MENU

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」とは?借入の申込方法・審査・返済方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンの中には銀行が提供しているサービスがある。銀行が提供するカードローンは、金利が安い傾向にある点が大きなメリットだ。

中でも、大手銀行の三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、金利の低さとWebで24時間取引可能という利便性の高さが魅力の商品だ。

今回はバンクイックの借入の申込方法・審査・返済方法などについて解説する。

スムーズに申込をして少しでも早く借入が行えるように、ぜひ参考にしてもらえると幸いだ。

目次

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」とは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」とは? カードローンナビ

バンクイックとは、三菱UFJ銀行が提供する個人向けのカードローンサービスだ。

通常、銀行が行う融資の審査には時間がかかる。しかし、三菱UFJ銀行のバンクイックは、最短即日に審査結果が出る点が大きな魅力だ。

しかも、三菱UFJ銀行口座を持っていなくても申込ができる。銀行が提供するサービスなだけに、安心感が高いのも嬉しい。

以下でバンクイックの特徴について詳しく説明する。

三菱UFJ銀行に口座がなくても申込ができる

銀行が提供する融資サービスの多くは、融資を受ける銀行口座の開設が条件に含まれているケースが多い。

しかし、バンクイックは三菱UFJ銀行に口座がなくても申込ができるため、気軽に利用できる点が大きなメリットだ。

とはいえ、できればバンクイック申込と同時に三菱UFJ銀行口座も開設しておくと、返済方法の選択肢が広がるのでおすすめだ。

提携コンビニのATM利用手数料が無料

バンクイックによる借入・返済は三菱UFJ銀行ATMのほか、提携コンビニのATMでも利用可能だ。

三菱UFJ銀行の店舗ATMだけではなく、提携コンビニATMを利用する際も、手数料が無料という点が大きなメリットだ。

一般的なカードローンサービスの場合、自社店舗ATM以外のATM利用時には手数料がかかるケースが多い。

1取引あたりわずか数百円程ではあるが、借入や返済を繰り返すたびに手数料が取られていては、相当な額になってしまう。

実際に利用してみるとわかるが、セブン銀行などの提携コンビニATMを利用する機会は非常に多い。

バンクイックの提携ATM手数料無料サービスがどれだけ便利であるか、実感できるだろう。

申込はWebで24時間・土日でもできる

バンクイックの主な申込方法はWebと電話の2種類ある。おすすめなのはWebでの申込だ。

Webでの申込は365日24時間いつでもできる。パソコンはもちろんスマートフォンからも申込ができるので、どこにいても思い立ったときに手続きが可能だ。

 専用のアプリで更に便利に

バンクイックの専用アプリはぜひ利用したい。申込から借入・返済・利用状況まで、アプリで全て管理できるからだ。

バンクイックの申込には必要書類の提出が求められるが、アプリがあれば写真を撮ってすぐに提出することができる。

さらに、借入や返済もアプリ上で全て完結するので非常に便利だ。

スマートフォンの生体認証を設定しておけば、アプリのログインも簡単な上、なりすまし防止にも効果的だ。

バンクイックを申込む際には、専用アプリのダウンロードをおすすめする。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申込方法・利用までの流れは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申込方法・利用までの流れは? カードローンナビ

三菱UFJカードローン「バンクイック」の申込は、案内に従って必要事項を記入していくだけなので難しくはない。

ただし、必要書類などの準備を忘れると、その日のうちに審査が終わらず融資が受けられないといった状況も発生する。

ここではバンクイックの申込方法から利用までの流れを解説する。ぜひ参考にして欲しい。

Webや電話から申込

バンクイックはWebや電話から申込が可能だ。Webでの申込は24時間いつでも受け付けているので、時間を気にする必要がないのがメリットだ。

Webで申込む際には、パソコンやスマートフォンを使って、三菱UFJ銀行のバンクイック申込ページにアクセスして手続きを行おう。

または、スマートフォンのバンクイック専用アプリの利用もおすすめだ。

Webのほかに電話で申込する方法もある。

電話での申込は平日だけではなく、土日祝も可能だ。ただし、12月31日および1月1〜3日は休みとなっている。また、Webとは違い、申込時間が決まっている点にも注意しよう。

電話申込の受付時間は、平日は9〜21時土日祝は9〜17時までとなっている。

申込時間内に以下の電話番号から申込を行おう。

三菱 UFJ銀行バンクイック申込番号:0120-959-555

本人確認書類提出

バンクイックの申込を行ったら、融資可能かどうかの審査が行われる。

審査を行うにあたり、本人確認書類の提出を求められるので、事前に準備しておこう。

バンクイックの審査に有効な本人確認書類としては以下のようなものがある。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

提出方法は「Webでアップロード」「郵送」「FAX」といった方法がある。

Web申込の場合は、必要書類を写真で撮るなどしてアップロードしよう。

Webでのアップロードができない場合には、郵送かFAXを利用して提出すると良いだろう。

借入可能か審査

本人確認書類を提出したら、借入可能かどうかの審査が行われる。

審査は三菱UFJ銀行およびアコムの2社によって行われる。

これは、バンクイックの保証会社がアコムとなっているためだ。

借入審査は、提出した申込書・本人確認書類・信用情報をもとに行われる。

審査結果回答・契約

バンクイックの審査結果は、最短で即日回答が届く

しかし、結果の回答まで数日かかるケースも少なくない。

審査結果は電話、もしくはEメールにて回答される。

4日以上経っても結果の回答が得られない場合には、審査状況を問い合わせてみると良いだろう。

審査の結果、融資可能と判断されたら契約手続きを行い完了だ。後はカードを受け取れば借入が行える。

カードを受け取る

バンクイックの借入に使用するカードの受け取り方法は、郵送かテレビ窓口の2種類だ。

すぐにカードを受け取りたい場合には、三菱UFJ銀行のATMコーナー等に設置されているテレビ窓口での受け取りがおすすめだ。

ただし、テレビ窓口でカードを受け取る際には、運転免許証の提示が必須である点に注意しよう。

バンクイックの申込時に提出する運転免許証以外の本人確認書類を提示しても、テレビ窓口でカードを受け取ることはできない。

運転免許証を持っていない方は、郵送でしかカードを受け取れない点に注意しよう。

三菱UFJ銀行の任意整理について詳しく知りたい方は下記記事を参考にしていただきたい。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の必要書類は?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の必要書類は? カードローンナビ

三菱UFJ銀行が提供するカードローンサービス「バンクイック」に申込するには、「本人確認書類」が必須だ。

このほか、借入希望金額によっては「収入証明書」の提出を求められるケースもある。

ここでは、バンクイックの申込に有効な本人確認書類および収入証明書について説明する。

必要書類に不備があると審査が進まず、融資を受けるまでに時間がかかる場合もあるため、事前にしっかりと準備しておこう。

本人確認書類

バンクイックの審査に有効な本人確認書類には以下のようなものがある。

審査に有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記6点のうち、いずれか2点を提出しよう。

必要書類の提出は「必要箇所を写真に撮ってWebでアップロード」「コピーして郵送」「FAXにて送信」のいずれかの方法で行う。

運転免許証は現住所が記載されているものに限られる。

住所等が変更となり、裏面に変更事項が記載されている場合には、表面と裏面の両方を提出しよう。

表面・裏面共に現住所が記載されていない運転免許証は、本人確認書類として使用できないため注意が必要だ。

健康保険証は利用者本人の氏名・生年月日・現住所が記載されているページを提出しよう。

カード型健康保険証の場合には裏面の提出も必須だ。裏面に現住所を記入して提出しよう。

なお、国民健康保険証の場合には現住所の記入は不要だ。

マイナンバーカードは現住所が記載されているものに限られる。表面のみ提出しよう。

パスポートは日本国内で発行されたものが有効だ。

顔写真のページと、氏名や現住所が記載された所持人記入欄の両方の提出が必要だ。

なお、2020年2月4日以降に発行された新型パスポートには所持人記入欄がないため、情報を補完するための書類2点の提出が求められる。

以下のような書類が補完書類として有効だ。

  • 公共料金の領収書
  • 国税・地方税の領収書および納税証明書
  • 社会保険料の領収書(本人名義で現住所の記載のあるもの。日付が6ヶ月以内のもの)

上記のうちいずれか2点を新型パスポートと一緒に提出しよう。

在留カードをお持ちの方は表面を提出する。

ただ、変更事項がある場合には裏面の提出も必要だ。これは特別永住者証明証も同様だ。

これら本人確認書類のうち、いずれか2点を提出する必要がある。

もし1点しか用意できない場合には、「補完書類」もしくは「そのほかの書類」の中から1点を用意し、本人確認書類と一緒に提出しよう。

審査に有効なそのほかの書類には以下のようなものが挙げられる。

  • 住民基本台帳カード(顔写真入り)
  • 住民票の写し
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に発行されたもの)
  • 官公庁から発行・発給された書類で官公庁が顔写真を添付したもの
  • 各種福祉手帳

以上の書類が有効だ。注意点としては、住民票はコピーではなく、役所などで発行される「写し」を提出する必要がある点だ。

なお、本人確認書類が1点も用意できない場合には、上記の「そのほかの書類」から2点提出すると良いだろう。

そのほかの書類が1点しか用意できない場合は、補完書類から1点用意して提出する方法もある。

いずれにしても、本人確認書類は必ず1点は提出しなくてはならないので、現住所などに不備がないかしっかりと確認しておくと良いだろう。

収入証明書

バンクイック申込時に、本人確認書類のほかに収入証明書の提出が求められる場合がある。

バンクイックの審査に有効な収入証明書は以下の通りだ。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業主の方のみ)
  • 確定申告書第1表・第2表

上記書類のうち1点、もしくは2点の提出を求められるケースがある。

会社員の方であれば、源泉徴収票が用意しやすいだろう。

個人事業主の方であれば、納付した税額などが記載された「納税証明書その1」もしくは所得金額に関する記載がなされた「納税証明書その2」を用意すると良いだろう。

いずれの書類も最新のものが有効だ。発行年月日の確認を怠らないようにしよう。

収入証明書の提出が求められる主なケースは「借入希望額が50万円を超える場合」だ。

50万円以上の借入を希望する際には収入証明書の提出が必須なので、忘れずに用意しておこう。

なお、50万円以下の借入希望額の場合は本人確認書類のみで審査が可能なので、収入証明書の準備が面倒という場合には借入希望金額を50万円以下に設定すると良いだろう。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査は厳しい?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査は厳しい? カードローンナビ

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」の審査は、ほかのカードローンと比較して厳しい傾向にあるだろう。

これは金利の低さが要因の一つだ。

消費者金融が提供するカードローンサービスと比較して、バンクイックの金利は低い傾向にある。

金利が低いと何故審査が厳しくなるのかというと、貸付側のリスクが高くなるからだ。

金利が低いということは、貸付側の利益である利息があまり得られないということになる。

その上、万が一にも返済が滞った場合には、貸付側の損失は大きなものとなる。

このため、金利が低いローンほど審査が厳しい傾向にあるのだ。

審査が厳しいローンほど、申込書の記入ミスや必要書類の不備などが審査落ちのリスクを高める要因となりかねないため、ミスがないよう慎重に申込を行おう。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査に通るコツは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査に通るコツは? カードローンナビ

一般的に年収が高いほど審査が通りやすいとされているが、必ずしもそうとは限らない。

いくら年収が高くとも、審査の基準を満たしていなければ審査は通らない。

逆に、平均年収以下であっても基準を満たしていれば、審査が通る可能性が高まる。

以下でバンクイックの審査に通るコツについて説明する。

複数のカードローンに同時に申込しない

バンクイック以外の複数のカードローンに同時に申込をした場合、審査が通りにくくなる可能性がある。

これは、複数のカードローンへ申込を行った履歴が信用情報として記載されるためだ。

確かに、複数他社のカードローンとバンクイックの申込を同時に行えば、申込履歴が信用情報に記載される前にバンクイックの審査が進む可能性はあるだろう。

しかし、審査作業の開始時間は各社で異なる。そのため、バンクイックの審査を始める段階で、すでに他社のカードローンへの申込情報が信用情報に記載されるリスクは高い。

複数のカードローンを利用してはいけないわけではないが、複数社で借入を行うと借入総額が大きくなり、返済が滞るリスクがある

そのため、複数のカードローンの同時申込は、バンクイックの審査に少なからず影響を及ぼす可能性が考えられる。

審査に通る可能性を高めるためにも、まずはバンクイックのみに申込を行うようにしたい。

なるべく少ない借入金額で申込む

カードローンの審査は、借入金額が大きくなるほど厳しくなる。

何故なら、借入金額が大きくなるほど貸付側のリスクが高まるからだ。

バンクイックでは借入金額が50万円を超えた場合から収入証明書の提出が必要となるが、これも利用者の返済能力をより慎重に審査するためだ。

審査を通りやすくするには、なるべく少ない借入金額で申込するのが一つのコツといえるだろう。

他社での借入を減らしておく

他社での借入が多い場合、審査が通らない可能性が高くなる。

そのため、バンクイックに申込する前に、他社からの借入金をできるだけ返済しておくと良いだろう。

銀行以外の貸金業者には「総量規定」という規則が設けられている。

総量規定とは、貸付業者による貸しすぎを防止するためのもので、ローン利用者の年収の3分の1を超える貸付は行ってはならないという規制だ。

先ほども述べたように、総量規定は消費者金融などの貸金業者に定められた規則で、銀行は規制の対象外だ。

そのため、銀行は総量規定に縛られることなく貸付を行うことができる。

しかし、すでに消費者金融などで多額の借入をしている方に対し、新たに貸付を行うのは銀行にとってもリスクが高い。

このため、他社の借入が多い場合には審査が通らない可能性が高くなるのだ。

バンクイックの申込をする前に、他社の借入金額をできるだけ減らしておくと審査に通りやすくなるだろう。

三菱UFJ銀行のおまとめローンについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」返済方法

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」返済方法 カードローンナビ

バンクイックの返済方法は、「口座引き落とし」「ATM」「振込」の3種類だ。

以下でそれぞれの返済方法について解説する。

口座引き落とし

口座引き落としによる返済は、毎月決まった日にちに口座から自動で引き落としてくれるため、返済を忘れる心配が少なく便利だ。

バンクイックの返済日は希望の日にちを指定することができる。

給料の振込日の翌日などに指定しておけば、口座にお金がないという心配も少ないだろう。

ただし、口座引き落としが利用できるのは、三菱UFJ銀行の普通預金口座のみだ

他行の口座からは引き落としができない点に注意しよう。

返済方法として口座引き落としを利用したい場合には、バンクイック申込と同時に口座を開設しておくと良いだろう。

スマートフォンアプリの「スマート口座開設」から、口座開設の申込が簡単にできるので、ぜひ利用してみてほしい。

ATM

三菱UFJ銀行の店舗ATMや、コンビニなどの提携ATMから返済することが可能だ。

なお、提携ATMには以下がある。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネットATM

ATMからの返済は、ATMの利用時間帯であれば何時でも可能だ。

利用時間帯は以下の通りである。

  • 三菱UFJ銀行ATM【6:00〜23:50】
  • コンビニATM【0:10〜23:50】

上記の利用時間内であればいつでも返済ができる。

ただし、毎週月曜日の1:00〜5:00と、毎月第2土曜日の21:00〜翌日7:00の間は利用できないので注意しよう。

ATMから返済する場合、利用手数料および時間外手数料はかからない

手数料を気にすることなく、いつでも気軽に返済できるのが魅力だ。

また、一部の三菱UFJ銀行の店舗ATMでは硬貨の取り扱いも行っているので、1,000円以下の端数を返済できるのも助かる。

なお、バンクイックの借入金を一括で返済する場合にも、ATMから返済が可能だ。

三菱UFJ銀行の口座がなく口座引き落としによる返済ができない方・臨時返済や一括返済をしたい方は、ATMを利用しての返済が便利だろう。

振込(三菱UFJダイレクト)

銀行振込によってもバンクイックの借入金の返済が可能だ。

その場合、三菱UFJ銀行のインターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」を使用すると、振込手数料が無料となるため非常にお得だ。

三菱UFJダイレクトは、お手持ちのスマートフォンやパソコンから振込の手続きができるため、銀行窓口やATMまで足を運ぶ必要がない点も大きなメリットだろう。

なお、三菱UFJダイレクトを使用しての返済は、基本的に24時間365日いつでも取引ができる。

ただし、毎月第2土曜日の21:00〜翌日7:00は取引できないので注意しよう。

返済方法特徴
口座引き落とし毎月決まった日に口座から自動引き落とし
引き落とし日を指定できる
三菱UFJ銀行の普通預金口座のみ対応
ATM三菱UFJ銀行ATMおよび提携先ATMが使用可能
ATM利用時間帯のみ取引可能手数料無料
振込(三菱UFJダイレクト)三菱UFJダイレクト使用で振込手数料無料
スマートフォンやパソコンから手続き可能
24時間365日いつでも取引できる

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を使う際の注意点は?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を使う際の注意点は? カードローンナビ

バンクイックの申込・使用に関していくつか注意点がある

これらの注意点をよく理解しないまま使い始めてしまうと、不満を抱えてしまう可能性があるだろう。

以下を参考に、バンクイックを使う際の注意点をよく理解してから、利用を開始してほしい。

職場に在籍確認の連絡が入る

バンクイックの申込を行うにあたり、審査の一環として職場への「在籍確認」が行われる。

これは、利用者が申込書に記入した職場に、本当に在籍しているかどうかを確認するためのものだ。

この在籍確認は利用者の返済能力を測るための大事なポイントとなるため、融資の審査には必須の項目だ。

しかし、カードローンの利用を知られたくない方にとっては、職場への電話連絡には抵抗があるだろう。

だが安心してほしい。バンクイックの審査に伴う在籍確認において、カードローンの利用が職場にバレる心配は少ないだろう。

確かに、バンクイックの在籍確認において電話口の担当者は「三菱UFJ銀行の〇〇です。〇〇さんはおられますか?」と、銀行名を名乗って在籍確認を行う。

しかし、これだけではバンクイックの審査に関する電話かどうか分からない。

何故なら、銀行が扱う商品はカードローンだけではないからだ。

住宅ローン・マイカーローンといった各種ローン商品はもとより、保険や投資商品など、扱う商品は多岐にわたる。

そのため、三菱UFJ銀行から電話による在籍確認が行われただけでは、バンクイックの利用が知られる可能性は少ない。

「それでもやはり心配だ」という場合には、書類の提出によって在籍確認が完了するケースもあるので、バンクイック申込時に電話にて相談してみると良いだろう。

希望の借入可能額になるとは限らない

バンクイックの申込を行い審査に通ったとしても、必ずしも希望通りの借入可能額になるとは限らない。

何故なら、借入金額は利用者の返済能力によって決まるからだ。

そのため、例えば50万円で借入希望金額を出していたとしても、実際には20万円までしか借入できないケースもある。

また、バンクイックの利用が初めての場合には、借入可能額が低めに設定されるケースがある。

このような場合には、バンクイックを何度か利用し、借入や返済の実績を作ってから借入額の増額を申請してみると良いだろう。

審査は個人の返済能力を重視される

バンクイックなどのローンの審査は、年収が高いほど通りやすいとされるが、必ずしもそうとは限らない。

審査で重要視されるのは「個人の返済能力」だ。

いくら年収が高くても、これまでに複数のローンを組んでいたり返済が遅れたりした経験がある方は、返済能力が低いとみなされ審査に通らない可能性が高い。

逆に、年収が平均以下であっても毎月安定した収入があり、ローンの返済も遅滞なく行っているという方は返済能力が高いとみなされるだろう。

確かに年収は高いほうが有利だ。しかし、個人の返済能力のほうがより重視される。

安定した収入とローンなどの返済実績がある方は、たとえアルバイトやパート勤務であったとしても、借入ができる可能性があるだろう。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は今後に備えた申込や契約もできる?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は今後に備えた申込や契約もできる? カードローンナビ

バンクイックは個人向け融資であるため、事業性資金としては使用できない。

ただし、それ以外であれば、使用用途は問われない

そのため、「今すぐ使うわけではないが、今後何かの理由で生活資金が足りなくなったときの備えにしたい」という理由で申込・契約することも可能だ。

事前に審査を通しておけば、急に資金が足りなくなったときも焦ることがなく安心だ。

ただし、バンクイックなどのカードローンの契約が、ほかのローン審査に影響を与える可能性がある点には注意しよう。

契約しただけでバンクイックの借入を利用していなくても、カードローンを契約した事実は信用情報として記載される。

これにより、住宅ローンやマイカーローンなどの審査が通りにくくなる可能性もあるだろう。

先々大きなローンを組む予定がある方は注意が必要だ。

カードローンを借りるなら三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」

カードローンを借りるなら三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」 カードローンナビ

カードローンを借りる際に気になるのは、貸付先の会社の信用度だろう。その点、バンクイックは大手銀行の三菱UFJ銀行が提供するサービスなので、安心感が高い。

だが、バンクイックには消費者金融が提供するカードローンのような無利息期間はなく、即日借入を行うことも難しい。この点はデメリットといえるだろう。

しかし、金利は一般的な消費者金融のカードローンよりも低く、ATM手数料が無料な点は非常に大きなメリットだ。

特に金利は、借入金の総返済額の大きさに関係してくるため、低ければ低いほど嬉しい。

低い金利で安心感のあるカードローンを利用するのならば、三菱UFJ銀行のバンクイックがおすすめだ。

まずは借入が可能かどうか、三菱 UFJ銀行のバンクイック公式ページにある「10秒借入診断」を試してみよう。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要
目次