MENU

楽天銀行のカードローンの申込で郵送物が届く?自宅に届くケース・家族に知られにくい方法も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

家族に内緒でカードローンを利用したいのに、郵送物が届くのは困りものだ。

カードローンに申込をしたときに、郵送物があるのかどうか気になっている方も多いだろう。

お小遣い・家計のやりくりで困ったときなどに、できれば家族に知られずに利用したい。

そのような方も利用しやすいように、銀行・消費者金融も工夫してくれているので過度に心配する必要はないだろう。

この記事では、楽天銀行のカードローンのスーパーローンに申込・利用した場合の郵送物について解説している。

また、郵送物を少なくする方法・家族に知られにくくするポイントについても紹介している。

楽天銀行のカードローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしていただきたい。

目次

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の申込で郵送物が届く?

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の申込で郵送物が届く? カードローンナビ

結論からいうと、楽天銀行のカードローンに申込をすると郵送物が届く。

必ず届くものはローンカードである。

カードローンは提携ATMなどで借入・返済をするときに必要なもので、楽天銀行のカードローンはカードレスでの利用ができない。

また、申込もインターネットからとなり、自動契約機も設置されていないのでローンカードの受け取り方法は必然的に郵送になるのだ。

なお契約書・利用明細書はwebで確認できるため、郵送物として届くことはない。

しかし、郵送物としてローンカードだけは送られてくることは覚えておこう。

自宅に郵送物が届くのはどのようなケース?

自宅に郵送物が届くのはどのようなケース? カードローンナビ

楽天銀行のカードローンを利用するときに、郵送物として自宅に送られてくる可能性がある主なものはローンカード・利用明細書・督促状・ダイレクトメールだ。

郵送物を限りなく少なくすることも可能なので、それぞれのケースを把握しておこう。

ローンカードが届くとき

楽天銀行のカードローンではローンカードが必ず届く。ローンカードが届くタイミングは手続きの完了後だ。

インターネットで申込をして、審査・在籍確認などが完了すればして必要書類の提出となる。その後、手続きが完了すればローンカード発行という流れとなる。

ローンカードの郵送は避けられないが、郵送物は楽天銀行の名称で送られてくる。そのため、楽天銀行の口座を所持していれば、家族に怪しまれることはないだろう。

また、ローンカードは契約が完了してから、翌営業日に簡易書留で発送されることになっている。

おおよその到着日の目安はつけられるので、スケジュールが調整できるようなら自分で受け取るようにしよう。

一部の利用者はATMの利用で明細書が届く

楽天銀行はペーパーレス化にともなって、2011年8月1日から楽天銀行スーパーローンの取引に関わる明細書の書面発送を停止している。

そのため、明細書が郵送物として届くことはない。

出金・提携ATMからの入金・契約内容変更などは、楽天銀行のカードローンの会員サービスであるメンバーズデスクから確認できる。

しかし、メンバーズデスクでの表示は、パソコン・スマホのみの対応となっている。

そのため、現在でも2011年8月1日以前から利用している一部の方は、提携ATMからの入金明細書・契約内容変更時の書面が郵送物として届く。

ただ、これから契約する方は明細書が郵送されてくることはないので気にすることはない。

督促状・ダイレクトメールなどが届く可能性もある

イレギュラーな郵送物として督促状・ダイレクトメールがある。

督促状は滞納が発生すると、返済を催促するために送られてくる可能性がある。

これを避ける方法は返済を滞納しないことだ。

カードローンの申込を家族に知られないようにしたとしても、督促状がバレてしまっては元も子もない。

むしろ、カードローンの借入を伝えていなかったうえ、滞納しているとなると最悪の事態だ。

ただし、それほど督促状を警戒する必要はない。

毎月決まった期日にしっかり返済すれば問題ないし、滞納しても督促状がいきなり送られてくることはない。

滞納が発生したら、まずは電話連絡などが入るのが一般的なのでしっかり対応して督促状の発行を防ごう。

ダイレクトメールは不定期に送られてくる会員向けのハガキなどだ。

ダイレクトメールの送付を希望しない方は、楽天銀行カスタマーセンター(0120-776-910または0570-064-924)に電話しよう。

楽天銀行のカードローンの郵便物について詳しく知りたい方はこちら

<親記事誘導リンク>

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

カードローンの利用が家族に知られない方法は?

カードローンの利用が家族に知られない方法は? カードローンナビ

銀行が郵送物を送付するのは、本人確認を兼ねている側面もある。

しかし、カードローンの利用を家族にバレたくないという方は多いだろう。

どうしてもバレたくない方が、気をつけておきたいポイントは下記の5つだ。

  • 郵送物を最小限にする
  • 自分で受け取る
  • 口座開設したという
  • 返済を滞納しない
  • 口座振替の引き落とし口座は楽天銀行にする

家族に知られる可能性を低くするには、郵送物ができるだけ少ない方がよい。

その点、楽天銀行のカードローンでは郵送物をローンカードのみにできる。

会員に送られるダイレクトメールも、申込が完了した後に届かないよう手続きをしておこう。

郵送物が送られてくる日時を指定することはできない。

しかし、契約完了後の翌営業日に発送されるので、到着日のおよその目安はつけられるだろう。

スケジュールに都合がつくようなら、郵送物を自分で受け取ろう。

郵送物が届いたときに自分で対応すれば家族に知られる可能性は低くなる。

また、郵送物は楽天銀行の名称で届くので、家族に聞かれても口座を開設したといえば怪しまれる可能性は低いだろう。

返済に関して注意してもらいたいのは滞納・口座振替の2つだ。

返済を滞納すれば自宅に督促状が届く可能性がある。

返済に問題が生じれば今後の借入にも支障が出てくる可能性がある。毎月の期日を守ってしっかり返済しよう。

さらに滞納が続けば最悪財産の差し押さえとなり、家族に知られるどころの話ではない。

そうならないためにも、無理のない返済計画を立てよう。

また、返済方法を口座振替に設定すると口座振替依頼書の提出が必要となる。そうすると自宅に口座振替依頼書が郵送され、それに記入した後返送することになる。

そのため、家族に知られる可能性が高くなってしまうのだ。

もし返済方法を口座振替にする場合は、申込時に引き落としに利用する口座に楽天銀行を指定しよう。

そうすれば、口座振替依頼書の提出は必要なくなるので郵送物を減らせる。

楽天銀行スーパーローンの郵便物は勤務先に送ってもらうことも可能?

楽天銀行スーパーローンの郵便物は勤務先に送ってもらうことも可能? カードローンナビ

結論からいうと、楽天銀行スーパーローンの郵便物を勤務先に送ってもらうことは可能だ。

しかし、自宅への郵送物を無くすことはできないので注意しよう。

勤務先へ送ってもらうこともできる

一人暮らし・カードローンの利用を家族が知っているという方は、郵送物が自宅に届いても問題ないだろう。

しかし、家族にバレたくないという方は送付先が勤務先の方が都合がよい。

楽現銀行カードローンでは、ローンカードを勤務先に送ってもらうことも可能だ。

送付先は自宅と勤務先のいずれかを指定できるので、都合がよい送付先を選択しよう。

ただし、ここには落とし穴がある。

詳しくは後述するが、送付先を勤務先に指定すると自宅に犯罪収益移転防止法に基づく文書が送付されるので注意が必要だ。

封筒には楽天銀行の社名が書かれている

郵送物には楽天銀行の名称が記載されているので、カードローンの利用とはバレにくい。

楽天銀行の口座を開設・クレジットカードの申込といった理由を述べれば、自宅に郵送物が届いても問題にならないだろう。

すでにそういった楽天銀行のサービスを利用しているなら、なおさら怪しまれる可能性は低いはずだ。

そのため、郵送物が自宅に届くといっても必要以上に警戒することはない。

ただ、家族が勝手に郵送物を開封してしまうと、ローンカードの存在を知られてしまう。

その可能性がある場合は、送付先に勤務先を指定した方が無難だろう。

自宅にも犯罪収益移転防止法に基づく文書が送付される点に注意

郵送物の送付先を勤務先に指定した場合に問題となるのが、犯罪収益移転防止法に基づく文書である。

送付先を勤務先にすると、自宅にこの文書が確実に送付されるのである。

つまり、せっかくローンカードの送付先を勤務先に指定しても、自宅への郵送物が皆無になることはない。

犯罪収益移転防止法に基づく文書が送付されることは、銀行との取引をするうえで珍しくはなく開封されなければ知られる可能性は低いだろう。

ただ、受け取った家族にどういったものか尋ねられれば、楽天銀行の口座を開設・クレジットカードの申込による郵送物といった言い訳をしなければならない。

それなら最初から変に気を回さず、自宅にローンカードを送付してもらって堂々としておいた方が家族に怪しまれるリスクは少ないだろう。

楽天銀行の明細書は会員専用サイトでもチェック可能

楽天銀行の明細書は会員専用サイトでもチェック可能 カードローンナビ

楽天銀行のカードローンは基本的に明細書の書面発送はしていない。

2011年8月1日以降、Webでの確認に移行されたためだ。

パソコン・スマホから楽天銀行の会員専用サービスであるメンバーズデスクを利用することで、明細を確認できる。

メンバーズデスクの登録料・利用料は無料となっている。

最初に登録する必要はあるが、楽天銀行のカードローンに申込をするなら、便利なのでぜひ利用しよう。

ただし、2022年1月16日より 携帯電話(フィーチャーフォン・ガラケー)でのメンバーズデスク利用はできなくなっている。

楽天銀行のカードローンの郵便物について詳しく知りたい方はこちら

<親記事誘導リンク>

楽天銀行スーパーローンの特徴

楽天銀行スーパーローンの特徴 カードローンナビ

楽天銀行スーパーローンの大きな特徴は、楽天会員ランクによる審査優遇・キャンペーン・月々の最低返済額である。

これらは楽天銀行スーパーローンだからこその大きなメリットだ。

それでは、この3つのポイントについて詳しくみていこう。

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり

楽天銀行スーパーローンの金利は年1.9%〜14.5%であり、利用限度額によって金利の幅が決まっている

例えば利用限度額が500万円の場合、金利は2.5%〜7.8%だ。

安定した収入・返済能力・信用情報・他社からの借入状況などをもとに総合的に審査が実施され、この範囲内で金利が決定される。

そのため、結論をいうと楽天会員ランクに応じて金利が優遇される可能性は低い。

ただし、楽天会員ランクによって審査は優遇される

これは楽天銀行が公式で明示しており、楽天銀行スーパーローンだからこその特徴だ。

楽天会員ランクにはダイヤモンド・プラチナ・ゴールド・シルバー・レギュラーがある。

楽天会員ランクは過去6ヶ月のポイント獲得回数・獲得ポイント数によってアップするが、このランクが高いほど楽天からの信頼も高いといってよい。

楽天でのショッピングをはじめ、現在は楽天ポイントを貯められる店舗も多い。

楽天銀行スーパーローンに申込をしたいけど、審査に通過するか不安という方もいるだろう。

そういった方はできるだけ楽天会員ランクを上げておけば、審査で優遇されるのだ。

キャンペーンが豊富

楽天銀行スーパーローンの特徴は、キャンペーンが豊富なことだ。

常設入会特典キャンペーンとして、入会で1,000ポイントもらえる。このほか、期間限定で金利半額のキャンペーンなどを実施していることもある。

キャンペーンの特典を受けるには、注意しておきたいポイントだ。

キャンペーンページから入会・申込、もしくは申込時に「楽天会員の方」ボタンから手続きに進もう。または、申込を完了したページから楽天会員情報を入力してもよい。

もう1つ注意したいのは、特典による楽天ポイントは期間限定であることだ。30日間の期間内に使用しなければ、ポイントが失効してしまうので気をつけよう。

楽天ポイントは楽天サービスで1ポイント=1円で利用でき、ANAマイルなどにも交換できるので便利だ。

キャンペーンが豊富なことは、楽天銀行スーパーローンを利用するうえでの大きなメリットだ。

そのため、すぐ融資が必要という状況でなければ、お得なキャンペーンを実施しているときに申込をするのもよいだろう。

月々の返済額は2,000円からOK

楽天銀行スーパーローンの返済方式は、残高スライドリボルビング返済となっている。

借入残高によって月々の最低返済額が決定する。

2016年7月19日以降に会員になった場合、借入残高と最低返済額の関係は下記の通りだ。

借入残高毎月の最低返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円以内5,000円
30万円超50万円以内10,000円
50万円超100万円以内15,000円
100万円超150万円以内20,000円
150万円超200万円以内30,000円
200万円超250万円以内35,000円
250万円超350万円以内40,000円
350万円超400万円以内45,000円
400万円超500万円以内50,000円
500万円超600万円以内60,000円
600万円超700万円以内80,000円
700万円超800万円以内100,000円

借入残高が10万円以内の場合、毎月の最低返済額は2,000円となる。

借入残高が少なければ、毎月の返済額も少なくなるので無理のない返済が可能だ。

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行スーパーローンに申込できる人は?

楽天銀行スーパーローンに申込できる人は? カードローンナビ

楽天銀行スーパーローンに申込できる条件はいくつかある。

年齢・収入状況・雇用形態・居住地などによっては、申込ができない場合がある。

審査の基準は明らかにされていないが、これらの前提条件に合致していないとそもそも審査に通らないので事前にチェックしておこう。

満20歳以上62歳以下の人

楽天銀行スーパーローンの申込できる年齢は、満20歳以上62歳以下となっている。

20歳未満63歳以上の方は利用できないので注意しよう。

安定した収入のある人

審査基準として返済能力の有無は重要である。

そのため、満20歳以上62歳以下であっても、安定した収入がなければ審査に落ちる可能性が高い。

専業主婦の人(60歳まで)

安定した収入・返済能力があれば、専業主婦の方でも審査に通過できる。

そのため、主婦だからといって最初から諦めずに、急な融資が必要になったときは申込をしてみよう。

専業主婦の方の申込年齢上限は60歳までとなっているので注意しよう。

パート・アルバイトの人(60歳まで)

専業主婦と同じように安定した収入・返済能力があると判断されれば、パート・アルバイトでも審査に通過することは可能だ。

年齢上限も専業主婦同様に60歳までである。

パート・アルバイトの場合は働いている店舗に在籍確認の連絡があるので、店長に楽天銀行から電話があることを伝えておこう。

日本国内に居住している人

楽天銀行スーパーローンの申込は、日本国内に居住している方に限られる。

ただし、外国籍の方でも永住権または特別永住権を保有していれば利用できる。

楽天銀行のカードローンの郵便物について詳しく知りたい方はこちら

<親記事誘導リンク>

楽天銀行スーパーローンの審査のポイント

楽天銀行スーパーローンの審査のポイント カードローンナビ

楽天銀行スーパーローンの主な審査ポイントを3つ紹介する。

審査に通過しやすくするための重要なポイントなので、必ずおさえておこう。

延滞など信用情報に問題がないかどうか

どこの銀行・消費者金融でも同じだが、楽天銀行スーパーローンでも申込者の信用情報の照会を実施している。

そのため、過去に長期の返済遅延・繰り返しの滞納など信用情報に傷があると、審査に通過する可能性が低くなる。

自己破産・債務整理はもちろん、クレジットカード・電話料金の滞納もチェック対象だ。

3ヶ月以上滞納している記録があると、信頼度が大きく低下する傾向があるので注意しよう。

自身の信用情報がどのようになっているか不安な方は、信用情報機関に情報開示請求をして確認することをおすすめする。

他のカードローンの借入件数

他社からの借入件数もカードローンの審査に大きな影響を与える要素だ。

安定した収入があっても、毎月の返済件数が多ければ返済能力が低いと判断される場合がある。

他社からの借入がある場合、申込をする前にできるだけ借入をしている件数を整理しよう。

借入の総額

借入額も借入件数と同様だ。毎月の返済額が多く、返済能力に問題があると審査に落ちる可能性が高くなる。

楽天銀行スーパーローンに申込をする前に、他社の借入額をできるだけ減らしておくことをおすすめする。

楽天銀行スーパーローンの郵送物が気になるなら

楽天銀行スーパーローンの郵送物が気になるなら カードローンナビ

楽天銀行スーパーローンに申込をした場合の郵送物は、ローンカードのみにすることができる。

しかし、郵送先を勤務先に指定しても、自宅に犯罪収益移転防止法に基づく文書が届く。

そのため、郵送物が自宅に送られることは避けられない。

しかし、郵送物は楽天銀行の名称で送られてくるので過度な心配は必要ない。

楽天銀行口座の開設・楽天クレジットカードの申込といえば、カードローンである可能性は低いのである。

楽天銀行スーパーローンでは利用明細書が郵送されることはなく、ダイレクトメールの送付も停止できる。

そのため、楽天銀行スーパーローンは家族に知られたくない方でも利用しやすいカードローンだ。

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要
目次