利子・利息が大きくなるため、返済時の負担も大きくなりやすい。

その負担をなるべく減らしたい人は、カードローン限度額増額の申込をぜひ検討してみて欲しい。

楽天銀行のカードローンの限度額を増額する際の注意点

楽天カードローンの限度額を増額する場合には、いくつか注意しておかければいけないことがある。

注意しておかないと後から後悔してしまうことにもなりかねないため、ここでいくつかある注意点について詳しく解説していく。

審査・融資には時間がかかる

カードローン限度額増額審査はある程度の時間がかかる。すぐに追加で借入したいからと申込をしてもすぐに追加で借入ができるわけではない。

そのため、追加で借入したいと思っている人はある程度余裕を持って申込する必要がある。

審査結果次第で限度額が減る可能性がある

限度額増額申請をしても結果次第では逆に限度額が減る場合がある。

例えば、カードローン申込時よりも収入が減っていたり、毎月の返済が滞っている場合には、返済力がないと判断されてしまう可能性がある。

カードローンの限度額増額を申込する前に、申込時よりも収入は減少していないか・毎月の返済は滞っていないかの確認が必要だ。

審査に通過しても金利が変わらない可能性がある

カードローンの限度額増額審査に通過したとしても必ず金利が変わるわけではない。利息制限法によって借入金額に対しての上限金利が決まっている。

借入金額上限金
10万円未満年率20.0%
10万円以上100万円未満年率18.0%
100万円以上年率15.0%

上限額増額審査を通過したとしても、上限金利の引き下げの対象となる次の階層に移れなければそのまま同じ階層に留まることとなり、金利があまり変わらない可能性がある。

例えば利用限度額が10万円のとき、増額審査に通過して限度額が50万円に増加したとする。

しかし、10万円~100万円の階層からは変わっていないため、金利は期待する程は変わらない可能性があるということだ。

楽天銀行のカードローンの利用可能額が0円になる理由

カードローンが突然利用できなくなる場合はいくつかの明確な理由がある。ここではその理由について解説していく。

利用限度額を超えている

カードローンの利用限度額を超えている場合は、追加で借入することはできなくなる。

もう1度借入を行いたい場合は、限度額増額申込をして限度額を増やすという方法がある。

ただし、簡単に利用限度額増額ができるわけではなく、限度額増額にも審査がある。それを通過しなければ限度額を増額することはできない。

年収の3分の1を超えた借入をしている

カードローンの借入は総借入額が年収の3分の1を超えてしまうと総量規制に引っかかってしまう。総量規制とは、貸金業者から借りられるお金の総額の上限を規制する法律である。

総量規制に引っかかってしまうと、追加で借入ができなくなる。

返済遅延などの問題が生じている

毎月の返済を滞納している人は利用限度額が0円になりやすい。

滞納を繰り返してしまうと、カードローン会社側に「この人は本当に返済能力があるのか」と返済ができない判断をされてしまう可能性がある。

また、返済の滞納・延滞などは信用情報にも記録が残る。信用情報は5年間記録が残り続けるため、その間にカードローンを借入しようとしてもかなり不利になる。

そうならないためにも、毎月の返済はしっかり行い、返済が負担にならないくらいの借入額の設定が必要だ。

楽天銀行のカードローンを限度額内で有効活用するコツ

カードローンを賢く有効活用するためにはいくつかのコツがある。コツがわかれば無理なく毎月の返済などが行えるため、ここからは3つのコツに分けて解説していく。

返済計画を立てる

カードローンの借入を行う前に、まず返済計画・返済シミュレーションを行うことが重要である。

闇雲に借入をすれば、無理な返済により生活が苦しくなることも考えられる。生活に支障をきたさないためにも、どのくらい借りると返済額はいくらかかり返済回数はどのくらいなるのか、事前に計算し計画しておこう。

また、事前に計画を立てることで借りすぎの防止もできる。

主な返済計画・返済シミュレーションとしては、以下の計算式を使う。

利息=借入元金×金利÷365日×借入日数

1つ例をあげてみよう。Aさんの借入限度額が300万円で、借入期間1週間・金利2.9%・借入金額10万円だとする。

これを上記の計算式に当てはめると下記のような結果となる。

10万円×2.9%÷365日×7日=約55円

金利については、借入限度額や借入審査結果によって異なるため、必ず例と同じ数字になるわけではない。

このように計算を行えば、利息がわかる。

自分が毎月の返済額にあてられる額を計算する時は以下の計算方法で求める。

収入額ー毎月かかる生活費=返済可能額

毎月の返済可能額よりも実際の返済額が大きくなれば生活を確実に圧迫するため、事前に返済に当てられる金額を把握しておくべきだ。

任意返済を行う

カードローンは毎月の決まった返済の他に、お金に余裕ができた時にまとまった金額を返済できる随時返済がある。

随時返済を行うことでより早く元金を減らすことができ、最終的に返済する金額は全く随時返済をしなかった時よりも少なくなる。

また、随時返済を行うことによりカードローン会社側に「この人は返済能力が高い」という印象を与え、限度額増額審査にも良い影響を与えるはずだ。

しかし、随時返済を行ったからといってその月は毎月の返済が止まるわけではない。そのため、随時返済をしすぎて毎月返済するお金がないとなれば元も子もないので注意しよう。

無利息期間を活用する

カードローンには無利息期間というものがある。追加で借入をしても無利息期間内に返済できれば無利息で借入ができるという、主に消費者金融で受けられるサービスだ。

この期間を有効活用すれば、本来かかるはずの利息がゼロで借入できる。返済する金額はすべて借入元金に当てることができるため、より早く借入残高を減らせる。

楽天カードローンでは新規申込後、楽天側が指定する日付から30日以内が無利息期間となる。

例えば、無利息期間に10万円を借入し、30日以内に返済し終えた場合は利息が発生せず借入元金の10万円の返済のみで済む。

もし、30日以内に返済が終わらず2万円だけ残った場合は、その2万円に利息が付くようになり、元金以上に返済をすることになる。

この無利息期間を有効活用できれば、最小の負担で借入が行えるので初めての人はぜひ活用してみて欲しい。

楽天銀行のカードローンの限度額を確認して上手に利用しよう

この記事では楽天カードの借入限度額について詳しく解説してきた。借入限度額は総量規制によってある程度決まってくる。

しかし、総量規制内であれば限度額増額申込は通る可能性はある。限度額増額は、複数社から借入するよりも利息を低くおさえることが可能だ。

そのため、なるべく利息を払いたくないが、借入は増やしたいという人にはうってつけなのが借入限度額増額申込である。

しかし、場合によっては逆に限度額が減少してしまうので、申込する前にカードローン申込時よりも収入等が減少していないか確認して欲しい。

この記事を読んで、少しでも楽天銀行カードローン限度額増額に興味を持ったならぜひ利用してみて欲しい。

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要
目次