1. ホーム
  2. その他証券
  3. UBS証券についての評判を徹底解説!

UBS証券についての評判を徹底解説!

この記事で解決できるお悩み
  • UBS証券がどんな会社なのかわからない
  • UBS証券の業界の中の評判について詳しく知りたい。
  • 信頼できる相談先の探し方がわからない

UBS証券とはそもそもどんな証券会社なのだろうか。

この記事では、UBS証券の基本情報から、グローバル金融機関としての評判や、どんな人がUBS証券を利用しているのか、などについて解説している。

また、資産運用に興味を持っているがどこに相談したらよいかわからない、という方向けにおすすめの相談先も紹介しているので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しい。

目次

UBS証券の基本情報

UBS証券の基本情報 わたしのIFA

UBS証券は、スイスに本社を置く大手金融グループ、UBS AGの一部である。

  • UBS証券はどのような会社か
  • UBS証券の特徴
  • UBS証券の日本での展開

これらの項目に沿って紹介していく。

UBS証券はどのような会社か

UBS証券は、金融業界で知られる一大総合金融機関である。

その事業範囲は広く、投資銀行業務、資産運用、個人向け金融サービスを提供している。

全世界で活動し、幅広い金融ソリューションと顧客満足度の高さでその評価を確立している会社である。

2023年6月にクレディ・スイスの買収を完了したことがニュースに取り上げられ、投資家界隈でも話題になった。

UBS証券の特徴

UBSグループは世界最大のプライベートバンクであり、すべての主要な金融センターで存在感を維持している。

UBS証券はそのグループの一角をなす。

また、一流の金融アドバイザリーを提供しており、複雑な金融問題に対応する力は他社と比較しても突出している。

UBS証券の日本での展開

UBS証券は、日本でも積極的なビジネス展開を行っている。

個人投資家に対して、グローバルな株式や債券・不動産などの豊富な投資商品とプロフェッショナルなアドバイスを提供し、その資産運用の支援を行っている。

これらの実績により、UBS証券は日本における信頼性と地位を確立している。

プライベートバンクとしてのUBS証券の特徴

プライベートバンクとしてのUBS証券の特徴 わたしのIFA

UBSグループは、世界的なプライベートバンクとしてその地位を確立している。

  • UBSウェルスマネジメントの基本情報
  • 取り扱う運用商品
  • 数々の賞を受賞

50を超える国や市場で金融サービスを提供しているUBSのこれらの特徴を解説していく。

UBSウェルスマネジメントの基本情報

UBSウェルスマネジメントは、世界中の富裕層を対象とした金融サービスを提供している。

日本においても1960年代半ばに拠点を解説し、顧客に対し、そのライフスタイル、リスク許容度、資産目標や人生の目標を達成するためのパーソナライズされた運用策を提案し、その資産形成と保全を支援している。

取り扱う運用商品

日本では「UBS SuMi TURST」というブランドでサービスを提供しており、運用商品は、伝統的な国内外株式、国内外債券、仕組債、投資信託などから、ヘッジファンドやプライベートエクイティといったオルタナティブ投資まで豊富に揃えている。

また、UBS投資一任運用サービスは、忙しい人でも安心して資産運用を任せられるサービスとなっている。

数々の賞を受賞

UBSが提供する高品質なサービスと成果により、UBSウェルスマネジメントは数々の賞を受賞してきた。

最近では、ヨーロッパ、アジア、北米の各地でAsian Private Banker、Euromoney、Private Banker Internationalなどのタイトルを受賞している。

これらの賞は、業界内でのリーダーシップと独自の戦略の成功を象徴するとともに、顧客満足度の高さとその革新性を証明している。

プライベートバンクとしてのUBS証券のメリット・デメリット

プライベートバンクとしてのUBS証券のメリット・デメリット わたしのIFA

UBS証券には、プライベートバンクとしての魅力的なメリットが多く存在する一方で、一部デメリットも存在する。

これらを紐解き、UBS証券を利用するべきかを検証していくので確認してほしい。

UBS証券のメリット

UBS証券のメリットは、何といっても高度な金融知識とグローバルな視点である。

世界中に構える拠点からなるネットワークを活かし、多種多様な投資機会を提供している。

また、世界中で賞を獲得しているため、経験豊富な金融アドバイザーによるきめ細やかなサポートが受けられる点は、自身の資産を守るためにも有益である。

UBS証券のデメリット

富裕層を対象にしたサービス提供であるため、一定以上の資産がないと全てのサービスを利用することは難しい。

また、多様な金融商品を扱っていることは、投資の選択肢を広げる一方で、選択肢が多すぎて選択が難しいと感じる可能性もある。

UBS証券の利用に向いている人

以上のことから、一定以上の資産を持っている人はUBS証券の利用を検討してみると良いだろう。

日本においては、2億円相当の資産を持っている人が資産管理、運用サービスの対象となっている。

資産運用の相談ならIFAへ

資産運用の相談ならIFAへ わたしのIFA

UBS証券のようなプライベートバンクは一定の富裕層にとって魅力的な選択肢であるが、それ以外の投資家にとっては、IFA(独立系フィナンシャルアドバイザー)を利用することが有益である。

以下でIFAについて紹介しているので確認していこう。

IFAとは何か

IFAは、特定の金融機関に所属しない、独立した金融アドバイザーのことである。

そのため特定の金融商品を紹介されることなく顧客の投資目的に沿って利益を最優先に行動する。

IFAの役割と利用するメリット

IFAの役割は、顧客の資産運用を全面的にサポートすることである。

その最大のメリットは、公平な立場からのアドバイスが得られることだ。

顧客は自身のニーズに最も合った投資商品を選択することが可能となる。

さらに、IFAは顧客のライフステージやリスク許容度に合わせた個別の運用戦略を提案するため、個々の投資家に合わせた適切なソリューションの提供が受けられるだろう。

IFAの選び方・探し方

IFAを選ぶ際には、その経験と専門性、提供するサービスの範囲、報酬体系を重視すべきだ。

経験豊富なIFAは、資産運用の目的、家計状況など複雑な課題を解決する手助けとなる。

また、IFAは多種多様な金融商品を扱うため、自分のニーズに合ったサービスを提供できるIFAを選ぶことが重要だ。

また、IFAの報酬体系も理解しておくことが求められる。

取引毎に手数料が発生する「コミッション型」と残高に応じてコストが発生する「フィーベース型」がある。

これらを踏まえ、信頼でき、自身のニーズに適したIFAを探すことが重要だ。

IFAの選択が難しいと感じたら、IFA検索プラットフォーム「わたしのIFA」の活用をおすすめする。

現在の資産状況や相談内容を選択するだけで、簡単にアドバイザーを探せるため、あなたにあったIFAを効率よく見つけることができる。

まとめ

まとめ わたしのIFA

この記事では、UBS証券の基本情報から評判、利用するメリット・デメリットについて詳細に解説した。

USB証券は一定以上の資産を持つ、富裕層に適した相談先と言える。

ただ、このほかにも資産運用の相談先には様々な選択肢がある。

その中で、今回はIFAについて、その役割とメリットと合わせて紹介した。

IFAは、投資家が資産運用を行う際のリスク管理の支援や投資戦略の策定を行うプロであり、投資初心者から上級者まで、あらゆる資産のお悩みを安心して任せられる。

「わたしのIFA」を利用すれば、効率よくあなたにあったIFAとつながることができる。

信頼できるパートナーを見つけるためにも、まずは一度無料相談を申し込んでみよう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次