MENU

はじめてのカードローン|仕組み・キャッシングの基礎知識・選び方を初心者向けに解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンは、ほかのローンと比較して審査時間が短く、幅広いニーズに応えてくれる利便性の高さが魅力だ。

カードローンを利用するなら、仕組みやメリット・デメリットなどは押さえておきたいところである。

何も知らずに借入してしまい、後悔しないためにも下調べは不可欠だ。

そこで今回は、カードローンに関する基礎知識・選び方を解説する。はじめて利用する際の注意点も伝えるので参考にしてもらいたい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

はじめてカードローンを利用する人が知っておきたい仕組み

カードローンは、銀行・消費者金融などの金融機関が提供する信用貸しの一種である。

専用のカードを用いることで、利用者は特定の限度額の範囲内で必要なときにお金を借りられる仕組みとなっている。

ATMから現金を引き出す方法はもちろん、自身が利用する口座振込でお金を借りる方法もある。

返済は毎月利息分を含む借入額を分割で支払うのが一般的だ。また、金融機関によって特徴が異なる点も覚えておこう。

借入までのスピード・限度額・金利などに金融機関ごとの違いがある。よって、目的・優先順位によって自身に相応しいカードローンも変わるのである。

キャッシングの基礎知識

キャッシングとは、お金を借りることを指す言葉である。キャッシングの利用方法には、次の2つがある。

  • クレジットカードにあるキャッシング機能の利用
  • カードローンの利用

クレジットカードは、インターネットショッピングなど日常的な買い物に利用するのが一般的だ。その際、キャッシング枠と呼ばれる融資サービスも付帯している場合がある。

一方で、カードローンには買い物の際に直接費用を支払う機能はついていない。

ただ、借入可能額はクレジットカードに比べてカードローンの方が高く設定されているのが一般的である。

いずれの方法も、キャッシングの利用には事前申込が必要だ。本人確認書類をはじめ、必要に応じて収入証明書を提出しなければならない。

提出された書類をもとに、借入の可否を審査する。審査により、借入可能額・金利が決定し、キャッシング機能が利用できるようになるのだ。

一般的な返済方法には、利息を含む借入額を一括・分割で返済する2通りがある。これらに加え、利息負担を減らす目的で繰上返済する方法も存在する。

キャッシングは、利便性の高さが魅力的だが、安易な借入は家計状況を悪化させるリスクも持ち合わせている。

利用を検討する際は、計画を立てながら慎重に考えてもらいたい。

審査の基準となる属性についてはこちらの記事で解説している。ぜひ参考にして欲しい。

はじめての方がカードローンを選ぶ際のポイントとは?

カードローンの選び方には、いくつか押さえておきたいポイントがある。ここでは、8つのポイントについて詳しく解説する。

自身の融資を受ける目的や優先順位にあわせて参考にしてもらいたい。

金利

カードローンを選ぶときは金利に着目したい。金利とは、借入した金額に加算される利息のことで、計算式は以下の通りになる。

利息=借入金×利率÷365×借入日数

金利が年12%・年18%それぞれで100万円借入し、30日後に返済するケースを例に利息の比較をしよう。

前者の利息は9,863円に対し、後者の利息は14,794円である。つまり、金利が低いカードローンの方が返済総額を抑えられるのだ。

そのため、カードローンを選ぶときは金利が低い商品から選ぶのがおすすめといえる。

審査時間

審査時間でカードローンを選ぶのもよい。審査時間の短いカードローンを選んだ場合、申込当日に融資を受けられる可能性が高まる

一般的なカードローンの場合、審査時間は早くて翌営業日以降になる。このタイムラグは、電話による在籍確認が要因のひとつとなる。

在籍確認とは、カードローン申込者が勤務先に在籍しているか確認することを指している。これは、雇用状況・返済能力確認の一環で実施される。

在籍確認がすぐに受けられるカードローンを選択すれば、審査時間は短くなる。早めに融資を受けたい人は、確認しておこう。

融資までの早さ

融資までの早さも重要なポイントだ。審査時間が短くても、融資までに時間がかかると即日借入できないケースもある。

特に、「今すぐお金が必要」な方にとっては融資までのスピード感は欠かせないポイントになる。

そのため、ローン専用のカード発行を待たずして振込に対応できるかに着目しておこう。

消費者金融が提供するカードローンには、カード発行が要らず、すぐに資金が借りられるものが多い。早めに借入がしたい場合は、積極的に検討しよう。

返済の利便性

カードローンを選ぶなら、返済の利便性も考慮すべきポイントである。

借入金の返済方法には以下のようなものがあげられる。

  • インターネットバンキング
  • 自動契約機のATM
  • 提携のATM
  • 指定口座への振込
  • 口座振替(自動引き落とし)

一般的なカードローンは、これらの中から自身の都合にあわせて返済方法を選べる。ただ、すべてのサービスが利用できるとは限らない。

そのため、返済方法の選択肢が多いほど利便性は高いといえる。大手銀行カードローンは提携のATMが多く、コンビニなどで返済するのも可能である。

融資額の大きさ

融資額の大きさも、カードローンを選ぶときに忘れてはならないポイントである。

一般的に、消費者金融のカードローンよりも銀行カードローンの方が融資額は高く設定されている。

これは、消費者金融カードローンに総量規制が適用されるのが要因だ。

総量規制とは、貸金業法で定められているルールのことを指す。これにより、融資額は年収の3分の1までに制限されている

銀行カードローンに総量規制は適応されないため、より高額な融資を受けられる可能性がある。

ただし、審査結果に応じて融資額は決定されるため、希望通りの融資を受けられないケースもある点に留意したい。

返済期間

返済期間も確認しておく必要がある。返済期間とは、借入日から借入残高がゼロになるまでにかかる期間を指す。

借入金・金利・返済期間を考慮し、一定額を毎月1回ずつ返済するのが一般的だ。

一部の金融機関のカードローンは返済期間を○○回と決めている商品もあるため、返済期間が決まっているか確認しよう。

自身の返済能力を超えない借入をしないことはもちろん、ゆとりある返済計画の立てられるようにしよう。

金融機関の信頼度

金融機関の信頼度も、以下のような理由で重要となる。

  • 安全性・安定性
  • サービスの品質
  • 評判・実績

信頼度の高い金融機関は、顧客の個人情報を適切に管理していて利用者の安全性を担保してくれる。

また、カードローンにかかる手数料・金利などは合理的に設定されており、質の高いサービス提供に努めている。

こうした信頼度の高い金融機関のカードローンを利用することで、安心して借入ができる。

資金使途

カードローンの資金使途は、基本的に自由だ。自動車ローン・住宅ローンのように、使い道が決まっていないところがカードローンの特徴である。

そのため、事故・入院などはもちろん、生活費・レジャー・冠婚葬祭にも利用可能となる。

突然の支出に対応しきれない場合に役立てたい。ただし、カードローンは事業資金として利用できない

事業目的として借入を検討する際は、ビジネスカードローンなどを利用する必要があるため注意しよう。

はじめての方も安心の消費者金融カードローン

ここからは、はじめての方も安心の消費者金融カードローンを3社紹介する。それぞれの特徴を以下の表にまとめた。

スクロールできます
アコムプロミスアイフル
(ファーストプレミアム)
金利(実質年率)3.0~18.0%4.5~17.8%3.0%~9.5%
審査時間最短20分最短20分最短20分
在籍確認原則電話なし原則電話なし原則電話なし
無利息期間最大30日間最大30日間なし

消費者金融カードローンは審査結果が出るまでに早いため、「今すぐお金を借りたい」ときに役立つはずである。

アコム

アコム最大の特徴は、30日間金利0円サービスになる。

これは、アコムをはじめて利用する方に対して提供するサービスのことで、契約の翌日から30日間は利息がかからない

そのため、一時的な借入に対する最適解のひとつになり得る。

Web申込のみで手続きは完結するため、利便性も高い。さらに審査結果が最短20分で分かる迅速性も特徴である。

また、振込で借入する場合は最短10秒で送金が完了する。

もちろん、ATMでの借入も可能となっている。融資額は1万〜800万円、金利は借入金に応じて3.0%〜18.0%の範囲で決定される。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスは、融資を受けるまでのスピード感が最大の特徴である。借入までにかかる時間は、業界最低水準の最短20分となっている

「とにかく早くお金が必要」になったとき、優先したいカードローンのひとつといえる。

Web申込で完結できるのはもちろん、24時間365日いつでも申込可能なのも大きなメリットと言える。

アプリローンを活用した場合のカード発行は不要であり、スマートフォンで返済日・利用残高が確認できる。

融資額は最大500万円までになり、金利は借入金により変動するが年4.5%~17.8%の間で設定される。

急なトラブル・アクシデントに対応するために現金が必要になった場合、活用できるカードローンと言えよう。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

アイフル

アイフルのカードローンなら、ファーストプレミアム・カードローンと呼ばれるサービスがおすすめだ。

これは、Web申込限定のサービスで、アイフルを初回利用する方を対象としたカードローンのことを指す。

ファーストプレミアム・カードローンのメリットは、ほかのカードローンと比較して金利を抑えられる点である。

一般的な消費者金融のカードローンは年3.0%〜18.0%の範囲で金利が定められる。一方のファーストプレミアム・カードローンでは、年3.0%〜9.5%の範囲に抑えられる。

また、最大30日間金利0%で利用できるサービスも提供しており、融資額は100万~800万円である。

金利を抑えたいとき・まとまった融資額が必要になったとき、ファーストプレミアム・カードローンを有効活用したい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

はじめての方におすすめの銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融と比較して低金利で借りられるのが最大のメリットといえる。

ここでは6つの銀行カードローンを紹介する。それぞれの特徴は以下の表を参考にしてもらいたい。

スクロールできます
三菱UFJ銀行セブン銀行楽天銀行PayPay銀行みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローン
金利(実質年率)1.8~14.6%12.0~15.0%1.9~14.5%1.59~18.0%2.0~14.0%1.5~14.5%
限度額10万〜 500万円10万~300万円10万~800万円10万~1,000万円10万~800万円10万~800万円
審査時間最短即日最短翌日数日間最短翌日最短当日最短当日
在籍確認ありありありありありあり
カードレス

消費者金融と比較して借入限度額が高く設定されている商品が多いのが特徴である。

それぞれの特徴について、ここから詳しく確認しよう。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン最大の特徴は、Web完結・審査結果は最短当日で分かるところとなる。

銀行カードローンの場合、審査結果が分かるのは、最短でも翌営業日になるのが一般的である。

また、金利も消費者金融カードローンと比較すると低く、1.8〜14.6%の範囲に設定される。

カードローンの申請は、土日問わず24時間申込可能である。そのため、好きなタイミングで行える点もメリットになる。

毎月の返済額は借入金額によって変わるものの、最低1,000円から設定可能だ。

迅速に融資を受けたい方金利を抑えたい方は、三菱UFJ銀行のカードローンの利用を検討したいところである。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

セブン銀行

セブン銀行のカードローンはアプリ完結型になる。スマートフォンがあれば申込から借入・返済まで一元管理できるのが最大の特徴である。

極度額は10万・30万・50万・70万・100万・150万・200万・250万・300万円のいずれかに設定される。

最短翌日に借入ができるスピード融資も魅力のひとつだ。

セブン-イレブンのATMから借入できるため、24時間いつでも利用可能な利便性もセブン銀行カードローンの特徴になる。

スマートフォンで資金管理したい方は利用を検討しよう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年12.0%~年15.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間なし
借入限度額10万円~300万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上70歳未満
セブン銀行口座を持っている方
一定の審査基準を満たして株式会社セブン銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者の資格がある方
担保・保証人不要

楽天銀行

楽天銀行カードローンの最大の魅力は、業界最低水準の金利の低さである。

年1.9~14.5%のため、ほかのカードローンと比較して、利息の支払いを抑えられるのがメリットだ。

他社のカードローンの金利を見直すためのローンとして検討するのもよいだろう。

また、楽天グループが運営するため、楽天会員のランクに応じて審査優遇するサービスも提供している。

楽天経済圏を利用している方は、楽天銀行カードローンを最大限に活用できるはずだ。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

PayPay銀行

PayPay銀行カードローンは、無利息特約のサービスが最大の特徴となる。これは、初回借入日から30日間は利息がかからないサービスのことを指す。

そのため、無利息期間中に完済できれば、元本分の支払いで済む。

ただし、このサービスは無利息特約は初回利用に限定される。そのため、2回目以降の利用は通常の利息が発生する点に気をつけなければならない。

また、最低金利は年1.59%と業界最高水準となっている。

限度額は10万〜1,000万円までと幅広い範囲となる少額融資はもちろん、高額融資まで対応可能だ。

「利息を抑えたい・返済額を増やしたくない」と考える方には、PayPay銀行カードローンの利用検討をおすすめしたい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.59%~年18.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円〜1,000万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・申込時の年齢が20歳以上70歳未満
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの魅力は、業界最低水準の金利の低さである。最低金利は年2.0%、最高でも年14.0%に設定されている。

そのため、極度額が少ない場合でも、消費者金融カードローンと比較して利息負担を減らせるメリットがある。

総支払額が抑えられるため、家計に与える影響も最小限に抑えられるはずだ。

また、審査結果は最短当日に分かる迅速性もメリットとなる。申込はWeb完結のため、自身の好きなタイミングで申込が可能だ。

少額融資の検討の際に利用の検討を考えたいカードローンのひとつといえる。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは、カードレスに対応した銀行カードローンである。

また、三井住友銀行の口座開設の必要がなく、自身が利用している口座に振込も対応可能な点も特徴的だ。

そのため、カードローンの契約が済めば、カードの到着を待たずして利用可能である。金利は年1.5〜14.5%と、業界最低水準の金利の低さを誇る。

これらの特徴に加え、審査結果は、最短当日に分かる迅速性もメリットのひとつとなる。

そのため、三井住友銀行のカードローンは、「素早く・手続き少なくお金を借りたい」ときに利用を検討したいカードローンといえる。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

カードローンを利用するメリットとは?

カードローンには、個々の生活様式・資金用途に応じたメリットがある。以下に3つのメリットを示す。

カードローンを利用するメリット
  • 無担保・保証人が不要
  • 借入方法の柔軟性
  • 自由な使い道

カードローンは、個人の信用情報・雇用状況・返済能力に応じて融資を受けられるため、無担保で借入可能だ。また、保証人も不要である。

また、手続きも最小限で済むため、場合によっては即日融資に対応できるのもメリットといえる。

自動車ローン・住宅ローンは、融資額のすべてを一度に借入しなければならない。しかし、カードローンの場合は必要な金額だけ借入が可能だ

必要以上に融資を受けなくてもよいため、利息負担も最小限に抑えられるのもメリットのひとつである。

また、カードローンは自由な使い道に使えるため、医療費・養育費・冠婚葬祭などにも利用可能だ。

急な支出に対応しきれなくなったなど、いざというときに役立つものと言える

カードローン利用にデメリットはある?

カードローンは迅速性・使い道の広さなどに利点がある反面、デメリットも存在する。

特に、以下の2点に注意したい。

  • 金利の高さ
  • 借入が癖になる

カードローンは、無担保・保証人不要で借入できるが、金利は高く設定されている

金利は極度額に応じて設定されるものの、最大で18.0%になる可能性もある。

金利が高いほど利息負担は大きくなってしまうため、借入の際は金利も踏まえて検討してもらいたい。

また、柔軟な借入ができる分、計画性のない借入が癖になってしまうリスクも存在する。

安易な借入は自身の家計状況を圧迫し、結果として返済総額が大きくなってしまう可能性もある。

カードローンの利用を検討する際は、これらのデメリットを十分に理解しなければならない。安易な借入は避け、計画的な利用を心がけよう。

カードローンをはじめて利用する際の注意点

カードローンを利用する際、次の2点は押さえておきたい。

  • 金利の確認
  • 具体的な返済計画

カードローンの金利は、借入限度額に応じて決定される。そのため、自身の収入が低いほど金利は高く設定される場合が多いところには注意したい。

金利が高く設定された場合、長期間の返済よりも、短期間の返済の方が利息負担を減らすことができる。

また、返済計画は具体的に立てるのをおすすめする。多くの金融機関の公式ホームページでは、カードローンの返済シミュレーションツールを準備している。

特に、カードローンをはじめて利用する方は、これらのシミュレーションツールを活用すべきである。

借入希望額・金利・返済期間それぞれを加味した上で、ゆとりある返済計画で融資を受けるよう心がけよう。

自分に合ったカードローンを選ぼう

カードローンは、融資を受けるまでの時間が短く、自由な使い道で利用できる利便性の高さが魅力である。

また、消費者金融カードローン・銀行カードローンそれぞれで、金利や審査時間などの特徴は異なる。

そのため、自身の利用目的に応じて使い分けるのが重要なポイントといえる。

ただし、金利の高さには十分注意してもらいたい。

シミュレーションツールなどを活用しつつ、無理のない返済計画で借入を検討しよう。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%年4.5%~年17.8%年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円1万円~500万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短当日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短当日最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次