MENU

FX初心者が失敗しやすい注意点を解説!

  • 「FXをはじめてみたいが、失敗しないか心配」
  • 「FXで失敗しないために注意点を把握しておきたい」
  • 「FXのメリットとデメリットを知りたい」

今回はこのような疑問や悩みを解決していこう。

FXは、レバレッジをかけた取引ができるため少額で大きな利益を得られる可能性がある投資法だ。ただし、大きなリスクを背負うことになるので注意点を把握しておかないと、大きな損失を出してしまうかもしれない。

FXをはじめようと考えている人は、事前に注意点を把握してからはじめて欲しい。

\最短30分で取引可能/

目次

FXとは?

FXは、foreign exchangeの略で外国為替証拠金取引と呼ばれている。為替相場の変動を活用して利益を狙う投資法だ。

たとえば、円とドルの通貨ペアで取引する場合、1ドル=100円の時に1万円を支払って購入した100ドルを、1ドル=200円の時に売却すると2万円になる。ドルに交換しておいたことで価値が2倍になったことがわかるだろう。このように通貨ペアごとの値動きによって為替損益が発生する仕組みだ。この流れを見ると「外貨預金と同じなのではないか」と思う人もいるだろう。先ほど紹介した例はレバレッジ1倍のケースであり、外貨預金とほとんど変わらない。

FXは外貨預金と違う大きな特徴を2つ持っている。

特徴その1

「レバレッジをかけて少額から大きなリターンを狙える」だ。レバレッジとはてこのことで、小さい力で大きなモノを動かすてこの原理のように、少額で大きな金額の取引ができる。たとえば、日本では金融庁の規制により最大レバレッジが25倍に設定されているが、海外にはレバレッジ無制限のところもある。

特徴その2

「売り注文からスタートできる」だ。FXでは買い注文→売り注文という通常の流れだけではなく、売り注文→買い注文という流れの取引も可能だ。売り注文から入るメリットとしては、価格が下がる相場でも利益を狙えることが挙げられる。ドル円で買い注文から入ると円安に進んだ時に利益が得られるのに対して、売り注文から入ると円高に進んだ時に利益が得られるわけだ。

保有していない商品を売る取引がイメージしづらい人もいるだろう。まずは買い注文からの取引を覚えておくのがおすすめだ。

FXのメリット

  • レバレッジをかけて少額で大きな利益を狙える
  • 売り注文から利益を狙える
  • 世界の通貨を取引しているので、取引可能な時間が長い

FXのデメリット

  • 損失にもレバレッジがかかる
  • 元本以上の損失が出る可能性がある
  • 政策発表や各国首脳の発言で急激に価格が変動する恐れがある

初心者がFXをはじめるためのステップ

FXの特徴やメリット、デメリットが整理できたら、取引を開始するための準備をしていこう。

ここでは、FXをはじめる手順を6つのステップに分けて解説していく。

口座開設する会社を選ぶ

最初にどの会社で取引をするか選ぼう。

FPを取り扱っている会社には、GMOクリック証券やDMM FX、外為ドットコムなどがある。

スプレッドやスワップポイント、アプリの有無や導入ツールなど会社によって異なるので、比較しながら選んでみよう。特に画面の見やすさや注文のしやすさは確認しておいた方が良い。FX口座は複数社で開設できるので、いくつか開設してみて操作性を確かめておくのも良いだろう。

FX口座を開設する

どこの会社にするか決まったら、口座を開設していこう。

口座開設に必要な書類や開設完了までにかかる時間は会社によって異なるので、事前に確認しておく必要がある。

日本のFX会社では、運転免許証などの本人確認書類と、マイナンバーを確認できる書類は必須だ。マイナンバーカードがあれば問題はない。ただし、マイナンバーカードを発行していないという人もいるだろう。そのような場合は、マイナンバーの通知カードやマイナンバー記載の住民票でも代用可能だ。

口座に証拠金を入金する

口座開設が完了したらお金を入金しよう。

FXでは、取引に必要なお金を証拠金と呼んでいる。証拠金にレバレッジをかけて、希望金額の取引をおこなっているイメージだ。そのため、少額で大きな金額の取引が可能になる。

取引する通貨のペアを決める

保証金を入金できたら、取引する通貨のペアを決定しよう。

円やドル、円やユーロなどがニュースに触れる機会が多くて親しみやすいため、初心者にはわかりやすい通貨がおすすめだ。

注文する

続いて注文だ。注文には指値注文と成行注文の2種類がある。

指値注文では、取引したい金額を設定してその金額に到達した際に注文が確定する。一方、成行注文は注文がすぐに確定する注文方法だ。取引をすぐにはじめたい時に向いている。

また、利益確定の注文も指値と成行を選べる。指値注文をしておきながら、成行注文で利益確定も可能だ。リスクヘッジとして指値注文をしておくと、大幅に価格が変動した際の損失を限定できる。

保有ポジションを決済して利益を確定する

保有ポジションを決済すると利益が確定し取引の流れは終了だ。

利益を確定するタイミングや、損切りするタイミングは難しいが、何度も取引して慣れていこう。

FX初心者が失敗しやすい注意点

レバレッジをかけられるハイリスクなFXでは、注意点を把握しておかないと資産を大幅に減らしてしまう可能性がある。

FXをはじめる前には、今から紹介する注意点を理解しておいて欲しい。

レバレッジをかけ過ぎる

1つ目は「レバレッジをかけ過ぎない」だ。

レバレッジをかけるということは、大きな利益を得られる可能性を高めるが、反対に膨大な損失額になる可能性もともなう。そのため、レバレッジのかけ過ぎには注意が必要だ。

国内FXでは、金融庁のレバレッジ規制により最大25倍までと定められている。とはいえ、25倍のレバレッジもかけ過ぎであるケースが多い。はじめたばかりの頃は、10倍程度に留めておこう。

短期間で売買を繰り返す

2つ目は「短期間で売買を繰り返さない」だ。

FXは市場が開いてるタイミングであればいつでも取引が可能だが、短期間で何度も売買するのはおすすめしない

なぜなら、FXはスプレッドが設定されており、取引ごとに手数料がかかるからだ。何度も取引をすると手数料が嵩んでしまい、利益を狙いにくくなる。

また、何度も売買を繰り返すのは精神的にも身体的にもストレスがかかるだろう。為替の値動きを常にチェックし続けないといけないからだ。しかも、買うか売るかを何度も決断する必要がある。はじめたばかりの頃は、デイトレードのような短期売買を繰り返すのではなく、中長期的な視点でFXをおこなうのがおすすめだ。

塩漬けにして損失が膨らむ

3つ目は「塩漬けにして損失が膨らむ」だ。

予想と反した値動きをすると損失がみるみる膨らんでいくが、「またどこかで予想と同じ値動きをするだろう」と考えて損切りできない人がいる。しかし、値動きが反転せず、FXから退場せざるを得ないケースも散見される。FXで大事なのは、負けないことではなく大きなダメージを受けないことだ。

取引開始前に、「この価格まできたら損切りする」というラインを決めておこう。事前に決めておかないと、もしかしたら戻るかもと考えて先延ばしにしてしまう可能性がある。損切りラインを指値注文で確定させておくのも1つの選択肢だ。大きな値動きがあった際に、被害を最小限に留められる。

ナンピン買い・売り

4つ目は「ナンピン買い・売り」だ。

ナンピン買い

FXで購入した後に予想に反して値下がりした場合に買い増して、購入平均単価を下げる方法

ナンピン売り

FXで売り注文の後に予想に反して値上がりした場合に売り増して、売却平均単価を高くすること

損失が出ている時に追加で同じ注文をする点はどちらも同じだ。

ただ、ナンピンで購入平均単価や売却平均単価を調整したとしても、予想に反した値動きを続けると損失は膨らむ一方である。FXの取引に慣れてくると、ナンピン買いやナンピン売りは選択肢の1つになるかもしれないが、失敗した時のダメージが大きくなってしまう。初心者のうちは避けておく方が無難だ。

\最短30分で取引可能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次