1. ホーム
  2. 税金
  3. 扶養控除を理解する!子どもがいる場合の確定申告のポイントと最適な節税術

扶養控除を理解する!子どもがいる場合の確定申告のポイントと最適な節税術

この記事で解決できるお悩み
  • 扶養控除の基本的な仕組みが知りたい
  • 扶養控除について具体的な知識を得たい
  • 確定申告を通じた最適な節税術を身につけたい

扶養控除について、聞いたことはあっても、詳しい内容はわからないという方が意外と多いのではないだろうか。

そこで今回は扶養控除について詳しく説明をする。子どもがいる場合の確定申告のポイントと最適な節税術についても説明をするので、ぜひ参考にしてほしい。

目次

扶養控除とは何か?基本的な仕組みとその役割

まずは扶養控除とは何かについて説明をする。

  • 扶養控除の基本的な概念と仕組み
  • 扶養控除の税制上の役割と意義
  • 扶養控除に影響を及ぼす要素

わかりやすく説明をするので、ぜひ参考にしてほしい。

扶養控除の基本的な概念と仕組み

扶養控除は、所得税法において用意された制度であり、納税者が家族や扶養している人々に経済的な支援を提供するための控除だ。

この控除により、納税者の課税所得から一定額を差し引くことができる。

扶養控除を受けることができるのは、配偶者や子どもなどの家族や、一定の要件を満たす非親族の扶養対象者だ。ただし、所得や年齢制限がある。

扶養控除の金額は、扶養対象者の人数によって異なる。一般的に、納税者自身+配偶者+子どもの人数の合計が増えるほど、控除額が増える。

ただし、特定の年齢や学生であるか否かによって金額が変わることもあるので注意が必要だ。扶養控除は、納税者が所得税を申告する際に、申告書に記載することで適用される。

納税者が、自身と扶養対象者の情報(氏名、生年月日など)を提供することで、その情報をもとに扶養控除の金額が計算されるのだ。

扶養控除の税制上の役割と意義

扶養控除を受けることにより、納税者の課税所得が減少し、納税額が軽減される。つまり、より多くの家族や扶養対象者がいる場合、納税額が低減され、経済的な負担を軽くする効果がある。

控除を受けて子どもを持つ親の所得税を抑えることで、その後の教育費に回すこともできるだろう。扶養控除は子どもを適切に育てるため、非常に有意義なものなのだ。

扶養控除に影響を及ぼす要素

扶養控除には、以下のような要素が影響を及ぼすことがある。

扶養控除の金額は、扶養対象者の人数によって変わる。一般的に、納税者自身+配偶者+子どもの人数が増えるほど、控除額が増えるのだ。

扶養控除の金額は、扶養対象者の年齢によって異なることがある。例えば、子どもの場合、16歳未満の場合、控除の対象ではない。

また、扶養控除の対象となる扶養対象者が一定の収入を得ている場合、その収入額が一定の範囲を超えると、扶養控除の対象から外れることがある。

扶養控除は、納税者の所得に基づいて計算される。納税者の所得が一定の範囲を超えると、扶養控除の対象となる金額が減少したり、完全に適用されなくなる場合があるのでしっかり確認をしよう。

子どもを対象とした扶養控除の基準と申告方法

子どもを対象とした扶養控除の基準と申告方法について説明をする。

  • 扶養控除の対象となる子どもの基準
  • 子どもを対象とした扶養控除の計算方法
  • 子どもの扶養控除の申告方法と注意点

それぞれのポイントについてわかりやすく説明をするので、参考にしてほしい

扶養控除の対象となる子どもの基準

扶養控除の対象となる子どもの年齢は、16歳以上と定められている。16歳以下の子どもについては、給付金があるので、扶養控除の対象外なのだ。

子どもを対象とした扶養控除の計算方法

子どもを対象とした扶養控除の計算方法は、以下の通りだ。

  • 配偶者以外の親族であること
  • 納税者と生計を一にしていること
  • 対象者の年間の合計所得金額が48万円以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)であること
  • 「青色申告者の事業専従者」または「白色申告者の事業専従者」ではないこと

これらの基準を満たすことによって、親の給料から控除できるのだ。

子どもの扶養控除の申告方法と注意点

扶養控除については、サラリーマンは年末調整で調整をする。また、自営の方については確定申告で調整するのが一般的だ。

確定申告を通じた節税術の最適な方法を理解する

こちらでは、確定申告を使った節税術について説明をする

  • 確定申告の基本的な手続きと期間
  • 子どもの扶養控除を活用した節税術
  • 確定申告における一般的なミスとその回避策

わかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

確定申告の基本的な手続きと期間

確定申告とは、その年に稼いだ所得を計算し、税金を支払うための手続きだ。基本的には2月15日から3月15日が確定申告を行う期間になる。

子どもの扶養控除を活用した節税術

子どもの扶養控除額は、子どもの年齢によって金額が変わる。16~19歳未満の場合と23歳以上は38万円で、19~23歳未満は特定扶養親族に該当するため63万円になるのだ。

また、子どもがいればすべての人が扶養控除の利用ができるわけではない。以下の条件を満たす必要があるのだ。

  • 配偶者以外の親族であること
  • 納税者と生計を一にしていること
  • 対象者の年間の合計所得金額が48万円以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)であること
  • 「青色申告者の事業専従者」または「白色申告者の事業専従者」ではないこと

確定申告における一般的なミスとその回避策

確定申告における一般的なミスは、経費の計上漏れなどになる。

日ごろから領収書をしっかり整理するなどをすることによってミスを減らすことにつながるだろう。

確定申告の相談はどこにすればいいのか

扶養控除等の節税については、様々な方法がある。すべての節税方法について1人で理解するのは難しいのではないだろうか。

そこで専門の人に相談するのがおすすめだが、最もおすすめなのはIFAに相談することだ。

  • IFAが提供する税務アドバイスの特徴とメリット
  • IFAと一緒に行う確定申告のプロセス
  • IFAの専門的な税務アドバイスがもたらす未来の可能性

IFAに相談をするメリットについてわかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

IFAが提供する税務アドバイスの特徴とメリット

IFAとは、独立系ファイナンシャルアドバイザーのことで、資産運用などお金に関する全ての相談ができる非常に心強い存在だ。

しかも、銀行や証券会社などの金融機関に所属をしていないため、金融機関の意向に関係なく、相談できるのも大きなメリットになるだろう。

IFAと一緒に行う確定申告のプロセス

IFAは税理士ではないのが一般的なので、個別の税務相談についてはなかなか難しい。

しかし、一般的な税務知識については豊富なので、確定申告に関する一般的な質問には答えてくれるはずだ。

IFAの専門的な税務アドバイスがもたらす未来の可能性

IFAは資産運用のプロであり、かつ税理士と提携している場合も多い。税理士とタッグを組んでいるIFAであれば、個別具体的な相談を行うことができるのはメリットになるだろう。

資産運用のプロとして、税務アドバイスだけでなく資産管理全般の最適化もサポートするIFAは大きな力になってくれるはずだ。

信頼できるIFAを探すには全国各地の優秀なIFAが登録をしている「わたしのIFA」を利用するのが良いだろう。まずは「わたしのIFA」のページから60秒でIFAを探せる機能があるので活用してほしい。

まとめ

この記事では、扶養控除の基本的な概念、子どもの扶養控除の基準と申告方法、確定申告を通じた節税術について解説した。

子どもの扶養控除を理解し、IFAに相談することで、税負担を最小化する最適な申告が可能となる。

IFAに依頼することで、一通りの確定申告と節税の手続きがスムーズになる。

「わたしのIFA」を利用すれば信頼できるIFAとつながることができ、税金に関する様々な疑問や悩みを解決することができるので活用を検討してみて欲しい。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次