MENU

100万円を低金利で借りるおすすめ方法は?審査や即日融資が可能かも解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

100万円を低金利で借りるには、自分の信用情報や収入状況を考慮しつつ複数の金融機関を比較することが重要だ。

複数の金融機関には、大手銀行・地方銀行・ネット銀行、そして消費者金融が含まれる。

とはいえ、金融機関によって金利・借入条件は異なる。

条件に合った金融機関を選ぶことが、低金利での借入には欠かせないポイントとなる。

そこで本記事では100万円を低金利で借りるおすすめの方法について解説する。

さらに審査・即日融資が可能かどうかも合わせて紹介する。

「いったいどこで借りるのが最善かわからない」とお悩みの方は、ぜひ参考にして欲しい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

100万円を低金利で借りるおすすめの5つの方法

初めに、100万円を低金利で借りるおすすめの5つの方法を紹介する。

以下の方法を比較しつつ、自分の状況に最も合った選択をすることが100万円を低金利で借りる際の鍵となるだろう。

スクロールできます
大手銀行安定した信頼性があり低金利での融資が期待できる
信用度や収入によって有利な条件で借入も可能
地方銀行や
信用金庫
場合によっては大手銀行よりも低い金利で融資を受けられる可能性がある
ネット銀行低金利での融資が期待できる
オンラインでスピーディに融資の申請が可能
消費者金融審査の速さや柔軟性がある
ただ、複数の消費者金融を比較し最も低い金利のものを選ぶことが重要になる
クレジット
カードの
キャッシング
機能
クレジットカードによっては比較的低金利でキャッシングできる

大手銀行は安定した収入や信用度によって、より有利な条件で借入できる点が魅力的だ。

一方、地元密着型の金融機関である地方銀行や信用金庫は、地域に根差したサービスを提供している。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能は、審査の速さや柔軟性が利点だ。

複数の消費者金融を比較し、最も低い金利のものを選ぶことが重要なポイントとなるだろう。

低金利を重視するなら大手銀行など金融機関からの融資が最適だ。

一方で迅速さを求めるなら消費者金融・クレジットカードのキャッシュ機能の利用が最適と言える。

100万円を低金利で借りるためのおすすめ消費者金融を紹介

続いて、100万円を低金利で借りることができるおすすめ消費者金融を5社ピックアップして紹介する。

即日融資できる消費者金融を紹介しつつ、各社の魅力についても解説していくのでぜひ参考にして欲しい。

プロミス

プロミスは迅速な審査で知られ、最短20分で申込から融資まで完了できる。

店舗・Webから24時間365日いつでも申込可能だが、Web申込なら自宅でいつでも手続き可能だ。

Web申込なら審査に必要な書類もアプリから提出できるため、自宅ですべての手続きを完結できる。

また、初めて利用する場合は無利息サービス期間が設けられている点も魅力のひとつだといえるだろう。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アコム

アコムも即日融資に対応しており、手続きのスピードが早いところが特徴だ。

Webでの完結が可能で、来店せずに自宅で申込手続きを完了させることができる。

最寄りの自動契約機(むじんくん)で申込することもできるが、契約後はATMでの借入に限定される。

Web申込の場合は自分の口座へ振込で借りることができるため、手軽に利用したいのであればWebからの申込が最適だ。

また、初回利用者には30日間金利0円サービスが提供される。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは柔軟な審査基準で知られ、幅広い顧客層に対応している。

Webからの申込で即日融資が可能であり、初回利用者には特定の期間無利息サービスが適用される。

前項で紹介したアコム・プロミスとほぼ同じ条件で利用することができるため、借入金額に対しての利息で選ぶことをおすすめする。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

SMBCモビット

SMBCモビットは、大手銀行グループの安心感と迅速な審査が特徴だ。

申込後審査結果はすぐに通知され、最短20分で融資を受けることができる。

自宅で申込を完結することができるが、100万円の融資を受ける場合は契約者の「収入申告書」が必要となる。

また、全国に設置されているアイフルATM・コンビニの提携ATMから簡単に借入・返済できる点も魅力だ。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

レイク

レイクは新生銀行グループの一員で、信頼性の高いサービスを提供している。

また、レイクは申込から融資までスピーディーに進むことで注目を集めている。

特に、はじめてWebから申込すると最大60日間利息0円キャンペーンが魅力的だ。

他社消費者金融でも初回融資利息0円キャンペーンを行っているが、最大30日間であることが多い。

その点、レイクは60日まで利息0円で融資を受けることができる。

利息による出費を抑えたいのであれば、レイクの申込が最適解だといえるだろう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

100万円を低金利で借りるためのおすすめ銀行カードローン

続いて、100万円を低金利で借りるためのおすすめ銀行カードローン4社を厳選して紹介しよう。

銀行カードローンはそれぞれに特色があり、100万円を低金利で借りる際に有効な選択肢となる。

ただし金利や返済条件をしっかりと確認し、自分に適したローン選びをすることが重要だ。

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行のバンクイックは、大手銀行の安定感と信頼性が魅力だ。

オンライン申込に対応しており、24時間365日いつでも自宅から申込できる。

金利は比較的低めに設定されており、幅広いニーズに応えることができるだろう。

また、三菱UFJ銀行のATMなどで手軽に利用できる点も利点だ。

ちなみに、三菱UFJ銀行の口座がなくてもバンクイックの申込が可能だ。

口座のある・なしに関わらず同じ金利で利用できるため、低金利で100万円の融資を受けたい人はぜひ検討してみて欲しい。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンは、低金利と高い限度額が特徴だ。

三井住友銀行の住宅ローン利用者は、より低金利で融資を受けられる上に、契約内容によっては最大800万円まで融資を受けることができる。

オンラインでスムーズに申込と審査が進むため、迅速な融資が期待できるだろう。

また、三井住友銀行の広いネットワークを利用した利便性も高い評価を受けている。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のスーパーローンは、インターネット専業銀行ならではの低金利が魅力だ。

手続きはオンラインで完結でき、最短即日融資も可能だ。

審査内容によっては最大800万円まで借入することもできる。

さらに、楽天会員はランクに応じて審査が優遇される。

そのため、楽天サービスを多く利用する人はまず「楽天銀行スーパーローン」の申込を検討して欲しい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンは、ユニークな特典やサービスが充実している。

特にauユーザーには優遇金利や特典が用意されており、低金利での借入が可能だ。

具体的には、auIDを保持している人がauじぶん銀行カードローンを利用すると最大0.5%の金利が優遇される。

限度額100万円の場合のみ優遇されるため、優遇目当てでauじぶん銀行カードローンを契約する場合は限度額の設定に注意して欲しい。

なお、auじぶん銀行カードローンは「auじぶん銀行口座」がなくとも申込可能だ。

オンラインで迅速に申込・審査が完了するため、au IDを保持している人はぜひauじぶん銀行カードローンの申込を検討していただきたい。

バーナー画像予定

金利(実質年率)年1.48%~年17.5%
審査時間最短1時間
融資速度最短1週間程度
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上70歳未満
担保・保証人不要

100万円を低金利で借りるならろうきん・信用金庫・JAもおすすめ

100万円を低金利で借りるなら、ろうきん・信用金庫・JA(農業協同組合)の選択も最適だ。

ろうきん(労働金庫)は労働者やその家族を対象に低金利の融資を提供しており、地域密着型のサービスが特徴である。

そして信用金庫は地元中心の金融機関で、中小企業や地域住民に向けた低金利のローンを提供している。

地域によって特に有利な条件での借入が可能だが、JAは農業関係者に加えて一般の個人向けにも金融サービスを提供している。

低金利での借入が期待できるものの、大手銀行とは異なる「地域に根差したサービスと柔軟な審査基準」が魅力のひとつといえるだろう。

100万円の利用目的が決まっているなら目的別ローン

100万円の利用目的が決まっている場合は、目的別ローンを選択するという方法もある。

目的別ローンは特定の用途のみで利用する必要があるものの、内容によっては安い金利で融資を受けられる可能性もある。

以下ではそれぞれに独自の特徴・条件について、詳しく解説していこう。

住宅ローン

住宅ローンは家の購入・建築・リフォームのために利用される。

住宅ローンは、長期間にわたる返済期間と比較的低い金利が最大の魅力だ。

さらに住宅ローンには税制上の優遇措置(住宅ローン控除など)があるため、税金の節約にもつながる。

ただし審査は厳格で、物件や借り入れる人の信用状況によって大きく異なる点に注意すべきである。

マイカーローン

マイカーローンは、新車や中古車の購入のために利用されるローンだ。

住宅ローンに比べると返済期間は短く、金利もやや高めに設定されることが一般的である。

しかしディーラー提供のローンや銀行などの金融機関提供のローンとは金利が異なるため、比較検討が必要となるだろう。

教育ローン

教育ローンは、子どもの学費を支払うために設計されたローンのことだ。

学校の種類や教育水準に応じて必要となる金額が異なるため、柔軟な借入額を設定できるところが魅力的だ。

また「奨学金」は子供本人に返済義務があるが、教育ローンは借り入れた親に返済義務がある点も大きな特徴だといえるだろう。

ただし、奨学金・住宅ローン・マイカーローンに比べてやや高い金利が設定されることが多いため、注意が必要だ。

医療ローン

医療ローンは治療費や美容整形費用など、医療に関連する費用をカバーするためのローンだ。

保険適用外の治療や高額な美容整形など、一時的に大きな出費が必要な場合に利用される。

金利や返済条件は金融機関によって異なるが、カードローンや消費者金融からの借入に比べて金利が低いことが特徴だ。

100万円を低金利で借りるのに審査はある?

金融機関が提供するどの種類のローンであっても、一定の金額を借り入れる際には審査が必要だ。

例え100万円でも審査を回避することはできない。

審査では、申込者の収入・雇用形態・勤続年数・他の借入状況・信用情報などが評価される。

これらの情報に基づいて金融機関は借り入れを承認するかどうか、またどの程度の金額と金利で貸し出すかを決定することとなる。

特に低金利のローンを希望する場合、信用情報がより厳しく評価されることが一般的だ。

低金利で100万円を借りる場合は審査を通過する必要があるため、事前に自身の信用情報を確認し必要な書類を整えておくとスムーズだろう。

100万円を低金利で借りる際も返済能力を過大評価せず、自身の経済状況に合った借入を行うように心がけることをおすすめする。

100万円を低金利で借りるときに審査に落ちる人の特徴

続いて、100万円を低金利で借りるときに審査に落ちる人の特徴を3つ紹介する。

結論として、以下の特徴を持つ人は100万円を低金利で借りる際に審査で不利になる可能性が高い。

借入を希望する場合はこれらのポイントを意識し、無理のない範囲での申込を行うことが重要だ。

また、信用情報の改善に努めることも将来の借入において有利になるだろう。

年収が300万円未満

年収が300万円未満の場合、審査に落ちる可能性が高い。

なぜなら低金利のローンを提供する際、金融機関は申込者の安定した返済能力を重視するためである。

年収が低いと借入額に対して返済負担が大きくなると判断され、審査に落ちる要因になり得るのだ。

つまり、年収が300万円以上あれば収入の面で審査に落ちる可能性は低い。

年収が十分にあるにも関わらず審査に落ちてしまった場合は、他の要因があると考えるべきだろう。

金融ブラック

「金融ブラック」とは、過去の延滞や債務不履行などにより信用情報にネガティブな記録が残っている状態を指す。

「金融ブラック」は返済を滞るリスクが高いと判断され、審査に落ちる可能性が非常に高い。

たとえば、過去に複数回の支払い遅延を起こしていたと仮定する。

支払い遅延を起こして信用情報にネガティブな情報が記録されれば、融資を受ける際に「金融ブラック」と判断される可能性が高い。

とはいえ、支払いの延滞や債務不履行がなければ「金融ブラック」になることはない。

現在他社から借り入れている人やクレジットカードを利用している人は、この先も支払いを延滞しないように注意して欲しい。

他社での借入件数が多い

他社からの借入件数が多い場合、返済に関するリスクが高いと見なされる。

たとえば他社からの借入件数が多すぎて返済できないと判断された場合や申告に虚偽があると見なされれば、審査に悪影響を及ぼす可能性が高いのだ。

金融機関は個人の借入総額や月々の返済額を評価し、収入に比べて過剰であると判断すれば新たな借入の審査に否定的な判断を下すことが一般的だ。

100万円を低金利で借りる場合の利息はいくら?

100万円を低金利で借りた場合の利息は、主に以下3つの要素によって計算される。

金利借入に適用される年率のこと

低金利のローンといっても金融機関や借入の種類によって異なり、年利3%と年利5%では大きな差が出る
借入期間利息の総額は借入期間によっても変わる

短期間で返済すれば利息は少なくなるが、長期間借入すると利息総額は増加する
返済方法元利均等返済(毎月同額返済)か元金均等返済(毎月の元金返済額が一定)かによって支払う利息の総額は変わる

例を挙げると、100万円を年利3%で1年間借りた場合の利息は30,000円になる。

毎月の返済額を増やすと返済期間を短縮できるが、返済額を減らすと完済までの期間が延長される。

なお、具体的な計算は金融機関のローン計算ツールやローン計算アプリを利用するとより正確な数字が得られる。

100万円を低金利で借りる場合の利息は金利・借入期間・返済方法によって異なるため、事前に個々の条件に基づいて計算しておくと安心だ。

借入を検討する際は総返済額に対する利息を理解しておき、無理のない返済計画を立てることが重要である。

100万円を低金利で借りるときの注意点

続いて、100万円を低金利で借りるときの注意点を3つ紹介していく。

100万円を低金利で借りる場合、以下のポイントに注意して、賢明な借入と返済計画を立てることが重要だ。

自身の返済能力を正確に把握し、無理のない範囲での借入を心掛けて欲しい。

ATMで引き出せる限度額に注意する

特にカードローンなどでATMを利用する場合、一度に引き出せる最大限度額に注意が必要だ。

多くの金融機関では、ATMでの一回あたりや1日の引き出し限度額が設定されている。

そのため、大きな金額を一度に必要とする場合は事前に限度額を確認し計画的に引き出す必要がある。

返済期間が長引くと返済負担が増す

低金利であっても返済期間が長くなればなるほど、支払う利息の総額は増加する。

最初は月々の返済額が小さくても長期にわたる返済は総返済額を増加させ、結果として大きな負担になる可能性が高い。

借入時には返済期間と利息の総額を考慮し、無理のない返済計画を立てた上で利用することが重要だ。

違法業者や個人間融資は利用しない

法外な高金利を要求する違法業者や不透明な条件の個人間融資は、利用を避けるべきである。

なぜなら返済負担が予想外に膨らむリスクが高く、場合によっては法的な問題に巻き込まれる可能性があるためだ。

リスクを避けて安全に融資を受けるためにも、信頼できる金融機関や大手消費者金融を利用してほしい。

低金利のカードローンについては以下の記事でも詳しく解説している。ぜひ参考にしてみて欲しい。

カードローンの低金利について詳しい解説はこちら。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次