1. ホーム
  2. 税金
  3. 「金融所得増税」が投資に与える影響とは?正確に理解し、戦略を見直すためのガイド

「金融所得増税」が投資に与える影響とは?正確に理解し、戦略を見直すためのガイド

この記事で解決できるお悩み
  • 「金融所得増税」が投資にどのような影響を与えるのか理解したい
  • 「金融所得増税」の影響を考慮した上で、適切な投資戦略を考えたい

一時期、金融所得増税が話題になったことがあるのを知っているだろうか。金融所得増税とは、株式や投資信託等の利益に対しての税金を増税することである。

投資戦略に大きな影響を与えるため、注目している方は多いはずだ。

そこで今回は金融所得増税について説明をする。知識のない方にもわかりやすいよう丁寧に説明をしていくので、ぜひ最後まで読んで欲しい。

目次

金融所得増税とは何か

まずは金融所得増税の基礎知識について、下記3点に絞ってわかりやすく説明をする。

  • 金融所得の定義
  • 金融所得増税とは何を指すか
  • 金融所得増税の背景と理由

金融所得の定義

金融所得とは、株式や投資信託、債券などの金融商品から得られる所得だ。

現在、株式や投資信託、債券などの利益に対する税率は20.315%となっている。

また国内FXや仮想通貨などについては総合課税が適用されており、住民税と合わせて最大55%利益に対して課税される仕組みだ。

金融所得増税とは何を指すか

金融所得増税とは、その名の通り、先ほど説明した金融商品の利益に対する税金を増税することを指す。

金融所得増税が施行されてしまうと、投資成果にも大きな影響を与えてしまうため、ほとんどの投資家が注目をしているのだ。

金融所得増税の背景と理由

金融所得増税の背景は、日本の財源が不足しているからだ。

社会保障費などが年々増加をしており、日本の資金が足りていないことは周知の事実である。

国債の発行だけでは限界があり、金融所得を増税し、社会保障などの財源にあてたいのだろう。

金融所得増税が投資に及ぼす具体的な影響

続いて、金融所得増税が投資にもたらす具体的な影響について、投資商品・心理面・税金関係の観点から解説する。

それぞれのポイントについてしっかり理解してほしい。

金融所得増税と各種投資商品のリターンへの影響

金融所得が増税になってしまった場合、各種投資商品への影響は大きい。

仮に20.315%の税率から10%上がった場合、利益に対しての税金が10%も増えることになるため、例えば1,000,000円の利益が出たとしても、現在では203,150円の税金だが、もし30.315%の税金になると303,150円の税金がかかることになる。

株式や投資信託などの各種投資商品へのリターンの影響が非常に大きいため、慎重に議論をしてほしいところだ。

金融所得増税が投資行動に与える心理的影響

金融所得が増税されてしまうと、投資を控えようと思う方は多くなってしまうはずだ。

なぜなら利益を得たとしても手元に残るお金が少なくなってしまうからだ。結果的に投資をする人が減ってしまい、納税額が減ってしまう可能性は十分にあるといえるのではないだろうか。

税制改革と投資環境の変化への対応

投資に関する税制は意外と変わることが多い。10年以上前には投資を促進するとして、税率が一律10%に引き下げられたことがあった。

また、東日本大震災が起きた後復興所得税が加算され、現在の20.315%の税金になっている。このように投資に関する税制は意外と変わるのでしっかりと最新の情報をつかんでおくのが重要だ。

金融所得増税を考慮した投資戦略の見直し方法

金融所得増税の概要と影響が把握できたところで、ここからは実際に施行された場合に備えた、投資戦略の見直し方法について考察する。

  • 金融所得増税と投資ポートフォリオの最適化
  • 投資のリスクとリターンを再評価する
  • 税効果を最大化するための投資法

わかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

金融所得増税と投資ポートフォリオの最適化

金融所得増税が実現されてしまったら、投資ポートフォリオを見直す必要があるだろう。

非課税制度のNISAやiDeCoをフルに活用するのがおすすめだ。特にiDeCoについては60歳まで引き出しができないため利用していない方も多いと思う。

しかし、もし金融所得増税が実現してしまうと税金の負担が大きくなるため、ぜひiDeCoの利用を検討してみてはいかがだろうか。

投資のリスクとリターンを再評価する

また、取るべきリスクとリターンをよく検討すべきだろう。

税率が上がれば、大きな利益が出るほど税金の負担が大きくなってしまう。

本当に必要なリスクをとっているのかについて、金融所得増税に備えて検討してみるのも良いだろう。

税効果を最大化するための投資法

税効果を最大化するための投資方法について検討するのも良いだろう。

税率が上がることによって手元に残る利益は少なくなるため投資元本を増やすか高いリスクを取る必要があるかもしれない。また投資商品によって税率が変わるのであれば投資する商品を再考する必要があるだろう。

先ほど説明した非課税制度枠をうまく活用するのが最もシンプルな方法になるはずだ。

金融所得増税に備える投資を誰に相談するべきか

金融所得増税を始めとした、投資にまつわる制度変更は意外と多い。

すべての最新情報を1人で収集し、投資戦略に正しく反映させることは容易なことではない。

金融に関する情報収集や投資の方針を定める際は、専門家に相談することがおすすめである。専門家の中でも、特におすすめなのが、IFAである。

IFAに相談をするメリットについてわかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

  • IFAとの協力で見つける個々の投資戦略
  • IFAと向き合う投資の将来設計
  • IFAを通じて得られる税制のプロの知識

IFAとの協力で見つける個々の投資戦略

IFAとは独立系ファイナンシャルアドバイザーのことで、証券会社や銀行などの金融機関に所属をしていない投資の専門家だ。

金融機関に所属をしていないため、金融機関の意向に左右されることなく、クライアントに寄り添った提案が期待できる。

またオーダーメイドの提案にも定評があり、個々人の投資戦略に合ったアドバイスをしてくれるのを大きなメリットと言える。

IFAと向き合う投資の将来設計

IFAには異動や転勤がなく、基本的に担当が変わる事は無い。長期間にわたってお付き合いができるため、将来設計を作りやすいのもメリットになるだろう。

本記事で取り上げた増税などの制度変更の際には、運用資産への影響を分析し、必要に応じて投資戦略の見直しをするべきだ。

また、そもそも資産を取り巻くマーケットや経済の環境は常に変動しており、運用においては継続管理と見直しが欠かせない。

この点においても、豊富な専門知識とアドバイス実績をもつIFAが、サポートしてくれることは大きなメリットになるはずだ。

IFAを通じて得られる税制のプロの知識

IFAは経験や知識が豊富な金融のエキスパートとも呼ばれる存在だ。個人で得られる知識に比べ、IFAにサポートしてもらうことで得られる知識は非常に多いだろう。

もちろん税金についても非常に詳しいので、ぜひサポートを受けてみてはいかがだろうか。

ただ、投資家の投資経験や投資意向によって、最適なIFAの選択肢も異なる。自身の条件にあったIFAを見つけるには、「わたしのIFA」などの検索プラットフォームの活用もおすすめである。

無料相談もできるので、長期的な資産形成のパートナーとなる、信頼できるIFAが見つかるはずだ。

まとめ

本記事では、金融所得増税の基礎知識、その投資への影響、投資戦略の見直し方法を解説した。

金融所得増税の導入により、投資環境が大きく変化する可能性がある。そのような状況でも、IFAと共に戦略を見直すことで、適切な投資を続けることが可能だ。

また、IFAの専門的な知識を活用することで、日々変動する市況や経済環境に応じた適切な資産管理が実現できるだろう。

また、投資戦略と同じように、あなたに最適なIFAも投資の経験値や目標、資産状況によって異なる。検索プラットフォーム「わたしのIFA」などを活用し、自身の条件にあったアドバイザーを探すことも忘れないようにしよう。

「わたしのIFA」を通じて信頼できるIFAとつながることで、金融所得増税などの税金に関する様々な疑問や悩みを解決することができるだろう。是非利用を検討してみてはいかがだろうか?

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次