MENU

楽天銀行のカードローンで10万円を借りたときの金利はいくらになる?金利の決まり方や注意するポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の利用を検討している方にとって、金利は最も気になるポイントといっていい。

金利が高ければ、それだけ支払う利息も大きくなってしまうのだ。

カードローンを賢く利用するためには、金利について詳しく理解しておく必要がある。

この記事では、楽天銀行のカードローン(楽天銀行スーパーローン)で10万円を借りた際の具体的な金利や利息の計算方法、他社との金利比較などを詳しく解説している。

カードローンをお得に利用したいという方は、ぜひ最後まで読んでいただきたい。

必ず力になれるはずだ。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で10万円を借りたときの金利はいくらになる?

ここでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)10万円を借入した際の金利について説明していく。

カードローンを利用する上で、金利は非常に重要な要素である。

金利が違えば、最終的に返済する総額も変わってくるからだ。

お得にカードローンを利用するためには低い金利で借入したいものだ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用してみたいが、金利が分からず不安という方も多いはずだ。

そのような方も、安心してほしい。

この記事を読み進めていただければ、金利について深く理解できるはずだ。

それでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について説明していこう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利は年1.9%〜年14.5%

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利は、年1.9%〜14.5%となっている。

他社の銀行カードローンと比べて、ほぼ同等の水準といえる。

また、消費者金融と比較するとかなり低い金利だ。

消費者金融と比べて銀行カードローンは審査時間が長くなる傾向があるが、低い金利は非常に魅力的な要素といえる。

利用限度額が10万円以上100万未満の場合の金利

利用限度額が10万円以上100万円未満の場合の金利は、年14.5%となる。

10万円を借入する際にこちらの利用限度額に設定すれば、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の最高金利である14.5%が適用されるのだ。

しかし、例え同じ10万円を借入するとしても、利用限度額が変われば金利も異なる。

利用限度額が高くなるにつれて金利は下がるのだ。

利用限度額ごとの金利については次の項目で詳しく説明しているので、確認していただきたい。

この記事以外にも、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)について説明している記事がある。

金利についてより理解を深めるためにも、そちらも併せて確認していただきたい。

楽天銀行カードローンの金利についてさらに詳しい解説はこちら。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利の決まり方は?

先ほど、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で10万円を借入した際の金利について説明した。

ただ、金利がどのように決定されるのか気になる方も多いはずだ。

金利を下げられるのであれば、誰でもそうしたいのは当然だろう。

もしそれが実現できれば、お得にカードローンを利用できる。

では、一体どのような要素により金利が決定するのだろうか。詳しく説明していこう。

利用限度額によって階層が分かれている

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では、利用限度額ごとに金利が設定されている。

利用限度額が高くなるほど、金利は低くなるのだ。

以下の表を確認していただきたい。

利用限度額別の金利の一覧である。

利用限度額金利(年利)
10万円以上100万円未満14.5%
100万円以上200万円未満6.6%〜14.5%
200万円以上300万円未満3.9%〜14.5%
300万円以上350万円未満2.9%〜12.5%
350万円以上500万円未満2.9%〜8.9%
500万円以上600万円未満2.5%〜7.8%
600万円以上800万円未満2.0%〜7.8%
800万円1.9%〜4.5%

金利は以上のようになっている。

ただ、金利にも幅があるので、実際にどの金利が適用となるかは審査を受けてみるしかない。

様々な要素が検討された上で金利が決定するからだ。

しかし、この表から分かるようにある程度の予測は可能なので、利用する際の参考にしていただきたい。

この表だけみると利用限度額が高い方がいいと思ってしまいがちだ。

ただ、限度額が高くなればそれだけ審査基準は厳しくなる

また、借入額は年収の1/3を超えてはならないという法律の存在もある。

これを「総量規制」という。

例えば年収が300万円の方なら、利用限度額は100万円以下の範囲内に設定されることとなる。

申込をする際は、これらのことも頭に入れておく必要がある。

利率は金融情勢などによって随時変動する

具体的な金利について説明したが、この利率はあくまで記事執筆時点のものであり、金融情勢などにより変動する可能性もある。

目安とはなるものの、現時点での正確な金利が知りたい方は、公式ホームページで確認しよう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)利用前に知りたい利息の計算方法

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利については理解できたと思う。

ただ、金利については分かったが、では具体的にいくら利息を支払えばいいのか気になる人もいるはずだ。

ここで金利と利息の違いについて確認しよう。

利息とは、借入金を返済する際に元本に追加して支払う手数料のことだ。

金利とは、元金に対する利息の割合だ。

金利というと一般的には年利のことを指す。

年利とは1年あたりの利率のことである。

例えば、10,000円を年利10.0%で1年間借入れた場合を考えてみよう。

その結果、1,000円の利息が加算され、合計返済額は11,000円になる。

借入金額が大きくなったり返済期間が長くなったりするほど、利息は増加してしまうのだ。

ここでは、利息の計算式を説明していく。

利息について理解を深め、ぜひお得なカードローンの利用に役立てていただきたい。

利息の計算式

以下の計算式を使用し、利息を求められる。

借入額(円)×金利(%)÷365日×借入日数=利息

このように、非常にシンプルな式で利息を求められるのだ。

金利は%表記のため、例えば14.5%であれば0.145をかけていただければ計算できる。

希望の借入額や期間があれば、自分で計算してみるのも良い。

また、数値を変更して計算することで、それぞれの値が利息にどのように影響するかが理解できるはずだ。

10万円を金利年14.5%で30日借りた場合の利息

それでは、先ほどの計算式に実際の数値を当てはめてみよう。

10万円を金利年14.5%で30日間借入した想定である。

10万円×14.5%÷365日×30日=1,191円(端数切り捨て)

また、60日間借入した際の計算もしてみよう。

10万円×14.5%÷365日×60日=2,383円(端数切り捨て)

このように、借入する金額が同じであっても期間が倍になれば、利息も比例して倍になるのだ。

よりお得に利用するためには、返済期間をできるだけ短くすることが重要になる。

返済シミュレーションで楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の利息を計算しよう

利息の計算方法については理解できたはずだ。

しかし、何度も自分で計算するのは面倒という方がほとんどだ。

もし利息の計算を簡単にしたいのであれば、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済シミュレーションの利用をおすすめする。

返済シミュレーションは、楽天銀行の公式ホームページから利用できる。

手早く返済計画を知りたい方におすすめしたい機能だ。

では、返済シミュレーションとはどのような機能なのか、詳しく説明していこう。

必要事項を入力するだけで簡単に計算できる

楽天銀行のホームページに、「カードローン返済シミュレーション」という項目があるので、そこからアクセスできる。

返済シミュレーションのページを開いたら、あとは必要事項を入力するだけでシミュレーションが行われる。

必要事項は、希望の利用限度額・借入希望額・返済日の3つだ。

希望の利用限度額に応じた金利でシミュレーションが行われるが、この金利はあくまで代表的な金利となる。

必ずその金利が適用されるわけではないので、その点は注意が必要だ。

それでは、このシミュレーションによって何が分かるのか、次の項目で説明していこう。

返済額・返済期間のシミュレーションが可能

必要事項を入力することで、返済総額・返済期間などの情報が表示される。

返済総額は借入金に利息を上乗せした金額のことだ。返済期間は回数で表示される。

数値を変えながら、何度も試してみることをおすすめしたい。

金利などの要素が、どれほど利息に影響を及ぼすのか、深く理解できるはずだ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では借入残高によって毎月の返済額が決まっており、以下のようになっている。

借入残高毎月返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円以内5,000円
30万円超40万円以内10,000円
40万円超100万円以内15,000円
100万円超150万円以内20,000円
150万円超200万円以内30,000円
200万円超250万円以内35,000円
250万円超350万円以内40,000円
350万円超400万円以内45,000円
400万円超500万円以内50,000円
500万円超600万円以内60,000円
600万円超700万円以内80,000円
700万円超800万円以内100,000円

返済日は1日、12日、20日、27日の中から選択できる。

ただし、27日は楽天銀行の口座をお持ちの方のみ選択可能なので注意しておこう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について注意するポイント

ここまで、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)について説明してきた。

今まで金利や利息についてあまり知らなかった方も、それらの重要性を理解できたと思う。

しかし、いざ利用するとなるとまだ不安という方もいるかもしれない。

そのような方のために、金利について注意すべき点を説明しておこう。

金利について最も注意したいのは、「同じ金利でも、借入残高が大きいほど発生する利息は大きくなる」ことである。

当然のことではあるが、これは非常に重要なことだ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では借入残高に応じた毎月の返済額が決まっている。

しかし、最後までそのペースで返済を続けていれば、返済回数は最長となり発生する利息も最大となってしまう。

そのため、もし資金に余裕があれば随時返済をすることを推奨する。

そうすれば借入額が減少し、最終的に発生する利息も抑えられる。

随時返済は、提携ATM・インターネット・振込で行える。

ただ、随時返済はあくまで余裕がある時の手段として認識しておこう。

毎月の返済が問題なく行えることが前提である。

もう一つ注意したいポイントは、返済が遅れると「遅延損害金利率」が適用されてしまう点だ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の最高金利は年14.5%となっているが、返済が遅れると年19.9%の遅延損害金利率が適用されてしまうのである。

こうなってしまえば、本来支払わなくて良いはずの利息を払うことになり、賢いカードローンの利用とはいえない。

返済日は必ず守るようにしなければならない。

不注意などによりもし遅れてしまったのであれば、一刻も早く遅延を解消しよう。

遅れれば遅れた分だけ、多くの利息が発生することとなる。

遅延が解消されれば金利は通常に戻るため、早急な対応が重要である。

これらのことに注意して、お得にカードローンを利用できるようになっていただきたい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)と他の銀行カードローンの金利を比較

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利・利息・注意点などについて説明してきた。

ただ、他社はどうなのか気になる方も多いはずだ。

そこで、他社の銀行カードローンについても金利を比較していこう。

何事も、複数の選択肢を検討し、自分に最適なものを見つけることが大切だ。

金利だけでなく簡単な特徴などについても記載していくので、参考にしていただきたい。

それでは、各社の情報を説明していく。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は1.5%〜14.5%となっている。

審査結果の回答は最短当日に得られる。

大手銀行という安心感は最大のメリットといっていい。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利は1.8%〜14.6%となっている。

全国各地の三菱UFJ銀行ATMを無料で利用できる。

審査結果の回答は最短当日に得られる。

大手銀行という安心感もメリットの一つといえる。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの金利は1.5%〜14.6%となっている。

最短当日に審査結果の回答が得られる。

東京・神奈川に住んでいる方にとって、横浜銀行のATMの多さは魅力的だ。

駅ATMも充実していることも嬉しいポイントである。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの金利は1.7%〜14.8%となっている。

審査時間に関しては開示されていない。

初回利用時に30日間の無利息期間が設けられているのは大きなメリットといえる。

金利
(実質年率)
年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

東京スター銀行スターカードローンα

東京スター銀行スターカードローンαの金利は1.5%〜14.6%となっている。

オリックス銀行カードローン同様、審査時間は開示されていない。

契約日から30日間は無利息で利用できるのは嬉しいポイントである。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの金利は2.0%〜14.0%となっている。

審査の回答は最短当日に得られる。

上限金利の低さは魅力的だ。

審査に通過できれば、お得に利用できるはずだ。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの金利は3.8%〜13.8%となっている。

最高金利が13.8%というのは他社と比べても低い数値である。

審査にかかる時間について明確な表記はないため、すぐに借入したい方は注意が必要だ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの金利は12.0%〜15.0%となっている。

他社と比べると、特に採点金利が高い印象を受ける。

申込から最短翌日に借入することが可能だ。

全国のセブン銀行ATMを手数料無料で使用できる。

セブンイレブンの店舗数の多さは大きな強みといえる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年12.0%~年15.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間なし
借入限度額10万円~300万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上70歳未満
セブン銀行口座を持っている方
一定の審査基準を満たして株式会社セブン銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者の資格がある方
担保・保証人不要

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンの金利は1.99%〜13.5%となっている。

最高金利が13.5%というのは他社と比べて低い数値なのは嬉しいポイントだ。

通常1週間以内に審査結果の回答が得られる。

やや時間がかかってしまう印象なので、早急に借入したい方は注意が必要である。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.99%〜年13.5%
審査時間最短1週間以内
融資速度最短1週間以内
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の申込方法

ここでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の申込方法について説明していこう。

いざ利用する際に、申込手順が分かっていればスムーズな行動ができる。

以下に楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)申込手順についてまとめたので、確認してほしい。

  • 楽天銀行の公式ホームページから申込フォームにアクセスし、必要情報を入力
  • 無事に申込が完了すれば受付メールが届き、審査が開始される
  • 審査結果がメールで回答される
  • 勤務先へ在籍確認の電話がかかってくる
  • 本人に契約内容を確認する電話がかかってくる
  • 必要書類を郵送、もしくはアプリで提出する(必要書類は電話にて知らされる)
  • 手続き完了後、ローンカード発行

以上のような流れとなっている。

電話対応が遅れてしまえばその分利用まで時間がかかってしまうので、その点は注意が必要だ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)が利用できる条件

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は、20歳以上62歳以下で、安定した収入があり、仕事に就いている方が利用できる。

これらの条件を満たせば、誰でも申し込むことが可能だ。

雇用形態は問わないので、パート・アルバイト・専業主婦の方でも審査に通過すれば利用できる。

このように、利用するハードルは比較的低いといっていい。

しかし、審査に通過するかどうかを確かめるには、実際に審査を受けてみるしか方法はない。

申込だけでは費用は発生しないので、検討している方はまず審査を受けてみよう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について知りたいなら

ここまで、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)について詳しく説明してきた。

知識がなく不安だった方も、かなり具体的な利用イメージが沸いたのではないだろうか。

カードローンを利用する際には、金利などの知識を深めることが極めて重要となる。

知識不足のまま利用すると、高金利による負担に苦しむ可能性もあるからだ。

一方、正しい知識を身につけていれば、お得に利用することもできる。

この記事を最後まで読んでいただいた方は、後者といって差し支えない。

本稿を読み返して楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利に関する基本的な知識を習得してもらいたい。

さらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクより楽天銀行のホームページにアクセスしてみよう。

この記事の内容を活かしてお得なカードローンライフを送っていただければ幸いだ。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次