MENU

SMBCモビットのおまとめローンは他社解約が必要?条件・金利・総量規制についても解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

SMBCモビットのおまとめローンは銀行が運営しているため、安全性が高い。さらに、低金利高額の貸付も可能なところが魅力となっている。

おまとめローンを検討するにあたって、他社を解約することで新たな借入ができなくなることを気にする人もいるだろう。

今回の記事では、SMBCモビットのおまとめローンでは他社解約が必要か解説する。他社解約の概要も一緒にまとめているため、より理解が深まるだろう。

おまとめローンを検討中の人にはぜひ最後まで読んで欲しい内容だ。

銀行系おまとめローンSMBCモビットおまとめローン楽天銀行スーパーローンろうきんのおまとめローンアシスト500三菱UFJ銀行カードローン バンクイック百十四銀行の114おまとめローンセブン銀行カードローン
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%1.9〜14.5%5.0%1.8〜14.6%4.8~14.5%12.0~15.0%
貸付限度額最大500万円10万円〜800万円最大500万円10万円〜500万円1万円〜500万円10~300万円
返済期限最長13年4ヶ月1年ごとに自動更新最長10年1年ごとに自動更新6ヶ月以上15年以内1年ごとに自動更新
返済回数最大160回最大120回6回〜180回
他社解約不要必須不要不要不要
目次

SMBCモビットのおまとめローンは他社解約が必要?

SMBCモビットのおまとめローンは他社解約が必要? カードローンナビ

SMBCモビットおまとめローンの契約をする際、他社解約は必要になるのだろうか。

他社解約とは、おまとめローン契約時に他の金融機関とのローン解約を求められる規定だ。

おまとめローンでは借金の完済・解約を目的として融資を行っているため、これ以上借入ができないよう設けられているものとなる。

つまり、他社解約によって他の金融機関からの借入はできなくなる。

継続して借入が必要な人にとって、他社解約の規定の有無はおまとめローン選びの重要なポイントとなるだろう。

多くのおまとめローンでは他社解約が求められるが、SMBCモビットおまとめローンではどうだろうか。

ここから、一般的な他社解約についての概要と併せて解説する。

一般的に他社解約が条件となっていることが多い

おまとめローンでは他の金融機関への完済・解約を行うために、他の金融機関からこれ以上借入ができないよう、他社解約を求められることが多い。

一方で、他社解約を求めない金融機関もある。

低金利で高額の貸付が可能な大手銀行系のおまとめローンでは、他社解約について明確にルール化していないケースが多い。

これに該当するSMBCモビットのおまとめローンも、他社解約について規約に明記していない

ただし、契約時に他社解約をすすめられる可能性も否定できないため留意しておいて欲しい。

また、SMBCモビットからは追加の借入ができない規定となっている。

SMBCモビットでの借入を継続したい人は注意が必要だ。

契約違反になる恐れもある

他社解約は、利用規定で明記されるルールだ。

そもそも、契約は利用規約に同意したうえで結ばれているため、他社解約のルールを破れば当然契約違反となる。

他社解約のタイミングは、いつになるのだろうか。

おまとめローン契約後、既存の借入先に完済した時に解約を求められるのが一般的だ。

その後、多くの場合で「完済証明書」・「解約証明書」といった証明書類の提出が求められる。

金融機関との契約は、信頼をもとに成り立っていることを忘れてはならない。

規約をよく確認して正しく返済を進めたい。

一括返済にならないよう注意する

金融機関との契約に違反をした際の対応は、利用規約に明記されている。

例として、SMBCモビット会員規約に記載されている規約違反への対応の一部を紹介する。

  • 利用限度額の減額
  • 貸付金の即時一括返済請求
  • カードの利用停止

上記のうち、どの対応をとられるかは規定に基づいて金融機関が決定する。

一括返済を求められるケースもあるため注意が必要だ。

借金を一本化するおまとめローンでは、高額の融資を受けることになる。

厳正な審査に通過した信頼に応え、誠実な取引を心がけて欲しい。

モビットについて詳しくは知りたい方はこちら

<037 モビット おまとめローン>

  ※イメージ画像

SMBCモビットのおまとめローンの申込・利用条件は?

SMBCモビットのおまとめローンの申込・利用条件は? カードローンナビ

他社解約について必須としていない、SMBCモビットのおまとめローンに魅力を感じた人も少なくないだろう。

以下では、SMBCモビットおまとめローンの申込・利用条件を解説していく。

カードローンの中でも、おまとめローンは借金の一本化を目的とした特殊なサービスである。

申込条件・利用条件も特殊なものがあるのだろうか。

満20~65歳の安定した収入のある人

公式サイトではおまとめローンの申込条件として「年齢満20歳~65歳安定した収入のある方」と記載している。

SMBCモビット会員の申込条件である「年齢満20歳~74歳の安定した定期収入のある方」とよく似ているが、年齢の上限が異なるため注意して欲しい。

このことから、職種・職種についての縛りがなく、かなりシンプルな条件であることがわかるだろう。

派遣社員・パート・アルバイト・自営業はもちろん、収入があれば専業主婦(主夫)でも申込できる。

国籍についても規定はないため、外国人でも条件に合えば申込可能だ。

SMBCモビットの規準を満たす人

申込条件として「SMBCモビットの規準を満たす人」という条件も言及されている。

この規準の内容については公表されていない。しかし、あくまで審査ではなく申込の規準であるため、そこまで厳しい規準は設けられていないと推測できる。

この申込段階で規準に達しなかった際は、金融関係の専門家に相談するのもひとつの手だ。

資金使途は限定される

SMBCモビットおまとめローンは、他の貸金業者・みなし貸金業者への返済専用サービスだ。

借入ができないだけではなく、他の用途に使うこともできない。

これは、おまとめローンが借金の完済を目的としているからだ。

借金を増やしたり用途から外れた使い方をしたりできないようになっているのである。

借金を集中して返済できる仕組みでもあるが、このルールをデメリットに感じる人もいるだろう。

同じおまとめローンでも利用目的に縛りがないもの・借入もできるものもある。

こちらも併せて検討して欲しい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり※
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

SMBCモビットのおまとめローンの金利は?

SMBCモビットのおまとめローンの金利は? カードローンナビ

SMBCモビットおまとめローンの金利は実質年率3.0%~18.0%だ。

他の銀行系おまとめローンと同じく、低金利に設定されている。

カードローン特有の金利率の幅の広さも特徴といえる。

これによって、借入残高が多いほど金利を低く抑えられる仕組みの恩恵を存分に受けられる。

借金を一本化するおまとめローンは借入残高が必然的に多くなる。

それによって金利は低くなり、毎月の返済負担が少なくなるのだ。

モビットについて詳しくは知りたい方はこちら

<037 モビット おまとめローン>

  ※イメージ画像

SMBCモビットのおまとめローンは総量規制の対象になる?

SMBCモビットのおまとめローンは総量規制の対象になる? カードローンナビ

総量規制とは、年収の3分の1を超えて貸付してはならないルールのことを指す。

このルールは返済能力を超える過度な貸付から消費者を守ることを目的としており、「貸金業法」で定められているものとなる。

裏を返せば、総量規制の縛りがある限り、年収の3分の1までしか借りられないのだ。

借金を一本化する際も3分の1以内に収めなければならず、不都合な場面も出てくるだろう。

総量規制の対象となるのは、貸金業者から個人への貸付に限られる。

SMBCモビットのおまとめローンは、総量規制の対象になるのだろうか。

おまとめローンは総量規制の対象外

総量規制の対象は、貸金業者から個人への貸付となる。

貸金業者とは、具体的に消費者金融・クレジットカード会社などを指す。

SMBCモビットのおまとめローンは、三井住友銀行が運営するカードローンである。

銀行は貸金業者に該当しないため、SMBCモビットおまとめローンは総量規制の対象外となる。

最大で800万円まで利用可能

SMBCモビットのおまとめローンの限度額は800万円だ。

一般的におまとめローンの限度額は以下のように設定されている。

  • 消費者金融系:300〜800万円程度
  • 銀行系:500〜1000万円程度

SMBCモビットのおまとめローンの上限額である800万円が比較的高額だとわかるだろう。

対して貸金業者である消費者金融系の上限額は総量規制の影響で低めに設定されている。

これこそ、銀行系おまとめローンが総量規制の対象外であるメリットと言える。

貸付を収入の3分の1に制限されないため、複数の金融機関からの借入で膨らんだ借金もしっかりカバーできる。

SMBCモビットのおまとめローンの審査は厳しい?

SMBCモビットのおまとめローンの審査は厳しい? カードローンナビ

SMBCモビットのおまとめローンの審査は、比較的厳しいといわれている。

理由は2つある。

理由の1つ目は、SMBCモビットが銀行系のカードローンであることだ。

他の消費者金融・信販会社のカードローンと比較すると、審査が厳しい傾向にある。

理由の2つ目は、借入金額が大きくなることだ。

おまとめローンは借金を一本化するサービスであるため、必然的に借入金額が大きくなる。

そして、借入金額が大きくなるほど利用者に返済能力があるか審査は厳しくなるのだ。

このように、銀行が提供する高額融資が前提のサービスであるため、SMBCモビットおまとめローンの審査は厳しい傾向にある。

SMBCモビットのおまとめローンの申込の流れ

SMBCモビットのおまとめローンの申込の流れ カードローンナビ

ここまでの説明で、SMBCモビットのおまとめローンは他社解約は必須ではなく、借入の上限額も高いことがわかった。

以上の特徴から、SMBCモビットおまとめローンに申込したいと思った人も多いだろう。

申込方法としては、既にSMBCモビット会員であればコールセンターに電話するだけで簡単に申込できる。

しかし、新規申込の場合は、まずSMBCモビット会員への申込・登録からする必要がある。

ここからは、新規の申込方法を含めて、以下のように順を追って解説する。

  • Webから申込
  • 審査結果の連絡
  • 契約手続き
  • 手続き完了後SMBCモビットから借入先へ振込

申込は全てWeb上で完結するため、非常に便利だ。

ぜひ活用してもらいたい。

Webから申込

新規の場合、まずWebからSMBCモビットに申込をする。

パソコンやスマートフォンから公式サイトにアクセスして申込可能だ。

「同意事項」「利用規約」に同意したうえで、以下の情報を入力する。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 連絡先(メールアドレス、電話番号など)
  • 年収
  • 契約希望額
  • 利用目的
  • 最終学歴
  • 国籍

5分程度で入力できるシンプルな内容だ。

この申込内容をもとに、SMBCモビットの審査を受ける。

審査に通過しSMBCモビット会員となると、おまとめローン希望者には電話連絡が来る。

電話で借入情報などのヒアリングを受け、おまとめローンの申込が完了するのだ。

審査結果の連絡

審査結果は、主にメール・SNSなどで通知される。周囲に知られずに借りたい人に配慮して、書類・郵送物をなくしているのだ。

基本的に電話での連絡はない。もし、審査の状況によって電話が必要になっても、希望の連絡先に担当者個人名でかけてくれる。

また、審査時の勤め先への在籍確認の電話も原則ない

どうしても必要な場合でも、利用者に同意を得たうえでの連絡となるため安心だ。

契約手続き

審査に通過すれば、SMBCモビットおまとめローンへの契約手続きが可能になる。

契約手続きも全てWebで完結するのが嬉しいポイントだ。

パソコン・スマートフォンからいつでもどこからでも手続き可能となっている。

契約前に「同意事項」・「利用規約」をよく読み込んでおこう。

手続きがWeb完結で手軽になっても大きな金額での取引になることは変わらない。

Web上での契約でもその自覚を持ち、慎重に契約を進めることが重要になる。

手続き完了後SMBCモビットから借入先へ振込

無事契約の手続きが完了すると、SMBCモビットから利用者の名前で借入先へ直接振込してもらえる。

これを「振込代行」という。

一度利用者に振り込まれる形となり、利用者自身が借入先に入金するよりも手間がかからない。

また、この時の振込手数料は0円なので金銭的な負担もない。

余分な手間を省き、スマートに借金返済を進められるようになっている。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリット カードローンナビ

おまとめローンは、複数の金融機関からバラバラに借りていた借金を一本化するサービスだ。

借金をまとめて借入する金融機関をひとつにすること、並びに借入預金を大きくすることでメリットが生まれる。

具体的には、どのようなメリットがあるのだろうか。以下でわかりやすく解説する。

金利の負担が減る可能性がある

借入金額が大きくなるほど、金利は低く設定される決まりになっている。

「利息制限法」で定められた借入金額に応じた上限金利をまとめたものが、以下の表になる。

借入金額上限金額
10万円未満年率20.0%
10万円以上100万円未満年率18.0%
100万円以上年率15.0%

つまり、複数の借入先で少額ずつ借りるよりもおまとめローンでひとつの借入先で高額借りた方が金利は抑えられるのだ。

毎月の返済額を軽減できる

おまとめローンでは、少額の借金をひとつにまとめて高額に切り替え、金利を低く抑えられるメリットがある。

金利差の分だけ、月々の返済金額が減らせることが期待できると言える。その場合は総支払額も減額可能だ。

さらに、おまとめローンに切り替えるタイミングで返済計画を見直すことも可能だ。

毎月の返済を無理のない範囲に調整できる。

ただし、返済計画の見直しは総支払額を減額することには繋がらないため注意して欲しい。

返済日を月1回にまとめられる

借入先が増えるほど、毎月の返済日が増えてしまう。バラバラな借入先への返済日・返済金額を正しく管理するだけでも大きな負担になる。

また、返済の入金作業も毎月何度もあっては手間も時間も取られてしまう。

おまとめローンでは、返済日を月1回にまとめられる。

返済先・返済金額もひとつ管理すればいいので負担は大いに軽減できる。

心身ともに負担が減るため返済そのものに集中できるのが嬉しいポイントだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり※
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリット カードローンナビ

おまとめローンでは、借金を一本化することで管理のしやすさ・毎月の返済金額軽減といったメリットを得られる。

一方で、借入金額が大きくなることで生じるデメリットもある。以下で注意すべきデメリットを解説する。

審査が厳しめ

おまとめローンの審査は、一般的に厳しめになっている。

以下のような背景が理由だ。

審査では融資した金額の返済能力を見られている。

そのため、借入希望金額が大きくなるほど審査は厳しくなる傾向にある。

おまとめローンは借金を一本化するサービスであるため、必然的に借入金額が大きくなる。

結果的に、おまとめローンはカードローンの中でも審査が厳しくなってしまうのだ。

返済期間が長くなり返済総額が増えるケースもある

大きな借入金額の返済であるため、返済期間が長くなってしまうこともひとつのネックだ。

返済期間が長くなるほど支払う金利も多くなる。そのために、返済総額まで増えてしまうケースもあるのだ。

また、返済計画を見直す際に毎月の返済額を抑えすぎるとますます返済期間を伸ばしてしまうことになる。

毎月の返済額と返済期間のバランスを考慮しよく検討して欲しい。

余計に金利が高くなるケースもある

借金を一本化して借入金額を大きくし、金利を抑えることはおまとめローンの大きなメリットのひとつだ。

このメリットは、まとめる前の小さな借入金額にかかる金利とまとめた後の大きな借入金額にかかる金利の金利差から生じている。

しかし、まとめる前の金利がそもそも低ければこの金利差が狙い通り生じないケースもある。

まとめる前の金利よりまとめた後の金利の方が高ければ、余計に金利が高くなってしまうのだ。

毎月の返済金額を抑える目的でおまとめローンを検討していた利用者にとっては、大きなデメリットになるだろう。

特に、銀行系の低金利のカードローンを消費者金融系のおまとめローンでまとめる際は注意が必要だ。

複数の借入をまとめたいならSMBCモビットのおまとめローン

複数の借入をまとめたいならSMBCモビットのおまとめローン カードローンナビ

SMBCモビットのおまとめローンでは、他社解約は必須条件ではない

このことから、以下のような人にSMBCモビットをおすすめしたい。

SMBCモビットのおまとめローンがおすすめな
  • 借金を一本化して返済しつつ、借入を継続したい人
  • 返済に集中したいが、いざという時に借入できる余地が欲しい人
  • SMBCグループで安心して返済を進めたい人

また、SMBCモビットのおまとめローンは低金利貸付上限額も高めに設定されている。

借金の総額が大きいほど毎月の返済金額を抑えられる仕組みになっているのだ。

申込・契約まで全てWebで完結するのも嬉しい。

SMBCモビットのおまとめローンで、借金の返済をスマートに進めて欲しい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり※
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

モビットについて詳しくは知りたい方はこちら

<037 モビット おまとめローン>

  ※イメージ画像

目次