MENU

【東京スター銀行のスターカードローンα】金利・審査基準・返済方法について徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンの利用を検討している方は、東京スター銀行のスターカードローンαがおすすめだ。

銀行系カードローンのため、金利が低く最大1,000万円まで借りられる点が魅力といえるだろう。

そこで本記事では、「スターカードローンα」がおすすめの場面・金利・審査基準・返済方法について解説する。

東京スター銀行のスターカードローンαの基本的な知識を身に付けて、万が一の際に利用を検討してみよう。

目次

東京スター銀行「スターカードローンα」がおすすめな場面とは?

東京スター銀行のスターカードローンαがおすすめな場面とは? カードローンナビ

スターカードローンαがおすすめな場面は、以下の通りだ。

  • 急な出費が発生した
  • 高額なお買い物が必要
  • インターネットで手続きを完結させたい
  • 将来に備えてお金の選択肢を増やしたい

誰しもお金を借りる際は、何かしらの事情によりお金が足りなくなった場合が多い

例えば急な出費があると、それ以上のお金がなければ賄えなくなるだろう。

そのような場合にカードローンの需要が大きくなる。スターカードローンαも同様だ。

ここではカードローンがおすすめな場面を解説する。

急な出費が発生した

急な出費が発生した場合は、スターカードローンαの利用がおすすめといえる。

東京スター銀行の口座を所有することで、インターネットで簡単に申し込めるためだ。

即日融資は難しいが、急な出費に備えることが可能だろう。

例えば、突然のケガや病気・家電の故障・自家用車の故障などだ。

本来なら、万が一に備えて貯金できることが理想だが、そうではない場合はスターカードローンαを利用することで補えるだろう。

高額なお買い物が必要

スターカードローンαは、高額な買い物が発生した際におすすめといえる。

理由は、最大1,000万円までの借入が可能なためだ。

事業性資金に利用する場合は不可能だが、10万〜1,000万円までの融資を実行できる。

もちろん審査によって借入金額の上限は決められるが、ある程度高額な買い物にも対応できるだろう。

例えば、引越しによる家具・家電の購入費用や敷金・礼金、資格取得に必要な取得費・学費などだ。

まとまったお金が必要だがどうしても賄いきれない場合に、スターカードローンαが有効だろう。

インターネットで手続きを完結させたい

スターカードローンαは、インターネットやアプリによる申込が可能なため、手続きをインターネットで完結させたい場合におすすめだ。

銀行が開いている時間帯は忙しく窓口に行けない・銀行が閉まっている時間帯に急な出費が発生した・手軽に申込をしたいなど、手軽さでカードローンを選ぶ場合もあるだろう。

スターカードローンαは銀行系のカードローンでありながら、店頭窓口に行かなくても申し込めるため便利だ。

将来に備えてお金の選択肢を増やしたい

将来に備えてお金の選択肢を増やしたい場合、スターカードローンαがおすすめだ。

現在安定した収入があったとしても、その収入が永遠に続く保証はない

また、ライフステージの変化に伴い、大きな出費が出てくる可能性もある。

このような状況を踏まえて、スターカードローンαを選択肢の一つに入れておくと安心だろう。

ただし、カードローンは借金の一つだ。借りたお金は必ず返す必要があるため、無理な借金は生活に支障が出る可能性がある。

スターカードローンαはいざというときに頼りになるものの、頼り過ぎには注意が必要だ。

東京スター銀行「スターカードローンα」の金利について

スターカードローンαの金利について カードローンナビ

スターカードローンαの金利は「年利1.5〜14.6%」だ。※保証料を含みます。金利は審査により決定します。

先ほど述べたように、10万〜1,000万円まで借入ができる。

金利に幅をもたせて書かれているが、実際の金額は審査によって決められるだろう。

この際に借入限度額を決められるため、誰でも1,000万円を借りられるわけではない

なお、先ほど述べたように金利は借りる金額によって金利が異なるため、「◯〜△△%」と書かれていることが多い。

一般的な例を挙げると、借りる金額が大きいほど金利が下がる傾向にあるため、100万円程度の借金であれば最も高い利率になると考えておこう。

東京スター銀行「スターカードローンα」の審査基準とは?

スターカードローンαの審査基準とは? カードローンナビ

スターカードローンαの審査基準は、公表されていない。

しかし、注意書きで「ご本人さまに定期的な収入がない場合(専業主婦の方など)は申込いただけません」と書かれている。

このことから「安定した収入」が絶対条件といえるだろう。

さらに一般的な基準として、過去に遅延や滞納などの金融事故を起こしていると信用が下がり借入は難しいといえる。

そのため、自身の信用情報は事前に確認することがおすすめだ。

また審査方法は仮審査と本審査に分かれており、仮審査では在籍確認を会社に電話する方法で行われる。

インターネットで手続きは完了するが、ローンカードは後日郵送されるため自宅への郵送を避けたい方にはおすすめできない。

なお、スターカードローンαは、即日融資ができないことになっている。

2018年1月より「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が禁止になったためだ。

このように即日融資は難しいため、計画的な利用をおすすめする。

東京スター銀行「スターカードローンα」の返済方法について

スターカードローンαの返済方法について カードローンナビ

スターカードローンαの返済方法は、口座自動引き落とし・ATMで支払い・振込の3つだ。

銀行口座は東京スター銀行の口座を所有していないと契約できないため、自動的に東京スター銀行の口座を使用することになる。

返済のかたちは毎月返済する「約定返済」に加え、繰上返済が可能だ。

約定返済の返済日は「毎月4日(休業日の場合は翌営業日)」で、最低返済金額は2,000円に設定されている。

ただし、約定返済の毎月の返済額は借入金額によって異なる。

毎月2,000円の返済金額でいくらでも借りられるわけではないため注意して欲しい。

東京スター銀行「スターカードローンα」と消費者金融カードローンとの比較

スターカードローンαと消費者金融カードローンとの比較 カードローンナビ

スターカードローンαと消費者金融カードローンを以下のポイントで比べてみた。

  • 審査や融資基準の比較
  • 金利の比較
  • 返済額の比較

消費者金融とは、カードローンのような個人向け融資を中心に扱っている事業者を指す。

貸金業者として金融庁の認可を受けており、貸金業法と呼ばれる法律にもとづいて金銭の貸し付けを行っていることが特徴だ。

一般的に銀行のカードローンよりも審査が甘いといわれているが、明確な基準は公開されていないため定かではない。

しかし、即日審査・融資や30日間無利息など、確かに借りやすいイメージがあるといえるだろう。

※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。

審査や融資基準の比較

スターカードローンαと比べて、消費者金融の審査基準は甘いと感じる方もいるだろう。

しかし、明確な審査基準を公表している業者は少なく、はっきりと「審査が甘い」とはいい切れない

さらに、消費者金融は貸金業法に則って運営されているが、貸金業法には「総量規制」が存在する。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入を禁止する規制だ。

そのため、消費者金融で借入する場合は、高額な借入は難しくなる。

例えば、年収が300万円であれば借入金額は100万円までになるだろう。

また「安定した収入」という基準は同じだが、消費者金融の場合は毎月一定の収入があればアルバイトやパートなど正社員ではなくても借入できるといわれている。

即日審査・融資が可能な業者もあり、すぐにお金が必要な場合は使い勝手のよいカードローンといえるだろう。

ただし、信用情報については、過去に遅延・延滞など金融事故を起こしていると借りられない場合があるため、信用情報は事前に確認しておくとよいだろう。

このように年収の3分の1を超える借入を希望する場合は、消費者金融よりスターカードローンαのほうが審査に通りやすいといえる。

金利の比較

先ほど紹介したスターカードローンαの金利は「年利1.5〜14.6%」だ。

それに比べて消費者金融の金利は次のようになっている。

金利(年利)借入可能額
アコム3.0〜18.0%1万〜800万円
プロミス4.5〜17.8%1万〜500万円
アイフル3.0〜18.0%1万〜800万円
SMBCモビット3.0〜18.0%1万〜800万円
レイク4.5〜18.0%1万〜500万円

上記の表は、大手消費者金融の金利である。

どの業者も大きく差はないが、スターカードローンαの金利と比較すると高く感じるだろう。

やはり、銀行と消費者金融では金利に差が出る。

消費者金融のように借入のしやすさを優先させると金利が高くなる傾向が否めない。

しかし、消費者金融では初回の借入に限り、30日間無利息のサービスを行っているところがある。

この無利息期間をうまく活用することで、返済総額に対する利息を減額することも可能だが、このサービスはスターカードローンαも行っている。

また、借入可能額は1万円から借りられ便利に感じるが、最大500万円もしくは800万円とスターカードローンαよりも金額が少ない。

金利・借入限度額を優先する場合はスターカードローンαがおすすめだ。

返済額の比較

スターカードローンαは毎月2,000円から返済が可能だ。

それに対して消費者金融の場合は、借入金額や返済回数によって毎月の返済額が異なるため、明確に「いくらから返済可能」といった情報を提供している業者は少ない。

ここで「アコム」の返済シミュレーションを参考にして欲しい。

返済期間返済回数毎月の返済金額返済総額
1年以内10回11,000円109,710円
2年以内20回 6,000円118,930円
3年以内25回 5,000円123,709円
4年以内33回 4,000円131,987円
5年以内51回 3,000円150,105円

上の表は、金利18.0%で10万円の借入をした場合の比較表だ。

見ての通り、返済回数によって返済金額が異なるため、毎月の返済額を抑えたい場合は回数を増やすしかないだろう。

しかし、返済回数が増えるほど、返済総額が大きくなる

10回と50回で比べると支払総額で40,000円以上の差が出るだろう。

このように借入も返済も計画的に行わないと、支払いが難しくなる恐れがある。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

東京スター銀行「スターカードローンα」と他の銀行カードローンとの比較

スターカードローンαと銀行カードローンとの比較 カードローンナビ

スターカードローンαと銀行カードローンの比較を以下のポイントで行う。

  • 審査や融資基準の比較
  • 金利の比較
  • 返済額の比較

スターカードローンαは、いわゆる「地方銀行」が取り扱うカードローンだ。

大手銀行カードローンとはどのような違いがあるのだろうか。

地方銀行と大手銀行の違いは、取引を行う相手だ。

地方銀行は本店がある都道府県内を営業エリアとして、地元の大手・中小企業を中心に取引している。

一方で、大手銀行は大手上場企業を中心に取引しており、取引相手の規模や扱う金額が大きく異なるだろう。

ここでは、スターカードローンαと銀行カードローンの違いについて見ていこう。

審査や融資基準の比較

結論からいうと、スターカードローンαは銀行カードローンのため、他行のカードローンと基本的な審査や融資基準に大きな差はないだろう。

ただ、銀行カードローンの審査は厳しいといわれている。

その理由は、警視庁のデータベースへ照会を行うためだ。

実際に、平成30年1月より銀行カードローンの審査時に警視庁のデータベースへ紹介を行うように決められている。

目的は、暴力団関係への融資を阻止することだ。

先述したようにスターカードローンαは即日融資ができない。

これも警視庁のデータベースへ照会するために、即日に結果が出ないことも理由の一つだろう。

また、これまでの銀行は保証会社へ業務を委託しているため、実質的な審査は保証会社が行っていた。

しかし、平成30年1月より銀行も審査体制を整えるようになり、保証会社と銀行のダブルチェックになっている。

このような背景から、銀行カードローンの審査が厳格化しているといえるだろう。

金利の比較

ここではスターカードローンαと他行カードローンの金利を比較する。

金利(年利)借入可能額
東京スター銀行スターカードローンα1.5〜14.6%10万〜1,000万円
三菱UFJカードローン「バンクイック」1.8〜14.6%10万〜500万円
三井住友銀行カードローン1.5〜14.5%10万〜800万円
みずほ銀行カードローン2.0〜14.0%10万〜800万円
りそな銀行カードローン1.99〜13.5%10万〜800万円
楽天銀行スーパーローン1.9〜14.5%10万〜800万円
イオン銀行カードローン3.8〜13.8%10万〜800万円

上記の表は大手銀行カードローンの金利と借入可能額を表している。

スターカードローンαと比べても、金利・借入可能額ともに大きな差はないだろう。

ただし、スターカードローンαは金利の最小値が「1.5%」と最も低い。

また、借入限度額も1,000万円と大きいため、高額な借入であればスターカードローンαがおすすめだ。

返済額の比較

続いて、スターカードローンαと他行カードローンの返済額を比較する。

スクロールできます
毎月の
最低返済額
返済日返済方法
東京スター銀行スターカードローンα2,000円毎月4日
(休業日の場合は翌営業日)
約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
ATMで支払い
振込
三菱UFJカードローン
「バンクイック」
1,000円・毎月の指定日(自分で選択)
・35日ごとの返済
約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
ATMで支払い
振込(ネットバンキング)
三井住友銀行カードローン2,000円毎月5日・15日・25日・月末から選択約定返済
口座自動引き落とし
ATMで支払い
SMBCダイレクト
(ネットバンキング)
みずほ銀行カードローン2,000円毎月10日約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
ATMで支払い
みずほダイレクト(ネットバンキング)
りそな銀行カードローン2,000円毎月5日
(休業日の場合は翌営業日)
約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
ATMで支払い
マイゲート(ネットバンキング)アプリ
楽天銀行スーパーローン2,000円毎月1日・12日・20日・27日から選択
(27日は楽天銀行口座を登録した場合のみ)
約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
提携ATM
ネットバンキング
振込
イオン銀行カードローン1,000円毎月20日約定返済
口座自動引き落とし
繰上返済
ATM
ネットバンキング

表のように、毎月の最低返済額は1,000円もしくは2,000円になっている。

この返済額はいくら借りても2,000円というわけではない。

借入金額や残高に合わせて、返済金額が異なることが通例だ。

返済方法は、毎月決められた額を返済する「約定返済」と、お金に余裕があるとき元金を一気に減らせる「繰上返済」の2通りある。

一般的に、約定返済を基本的な返済方法として利用することが多い。

約定返済の返済額を設定する方法は、大きく分けて「定額・定率返済」「残高スライド方式」の2種類ある。

定額・定率返済は、一定の元金もしくは一定の利率で計算したものを毎月返済する方法だ。

定額返済の場合は残高によって利子が異なるため毎月同額の返済ではないが、一定額の元金を減らせる。

また、定率返済は一定の利率を設定し、毎月同じ金額を返済するため返済計画を立てやすいだろう。

一方で、残高スライド方式は借入残高に応じて毎月の返済金額が異なるものだ。

借入れ残高が減れば毎月の負担も軽くなる。

しかし、返済回数が増えるほど返済総額が大きくなるため、ある程度の金額になったら繰上返済を検討するとよいだろう。

繰上返済は、給料やボーナスなどまとまったお金が入った場合に、借金返済に充てる方法だ。

繰上返済で入金するお金はすべて借金の元本に充てるため、借入残高を一気に減らせられる。

カードローンは返済回数をできるだけ減らしたほうが借金総額を減らせられるため、繰上返済をうまく活用するとよいだろう。

東京スター銀行「スターカードローンα」と信用金庫カードローンとの比較

スターカードローンαと信用金庫カードローンとの比較 カードローンナビ

スターカードローンαと信用金庫カードローンを以下のポイントで比べてみた。

  • 審査や融資基準の比較
  • 金利の比較
  • 返済額の比較

信用金庫は非営利法人で、営業エリアの方々が利用者・会員となっている

地域の繁栄のために相互扶助を目的とした共同組織の金融機関だ。

主な取引先は該当地域にある中小企業や個人で、エリアを限定して取引を行うのが特徴だ。

銀行のような利益第一主義ではなく、地域社会の利益を優先している。

審査や融資基準の比較

スターカードローンαと同じように、信用金庫カードローンも明確な審査内容を公表していない。

そのため銀行カードローンより審査基準が甘いとはいい切れないだろう。

ある信用金庫の「カードローン申込に際しての留意事項」を参考に信用金庫ならでは注意点を見ていこう。

  • 営業区域内に住んでいる、もしくは勤務している
  • 該当の信用金庫の本人名義の普通預金口座を保有している(取引確認済口座)
  • 勤務先への在籍確認電話あり

以上のように、カードローンは会員限定としていることが多く、誰でも申込ができるわけではない

また、審査は信用金庫と保証会社のそれぞれで審査を行っており、銀行カードローンと同様に「審査は厳しい」といえるだろう。

金利の比較

スターカードローンαと信用金庫カードローンの金利を比較したので確認してもらいたい。

各信用金庫で金利に若干の差があるため、東京・名古屋・大阪で店舗を構える信用金庫の情報をもとに紹介する。

金利
(年利)
借入れ可能額
東京スター銀行スターカードローンα1.5〜14.6%10万〜1,000万円
東京の信用金庫5.5〜14.6%10万〜500万円
名古屋の信用金庫9.5〜13.0%10万〜300万円
大阪の信用金庫2.5〜14.5%10万〜1,000万円

以上のように信用金庫の金利はやや高めに感じるが、最大金利はスターカードローンαと大きく変わりはない

基本的に金利は借入金額が多いほど下がる傾向にあるが、信用金庫の場合はそれほど大きく変わらないケースが多い。さらに、10%以上の固定金利を設定する信用金庫もある。

また、借入可能額は限度額が低めに設定されているところが多い

無理な借入はできないようになっているのだろう。

返済額の比較

以下に、スターカードローンαと信用金庫カードローンの返済額を比較した。

最低返済額返済方式
東京スター銀行スターカードローンα2,000円残高スライド方式
東京の信用金庫10,000円
(50万円以下の場合)
定率返済方式
名古屋の信用金庫3,000円残高スライド方式
大阪の信用金庫2,000円残高スライド方式

信用金庫の場合、返済額についても各信用金庫によってさまざまだが、2,000〜3,000円で返済できる信用金庫もある。

しかし、月々10,000円からの返済の信用金庫もあり、地域の信用金庫がどのような設定をしているかが重要だろう。

スターカードローンαは、東京スター銀行の口座さえあれば誰でも利用できる。その点を考慮すると、スターカードローンαのほうが使い勝手がよいだろう。

東京スター銀行のおまとめローンについて詳しくは知りたい方はこちら。

東京スター銀行「スターカードローンα」の手続きの流れ

スターカードローンαの手続きの流れ カードローンナビ

ここでは、スターカードローンαの手続きの流れを紹介する。

  1. 申込
  2. 本人確認書類の提出
  3. 前年分の収入が確認できる書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約・ローンカード発行
  6. アプリなら契約後すぐに借入可能

スターカードローンαの手続きを大きく分けると、仮審査・本審査・契約完了の3段階だ。

まずは仮審査が通過できないと、何も始まらない。

仮審査に通過しても、本審査で通らない可能性もあるため注意が必要だ。

仮審査・本審査が通れば契約が完了し、借入が可能になる。

Web・電話で申込ができるため手続きの流れを把握して、申込の検討をするとよいだろう。

申込

スターカードローンαは、Webと電話で申込ができる。店頭窓口では相談はできるが、申込の受付は行っていない。

Web申込は、インターネットを利用して24時間365日いつでも行える

その後の手続きもすべてWebで完結できるため「Web申込」が便利だ。

また、電話はフリーダイヤル「0120-82-0351」で、平日の9:00〜19:00に受付している。

Webの操作が難しい場合は電話も可能だが、Web申込のほうが何かと便利だろう。

本人確認書類の提出

スターカードローンαの申込時に、本人確認書類の提出が必要だ。

Web上でアップロードして提出できる。また、郵送による提出も可能だ。

本人確認書類は、運転免許証またはマイナンバーカードと、健康保険証の2種類が必要なため注意して欲しい。

前年分の収入が確認できる書類の提出

スターカードローンαの申込時には、前年分の収入が確認できる書類が必要だ。

ただし、借入希望額・他社借入状況によっては必要ない場合がある。

提示を求められたら対応できるように、源泉徴収票を用意しておくと安心だろう。

源泉徴収票がない場合は、確定申告書・住民税決定通知書・課税証明書の3点が必要だ。

事前に必要書類を確認したうえで、申込していただきたい。

本審査

申込時の仮審査が完了したら、そのまま本審査に入る。本審査が通過したら、そのまま契約に移る流れだ。

提出書類の漏れや記入ミスがあると審査に影響するため、慌てずに手続きを行うとよいだろう。

契約・ローンカード発行

スターカードローンαの契約をすると、ローンカードとローンカード用の暗証番号の案内ハガキが届く。

書留郵便で届くため、家族に見つからないようにしたい場合は、自身で受け取るようにする必要がある。

ローンカードが発行されれば、東京スター銀行ATMや提携ATMから借入れができる

ただし、スターカードローンαは即日融資ができないため、きちんと計画を立てて申込することが重要だ。

アプリなら契約後すぐに借入可能

スターカードローンαを利用する際は、東京スター銀行のアプリがあると契約後すぐ借入れできる

アプリとは、東京スター銀行のネットバンキングのアプリだ。ATMに行くことなく、振込や残高確認ができるため便利だ。

スターカードローンαを契約した場合、アプリ上で操作することで、すぐに自身の口座に入金手続きを行える。

ローンカードが必要ないため、即入金が可能だ。ただし、現金を引き出すにはATMに出向く必要がある。

カードローンを借りるなら東京スター銀行のスターカードローンα

カードローンを借りるなら東京スター銀行のスターカードローンα カードローンナビ

カードローンを借りるなら、スターカードローンαがおすすめだ。

金利「1.5〜14.6%」で、10万〜1,000万円まで借入できる。

銀行系のカードローンのため、消費者金融と比較すると審査が厳しい傾向にある

しかし、安定した収入がある・他社の借金がない・信用情報に傷がない場合は、よい結果が期待できるだろう。

東京スター銀行の口座があれば誰でも申し込めるため、ぜひ利用してもらいたい。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要
目次