MENU

カードローンの無人契約機の使い方|流れ・営業時間・注意点を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンを利用したいが、無人契約機(自動契約機)を使ったことがないので不安だという方もいるかもしれない。

事前に申込の流れ・使い方などを把握しておけば安心だ。

無人契約機(自動契約機)の特徴は、スタッフと対面することがなく申込から契約まで完了できる点にある。

操作も特別に難しいことはなく、ローンカードもその場で受け取れる

この記事では、カードローンの無人契約機(自動契約機)の使い方を解説している。

また、申込から借入までの流れ・営業時間・注意点なども説明している。

それぞれのポイントをおさえて、無人契約機(自動契約機)を活用しよう。

カードローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしていただきたい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

カードローンの無人契約機(自動契約機)の使い方

カードローンの無人契約機(自動契約機)の使い方 カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)とは、その名前の通りカードローン会社の社員・スタッフを通さずに利用できるものだ。

スタッフが直接対応しないので、利用者の精神的負荷が少なく気軽に利用できる。

無人契約機(自動契約機)では、申込をはじめ審査・契約・ローンカードの受け取りなどが可能だ。

審査・契約がスムーズに終われば、即日融資も受けられる

カードローンを初めて利用する方には、無人契約機(自動契約機)の使い方が分からない不安もあるはずだ。

しかし、無人契約機(自動契約機)の使い方は簡単なので、心配することはない。

基本的には、指示に従ってタッチパネルを操作していくだけだ。

申込時に必要となる運転免許証・パスポートなどの本人確認書類も、無人契約機(自動契約機)で読み取れる。

そのため、わざわざ書類のコピーを用意しておく必要もない。

また、分からないことがあれば、すぐにオペレーターと繋がる無料電話がある。

操作で不明な点があっても、オペレーターが使い方を説明してくれるので問題ない。

オペレーターと直接対面するわけではないので、やり取りもそれほどストレスにならないはずだ。

無人契約機でのカードローン申込の流れ

無人契約機でのカードローン申込の流れ カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)でのカードローン申込の流れは下記の通りだ。

基本的な流れは同じだが、消費者金融の無人契約機(自動契約機)によっては多少の違いがあるので注意しよう。

  • 申込
  • 申込者の情報を入力
  • 必要書類をスキャナーで読み込む
  • 審査
  • 契約
  • ローンカードの発行

無人契約機(自動契約機)で申込をする場合は、「事前申込なし」を選択しよう。

その後、氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先といった申込に必要な情報を入力する。

カードローンの申込では本人確認書類・借入限度額によっては収入証明書類が必要となる。

無人契約機(自動契約機)での申込時の提出方法は、必要書類をスキャナーで読み取るだけだ。

必要な情報の入力と書類提出が終われば審査開始となる。

審査にかかる時間は申込内容などによって個人差はあるが、早ければ30分ほどで終わる。

審査に通過すれば契約手続きをして完了となる。

その場でカードが発行されるのでローンカードを受け取ろう。

無人契約機(自動契約機)を利用すると、ローンカードが自宅に郵送されない

そのため、カードローンの利用を家族に知られたくない方におすすめの方法である。

また、時間を節約したい方は、1~3をスマホで行っておくとよい。

この場合、無人契約機(自動契約機)での操作では、最初に「事前申込あり」を選ぼう。

事前にスマホ・パソコンからインターネットで申込をしておけば、審査をしている間に無人契約機(自動契約機)に移動できる。

そのため、無人契約機(自動契約機)の利用は契約の手続き・ローンカードの発行で済むのだ。

時間を有効に使いたい・無人契約機(自動契約機)での拘束時間をできるだけ減らしたい方におすすめの方法である。

いずれの方法でも、契約が完了すればその日から借入することも可能だ。

そのため、消費者金融カードローンの無人契約機(自動契約機)での申込は、急にお金が必要になったときに便利である。

カードローン 使い方について詳しく知りたい方はこちら

無人契約機の営業時間は?

無人契約機の営業時間は? カードローンナビ

どの消費者金融でも無人契約機(自動契約機)の営業時間は、基本的に9:00~21:00となっている。

土日・祝日も利用できるのも特徴の1つだ。

また、都市部の店舗・土日・祝日・大型連休前・平日18時以降は、無人契約機(自動契約機)が混雑する可能性が高い。

知り合いに見られたくないという方は、このような時間帯を避けて利用してほしい。

気をつけておいてほしいポイントは、審査の回答時間だ。

審査も9:00~21:00の間で実施されるため、審査中に営業時間を過ぎると審査が中断されてしまう。

そのため、無人契約機(自動契約機)で申込する場合は、審査時間にかかる時間も考えて最低でも1時間はみておこう。

アコムの「むじんくん」の場合

アコムの無人契約機(自動契約機)は「むじんくん」だ。

「むじんくん」の基本的な営業時間は9:00~21:00である。

ただし、店舗によって営業時間が異なる場合があるので注意しよう。

年末年始を除いて年中無休で利用できる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミスの「自動契約コーナー」の場合

プロミスの「自動契約コーナー」の営業時間は9:00~21:00だ。

土日・祝日も申込が可能である。

ただし、店舗によって営業時間が異なる場合がある。

そのため、利用を考えている無人契約機(自動契約機)の営業時間を事前に確認しておこう。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アイフルの「無人店舗」の場合

アイフルの「無人店舗」の営業時間は9:00~21:00で土日・祝日も営業している。

店舗によって営業時間が異なる場合があるので、あらかじめインターネットで検索しておこう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

レイクの「自動契約機」の場合

レイクの「自動契約機」の営業時間は9:00~21:00となっている。

これは初めて申込をする場合も、すでに利用中で各種変更手続きをする場合も変わらない。

ただし、日曜日は19:00までとなっているので注意しよう。

また、店舗によって営業時間が異なる場合があるので、確認を怠らないようにしよう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

三井住友銀行カードローン・SMBCモビットの「ローン契約機」の場合

三井住友銀行カードローン・SMBCモビットの「ローン契約機」の営業時間は9:00~21:00だ。

土日・祝日も利用可能だが、店舗によって異なる場合があるので営業時間をしっかりチェックしておこう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資速度最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

無人契約機を利用するメリット

無人契約機を利用するメリット カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)の大きなメリットは、申込から借入までその日のうちにできることだ。

得られるメリットは消費者金融によって大きな違いはない。

無人契約機(自動契約機)を上手に利用するためにも、メリットをしっかりおさえておこう。

誰とも会わずに契約ができる

無人契約機(自動契約機)にはスタッフが常駐していないため、対面せずに契約ができる。

また、1人ずつ入る個室となっているので、他の利用者と接触するリスクも低い。

誰とも会わずに利用できるのは、無人契約機(自動契約機)の大きなメリットといえる。

そのため、人と話すのは緊張する・カードローンの利用を人に知られたくないという方におすすめだ。

必要があればオペレーターと無料の電話で話せるので、分からないことがあれば遠慮なく聞いてみよう。

営業時間内なら夜間でも申込可能

無人契約機(自動契約機)の営業時間は、基本的に9:00~21:00となっている。

そのため、夜間でも申込が可能だ。

急な出費でお金が必要になっても、仕事が終わってから立ち寄れるのも便利なポイントである。

土日も申し込み可能

無人契約機(自動契約機)は、基本的に年末年始を除けば土日・祝日も利用できる。

ただし、連休の前は混雑することが多いので注意しよう。

その場でローンカードを受け取れる

無人契約機(自動契約機)で申込をした場合、審査に通過して契約が完了すればその場でローンカードが発行される。

契約書・ローンカードが自宅に郵送されることがない

家族に知られずにカードローンを利用したい方には、ぜひ便利な無人契約機(自動契約機)を活用していただきたい。

その場で借入が可能

受け取ったローンカードはすぐに利用できる状態になっており、無人契約機(自動契約機)にはATMが併設されている場合も多い

そのため、その日のうちに借入をすることも可能だ。

冠婚葬祭など予定外の出費があっても、無人契約機(自動契約機)であれば申込から借入まで即日対応も可能だ。

気軽に利用できるので、おすすめである。

無人契約機のデメリット

無人契約機のデメリット カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)を利用するデメリットは多くない。

ただ、住んでいる場所・利用する時間帯によっては、不便に感じることもあるかもしれない。

特にカードローンを利用するのを人に見られたくないという方は注意が必要だ。

無人契約機(自動契約機)を利用するうえでのポイントを把握して、デメリットを避けよう。

無人契約機が遠い場合は足を運ぶのに時間がかかってしまう

無人契約機(自動契約機)を利用する場合、当然ながらそこまで足を運ぶ必要がある。

そのため、自宅・職場といった普段の生活圏内に無人契約機(自動契約機)がないと移動に手間がかかる。

都心であれば利用している駅の近くに無人契約機(自動契約機)があることも多い。

しかし、地方の場合は無人契約機(自動契約機)の設置場所が少ないところもある。

無人契約機(自動契約機)が近くになく、交通手段が限られていれば大きなデメリットとなる。

ただ、最初の申込に限っていえば、無人契約機(自動契約機)まで足を運ぶことはそれほどの負担にはならないはずだ。

その後の借入・返済に関しては、インターネット・提携ATM・コンビニATMを利用することをおすすめする。

事前に必要書類を用意する必要がある

無人契約機(自動契約機)で申込をする場合、本人確認書類・収入証明書といった必要書類を用意しておく必要がある。

しかし、カードローンを利用するためには、申込方法に関係なく必要となるものだ。

しかも、郵送でのやり取りが必要となる申込方法よりも手軽である。

無人契約機(自動契約機)での申込なら必要書類のコピーをとる必要はなく、スキャンすればよいだけだ。

そのため、これに関しては大きなデメリットにはならないはずだ。

審査完了まで無人契約機内で待機する必要がある

無人契約機(自動契約機)は申込からカード発行まで短時間で完了できるので便利だが、審査中に席を外すことができない。

そのため、審査が終わるまで店舗内で待機しておかなければならないのだ。

待ち時間が発生するのを避けたい方は、スマホ・パソコンからインターネットで申込をしておくことをおすすめする。

申込・情報入力・書類提出までインターネットで終わらせておくのだ。

審査中の状態にしてから無人契約機(自動契約機)に向かえば、待ち時間を有効に使用できる。

審査に通過すれば、無人契約機(自動契約機)で契約手続きを完了してローンカードを受け取ればよい。

また、申込時に入力する情報に間違いがあったり、提出書類に不備があったりすれば審査に通らず無駄な時間を過ごすことになる。

そのため、事前にミス・抜け落ちがないかしっかりチェックしておこう。

無人契約機に入るところを知り合いに見られる危険がある

無人契約機(自動契約機)は個室になっているので、他の人と接触するリスクは低い。

ガラス張りになっている無人契約機(自動契約機)もあるが、すりガラスになっているので外から見ても分からないよう配慮されている。

しかし、無人契約機(自動契約機)に出入りするところを見られれば、知人にカードローンの利用を知られるリスクがある。

また、先客があると待たなければならない。

この場合、無人契約機(自動契約機)のところで待っていれば周りの人に見られる可能性がある。

また、出てきた先客とすれ違うリスクもある。

そのため、ほかの場所で適当に時間を潰してから再度、無人契約機(自動契約機)を訪れるようにしよう。

夕方・連休前・土日といった混雑する時間帯を避けるのも有効だ。

申込・契約以外に無人契約機でできることは?

申込・契約以外に無人契約機でできることは? カードローンナビ

申込・契約以外で無人契約機(自動契約機)を利用する機会は、主に契約内容の変更だ。

また、利用限度額を増やしたい場合も無人契約機(自動契約機)から申込できる。

契約内容の変更

住所・勤務先・苗字などカードローン申込時に登録した内容に変更があった場合は、申請しなければならない。

このような契約内容の変更も無人契約機(自動契約機)で可能だ。

増額の申込

増額の申込とは、すでにカードローンを利用している方が利用限度額を増やしたいときに行う手続きだ。

これも無人契約機(自動契約機)で手続き可能だが、増額のための審査が必要となる。

借入・返済

ほとんどの場合、無人契約機(自動契約機)にはATMも併設されているので、そちらを利用すれば借入・返済もできる。

基本的に借入・返済は無人契約機(自動契約機)ではなく、ATMで行うので覚えておこう。

家族や知人に無人契約機の利用を知られないためのコツは?

家族や知人に無人契約機の利用を知られないためのコツは? カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)ではローンカードをその場で受け取れるので、自宅に郵送されることがない。

また、インターネットで契約まで済ませて、ローンカードの受け取りのみを無人契約機(自動契約機)にすることも可能だ。

家族に知られたくない方は、ローンカードの受け取りに無人契約機(自動契約機)を活用するとよいだろう。

無人契約機(自動契約機)は外から中の様子が見えない工夫がされている。

そのため、利用中に人に見られるということはまずないと言える。

注意が必要なのは、無人契約機(自動契約機)に出入りするところだ。

人目につきにくいところに設置されていることも多いが、出入りを知り合いに見られる可能性はある。

無人契約機(自動契約機)が混雑する時間帯を避ける・人通りが少ない場所の無人契約機(自動契約機)を利用するなどの工夫をしよう。

無人契約機を利用する際の使い方に関する注意点は?

無人契約機を利用する際の注意点は? カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)を利用する際の注意点は下記の4点だ。

  • 在籍確認の電話を自分で受けるのが難しい
  • 自動契約機内の様子はカメラでチェックされている
  • 契約書の持ち帰りが必要
  • 忘れ物に注意

無人契約機(自動契約機)で申込をした場合も、在籍確認は実施される。

消費者金融によっては書類で在籍確認を済ませるところもあるが、電話で在籍確認が行われる場合もある。

無人契約機(自動契約機)で申込をすると、電話での在籍確認に自分で対応するのは難しい。

ただ、在籍確認の電話は担当者が個人名を名乗ってくれる。

そのため、消費者金融からの連絡だと気づかれる可能性は低い。

また、会社が休日で誰もおらず、在籍確認がとれないと審査に通過できない可能性があるので注意しよう。

自動契約機内の様子は、担当者がモニターでチェックしている。

人目がないからと審査の待ち時間にリラックスし過ぎていると、気の抜けた姿を見られることになるのだ。

直接スタッフと対面することはないが見られている意識は常に持ち、特に怪しまれるような行動は避けよう。

無人契約機(自動契約機)で申込をした場合、契約書を持ち帰ることになる。

そのため、書類などが入る鞄は持っていこう。

また、契約書・必要書類の管理には配慮が必要だ。

せっかくローンカードを無人契約機(自動契約機)で受け取るようにしても、必要書類・契約書の管理が杜撰で家族に見られては元も子もない。

最後に持参した書類・ローンカード・契約書などの忘れ物には注意しよう。

契約が無事に完了して緊張が緩み、忘れ物をするケースは多い。

第三者に持ち去られてトラブルに発展する可能性もある。

忘れ物をしたことに気づいたなら、早めにカードローン会社に連絡して確認してもらおう。

無人契約機の使い方を理解してからカードローンの契約を行いたいなら

無人契約機でカードローンの契約を行いたいなら カードローンナビ

無人契約機(自動契約機)は、申込から契約まで短い時間で完了できる便利なツールだ。

審査に通過すれば、即日融資を受けられる場合もある。

スタッフと対面することがないので気軽に利用できるメリットがあり、操作も簡単である。

そのため、初めての方でも戸惑うことはないはずだ。

また、ローンカードをその場で受け取れるのも大きなメリットだ。

自宅に郵送物が届くのを避けたい方にはうれしいポイントとなる。

カードローンの利用を考えている方には、無人契約機(自動契約機)での契約も一度検討していただきたい。

人と話すのは緊張する・家族にカードローンの利用を知られたくないという方にはおすすめである。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次