MENU

FXでよく使われるレバレッジとは?メリット・デメリットについて解説!

FXで「レバレッジ」という言葉は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという方は多いのではないだろうか。

レバレッジ取引を活用すれば少ない資金で大きな利益を狙えるが、リスクもあるので十分理解して取引する必要がある。また、取引会社によって仕様も違うので注意が必要だ。

今回は、レバレッジの仕組みやメリットなどを解説する。参考にしていただければ幸いだ。

\最短30分で取引可能/

目次

FXでよく見るレバレッジとは?

FXでよく見るレバレッジとは? わたしのIFAコラム

直訳すると「てこの原理」という意味で、小さな力で大きな力を動かせることからFXや金融業界でこの言葉が使われている。

レバレッジを利用すれば、自分の資金以上の金額を運用可能だ。

例えば、100万円分の通貨を取引したい場合、通常なら資金は100万円必要だが、レバレッジ取引なら4万円で取引できる。

ちなみに、取引口座に入金されている資金のことを証拠金、取引に必要な最低資金のことを必要証拠金と呼ぶ。

FX取引を行う上で重要なことなので必ず覚えておこう。

日本国内のFX業者は、規制により個人口座はレバレッジ最大25倍までと決められている。

海外FX業者の場合だとレバレッジ25倍以上の取引が可能だが、ハイレバレッジは扱いが難しいので、まずは国内FXから始めるといいだろう。

取引時のレバレッジ倍率は2種類ある

自分で倍率を選択するタイプとレバレッジ固定の2種類ある。基本的にはレバレッジ25倍固定のFX会社が多い。

「え、固定で25倍ってことはずっとハイリスクな取引しかできないってこと?」と考える方もいると思う。

しかし、レバレッジ25倍固定でもレバレッジ1倍の取引は可能だ

それが実効レバレッジという考え方になる。実効レバレッジさえ意識しておけば、倍率が高くても安心して取引ができる。

実効レバレッジとは?

実効レバレッジとは、純資産額に対して現在の自分が取引しているポジションが何倍なのかを表した数値だ。

計算式はこのようになっている。

 「実効レバレッジ」=「取引金額(取引数量×取引通貨のレート)」÷「有効証拠金(口座資金+評価損益)」 

わかりやすい例として、1ドル=100円の時に1万ドル取引した時に証拠金が100万円なら実効レバレッジ1倍、証拠金が4万円なら実効レバレッジ25倍といった感じだ。

証拠金が少ないと少しの値動きだけでロスカットされてしまう。FX取引にまだ慣れてないうちは実効レバレッジを1〜5倍あたりを意識して取引するといいだろう。

レバレッジ取引をするメリット

レバレッジ取引をするメリット わたしのIFAコラム

少ない資金で取引ができる

冒頭でも言ったように、メリットは少額でも取引ができることだ。

100万円分の取引をする場合でも、レバレッジ取引であれば最低4万円で運用できる

10万円分の取引でなら4,000円で運用可能だ。

少額でも大きな金額を運用できるため、上手くいった場合に資産以上の利益がすぐに狙える。

元手資金以上に取引ができるため大きな利益が狙える

一番の魅力は大幅な利益が狙えることだ。

例:証拠金10万円で1ドル=100円の時に購入して1ドル=110円の時に売却したとします。

レバレッジ取引数量評価額利益
1倍1000ドル10万円→11万円1万円
25倍25,000ドル250万円→275万円25万円

このように資金以上に大きく利益を狙えるのがメリットだ。

\最短30分で取引可能/

レバレッジ取引をするデメリットやリスク

レバレッジ取引をするデメリットやリスク わたしのIFAコラム

ロスカットされる

ロスカットとは、証拠金が証拠金維持率を下回るといま取引しているポジションが強制決済される仕組みのことだ。

国内FX会社の証拠金維持率は20〜100%が多い。FX会社ごとに違うので必ず確認しておこう。

証拠金維持率の計算式とロスカットされるタイミング例は以下の通り。

「(純資産額-注文証拠金)÷必要証拠金×100」

例として、レバレッジ25倍、証拠金が10万円で1ドル=100円の時に25000ドル買い。

その時点では、証拠金維持率は100%だ。

仮にロスカット条件が証拠金維持率100%だった場合、0.1銭でも下がった時点で強制決済されてしまう。

きちんと理解していないと思わぬところで強制決済されて、思った通りに取引ができない。

損失も大きくなる

大きく利益を狙える一方で、予想を外した場合の損失も大きくなってしまう。

例えば、証拠金10万円で1ドル=100円の時に購入して1ドル=99円になった時の含み損は以下のようになる。

レバレッジ取引数量評価額含み損
1倍1000ドル10万円→99,000円1,000円
25倍25,000ドル250万円→247万5千円25,000円

このように、少しの変動でも損失額が大きくなるので気を付けなければいけない。

追証により元手以上に損する可能性がある

一番気を付けなければいけないのが元手以上に損失することだ。

基本的には、ロスカットによって強制決済されるため取引口座に入っている資金以上に損することはない。

しかし、急激に相場が変化した時にロスカットが間に合わないことがある。

例としてはこのような感じだ。

レバレッジ25倍、ロスカット条件は証拠金維持率50%以下、証拠金10万円で1ドル=100円の時に25000ドル買い。

この時点で証拠金維持率は100%だ。通常なら1ドル=98円になった時点で50%を下回るので強制的に売り決済される。

しかし、急激な下落により1ドル=95円の時にしか決済できなかったというケースがある。その場合、評価額は250万円→237万5千円なので125,000円の損失。取引口座には10万円しかないため25,000円の支払いが求められる。

このように、ロスカットが機能せず遅れてしまうと口座に入れていた金額以上に損する可能性がある。

ロスカットが遅れるほど急激な変動はよっぽどないが、いつ起こるか分からないので自分で逆指値を入れておいたり、無理なレバレッジでポジションを持たないようにしよう。

まとめ

まとめ わたしのIFAコラム

FXでよく使われるレバレッジについて解説した。

上手く利益が出れば元手以上の金額を稼げるが、その分リスクも大きくなっている。

きちんとリスクを理解した上で活用しよう。

まだFXに慣れてないうちは取引口座に資金を多めに入れて、レバレッジを抑えて取引するといいだろう。

\最短30分で取引可能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次