MENU

【イオンカードのラウンジが再開!】変更したルールと利用条件を分かりやすく解説

この記事で解決できるお悩み

・イオンラウンジが何かを知りたい
・変更したルールと利用条件を知りたい

買い物に便利なイオンカード。このイオンカードを持ち、ある一定の条件をクリアした者だけが利用できる特別な休憩スペースが「イオンラウンジ」だ。

新型コロナウイルスの影響で一時的に閉鎖していたイオンラウンジが、じつは2023年6月から順次再開されている。再開に伴い、いくつかのルールや利用条件が変更。これまでとは異なる運用が始まった。

本記事では、新しく変わったルールと利用条件を分かりやすく解説する。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

目次

イオンラウンジとは

イオンラウンジとは クレジットカードナビ

イオンラウンジは、イオンカード利用者の人気スポットになっている。以前までは、ラウンジを利用するために順番待ちをしなければいけない状況だった。

ここでは、再開をしたイオンラウンジについて詳しく紹介する。

日頃よりイオンカード並びにイオングループをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
イオンラウンジは、新型コロナウイルス感染拡大に伴いサービスを停止しておりましたが、2023年6月以降、順次再開いたします。

引用元:イオンカード「イオンラウンジの再開について」(2023年7月調査)

イオンラウンジの基本情報

イオンラウンジとは、ある一定の条件をクリアしたイオンカード保有者が利用できる「専用の休憩スペース」である。

このラウンジの目的は、イオンモール内で長時間のショッピングに疲れたイオンカード保有者に「一息つける場を設ける」ことにある。

イオンラウンジでは、ソファーやテーブルが用意され、リラックスした時間を過ごすことが可能だ。また、ラウンジ内では無料の飲み物サービスが提供されており、ショッピングの疲れを癒すための一助となっている。

イオンラウンジの存在は、イオンカードを持つことの価値をより一層高めていると言えるだろう。

イオンラウンジが利用できる店舗

イオンラウンジが利用できるのは、一部の大型イオンモールだけである。

日本国内では、およそ160店舗以上に設置されている。

イオンラウンジは、店舗内のどこに設置されているのかを探すのが非常に困難だ。ラウンジの利用を考えている人は、店舗内のどこに設置されているのかをサイトマップなどで事前に確認しておくことをおすすめする。

下記、参考のイオンサイトからもイオンラウンジの設置店舗が確認できるので、是非チェックしてほしい。

改悪した?イオンラウンジのルールとは

改悪した?イオンラウンジのルールとは クレジットカードナビ

再開をしたイオンラウンジだが、変更になったルールが一部の利用者からは「改悪したのでは?」といわれている。

変更になったルールは以下の4つだ。

  • 事前予約が必要
  • 利用回数の制限(月5回まで)
  • 同伴者数の減少(3名から1名に)
  • お菓子の提供は終了

本当に改悪になったのか?ひとつずつ解説する。

必要になった事前予約

イオンラウンジを利用するには、事前予約が必要になった。

この変更は、ラウンジへの混雑を避けるのが目的。予約した時間帯に利用者が、「確実に」そして「快適に」ラウンジを利用できるようにするためだ。

この予約制度により、利用者は待ち時間無くラウンジを利用できるように。ショッピングで疲れた身体を、イオンラウンジで癒したい人は事前の予約を忘れないようにしよう。

制限された利用回数(月5回まで)

イオンラウンジの利用回数は、月5回(1回30分)までに制限された。(1回30分は以前と同じ)

この制限は、より多くのイオンカード保有者にラウンジを利用してもらうための措置である。

土日祝日やサービスデーなどの混雑している日でも、この制限により一定の空席が確保されやすくなった。今までイオンラウンジの利用を敬遠していた人も、気軽に利用できる環境になっただろう。

この制限は、多くの人がイオンラウンジを利用するための重要な制限だと言える。

減少した同伴者数(3名から1名に)

同伴者の人数は3名から1名に減少した。

以前は、イオンモールに来店した家族や友人も3名までがラウンジを利用できた。変更前からの利用者にとっては、この減少は大きなマイナスに感じてしまうだろう。

人数制限の目的は、混雑を避け利用者全員が快適に過ごせる環境を作るためだ。ゆったりとした休憩スペースを確保したい人には、「改善」と言える変更かもしれない。

終了になったお菓子の提供

イオンラウンジ再開後は、お菓子の提供が終了となった。

以前までは、ラウンジに入る前にお菓子が提供され、ドリンクやコーヒーを飲みながらお菓子をいただくことができた。この変更は、主に衛生面を考慮しての措置だろう。

食事は飲み物とは違い、衛生面でのリスクが高まる傾向にある。近年のコロナウィルス感染を配慮しての変更だが、より安心でくつろぎやすくなったのではないだろうか。

食事を楽しみたい人は、イオンショップモール内にあるフードコートや飲食店を利用しよう。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

再開後のイオンラウンジの2つの利用条件

再開後のイオンラウンジの2つの利用条件 クレジットカードナビ

変更になったのはルールだけではない。イオンラウンジを利用するための条件も一部が変更になった。

イオンラウンジの利用条件は次の2つ。

  • イオンカードを年間100万円以上利用する
  • 株主優待を利用する

ひとつずつ解説する。

イオンカードを年間100万円以上利用する

イオンラウンジの利用条件が、「イオンカード会員であり、かつ年間100万円以上利用する」という内容に変わった。

以前は、「イオンゴールドカードを保有」していればラウンジの利用可能だった。この条件変更は、ラウンジの利用に対するハードルが上がったことを意味する。

この背景には、イオンカードの活用度を向上させる意図がある。

しかし、厳しい変更だけではない。利用条件の対象カードが、「イオンゴールドカード以外のイオンカード」も含まれるようになった。イオンゴールドカードを保有していない人にとっては、チャンスが出来たと言えるだろう。

イオンラウンジを利用したい人は、日常的な食料品の購入や大型家電の購入など、イオンカードでの支払いを積極的に行い、年間100万円の利用額達成を狙っていこう。

株主優待を利用する

もうひとつの利用条件は、「イオンオーナーズカード会員であること」。イオンオーナーズカードは、イオン株を保有することで得られる特典のひとつだ。

イオンオーナーズカードが発行される条件は以下のとおり。

  • イオン(株)の株式を100株以上保有
  • イオン九州(株)の株式を100株以上保有
  • イオン北海道(株)の株式を500株以上保有

また、こちらの利用条件の場合は、イオンの株主優待の優遇も受けられる。そのため、年間100万円の買い物が難しい人や株主優待も欲しい人は、イオンオーナーズカードを狙うのがおすすめだ。

ラウンジを利用するのにおすすめのイオンカード3選

ラウンジを利用するのにおすすめのイオンカード3選 クレジットカードナビ

イオンラウンジを利用するにはイオンカードの効率的な使い方が求められる。

ここでは、使い勝手が良く、利用者からも人気のある3枚のカードを紹介する。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードゴールド

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト クレジットカードナビ
年会費無料
国際ブランドJCB・VISA・Mastercard
ポイント還元率0.5%(イオングループでの利用で1.0%)
貯まるポイントWAON POINT・電子マネーWAONポイント
機能クレジット・WAON・キャッシュカード
家族カード追加可能
付帯保険ショッピング保険
こんな人におすすめキャッシュカードとクレジットカードを1枚にまとめたい人
公式サイトhttps://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

イオンカードセレクトがおすすめの人は以下のとおりだ。

  • イオン系列の店舗をよく利用する人
  • イオンシネマでよく映画を観る人
  • 1つのカードで機能をまとめたい人

イオンカードセレクトは、キャッシュカード・クレジットカード・電子マネーWAONが1枚にまとまった利便性の高いカードである。

イオンカードセレクトは、日常のショッピングから旅行まで幅広いシーンでポイントを獲得できる。その中でも、イオン系列での買い物でポイントが貯まりやすいのが魅力のひとつだ。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型) クレジットカードナビ
年会費無料
国際ブランドJCB・VISA・Mastercard
ポイント還元率0.5%(イオングループでの利用で1.0%)
貯まるポイントWAON POINT・電子マネーWAONポイント
機能クレジット・WAON
家族カード追加可能
付帯保険ショッピング保険
こんな人におすすめ電子マネーも使いたい人
公式サイトhttps://www.aeon.co.jp/card/lineup/aeoncardwaon/

イオンカード(WAON一体型)がおすすめの人は以下のとおりだ。

  • イオン系列の店舗をよく利用する人
  • イオンシネマでよく映画を観る人
  • 電子マネーも使いたい人

イオンカード(WAON一体型)は、通常のイオンカードに電子マネーWAONの機能が一体となったカードだ。

また、このカードには、WAON POINTカードの機能も搭載されている。この機能により、WAON POINTでのポイントも稼ぐことが可能だ。

イオンカードセレクトとの大きな違いは、イオン銀行でのキャッシュカード機能が付いていないこと。イオン銀行の口座開設に抵抗がある人や、引き落とし口座を他銀行にしたい人にはおすすめの1枚だ。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

イオンゴールドカード

年会費無料
国際ブランドJCB・VISA・Mastercard
ポイント還元率0.5%(イオングループでの利用で1.0%)
貯まるポイントWAON POINT・電子マネーWAONポイント
機能クレジット・WAON・キャッシュカード
家族カード追加可能
付帯保険ショッピング保険・旅行保険
こんな人におすすめ国内外でよく旅行をする人
公式サイトhttps://www.aeon.co.jp/card/lineup/goldcard/

イオンゴールドカードがおすすめの人は以下のとおりだ。

  • イオン系列の店舗をよく利用する人
  • 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人
  • 国内主要空港のラウンジをよく利用する人
  • 国内外への旅行が好きな人

イオンゴールドカードは、ゴールドカードの中でも珍しく年会費が永年無料で利用可能。そして、国内外の旅行傷害保険や空港ラウンジ、ショッピング保険が付帯している特典の多いカードだ。

イオンゴールドカードの入手条件は、「イオンカードを1年間に50万円以上利用」となっている。この条件を満たしたときに、インビテーションが届く制度だ。

※イオンゴールドカードは、年間カードショッピング50万円以上、他一定の基準を満たしたお客さまに発行しております。

引用元:イオンカード「イオンゴールドカード」(2023年7月調査)

イオンカード全般に言えることだが、このイオンゴールドカードもイオングループの店舗で利用するとポイントが高還元率になる。

イオングループでの買い物がメインの人は、ポイントを効率的に貯めることができるだろう。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

まとめ

【イオンカードのラウンジが再開!】変更したルールと利用条件を分かりやすく解説 クレジットカードナビ

順次再開しているイオンラウンジ。その新しいルールと利用条件について解説した。

再開前からの利用者にとっては、この新たなルールや条件に戸惑いを感じるかもしれない。

だがこの変更は、より多くのイオンカード保有者にラウンジを快適に過ごしてもらうよう配慮されたもの。イオンモールでのショッピングで疲れたとき、このイオンラウンジはゆったりとした満足度の高いくつろぎのスペースになるはずだ。

イオンラウンジの利用条件を達成するには、日々のイオンカードの利用が鍵となる。ここで紹介したイオンカードをうまく活用し、イオンラウンジでのひとときを楽しんで欲しい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック

  • URLをコピーしました!
目次