MENU

レディースカードローンとは?利用するメリットやおすすめの商品を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

近年、カードローンを利用する女性は増えており、その割合は全体の約1/3を占めている。

こういった背景もあり、女性に特化した金融サービスが注目を集めている。その代表的なサービスの一つが「レディースカードローン」だ。

社会における男女間の区別は減少傾向にあるものの、カードローンの利用に際して、女性が抵抗感を持つケースは珍しくない。

金融機関は女性のプライバシー保護を重視しながら、使いやすいサービスを展開している。

レディースカードローンでは、女性が利用しやすいように環境整備が行われている。

本稿では、レディースカードローンの基礎知識と各社のおすすめ商品を詳しく解説する。

借入に不安を抱えている方は、この記事を参考にレディースカードローンを賢く活用して欲しい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

レディースカードローンとは?

レディースカードローンとは、女性が安心して利用できるように工夫された金融サービスだ。

このサービスは女性特有のニーズを考慮し、女性オペレーターによる対応や主婦やパートタイマー向けの柔軟な審査基準を設けている点が特長である。

ただし、レディースカードローンでは女性に対して金利が優遇されるなどの特典が設けられている訳ではない。

融資を受けられる内容は基本的に通常のカードローンとほぼ同様であり、利用条件や金利に大きな差はない。

利用を検討する際は、レディースカードローン特有のサービス内容を理解し、それが自身のニーズに合致するかどうかを考えることが重要である。

女性向けキャッシングとレディースカードローンの違い

レディースカードローンと似たような言葉として、女性向けのキャッシングがある。

両者の違いを理解するためには、まずは「カードローン」と「キャッシング」の基本的な概念を整理する必要がある。

どちらも「現金を借りるサービス」という点は共通しているが、キャッシングは一般的にクレジットカードに付帯するサービスを指す。

一方でカードローンは、個別に契約を結ばないと利用することができない。

これを踏まえ、カードローンとカード付帯サービスのキャッシングの違いは以下のように示すことができる。

  • カードローン
    • カードローン会社または銀行と契約し、定められた限度額内で直接現金を借入する方法。
  • カード付帯サービスのキャッシング
    • クレジットカードの利用限度額内で現金を借入する方法。

2種類のサービスには借入手段・金利などに違いはあるものの、どちらも特定の条件下で利用することができる。

中でもレディースカードローンは女性専用窓口や充実したサポート体制により、利便性が格段に向上している。

レディースカードローンのメリット

各社が提供するレディースカードローンには、主に以下のようなメリットがある。

女性が相談しやすい環境が整っている

カードローンの申込や問い合わせにおいて、心理的な障壁を感じる女性は少なくない。

特に初めて借入をする際は不安を抱えがちだ。そのため、気軽に質問できる環境があると安心して利用することができる。

レディースカードローンでは、女性スタッフが対応することで、女性特有の柔らかい雰囲気の中で心地よいコミュニケーションを取れる環境が整っている。

審査基準が柔軟である

一般的に、主婦やパートなど安定した収入が少ない方は、審査に通らないことが多い。

しかし、レディースカードローンの中には、雇用形態に関わらず収入を有する方に柔軟な融資条件が設けられているケースもある。

また、「配偶者貸付」として配偶者の収入を基準とする審査を採用している金融機関もあり、収入のない専業主婦でも融資を受けられる機会が増えている。

Web上で手続きが完結できる

レディースカードローンでは、申込から借入までの全手続きをWeb上で完結できるものが多い。

店舗訪問の必要もなく、プライバシーが保護される配慮もなされているのだ

また、顧客のニーズに合わせて、自宅に郵便物が届かないように依頼することも可能だ。安心して利用できるよう多岐にわたる配慮が行われている。

これらのメリットがあることで、女性が金融サービスを利用する際の心理的負担が軽減されている。

これによってレディースカードローンはより利便性の高いサービスを提供しているのだ。

レディースカードローンのデメリットについて

レディースカードローンには魅力的なメリットが多く存在するが、当然デメリットもある。

金利や条件面での差異が少ない

女性を優遇するサービスのように思われがちだが、利用条件や金利、返済方法などのサービス内容は通常のカードローンとほとんど変わらない。

高額融資は難しい

一部のレディースカードローンでは、高額融資を受けにくい場合もある。

これは、主婦やパートタイマーなど、高い年収が想定されていない層をメインターゲットとしているためである。

取扱業者の数が少ない

レディースカードローンを取り扱う企業は徐々に増えているが、市場全体として見るとまだ充分な数とはいえない。

そのため、利用者の選択肢が限られてしまうことが現状のデメリットとして挙げられる。

上記デメリットを踏まえ、自分がレディースカードローンを使うべきか検討することが重要である。

カードローンの属性について詳しく知りたい方はこちら。

レディースカードローンの選び方

女性にも使いやすいカードローンを選ぶ際は、以下の4点をチェックしてみよう。

女性専用ダイヤルの有無

女性オペレーターによる対応が可能な場合、女性はより安心して相談することができる。女性専用ダイヤルがあるかどうかは、最初に確認しておこう。

無利息期間の有無

無利息期間は、初回の借入時に適用されることが多く、利息の負担を軽減できる。借入した経験がない人は、特に重視すると良いだろう。

金利の妥当性

自分の返済能力を考慮し、上限金利が過度に高くなっていないか確認しておくのは非常に重要だ。

無理なく返済が可能かどうか、事前に判断する材料となるのでしっかり見ておこう。

Web手続きに対応しているか

周囲に気づかれずに手続きを行いたい場合、申込から借入までWeb上で完結できるかが重要となる。

上記の観点から、レディースカードローンを比較すると自分に合ったものが選びやすくなるだろう。

女性におすすめのカードローンを紹介

ここでは、女性を対象としたレディースカードローンや、初めて借入する方でも使いやすいカードローンを紹介する。借入に不安を感じている方はぜひ参考にして欲しい。

スクロールできます
1位アコム2位プロミス3位ベルーナノーティス4位アイフル5位セントラル6位PayPay銀行7位みずほ銀行8位フタバ9位横浜銀行10位三井住友銀行11位三菱UFJ銀行
金利(実質年利)3.0%〜18.0%4.5%〜17.8%4.5%〜18.0%一律18.0%4.8〜18.0%1.59%〜18.0%2.0%〜14.0%14.959%~17.950%1.5%〜14.6%1.5%〜14.5%1.8%〜14.6%
利用限度額800万円500万円300万円10万円100万円1,000万円200万円50万円1,000万円800万円500万円
無利息期間30日30日14日30日30日30日
Web完結
女性専用ダイヤル××××

アコム

アコムのカードローンは、雇用形態に関係なく申込が可能で、最短20分で融資を受けることができる。

迅速に審査を完了させてくれるため、急な資金ニーズにも対応できる魅力がある。

これまでに250万人以上の女性利用実績を持つことからも、高い信頼性を誇っている。

また、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある消費者金融として、初めての女性でも安心して利用することが可能だ。

金利は3.0%〜18.0%で、初めての利用者には30日間の無利息期間が設けられている。総じて、利用しやすいカードローンと言えるだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスでは、最短3分で融資が可能で、50万円以下の借入の場合は本人確認書類だけで手続きは完了する。

手続きは全てWeb上で完結できるため来店の必要はなく、周囲に気づかれる心配もない。

金利は4.5%〜17.8%で、消費者金融の中でも比較的低めとなっている。

支払利息が気になる方は、プロミス公式サイトの返済シミュレーションを利用すればすぐに計算することができる。

また、プロミスは三井住友フィナンシャルグループ傘下に属しているため、SMBCグループ共通のVポイントが貯められる。


プロミスで貯まったVポイントと、三井住友カード・三井住友銀行のVポイントとの合算も可能だ。各社のポイントを無駄なく利用できるのは、大きなメリットと言えるだろう。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは、女性へ配慮したサービスを展開している。上限年齢は80歳で、高齢者であっても借入可能だ。

また、14日間の無利息サービスがついており、完済後に繰り返し使うことが出来る点が特徴的である。

これは、借入日の翌日から適用されるため、契約後に急いで借入する必要がない。

自分のタイミングで無利息キャッシングを開始できるのは、他のカードローンにはない大きなメリットだ。

金利は4.5%〜18.0%だが、限度額が100万円以上の場合は上限金利が15%まで引き下げられる。高額融資を受けたい女性には、特におすすめである。 

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短24時間

無利息期間
最大14日間
※完済後何度でも利用可能(再度の無利息キャッシング利用は、完済後前回のお借入日から3ヵ月経過した再度のお借入の場合のみ適応)
借入限度額1万円〜300万円
WEB完結可能※一部、郵送物の送付あり
申込条件20歳から80歳までで安定した収入がある方
ベルーナノーティスが定める審査基準を満たす方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは、女性向けのカードローン「SuLaLi」を提供している。金利は一律18%で、限度額は10万円までとなっている。

小口の借入に特化しており、借り過ぎを心配する女性には利用しやすい商品だ。

また、「SuLaLi」限定のローンカードの専用デザインは2種類から選べる。

女性の財布に入っていても違和感なく、カードローンを利用していると知られたくない女性の思いに配慮されたデザインとなっている。

女性オペレーター専用ダイヤルも設置されているため、初めての利用でも安心して相談や申込が可能だ。

セントラル

愛媛県松山市に本社を構えるセントラルは、消費者金融において長年確かな実績を積み上げてきた老舗企業だ。

より顧客の利便性を高めるため、2020年には大手のセブン銀行ATMとの提携を実現した。

さらに、女性専用のカードローンサービス「マイレディス」を展開するなど、企業努力を続ける姿勢も強みの一つである。

金利については4.8〜18%であり、1万円からの少額借入に対応している。このローンでは女性が借りすぎてしまうことを防止してくれるのだ。

一定の収入があれば、パートアルバイトの方も審査可能である。お問い合わせの際は、女性オペレーターが丁寧に対応してくれるため、安心して相談できる環境が整っている。

バナー画像予定

金利(実質年率)4.8%~18.0%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間契約日の翌日から30日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書必要になる可能性あり
WEB完結可能
申込条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
担保・保証人不要

PayPay銀行

PayPay銀行カードローンは、配偶者に一定の収入(年金を含む)があれば、収入のない主婦であっても申込可能だ。

下限金利は、年率1.59%と業界最低水準である。さらに、適用金利は13段階に分かれており、細かなニーズにも対応できるようになっている。(上限金利は18%)

また、通常のカードローンではあらかじめ返済日が設定されている場合が多い。

しかし、PayPay銀行カードローンは、自身の都合に合わせて毎月の返済日を選択できる。

資金管理に柔軟性を持たせることができ、カードローンに慣れていない女性にも利用しやすいサービスだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.59%~年18.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円〜1,000万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・申込時の年齢が20歳以上70歳未満
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

みずほ銀行

みずほ銀行では女性でも使いやすいカードローンを提供している。

カードローンの使途は、事業資金を除いて自由であり、申込・本人確認書類提出も24時間いつでもWebで行うことができる。

金利は年2.0%〜14.0%と幅広く、みずほ銀行で住宅ローンを利用中の場合は金利が引き下げられて1.5%〜13.5%となる。

また、みずほ銀行の普通預金口座を持っていれば、キャッシュカードにカードローン機能を追加することが可能だ。

審査後はキャッシュカードで融資を受けることが出来るようになる。カードが増えることに煩わしさを感じることなく、スムーズに利用開始できるのは強みとなる。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

フタバ

フタバ株式会社は、昭和37年に設立された中小の消費者金融で、50年以上の実績から高い信頼性を誇る。

フタバでは、消費者金融にて他社での借入れが4社以内であれば審査を受けることが可能となっている

この独自のサービスが注目されているが、審査基準は他社同様に慎重・厳格である。

また、上限金利は17.950%で、一般的な消費者金融よりも低めだ。

女性向けのサービスにも注力しており、一定の収入があれば雇用形態に関わらず審査可能となっている。

返済日などの相談も女性オペレーターが対応するため、安心して利用できる環境が多くの女性に支持されている。

バナー画像予定

金利(実質年率)14.959%~17.950%
審査時間お問い合わせ
融資速度最短即日
無利息期間30日間
借入限度額1万円~50万円
収入証明書他社借入額と合わせて100万円以上になる場合は別途、収入証明書類が必要
WEB完結可能
申込条件・20歳以上73歳以下の安定した収入と返済能力を有する方
・消費者金融にて他社での借入れが4社以内の方(銀行、信販などのローン・キャッシングは除く)
担保・保証人不要

横浜銀行

横浜銀行のカードローンは東京・神奈川に在住または勤務している人におすすめである。

金利は1.5%〜14.6%と低めに設定されていて、10万円以下の小口借入であれば月々の返済額を最低2,000円に設定できる。

無理のない返済プランに調整し、自分のペースで返済できるのは嬉しいポイントだ。

また、他社からの借入を横浜銀⾏に一本化することもできる。これは、分散した借入をまとめることで金利を抑えて、利息負担を軽減できる効果がある

返済日・返済方法も一本化できるため、資金管理が苦手な女性にピッタリのカードローンだ。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは、金利1.5%〜14.5%で借入が可能だ。

三井住友銀行の住宅ローンを返済中であれば、年1.5〜8.0%とより優遇された金利で融資が受けられる。

借入限度額は10万円から800万円までで、1万円単位で調整が可能だ。ただし、無利息期間は設けられていないため、短期間の借入には向かないだろう。

また、余裕がある時に追加で支払いができる「臨時返済」も可能だ。臨時返済分は全額元金返済に充てられるため、その分の利息を抑えることができる。

メガバンクならではのサポート体制と、無理のない返済額・低金利が設定されており、借入に慣れていない方にも利用しやすいカードローンといえる。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、別途銀行口座を開設しなくても利用できる。そのため、口座を増やしたくない方にもおすすめだ。

バンクイックの金利は1.8%〜14.6%となる。借入限度額が400万以上500万円以下の場合は年利1.8%〜6.1%となり、より好条件で利用できる。

返済は1,000円から可能で、借入が初めての方でも無理のない返済計画を立てやすい。

大手銀行が提供するカードローンのため、利用中の倒産など経営上における心配は少なく、安心して利用できるのは心強い。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

レディースカードローンの返済方法

カードローンを賢く活用するためには、以下の基本的な返済方法を理解しておきたい。

銀行引落

指定した銀行口座から返済額が自動的に引き落とされるため、返済を忘れるリスクを抑えられる。

ただし、返済日に口座残高が不足していると引き落としが行われず、延滞となりペナルティが課せられる。

そのため、返済日前日までに口座残高を確認し、必要な金額を確保しておくことが重要だ。

ATM返済

銀行やコンビニATMを利用しての返済も可能だ。指定期間内に資金を用意できれば、そのタイミングで返済手続きを行える。

ただ、契約しているカードローンの提携先により、利用できるATMは異なる。また、返済に利用するATMによっては手数料が発生する可能性があるため、事前の確認が必要だ。

銀行振込

返済用の口座へ直接お金を振り込む方法だが、振込手数料は基本的に利用者が負担する。

したがって、銀行振込での返済を検討している場合は借入先を振込手数料が割安な金融機関にしておくのが賢明である。

レディースカードローン借り入れ時の注意点とは?

レディースカードローンは女性のニーズに特化しているが、基本的には通常のカードローンと大きな違いはない。

そのため、借入時の注意点も大半が共通している。借入を行う際には、収支のバランスを考慮し、無理のない返済計画を立てることが極めて重要である。

ただし、女性向けカードローンには特有の傾向として、借入限度額が低めに設定されていることが多い。

これは一見デメリットのように見えるが、実際には返済負担を軽減し、返済不能に陥るリスクを減らす効果がある。

借入を検討する際には、利用可能な金融機関の条件やサービス内容を比較して、自分にとって最適な選択を行うべきである。

レディースカードローンを賢く利用するために

レディースカードローンを上手に活用するには、以下のポイントを押さえて無理のない返済計画を立てて実行することが重要だ。

  • 返済シミュレーションを活用する
    • カードローンを提供している多くの会社のWebサイトには、返済シミュレーションツールが用意されている
    • これを利用して、自分の返済能力に合った返済計画を立てることが、賢く借入を行う第一歩である
  • 臨時返済を活用する
    • カードローンの支払総額は、返済期間が長くなるほど増加する
    • 毎月の約定返済だけでなく、経済的な余裕がある時に臨時返済を活用すると利息負担を軽減できる

これを参考に、レディースカードローンを将来に向けた投資手段として役立てて欲しい。

ただし、女性だからといって審査や金利の面で特別優遇されるわけではない。通常のカードローンでも、Web上で手続きが全て完了するケースや、様々な雇用形態に対応しているカードローンも提供されている。

レディースカードローンにこだわりすぎず、自分のライフスタイルやニーズに適した商品を見つけることが、カードローン選びにおいて重要といえるだろう。

レディースカードローンに関するQ&A

レディースカードローンの申込にはどんな書類が必要ですか?

通常のカードローンと同じく、本人確認書類及び収入確認書類を用意する必要がある。

本人確認書類としてはマイナンバーカードや運転免許証、収入確認書類としては給与明細や雇用契約書が利用できる。

ただし、レディースカードローンでは利用限度額が低いことも多く、収入確認書類がいらないことも多い。収入確認書類は、1社から50万円以上もしくは複数社から100万円以上の借入をする際には必要になる。

高額借入をしたい人は、2種類の書類を準備しておこう。

レディースカードローン利用時に配偶者の同意は必要ですか?

配偶者の同意がなくても、審査に合格すればレディースカードローンを利用することができる。そのため、配偶者に利用を知られたくない人も安心して申込することが可能だ。

書類やローンカードを自宅に送付してほしくない場合は、Webで明細が出せるところや融資をWeb完結で受けられるところを探そう。

レディースカードローンの支払が遅延しそうな時、どのように対応すればいいですか?

支払いが遅延する前にオペレーターへ相談することが重要である。カードローンの支払いが遅延すると、通常の支払いに加えて遅延損害金という罰金のようなものを払わなければならない。

支払い期日に間に合わない場合は、相談することで変更できる可能性もある。

期日ギリギリで相談するのではなく、前もって話をしておくことが重要だ。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次