MENU

楽天銀行のカードローンで50万円借りたときの金利はいくらになる?失敗しない借り方や金利を抑えるコツを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の利用を検討しているのであれば、まずは金利について理解を深める事をおすすめしたい。

カードローンをお得に利用するためには、金利が最も重要な要素であることを理解する必要があるからだ。

金利は利用限度額に応じて変動する。

それでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で50万円を借入すると、金利はいくらになるのだろうか。

金利が変われば、最終的に返済する金額も当然変わってくる。

知識のないまま何も考えずにカードローンを利用すれば、高い利息の支払いに悩む可能性も否定できない。

しかし、心配する必要はない。

この記事では、そうした問題を回避するための有益な情報が十分に提供されている。

賢くカードローンを利用するために、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いである。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)利用前に知りたい金利と利息の違いは?

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用するには、まず金利と利息について理解する必要がある。

そもそも金利を下げる目的は、支払う利息を少なくするためである。

金利と利息について正確に理解できれば、カードローンをお得に利用する第一歩が踏めるはずだ

よくわからないという方のために、詳しく説明しておこう。

金利とは

金利とは、借入金に対する利息の割合であり、%で表記される。

金利はほとんどの場合、年利の事を指している。年利とは、1年間の利率の事である。

金利が低いほど、当然利息も少なくなり、利用者にとって有利になる。

また、同じ金利でも借入額や返済期間が大きくなれば、利息も同様に増えるので注意が必要だ。

利息とは

借入をすると、借入額に手数料を上乗せした金額を返済する事となる。

その上乗せした金額の事を利息と呼ぶのだ。

どの程度の利息が発生するかを表す数値が、先ほど説明した「金利(年利)」である。

例えば10,000円を金利10.0%で1年間借入したとしよう。

この場合、11,000円の返済が必要になる。

この上乗せされた1,000円が利息という事だ。

利息の計算方法

以下の計算式を用いて、利息を求める事ができる。

借入額×金利÷365日×借入日数=利息

では、50万円を金利14.5%で2年間(730日)借入したと想定して計算してみよう。

50万円×14.5%÷365日×730日=145,000円

以上のように、簡単な計算式で利息を求める事ができる。

数値を変えて、自分でシミュレーションしてみるのもいい。

金利や借入期間が利息に与える影響を実感するためには、具体的に計算したりシミュレーションを行うのが有効である。

自分で試してみよう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で50万円借りたときの金利はいくらになる?

続いては、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について具体的に説明しよう。

お得にカードローンを利用するためにも、金利にはこだわって会社を選びたいものである。

ここでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)50万円借入した際の金利について説明していく。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は金利年1.9%〜年14.5%

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利は、年1.9%〜14.5%となっている。

他社の銀行カードローンと比べて、ほとんど同等の水準といえる。

銀行カードローン金利は、消費者金融と比べるとかなり低い水準となっている。

例えばアイフル・アコムは3.0%〜18.0%、プロミスは4.5%〜17.8%である。

消費者金融の方が審査に通過しやすいというメリットはあるものの、銀行カードローンの金利は非常に魅力的である。

審査に通過する事ができれば、非常にお得に利用できるのだ。

また、金利は年1.9%〜14.5%とかなり幅広く設定されている。

どのようにして金利が決定するのか、気になる方も多いはずだ。

その事については、以下の項目で詳しく説明しよう。

利用限度額に応じて金利が変わる

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では、利用限度額に応じて金利が変動し、高い利用限度額ほど低い金利が適用される。

利用限度額が高い場合、審査基準は厳しくなるが、審査に通過すればより有利な利率が適用される。

ただ、「年収の1/3を超える額の借入はできない」という規定がある。

これを総量規制と呼ぶ。

この規定は、通常銀行系カードローンには適用されないものだが、中には総量規制に準じた金額の規制を設けている銀行がある。

楽天銀行もその1つだ。

例えば年収600万円の方であれば、設定できる利用限度額は最大でも200万円以下になるわけである。

申込をする前に、この事を頭に入れておこう。

楽天銀行カードローンの利用限度額ごとの金利は、以下の通りだ。

利用限度額金利(年利)
10万円以上100万円未満14.5%
100万円以上200万円未満6.6%〜14.5%
200万円以上300万円未満3.9%〜14.5%
300万円以上350万円未満2.9%〜12.5%
350万円以上500万円未満2.9%〜8.9%
500万円以上600万円未満2.5%〜7.8%
600万円以上800万円未満2.0%〜7.8%
800万円以上1.9%〜4.5%

それぞれの利用限度額の中でも、金利には幅がある。

最終的にどの金利が適用されるかは、実際に審査を受けてみるしかないのだ。

50万円借りた場合の金利

では、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)50万円借入した場合の金利はどの程度なのだろうか。

結論からいえば、先ほど解説したように利用限度額により異なる。

50万円を借入する場合は、利用限度額が10万円以上100万円未満のケースが多い。

その場合、金利は年14.5%が適用される事となる。

この記事以外にも、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利について説明している記事がある。

さらに理解を深めたいという方は、そちらも併せて確認していただくことをおすすめする。

楽天銀行のカードローンの金利についてさらに詳しい解説はこちら。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の失敗しない借り方は?

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利については理解できたのではないだろうか。

しかし、いざ利用するとなるとまだ不安を感じる方も多いはずだ。

そのような方のために、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で借入をする際に失敗しないポイントを説明していこう。

後から後悔しないためにも、これから説明するポイントを押さえておきたい。

必要最低限の金額のみを借りるようにする

借入する際は、必要最低限の金額のみ借入しよう。

利用限度額まで余裕があれば、つい多めに借入したくなってしまう気持ちもよくわかる。

しかし、借入額が上がればそれだけ発生する利息も大きくなる。

多めに借入しても、結局使わずに返済したとすれば、利息だけ無駄に支払った事になってしまう。

これでは賢い利用とはいえない。

それを防ぐためにも、借入する額は必要最低限に留めておく事が重要である。

もし足りなくなれば、後から追加で借入すればいいだけなのだ。

その手間を惜しんではいけない。

借入をする前に、本当にその額でいいのか慎重に検討しよう。

収入とのバランスを考えて借りるようにする

借入額と収入とのバランスを考える事は、非常に大切である。

返済が苦しくなったり遅延したりする借入の仕方はしてはいけない。

そうならないために、返済日までに確かな収入の目処があるかどうか、再度確認が必要である。

返済額に対して収入がギリギリであるならば、借入額を見直した方が良い。

見込まれる収入に対して、余裕も持って返済できるよう借入額を設定すべきである。

すぐに資金が必要だとしても、焦って借入してしまえば後々後悔する事にもなりかねない。

そのため、借入額と収入のバランスを考える習慣をつけよう。

そうすれば返済に苦しむ事なく、賢くカードローンを使えるはずだ。

この記事以外にも、楽天銀行カードローンの金利について説明している記事がある。

そちらでは、100万円借入した際の金利について説明している。

併せて読んでいただくことで、お得な利用に繋げられるはずだ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の借入方法

先ほど、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の失敗しない借入のポイントについて説明した。

これで、利用する上での不安は払拭できたのではないだろうか。

では、利用しようとなったときに次に気になるのは借入方法だ。

借入方法がわかれば、具体的な利用イメージも湧くのではないだろうか。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の借入方法には、PC/スマートフォン・電話・提携ATMの3つの方法がある。

ぜひ自分の利用しやすい方法を見つけてほしい。

それでは、それぞれの借入方法について詳しく説明していこう。

PC/スマートフォンによる借入

PC/スマートフォン専用サイトの「メンバーズデスク」から借入する方法がある。

時間や場所を問わず手数料無料で借入できるのは嬉しいポイントだ。

メンバーズデスクにて借入額を入力して申込をするだけで、受付が完了となる。

電話したりATMに出向いたりする暇がない方や面倒な方には、ぜひおすすめしたい方法である。

また、楽天銀行の口座を登録口座に設定している方は、24時間365日即時振込も可能となっている。

電話による借入

電話による借入も方法の1つである。24時間対応可能で、ダイヤル専属のオペレーターが案内をしてくれる。

また、通話料は無料なので安心してほしい。

楽天銀行のホームページに、「楽天銀行カードセンターカードローンご案内専用ダイヤル」の番号の記載がある。

不明点があったときに直接オペレーターに確認する事ができるのは、大きなメリットといえる。

一点注意したいのは、24時間受付しているのは借入の申込・受付のみというところだ。

その他の問い合わせは営業時間が異なるので注意しよう。

提携ATMによる借入

コンビニや銀行の提携ATMを利用する借入方法である。

提携金融機関のATMでは、借入の際の手数料が無料となる。

代表的な例として、セブン銀行・ローソン銀行・イーネット・イオン銀行・三井住友銀行・みずほ銀行などがある。

また、他にも多数の提携ATMがあるが、手数料が発生するATMもあるので注意したい。

詳しく知りたい方は、楽天銀行公式ホームページを確認してほしい。

全国約100,000台のATMを利用できるのは嬉しいポイントだ。

自宅の近くの手数料無料のATMを確認しておく事をおすすめしたい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利をおさえるコツ

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の借入方法については理解できたのではないか。

すぐにでも利用したい気持ちの方も中にはいるかもしれない。

しかし、利用をするのはこの項目を読んでからにしてほしい。

なぜなら、利用するのであれば少しでもお得に利用してほしいからだ。

ここでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)金利をおさえるコツについて説明していこう。

金利についてはすでに説明したが、金利をおさえるコツも存在するのだ。

利用する前にぜひとも頭に入れておきたいポイントである。

利用限度額を高くするほど金利は下がる

利用限度額を高く設定できれば、金利を低くする事ができる。

利用限度額ごとの金利はすでに説明したとおりだ。

利用限度額が高くなるほど、金利を抑えられる可能性がある。

ただし、高い限度額を希望する場合は審査基準が厳しくなってしまう。

しかし、無闇に高い利用限度額を希望すればいいというわけではない。

審査に通過する見込みのない額を希望しても、意味がない。

利息制限法により、年収の1/3以上の金額の借入はできないのだ。

その範囲内において、高い利用限度額を設定する事が望ましい。

利用実績を積んだら増額も視野に入れてみる

利用実績を積んだら、利用限度額の増額申請も検討してみよう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では、利用限度額の増額の申請が可能だ。

しかし、増額申請には注意点もある。

それは再び審査が行われるため、減額の可能性もある点だ。

例えば、申請した際に転職などの理由で年収が下がっていたとすれば、減額の可能性も十分にありうる。

逆に、年収が上がったり、何度も利用して優良顧客と評価されれば、増額申請が通りやすくなる可能性がある。

このように、増額申請は金利を低くできる可能性はあるものの、注意も必要なのだ。

そのため、増額申請は慎重に行う事をおすすめしたい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の利息を節約するポイント

金利と利息の違いについては最初に説明した。

そもそも金利はなぜ抑えなければならないものなのだろうか。

それは、最終的に発生する利息を少なくするためである。

では、金利以外にも利息を少なくする方法があるのか、気になる方も多いのではないか。

結論からいえば、そのような方法も存在する。

ここでは、利息を節約するためのポイントについて詳しく説明していこう。

返済期間を短くする

返済期間を短くする事は、利息を節約する上で非常に重要なポイントである。

同じ金利であっても、返済期間が倍になれば発生する利息も倍になってしまうのだ。

そのため、返済期間を短く設定すれば、利息を節約できる。

もし返済が難しい場合は、借入額を減らすことも検討しよう。

高い利息に悩まないためにも、返済期間や借入額は慎重に決定するようにしたい。

余裕があるときに随時返済を行う

もし資金に余裕ができたタイミングがあれば、随時返済も検討しよう。

随時返済とは、月々の返済とは別に行う返済の事である。

随時返済を行うことで、借入額を減らしつつ最終的な利息を節約できる。

しかし、随時返済に気を取られて月々の返済が滞ってしまえば、本末転倒である。

随時返済はあくまで資金に余裕があるときに行うものという事を頭に入れておきたい。

可能であれば一括返済も視野に入れる

借入額を一括返済できる場合は、積極的に検討してみよう。

一括返済してしまえば、それ以降利息は発生しない。

返済した後も資金に問題がないというのであれば、一括返済も検討して欲しい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済について

すぐに利用を開始したい方もいるかもしれないが、その前に楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済について理解しておこう。

カードローンにおいて返済は最も重要だ。

なぜなら、返済に遅れてしまえば遅延損害金利率が適用となり、高い利息が発生してしまうからである。

そのような事態に陥らないためにも返済について理解を深め、遅延しないよう利用する事が大切だ。

それでは、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済について詳しく説明していこう。

給料日に合わせて毎月の返済日が選べる

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)では、毎月の返済日を選択できる。

返済日は、1日・12日・20日・27日の4つだ。

27日については、返済口座を楽天銀行に設定している方のみ選択できる。

給料日は人により様々である。

自分の給料日に合わせた返済日を設定できるのは、非常に嬉しいポイントだ。

毎月の決まった返済は口座振替のみ

毎月の決まった返済は、口座振替のみとなっている。

楽天銀行以外の口座も登録できるが、一部登録できない口座もあるため、詳しくは楽天銀行公式ホームページで確認してほしい。

返済日を忘れてしまうのが心配な方も、口座振替であれば自動で引落が行われるため、安心だ。

しかし残高が不足すれば当然引落は実行されないため、その点は注意が必要である。

随時返済は3つの返済方法から選択できる

毎月の返済に加えて行う返済が、随時返済だ。

随時返済は、3つの方法から選択できる。

その方法とは、提携ATM・インターネット・口座振込の3つだ。

自分にあった方法を見つけ、有効に活用してほしい。

それぞれ詳しく説明していこう。

提携ATMからの返済

カードを利用して、提携ATMから返済する方法である。

入金手数料が無料なのは嬉しいポイントだ。

返済は基本的には千円単位となるが、一部の提携先店舗によっては1円単位での返済が可能なケースもある。

インターネットからの返済

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)のインターネット会員サービスである「メンバーズデスク」から、金融機関のインターネットバンキングを利用して返済する方法である。

いつでも手数料無料で利用でき、1円単位で返済できる。

振込での返済

カードローン返済口座に振込をする方法である。

振込手数料がかかってしまうので、その点は頭に入れておきたい。

返済口座については、楽天銀行カードセンターまで電話で問い合わせれば良い。

こちらはフリーダイヤルとなっており、楽天銀行公式ホームページに番号の記載がある。

銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利の相場はどのくらい?

ここまで、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)について詳しく説明してきたが、他社の金利相場が気になるという人もいるはずだ。

主要な銀行カードローン各社の金利を以下にまとめたので、確認してほしい。

銀行名金利(年利)
楽天銀行カードローン
(楽天銀行スーパーローン)
1.9%〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン2.0%〜14.0%
三井住友銀行カードローン1.5%〜14.5%
オリックス銀行カードローン1.7%〜14.8%
横浜銀行カードローン1.5%〜14.6%

各社の金利は、以上の通りだ。

多少の差はあるものの、ほぼ同等の水準といって差し支えない。

そのため、金利だけではなく審査の通過しやすさや利用のしやすさなどを含め、総合的に検討するといい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)を低金利で利用するなら

この記事を最後まで読んでいただいた方なら、楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)をお得に利用する事ができるはずだ。

今まで金利などについてよくわからなかったという方も、深く理解できたのではないだろうか。

この記事でも何度も説明している通り、同じ50万円を借入ても、利用限度額が100万円未満だと金利は年14.5%だが、利用限度額が100万円を上回ると金利は低くなる。

そうすることで最終的に支払う利息を少なくできるのだ。

金利を抑えるポイントを忘れてしまった方のために、最後に再度確認しておこう。

  • 利用限度額が高くなるにつれ、金利が下がる
  • 利用実績を積み優良顧客となれば、増額申請も視野に入れる

これらのポイントを頭に入れて利用するようにしてほしい。

また、例え金利が高くなってしまったとしても、返済期間を短くしたり随時返済を活用したりする事で、利息はおさえる事ができる。

本記事を読み返して、楽天銀行カードローンを有効活用できるようにしてほしい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次