1. ホーム
  2. 資産運用・資産管理
  3. 50代におすすめの資産運用とは?効果的な戦略と重要な注意点

50代におすすめの資産運用とは?効果的な戦略と重要な注意点

この記事で解決できるお悩み
  • 50代の資産運用で実践するべき効果的な戦略が知りたい
  • 安全な投資法でリスクを管理したい
  • 貯金と投資のバランスをどのように取るべきか知りたい

50代は定年後の豊かな生活のために、将来への備えを視野に入れ始める時期だ。

収入の増加や子供の独立、親からの資産継承、相続等により手元資金に余裕が生まれやすくなり、資産運用を始める人も多い。

この記事では、50代の資産運用をより効果的に行うための戦略をまとめた。

潤沢な資金をどのように運用すれば、リスクを抑えつつ効果的に資産形成ができるのか、具体的な運用手法やポートフォリオ例を紹介している。

50代は退職金や年金を得るまでに、資産運用や投資の経験を積んでおけるチャンスの世代だ。

貴重な投資機会を逃さず、この記事で投資知識を身につけ資産の拡大を目指してほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する
目次

50代におすすめしたいの資産運用の基本

50代の資産運用に効果的な戦略とは わたしのIFA

投資を成功に導くには、運用前の準備が大切だ。

まずは、投資計画における重要なポイントを3つ挙げる。

リスク許容度の把握

運用手法や商品の選定よりも前にするべきことが、リスク許容度の正しい設定である。

リスク許容度とは「どの程度の損失なら受け入れられるのか」という度合いを指す。

リスク許容度は年齢や家族構成、資産状況、投資の知識や経験などによって様々で、自身の状況を正確に洗い出し見積もっていく。

50代は、大きな損失が出ても、将来的に収入の増加で補うのが難しくなってくる。

そのため、リスク許容度の精度が特に重要だ。

「どのぐらい増やしたいか」より「どのくらいリスクを取れるのか」を正しく認識することが投資プランを考える上でのスタートとなる。

退職まで時間がないからと焦らず、まずはリスクの受け入れ度合いを把握することから始めよう。

長期的な投資計画の立案

現在の平均寿命(男性81.05歳、女性87.09歳)を考えると、50代でも20年30年の運用が可能だ。

短期的な視点での運用は避け、中長期の視野で投資を行ってほしい。

受け取れる年金や退職金額の金額が具体的になりつつある50代は、運用計画を立てやすい時期である。

まずは、中期的なゴールとして、定年時の目標金額を設定する。

定年直後に実行したいことや、かねてからの計画があれば目標額に盛り込むと良いだろう。

次に、定年後セカンドライフのための必要金額を算出し、長期的な目標金額も決めておきたい。

「投資は定年で終わり」ではなく、老後も一定額の運用を続けるべきだ。

定年後の収入予測と将来かかる費用を明確にし、15年、20年スパンの長期的な運用計画を立てておこう。

分散投資の重要性

運用は、投資種類を複数組み合わせる「分散投資」が有効だ。

1つの運用商品に投資を集中させてしまうと、その商品の損失時に資産全体に大きな影響を及ぼしてしまう。

そこで、投資先を分けることで、値下がりの影響が限定され、大きな損失を減らせる。

資産配分を決めるポートフォリオを作成するときは、一方の損失を別の資産が補えるよう、値動きが異なるものを選ぶのが基本だ。

例えば、株式と債券、国内投資と海外投資などの組み合わせが考えられる。

リスクを相殺できる投資対象を検討するのが難しい場合は、バランス型の投資信託を選ぶと良い。

バランス型の投資信託は、複数の投資種類や投資先が組み込まれており、1つの商品で自然と分散投資が叶う。

50代の資産運用におけるおすすめな投資法

安全な投資法とリスクの管理 わたしのIFA

投資は、リスクを完全に無くすことはできないが、コントロールすることは可能だ。

ここでは資産を安定的に増やしつつ、リスクを管理する方法について解説する。

安定した収益を目指す投資手法

過度なリスクを回避し、確実なリターンを目指す方法として「コア・サテライト運用」がある。

守りの運用である「コア」と攻めの運用である「サテライト」を組み合わせ、メリハリをつけた効率の良い投資を目指す手法だ。

具体的な特徴と商品は、次の通りだ。

コアサテライト
リスク低め高め
リターン年率2-3%年率4-6%
主な商品バランス型投資信託や債券、高配当株アクティブ型投資信託や成長株
運用方針中長期的な値動きの上昇や配当・分配金による資産拡大を目指す成長性に期待し、高い収益を狙う

コア・サテライト運用では、コアをメイン、サテライトを補助的な位置づけにして運用する。

それぞれのバランスは、50代であればコア70%・サテライト30%を目安に運用を始めよう。

年齢と共にリスクは下げていくべきなので、定年が近づくにつれ徐々にコアの比重を上げていくと良い。

リスクを最小限に抑える方法

リスクから資産を守る手法として注目すべきは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針だ。

GPIFは年金積立金の運用を行っているという性質上、低リスクで着実なリターンを見込める運用を行っている。

老後の資産形成を視野に入れ始めた50代の運用と重なる部分があり、参考になる。

GPIFは、以下のようなリスク管理の方針を公表している。

  • 基本ポートフォリオを運用リスク管理の根幹とする
  • 基本ポートフォリオを適切に管理するとともに、複数の資産への分散投資、資産全体・各資産クラス・各運用受託機関等のそれぞれの段階でのリスク管理を行う
  • 短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる基本ポートフォリオを決めて長期間維持していく
  • 一定の対応が必要と認められる場合には、あらかじめ定められたルールに基づき、適切な措置を講じる

つまり、原則はポートフォリオに忠実に運用し、しかるべき対応時もルール通りに行うということである。

個人のリスク管理においても、主観的な判断を排除し、決められた運用ルールに従うことが重要だ。

そのためには投資前に、徹底してプランの設定やルール作りをしなければならない。

投資家に必要な心構え​​

投資手法や運用戦略と同等に、投資家のマインドセットも成果にを左右する。

運用中は、短期的な価格の変動に一喜一憂しないよう注意してほしい。

長期の投資を行う中で、大きなマイナスに出くわすこともあるだろう。

下げの局面に驚き慌てて売却してしまうことを「狼狽売り」と表現する。

投資の世界では、使い古された言葉であることから、誰もがやってしまうありふれた失敗と言える。

どんな投資対象でも価格が上がったり下がったりしながら、長期的には右肩あがりを目指す動きをする可能性が高い。

資産運用は、長期継続の気持ちを持ってじっくり構えよう。

また、投資では損益を確定させる「売り」のタイミングが重要だ。

しかし、急落時に慌てて損切りしてしまう、上昇時にまだ上がると思い最高値を逃すなど適切なタイミングを掴むのは難しい。

必要なのは一貫した投資方針だ。

上昇下落幅が〇%以上なら売る、PER(株価収益率)の推移が基準に達したら売るなど予め自分なりのルールを確立させる。

そしてそのルールを守り、冷静に状況判断をしてほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

50代におすすめな総資産と投資のバランスの取り方

貯金と投資のバランスの取り方 わたしのIFA

資産運用では、貯蓄用の資金と投資用の資産を明確に分けておくことがリスクマネジメントにつながる。

この章では、貯金と投資の配分や具体的なポートフォリオについて見ていこう。

緊急時の資金確保

投資で資産を拡大させる一方で、現金を確保しておくことも大切だ。

運用中、想定外の出費に見舞われることも考えられる。

病気やケガといったネガティブな出費だけではなく、子どもの留学や結婚などポジティブな出費も考えられる。

投資商品を取り崩して現金として使う場合、一定の手間や時間がかかる。

さらに、売却するべきではないタイミングで手放してしまい損失が出る可能性もある。

緊急時の出費に備えるためにも、自由に引きだせる流動性の高い貯金が一定額必要だ。

手元にある資金は、次のようにお金の色分けをすると、不測の事態に備えられる。

  • 守る資金=生活費
  • 備える資金=緊急時の資金
  • 増やす資金=投資資金

備える資金の目安は、収入に余裕がある人は月々の生活費半年分、余裕がない人は1年分を用意しておくと安心だ。

定期的なポートフォリオの見直しと調整

ポートフォリオは、作成して終わりではない。

完璧に作り上げても、運用をしていく中で資産の価格、運用パフォーマンスが日々変化していく。そのため定期的にメンテナンスをすることが大切だ。

資産配分を元の比率に戻すことをリバランスといい、値上がりした資産の一部を売却し、値下がりした資産を割安で買う。

好調な資産があると集中的に投資したくなるが、あくまで当初のポートフォリオに忠実に従うことが大切だ。

また、投資する人自身の運用ニーズが変わった時は、ポートフォリオ自体を改める必要がある。

例えば、役職定年で収入が減った時や退職時は、資産配分の見直しが欠かせない。

収入や支出の内容、生活スタイルが大きく変わることから、運用プランの確認や調整を行ってほしい。

50代におすすめの運用例

50代におすすめの運用例を、運用ニーズ別に3つ紹介する。

例1

運用ニーズ老後の資金を確保したい
リスク許容度ローリスク
資産配分バランス型投資信託 50%
国内債券 10%
外国債券 10%
預金 30%

確実に目標額を達成できるよう、低リスクの投資を行う資産配分とした。

バランス型投資信託で分散投資を行い、安定的な債券で利益を確保。流動性の高い預金も多めに配分している。

例2

運用ニーズリフォームや旅行費用の資金を用意したい
リスク許容度ミドルリスク
資産配分インデックス型投資信託30%
国内株式30%
外国債券20%
預金20%

リスクとリターンのバランスを整えた資産配分とした。

市場の動きと連動するインデックス型投資信託を選び、国内個別株は、高配当銘柄を中心に投資する。

安定しつつも、成長性が見込める外国債券と元本保証の預金を組み入れた。

例3

運用ニーズ退職後の不動産購入、海外移住を実現させたい
リスク許容度ややハイリスク
資産配分インデックス型投資信託30%
国内株式40%
外国株式30%
預金10%

理想の生活を築くため、ややハイリスクの投資を行う資産配分とした。

国内外のインデックス型投資信託で、経済の成長とともに資産拡大を目指す。

株式も国内海外ともに投資し、配当と売却益を狙う。緊急用の預金も一定額確保する。

50代から始める資産運用の相談先はどこが良い?

資産運用の相談先はどこが良い? わたしのIFA

資産運用は、第三者の助言があれば冷静に判断でき、より効果的な運用が叶う。

この章では、資産運用のアドバイザーを活用する意義や、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)について解説する。

50代の資産運用における専門家の重要性

投資では、いかに情報を集められるかが成否に大きく関わってくる。

市場の動きを見極める材料となるニュース、上昇トレンドを予測できるトピックをいち早く入手できれば、より精度の高い見通しができる。

情報の鮮度という観点では、Web媒体での収集が効果的だが、情報量が多すぎるためどれが適切か選び抜くのが難しい。

自分にあった良質な情報を手にするには、投資のアドバイザーから直接提供を受ける方法がある。

運用のプロは、豊富な知見に基づいて、客観的なアドバイスを行う。

汎用的な情報を個人の実情に合わせて落とし込み、しかるべき対応方法を提案する。

資産運用はリスク許容度やポートフォリオの作成、商品選定や売買決定など、判断の連続だ。

全て自力で決めるのは、骨の折れる作業でもある。

プロの助言があれば、適切な比較検討ができ、判断の負担を減らすこともできる。

IFAのメリットと選択基準

IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)は、専門的な金融知識を身につけたエキスパートだ。

銀行や証券会社で培った投資運用の知見を活かし、顧客資産のコンサルティングを行っている。

金融機関にも属さず独立の立場を取っているため、顧客に寄り添った提案ができるのが強みだ。

また、転勤や異動がなく一生涯の担当として顧客の資産をサポートできる。

時間をかけて資産形成に寄り添うことで、精度の高い提案が叶う。

資産全体の相談に対応しているため、将来的には退職金運用や保険の見直し、相続の相談も可能だ。

長期にわたって悩みを相談できるIFAは、50代の資産を管理し支える最適なパートナーであると言える。

IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法とその効果

IFAを選ぶ際は、幅広い業務に通じているかがポイントだ。

今後の資産管理を考えるなら、不動産購入や開業計画、相続など、今後のライフステージごとに悩みを相談できる相談実績が多いIFAが良いだろう。

IFAによって対面相談を重視したり、オンラインに特化していたりとサポートの形が異なる。

自身の希望する相談体制かどうかも確認しておきたい。

「わたしのIFA」は全国のIFAを検索できるプラットフォームだ。

担当者のプロフィールには、経歴や保有資格、得意分野、運用方針などが掲載されているため、人物像を把握しやすい。

また、担当顧客層についても保有資産額や年代、性別が開示されており、自分と同じ資産状況や年代の相談実績があるか確認できる。

資産運用のパートナー探しのツールとして、活用してみてはいかがだろうか。

50代の資産運用は効率的な戦略を実践しよう

まとめ わたしのIFA

本記事では、50代の資産運用における戦略と安全なリスク管理について解説した。

50代は人生で最も資産形成が加速できる時期で、平均寿命を鑑みても20年30年と長期運用ができる年代である。

記事中で述べた次の2つを意識し、前向きに投資を始めてみてほしい。

  • 商品選びの前に「リスク許容度」を精査すること
  • ポートフォリオを順守し長期的な視点で運用すること

おすすめのポートフォリオ例についても紹介したが、その最適解は個人の状況により異なる。

より実情に合った投資プランやリスクの洗い出しは、専門家に相談しアドバイスを受けることを推奨する。

投資の成功率をより高める手段として、プロのアドバイザーを効果的に活用してほしい。

特にIFAは、中立的な立場からあなたに最適なアドバイスを長期にわたって提供してくれる。

50代は人生の大きな転機となる時期だ。

IFA検索サービス「わたしのIFA」を活用し、自身の投資とライフプランについてIFAと共に考える時間を設けてみてはいかがだろうか。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

50代の資産運用に関するQ&A

50代はどのような資産運用戦略を取るべきですか?

リスクを低減し、確実なリターンを目指すために「コア・サテライト運用」を取り入れたい。

守りの運用である「コア」と攻めの運用である「サテライト」を組み合わせ、メリハリをつけた効率の良い投資を目指す手法だ。

50代は、コア70%、サテライト30%で運用を開始し、年齢と共にコアの割合を増やしていくとリスクを抑えた資産形成ができる。

50代のための安全な投資法とは具体的に何ですか?

投資のリスク管理で重要なのは次の3つだ。

  • リスク許容度を正確に見積もり設定する
  • 短期的な一括投資をせず長期運用・分散投資を意識する
  • ポートフォリオに忠実に運用し、何らかの対応が必要な場合もルール通りに対処する

いずれも投資前の準備と心がけが大切だ。

貯金と投資のバランスはどのように取れば良いですか?

生活に使う資金と緊急用資金、近い将来に使う資金は貯金で確保し、残った余剰資金を投資に活用しよう。

緊急用資金の目安は、収入に余裕がある人は月々の生活費の半年分、余裕がない人は1年分を用意しておくと安心だ。

各資産の適切なバランスは、個人の状況によって異なる。

そのため「わたしのIFA」を活用し運用のアドバイザーに相談するのも良いだろう。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次