MENU

クレジットカードのリボ払いはおまとめローンで借り換えできる?メリットや注意点について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

クレジットカードのリボ払いを利用していて、このような悩みや経験をしたことはないだろうか。

『支払いがなかなか終わらない』『毎月の支払いが高すぎる』『利息が大きく元金が減らない』

リボ払いは便利な面もあるが、使いすぎてしまうと支払いの負担が大きくなることがある。

そこで検討したいのがおまとめローンだ。

銀行・カードローンでは、複数の借入先を1つにまとめることを目的としたおまとめローンを提供している。

本記事では、クレジットカードのリボ払いに対して、おまとめローンを利用し借り換えをすることができるのか、そのメリットや注意点について解説する。

目次

リボ払い(リボルビング払い)とは?

リボ払い(リボルビング払い)とは? カードローンナビ

リボ払いとは、クレジットカードでショッピングをした際の支払方法のひとつだ。

クレジットカードのショッピング支払い方法には、1回払い・2回払い・分割払い・リボ払いがある。

1回払い以外の支払方法は、ショッピングで利用した金額を複数回に分けて支払う方法だ。

2回払い・分割払いはショッピングの利用金額を、支払回数で割った金額と手数料を支払う方法で、1つのショッピング利用金額に対して分割をする。

リボ払いは、利用金額・購入件数に関係なく、毎月の支払い金額を一定にする方法だ。

毎月の利用金額に変動があった場合でも、支払金額を一定に保つことができ、支出の管理がしやすいというメリットがある反面、使った金額がわかりにくいというデメリットもある。

クレジットカードのリボ払いはおまとめローンで借り換えできる?

クレジットカードのリボ払いはおまとめローンで借り換えできる? カードローンナビ

おまとめローンは、複数の借入を1本化するために新たにローンを借り換える方法で、月々の返済金額を減らすことはもちろん、金利を下げることもできるため利息の支払いも減らすことができる。

複数のクレジットカードでリボ払いを利用している場合や、リボ払いの他にカードローンを利用している場合は、おまとめローンを利用することが可能だ

リボ払いは、クレジットカードの限度額以内であれば、支払いを行いながらショッピングでの利用ができる。

そのため、クレジットカードを利用してしまうと、リボ払いの残高がなかなか減らなくなってしまい、長い間支払いをしなけらばならなくなる。

リボ払いの残高を減らしていくために、おまとめローンへ借り換えることは有効な手段といえる。

しかし、必ずしもリボ払いからおまとめローンへ借り換えることができるわけではなく、対応していない金融機関や消費者金融もあるため注意が必要だ。

おまとめローンの申込を行う際には、リボ払いの借り換えが可能かを事前に確認してから、申込を行うようにしよう。

おまとめローンについて詳しく知りたい方はこちら

「おまとめローンのおすすめランキング|低金利や審査に通りやすいおまとめローンも紹介」

<171 おまとめローン おすすめ>

リボ払いをおまとめローンで借り換えるメリット

リボ払いをおまとめローンで借り換えるメリット カードローンナビ

リボ払いをおまとめローンで借り換えることができる事はわかったが、借り換えを行うメリットはなんだろうか。

次にリボ払いをおまとめローンで借り換えるメリットについて解説する。

金利を下げられる可能性がある

リボ払いの金利は一般的に年率15.0%~18.0%程度だが、おまとめローンの金利は年率14.0%程度が一般的なため、金利を下げられる可能性がある。

おまとめローンの金利は、金融機関や消費者金融により異なり、リボ払いの金利もクレジットカード会社によって異なるため、金利を比較検討し申込を行うことが大切だ。

金利を下げることが出来れば、支払総額を減らすことができ、余裕が出た資金を返済に回すことで返済期間を短くすることができる。

返済総額を下げられる可能性がある

おまとめローンに借り換えをすることは、金利を下げ、返済総額を抑えることができることがメリットだ。

金利は元金に対してかけられるため、金利が低いほど支払う利息は少なくなり、さらに元金の返済が進み元金が減るほど支払う利息は少なくなる。

そのため、金利の高いリボ払いからおまとめローンへ借り換えることで、返済総額を下げられる可能性がある。

返済日がほかの借入とまとまり管理しやすくなる

リボ払いは、クレジットカード会社の引き落とし日に支払いをし、引き落とし日は各クレジットカード会社によって異なる。

複数のクレジットカードでリボ払いを利用していて支払日が異なる場合は、おまとめローンで1本化することで返済日をまとめることができる。

リボ払いとカードローンの返済がある場合も、返済日をまとめることができ、管理をしやすくなるのは同様だ。

また、複数のリボ払いやカードローンがあると借入残高の管理がしにくいが、おまとめローンで1本化することで、借入残高の管理もしやすくなる

借入残高が管理しやすくなることで、日々返済金額や返済日の確認にかかっていた労力や時間が削減することができ、返済に追われるストレスを軽減できる。

クレジットカードのショッピング枠が復活する可能性がある

リボ払いの利用可能枠は、クレジットカードのショッピング利用可能枠の範囲内またはそれよりも少なく設定されている。

リボ払いの利用残高はショッピング枠に組み込まれているため、残高が多いほど1回払いであってもショッピングで利用できる額が少なくなる

利用可能枠いっぱいまで残高が増えると、クレジットカードのショッピング利用も出来なくなってしまうこともあるため、リボ払いの利用には注意が必要だ。

おまとめローンでリボ払いの残高を借り換えることで、クレジットカードの利用残高がなくなり、利用可能枠が復活する可能性がある。

リボ払いをおまとめローンで借り換える場合の注意点は?

リボ払いをおまとめローンで借り換える場合の注意点は? カードローンナビ

リボ払いの利用で残高が膨れ上がってしまい元金がなかなか減らない場合など、おまとめローンを利用することで、返済総額や返済の負担を軽減することができる。

では、おまとめローンを借り換える場合の注意点はどのようなものがあるのだろうか。

金利が現在よりも高くなってしまうケースがある

おまとめローンを利用し、現在の借入を1本化することのメリットとして、金利を下げることができる可能性があることだ。

しかし、借り換えを行う金融機関・消費者金融によっては、ローン金利がリボ払いの金利より高くなってしまうことがある。

金利が同等もしくは高くなる場合、おまとめローンのメリットはなくなってしまい、返済の負担が増加してしまうかもしれない。

おまとめローンを利用しリボ払いを借り換えをする場合は、現在利用しているリボ払いの金利よりも、借り換え後の金利が低くなるよう金融機関・消費者金融を選択する必要がある。

銀行系のおまとめローンよりも消費者金融のおまとめローンは、金利が高い傾向があるので、おまとめローンを利用する借入先を選ぶ際には注意しよう。

返済の総額がかえって増えてしまうケースがある

おまとめローンの利用により、リボ払いよりも金利が低くなったとしても、月々の返済額や返済期間によっては、返済総額が増えてしまう可能性がある。

例えば、A社でリボ払い残高が70万円・金利15.0%・毎月30,000円返済する場合は、返済期間は24か月・返済総額は約804,000円になる。

また、B社でリボ払い残高が50万円・金利15.0%・毎月15,000円返済する場合は、返済期間は34か月・返済総額は約607,000円である。

A社とB社を合わせた返済総額は、約1,411,000円だ。

A社B社合計
借入残高700,000500,0001,200,000
金利15.0%15.0%15.0%
毎月返済額30,00015,00045,000
返済期間24か月34か月
支払総額804,000607,0001,411,000

A社とB社のリボ払いをC社でおまとめローンを利用し借り換えを行った場合、借入総額120万円・金利13.5%・36か月で返済を行った場合、毎月の返済額は約42,000円・返済総額は約1,474,000円になる。

返済期間を24か月とした場合は、毎月の返済額は約60,000円・返済総額は約1,384,000円だ。

リボ払い合計カードローン①カードローン②
借入残高1,200,0001,200,0001,200,000
金利15.0%13.5%13.5%
毎月返済額45,00042,00060,000
返済期間34か月36か月24か月
支払総額1,411,0001,474,0001,384,000

※リボ払いのシミュレーションは、簡易的な試算であり実際の金額を表すものではない。

金利を引き下げることができた場合でも、返済期間が長くなってしまうと返済総額が増えてしまうケースもあるので、借り換えは計画的に行うことが必要だ。

審査に通らない可能性がある

おまとめローンは、総量規制の対象外とされており、現在のリボ払いやカードローンの残高が年収の1/3以上あったとしても、利用することができる。

ただし、おまとめローンは借入金額が多くなるため、総量規制の対象外だからといって、審査を通過できるとは限らない。

申込を行う際は、審査に落ちてしまうことを念頭に置いておく必要がある。

ショッピングのリボ払いには対応していないケースもある

おまとめローンでは、クレジットカードのキャッシング利用残高の借入は認めても、ショッピング枠のリボ払いに対応していないケースもある。

金融機関・消費者金融へ事前に問い合わせを行い、リボ払いの借り換えが可能か確認することが必要だ。

おまとめローンについて詳しく知りたい方はこちら

「おまとめローンのおすすめランキング|低金利や審査に通りやすいおまとめローンも紹介」

<171 おまとめローン おすすめ>

クレジットカードのリボ払いはカードローンやフリーローンでもまとめられる

クレジットカードのリボ払いはカードローンやフリーローンでもまとめられる カードローンナビ

おまとめローンはリボ払いの借り換えが可能な金融機関と不可の金融機関があり、リボ払いの残高を1本化することが難しいこともある。

また、リボ払いが1社だけの場合は借入先が1つしかないため、おまとめローンを利用することはできない。

おまとめローンの利用が難しい場合でも、リボ払いをカードローンやフリーローンを利用することでまとめることができまする。

カードローンやフリーローンは、借入金の利用用途に制限がない(事業性資金を除く)ため、リボ払いの返済に使用することが可能だ。

カードローンやフリーローンを利用することで、複数のリボ払いの残高まとめて返済し、借入先をローン会社1つにまとめることができる。

おまとめローンなら総量規制の対象とならない

おまとめローンなら総量規制の対象とならない カードローンナビ

貸金業法には、借主の借りすぎ・多重債務を防ぐための『総量規制』という仕組みがある。

総量規制により、借主の合計借入残高が年収の1/3以上の金額を借りること・貸すことはできないと定められている。

総量規制の対象となる貸金業者は、消費者金融・クレジットカード会社だ。

クレジットカードのショッピング額は総量規制の対象外だが、キャッシング・リボ払いは総量規制の対象となる。

総量規制があることで、貸金業者から年収の1/3を超えて借入することはできない。

しかし、おまとめローンで一定の条件を満たすことで、借主に有利な借り換えとして総量規制の対象外となることがある。

そのため、おまとめローンでは、年収の1/3以上の額であっても借り換えが可能になる。

銀行系のカードローンの利用の場合、貸金業者に銀行は当てはまらないため、総量規制の対象とならない。

リボ払いをおまとめローンで借り換える手順

リボ払いをおまとめローンで借り換える手順 カードローンナビ

リボ払いの残高をおまとめローンで借り換えることができ、金利・返済総額を減らせることができるというメリットがあることがわかった。

では、リボ払いをおまとめローンで借り換えるためにはどのような手順で行えば良いのだろうか。

おまとめローンに申込をする

おまとめローンを利用して、借入をまとめたいリボ払いの残高総額・借入先を計算し、事前に申込の準備をしておこう。

おまとめローンを利用したい金融機関・消費者金融のサイトから、借入診断シミュレーションを利用し、借り換え後の計画を立てる。

わからないことがある場合や、不安・相談がある場合は、金融機関・消費者金融へ直接電話相談をすることもおすすめだ。

返済計画から、おまとめローンを利用することでメリットがあると判断できれば、金融機関・消費者金融へおまとめローンの申込を行おう。

多くの金融機関・消費者金融は、Web・アプリ・電話・来店での申込ができるので、ご自身に合った方法で申込方法を選ぶとよいだろう。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

審査開始

申込時には、本人確認書類収入証明書の提出が必要となり、提出後、審査が開始される。

審査内容は、収入や勤務先から安定した収入が見込まれるか・無理のない返済額かなどの返済能力・信用情報などだ。

審査時間は、消費者金融では早い場合で数十分~1時間程度と短く、金融機関は数日の審査期間がかかることもある。

申込を行った金融機関・消費者金融によって審査期間が異なるだけでなく、審査内容・審査の混雑状況などの影響で長くなることもあるので注意しておこう。

審査結果通知・契約

審査を経ておまとめローン利用可能となった場合は、メール電話で承認の連絡がある。

承認連絡時や後に契約書が届くので、追加で必要書類があれば契約書と同時に提出を行い、契約を完了する。

借入を行う

おまとめローンを利用する借入先やローン契約によって借入方法は異なる。

おまとめローンを利用する借入先から、自身の銀行口座へ借入金額が振り込まれて借入が完了する場合と借入先がリボ払いを利用しているクレジットカード会社へ直接振り込みを行う場合がある。

どちらも、借入先が自身の銀行口座・クレジットカード会社への振り込みが完了したタイミングが借入となる。

リボ払いの支払いを行う

借入金が自身の銀行口座に振り込まれた場合、リボ払いを利用しているクレジットカード会社へ残高を支払う必要がある。

借入金の入金後は速やかにクレジットカード会社への支払いを行い、支払いを行った証明書をおまとめローンを利用した借入先へ提出しよう。

おまとめローンを利用する借入先が、クレジットカード会社へ直接振り込みを行った場合は、証明書の提出は必要ない。

おまとめローンの返済開始

クレジットカード会社へリボ払いの残高を支払いが終わると、借り換え完了だ。

借り換え後は、おまとめローン借入先への返済が始まり、完済を目指していく。

リボ払いのおまとめが効果的なケースとは?

リボ払いのおまとめが効果的なケースとは? カードローンナビ

どのようなリボ払いでも借り換えを行うメリットがあるわけではない。

リボ払いのおまとめが効果的なケースはどのような場合だろうか。

複数のリボ払いがあるケース

複数のリボ払いがあると、それぞれのクレジットカード会社へ利息を払うことになり、残高が減りにくくなってしまう。

残高が減らないと、返済期間も長くなり、返済総額も増えていく。

複数のリボ払いを、1本化することで借入残高を借り換え前より減らすことができ、返済期間返済総額を減らすことができるのだ。

金利が18.0%以上のケース

リボ払いの金利は一般的に年率15.0%~18.0%だが、利用金額が10万~100万円以未満の上限金利は年率18.0%だ。

その場合は借り換えを行うことで大きなメリットがある。

おまとめローンの金利は、年率2.0%~14.0%前後が多く、年率18.0%には及ばない。

金利を下げることができると、支払う利息が減るため残高も減りやすくなり、支払総額をリボ払い時よりも少なくすることができる。

リボ払いの残高が多いケース

リボ払いの残高が多いケースは、利息の支払いが大きく残高が減りにくいため、おまとめローンへの借り換えが効果的だ。

リボ払いのメリットは、月々の支払いが一定で家計への影響を少なく支払いができる事である。

しかし、残高が増えることで利息が大きく残高が減りにくくなり、返済期間も長く支払総額も増えていくため、金利の低いおまとめローンへの借り換えをすることが効果的だ。

おまとめローンについて詳しく知りたい方はこちら

「おまとめローンのおすすめランキング|低金利や審査に通りやすいおまとめローンも紹介」

<171 おまとめローン おすすめ

リボ払いをおまとめローンでまとめたいなら

リボ払いをおまとめローンでまとめたいなら カードローンナビ

リボ払いの支払いでお悩みの方は、おまとめローンがおすすめである。

おまとめローンを利用することで、月々の支払額・支払総額を減らすことができるかもしれない。

おまとめローンの利用でどれくらい変わるのか、申込む前にシミュレーションで試算してみよう。

目次