MENU

「ハイロー投資」の全体像|仕組みからメリット・デメリットまで一挙公開

この記事で解決できるお悩み
  • ハイロー投資の仕組みを知りたい
  • ハイロー投資のメリット・デメリットを把握したい
  • ハイロー投資を行う際の注意点を学びたい

皆さんは、「バイナリーオプション」をご存知だろうか、バイナリーオプションとは、比較的短い時間の為替レートを読む金融商品だ。

短期間で大きな利益を上げられる金融商品として近年注目をされている。

そこで今回は、バイナリーオプションの全体像や仕組みについて説明をする。わかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

バイナリーオプションの代表的な業者はハイローオーストラリアという業者になる。よってバイナリーオプションの投資のことをハイロー投資ということもあるので、今回はハイロー投資と呼ぶことにする。

\最短30分で取引可能/

目次

ハイロー投資の基本とFXとの違い

まずはハイロー投資の基本とFXの違いについて説明をする。

  • ハイロー投資の仕組みと特徴
  • ハイロー投資の主な種類とその違い
  • ハイロー投資とFXの比較

わかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

ハイロー投資の仕組みと特徴

ハイロー投資とは、比較的短い将来において、為替レートが円安になっているか円高になっているかを予想する投資手法で、この予想が当たれば利益を得られる。

ハイロー投資の主な種類とその違い

ハイローオーストラリアの基本情報を載せておく。

口座維持費無料
デモ口座あり
取引手数料無料
最低・最高ペイアウト倍率1.85~2.3倍
最低・最高取引額1,000円/20万円
最低入金額5,000円
通貨数34種類
最短判定時間30秒
公式HP公式サイトはこちら

また、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションで取引方式は異なる。

国内業者海外業者
判定時間2時間(規制により2時間に固定)30秒、1分、5分、15分といった短時間取引も可能。
自由に選択できる。
取引回数/日12回無制限
ペイアウト率固定ペイアウトされる金額が1,000円などに固定。オプションの購入代金の方が変化する形式。180~200%投資額は自由に変更可能で、取引毎に決められたペイアウト倍率に沿った配当を受け取ることが出来る。
損益通算国内FXなどの金融商品との損益通算が可能海外FXなどの金融商品との損益通算が可能
税金申告分離課税総合課税

このように国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは様々な違いがあるのでしっかり理解しておく必要があるだろう。

ハイロー投資とFXの比較

ハイロー投資とFXの主な違いは以下の通りである。

バイナリーオプションFX
仕組み判定時刻の動きを2択で当てる通貨の値動きに連動して損益が大きくなる
資金1回:50円~20万円数百円
損益の確定判定時刻に自動で確定裁量で決める
レバレッジスワップポイントなしあり
取引回数・時間制限あり制限なし

このように、ハイロー投資とFXにはさまざまな違いがある。まずは両者の違いをしっかり理解しよう。例えば、短期間で利益を得たいのであればハイロー投資がおすすめだ。

一方、高いレバレッジをかけて投資をしたい場合はFXが良いだろう。

ハイロー投資の魅力とメリット

基本を抑えたところで、つづけてハイロー投資の魅力とメリットについて説明をする。

  • 単純明快な投資手法
  • リスク管理のしやすさ
  • 短期間での利益獲得の可能性

この3点に絞りわかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

単純明快な投資手法

ハイロー投資は、短い時間の為替相場が円高か、円安かを当てるだけの非常に単純な投資手法だ。

もちろん、継続的に利益を上げるためには、ある程度のマーケット知識が必要だが、誰でも簡単に利用できるのは大きなメリットになるだろう。

またビギナーズラックで勝てる可能性があるのも魅力だ。

リスク管理のしやすさ

ハイロー投資は、短い時間の為替相場の動きを当てるだけになるため、リスク管理が非常にしやすい。

また、勝ち負けが明確なため、資金管理しやすいのも大きなメリットになるだろう。

短期間での利益獲得の可能性

ハイロー投資の最大のメリットは、短い期間で利益を得られる可能性があることだ。

一般的に株式投資や投資信託などの手法では短期間に利益を得るのは難しく、長期運用が基本となる。短期間で利益を得られる可能性があるのはハイロー投資の最大のメリットといえるだろう。

ハイロー投資の注意点とデメリット

このように様々なメリットがあるハイロー投資だが、デメリットも存在する。

ハイロー投資の主なデメリットは3つだ。

  • 予想が外れた場合のリスク
  • 証券会社の選び方と信頼性の重要性
  • 心理面のコントロール

それぞれのデメリットについてわかりやすく説明をする。

予想が外れた場合のリスク

ハイロー投資は、為替相場が円高になるか円安になるかを予想するだけの単純な投資手法だ。

予想があたれば利益になるが、予想が外れれば投資資金を失うことになる。予想が外れた場合のリスクが高いのは、大きなデメリットになるだろう。

ハイロー投資における心理面のコントロール

ハイロー投資は為替レートを当てるだけの非常に単純な金融商品であるがために心理面のコントロールが非常に重要になる。

特に予想が外れ負けが続くと心理的に不安定になりやすいので注意が必要だ。

ハイロー選びの注意点

無登録業者との取引には注意

バイナリーオプションは、金融商品取引法上の店頭デリバティブ取引に該当する。日本に居住する投資者に対してバイナリーオプション取引を業として行うときは、金融商品取引業の登録が必要である。

海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されている。

・金融商品取引法の登録を受けている業者はこちら
・無登録で金融商品取引業を行っているとして金融庁(財務局)が警告を行った者はこちら

証券会社の選び方と信頼性の重要性

ハイロー投資は、海外業者と国内業者で大きく異なるため、業者の選び方には注意が必要だ。

一般的には国内業者で金融庁の登録を受けている事業者は日本の金融庁の規制をクリアしているので安心して取引ができる。一方、海外業者は国内業者に比べて判定時間やペイアウト率などを柔軟に設定できるが、注意が必要で慎重に検討をする必要がある。

なお、店頭バイナリーオプション取引(ハイロー)を提供している事業者は2024年4月時点で下記の6社である。

会社名登録番号代表電話番号
IG証券(株)関東財務局長(金商)第255号03-4520-8500
(株)外為どっとコム関東財務局長(金商)第262号03-5733-3065
GMO外貨(株)関東財務局長(金商)第271号03-6221-0221
GMOクリック証券(株)関東財務局長(金商)第77号03-6221-0198
トレイダーズ証券(株)関東財務局長(金商)第123号03-6736-9830
楽天証券(株)関東財務局長(金商)第195号03-6739-1700
https://www.ffaj.or.jp/members/document/ より引用

まとめ

本記事では、ハイロー投資の基本からメリット・デメリットを詳細に解説した。

ハイロー投資は単純でリスク管理がしやすく、短期間での利益獲得も見込める。ただし、予想が外れた場合のリスクや証券会社の信頼性など、注意点も多い。

ハイロー投資のリスクとリターンをバランス良く理解し、最適な投資戦略を策定しよう。

\最短30分で取引可能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次