MENU

即日融資可能な消費者金融とは?カードローンの審査に受かるコツも紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

即日融資可能な消費者金融は、急な出費に便利だが、具体的にどの消費者金融が該当しているのか分からない人もいるだろう。

そこで本記事では、即日融資可能な消費者金融の特徴を詳しく解説する。

また、具体的にどのカードローンが即日融資可能なのかということや、カードローンの審査に受かるコツも紹介する。

記事の内容を参考に、即日融資可能な消費者金融を使いこなせるようにして欲しい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

即日融資が可能な消費者金融とは?

即日融資とは、申し込み当日に借入可能なカードローンを指す。

これは急な資金需要に迅速に対応できる便利なサービスと言える。

具体的に、即日融資が可能な消費者金融の中からおすすめなのは、次の7社である。

即日融資が可能な消費者金融
  • アコム
  • レイク
  • ダイレクトワン
  • アイフル
  • プロミス
  • ベルーナノーティス
  • セントラル

それぞれのカードローンの特徴について詳しく紹介する。

スクロールできます
アコムレイクダイレクトワンアイフルプロミスベルーナノーティスセントラル
審査時間最短20分Webで最短15秒最短30分最短20分最短20分最短30分最短30分
融資時間最短20分Webで最短25分最短30分最短20分最短20分最短即日最短即日
金利
(実質年率)
3.0%〜18.0%4.5%~18.0%4.9%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~17.8%4.5%〜18.0%4.8%~18.0%
特徴最短20分で借入可能無利息期間が長い大手消費者金融なみの融資スピードカードレスでスマホだけで取引可能借入可能年齢が18歳以上74歳までと幅広い何度借りても無利息期間が適用全国のセブン銀行ATMで借入・返済が可能

アコム

アコムの融資時間やその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短20分の融資時間
  • 契約日翌日から最大30日間金利0円
  • 24時間365日いつでも融資に対応

アコムは大手消費者金融で、融資までの時間が短いのが特徴だ。

スマートフォンを利用してWeb契約をすれば、申込から最短20分で借入が可能になる。

さらに、楽天銀行の口座を持っていれば審査通過後最短1分ほどで振込融資に対応してもらえる。

また、24時間365日いつでも融資に対応しているため、お金が必要なときにいつでも利用できる。

契約日翌日から最大30日間の無利息期間が設けられており、短期間少額の借入を利息の負担なく行えるのも嬉しい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

レイク

レイクの融資時間やその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短25分で借入可能
  • 無利息期間が最大60日間もしくは最大180日間
  • 公式アプリの利用によりセブン銀行ATMで借入可能

レイクは新生銀行グループの大手消費者金融だ。

審査スピードの早さが特徴的で、Web申込の場合、最短15秒で審査結果が通知される。

融資までのスピードも早く、最短25分で借入可能だ。

レイクは無利息期間も他社より長くなっており、5万円までの借入なら最大180日間も利息が無料となる。

また、公式アプリを利用すれば、セブン銀行ATMにてカード不要で借入・返済ができるのも嬉しいポイントだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

ダイレクトワン

ダイレクトワンの融資時間やその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短30分で借入可能
  • 無利息期間が最大55日間
  • スルガ銀行ATMでの借入・返済手数料が無料

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの中小消費者金融である。

審査時間が最短30分となっており、大手消費者金融と変わらない早さで借入可能となっている。

初めて利用する場合、無利息期間が55日間と他の消費者金融に比べて長いのもメリットだ。

無利息期間を利用すれば、利息を抑えて借入が可能になる。

また、スルガ銀行の口座を持っていれば、スルガ銀行ATMでの借入・返済手数料が無料となる。

バーナー画像予定

金利(実質年率)年4.9%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短30分
無利息期間最大55日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書当社の極度額と他社のお借入れ総額が100万円を超える場合
当社の極度額が50万円を超える場合
WEB完結可能
申込条件20歳〜69歳までの安定した収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルの融資スピードやその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短20分で即日融資可能
  • 最大800万円まで融資可能
  • 返済日のサイクルを選択できる

アイフルは大手消費者金融で、Web申込の場合、最短20分の短時間で借入が可能だ。

アイフルの公式アプリを使えば、セブン銀行やローソン銀行などでスマホATM取引ができる。

その際はスマホのQRコードを読み込むだけで借入金の受取ができる。

融資額も最大800万円までと他社より高額なので、高額融資を希望する人にもおすすめだ。

また、返済日は自身で設定する約定日制と、初回借入から35日後に設定されるサイクル制のどちらかを選べる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスの融資スピードやその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短15秒の審査時間・最短20分で融資可能
  • 上限金利が17.8%
  • 借入可能年齢が18歳以上74歳までと幅広い

プロミスは、即日融資に対応している大手消費者金融だ。

Web申込の場合、最短15秒で審査結果が分かるほか、最短20分で借入可能となっている。

また、上限金利も他社より低い17.8%となっているため、利息を抑えた借入が可能だ。

さらに、借入可能年齢が18歳以上74歳までと幅広いのも特徴といえる。

他社で年齢の制限に引っかかって申込ができない人でも、安定した収入があれば借入できる可能性がある。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスの融資スピードやその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短即日で融資可能
  • 何度借りても無利息期間が適用
  • 80歳まで申込可能

ベルーナノーティスは、カタログ通販でおなじみのベルーナグループの消費者金融だ。

最短即日で借入が可能となっている。

14日間の無利息期間が設けられており、期間内に返済すれば何度でも無利息期間が適用されることが特徴だ。

そのため、少額の融資を繰り返したい人におすすめできる。

また、申込年齢も上限が80歳となっているため、年齢制限により他社で審査に通らなかった人も利用できる場合がある。

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短24時間

無利息期間
最大14日間
※完済後何度でも利用可能(再度の無利息キャッシング利用は、完済後前回のお借入日から3ヵ月経過した再度のお借入の場合のみ適応)
借入限度額1万円〜300万円
WEB完結可能※一部、郵送物の送付あり
申込条件20歳から80歳までで安定した収入がある方
ベルーナノーティスが定める審査基準を満たす方
担保・保証人不要

セントラル

セントラルの融資スピードやその他の特徴は次の通りだ。

  • 最短即日で融資可能
  • 30日間の無利息期間あり
  • セブン銀行ATMで借入・返済が可能

セントラルは愛媛県松山市に拠点を置く、中小消費者金融だ。

中小消費者金融でありながら審査時間は最短30分、平日の14時までに申込を行えば即日中の借入が可能となっている。

最大30日間の無利息期間を設けているのも、中小消費者金融としては珍しい。

1万円の少額から借入可能となっているため、少額の借入を希望する人にもおすすめだ。

また、全国のセブン銀行ATMで借入・返済が可能なため、利便性が高い。

バナー画像予定

金利(実質年率)4.8%~18.0%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間契約日の翌日から30日間
借入限度額1万円~300万円
収入証明書必要になる可能性あり
WEB完結可能
申込条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
担保・保証人不要

即日融資可能な消費者金融カードローンの金利について

即日融資カードローンは急な出費があったときに便利だが、金利はどのように決まるのだろうか。

具体的には、借入額・返済期間・審査結果などによって変わってくる。

借入額については、多くなれば金利が低くなる傾向がある。

また、返済期間については、期間が長いほど金利は高くなりやすい。

また、審査結果が良ければ金利も低くなる傾向にある。

そのため、複数のサービスを比較して、自分に合った金利のカードローンを選ぼう。

インターネットで手続きできる即日融資可能な消費者金融カードローンは?

いずれのカードローン会社も、申込方法は複数用意されていることが多い。

しかし、申込がインターネットで完結できるカードローンが融資までのスピードが最も早いため、即日融資に向いている。

インターネット完結のカードローンであれば、申込・必要書類の提出・審査・契約までの全ての手順がネットで出来る。

確認の必要がなければ電話がかかってくることもなく、契約書類などの郵送物が送られてくることもない。

本記事で紹介しているカードローンではいずれも申込手続きがインターネットで完結できるため、即日融資に向いているといえる。

即日融資可能な消費者金融の選び方

即日融資が可能なカードローンを選ぶ際に、どれを選べば良いか分からない方もいるはずである。

どのカードローンを選べば良いか迷った場合は、次の4つのポイントを中心に考えてみよう。

  • 審査にかかる時間で選ぶ
  • 申込の受付時間で選ぶ
  • 手続きの簡単さで選ぶ
  • 無利息期間の長さで選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく紹介する。

審査にかかる時間で選ぶ

1つ目のポイントは、審査にかかる時間だ。

即日融資対応のカードローンでは、審査のスピードが基本的に速い。

特にWeb申込の場合、入力した内容を送信してから1時間以内に審査が完了し、融資が可能になる。

ただし、審査の途中で在籍確認や本人確認のための連絡が必要な場合は、それ以上に時間がかかることもある。

しかし、多くの場合は遅くても当日中には審査が完了するはずである。

申込の受付時間で選ぶ

2つ目のポイントは、申込の受付時間だ。

昔はカードローンの申込は店頭や無人契約機が一般的だった。

ただ、現在ではインターネットを使用して、スマホやPCから申込が可能だ。

本記事で紹介しているカードローン会社もすべてWeb申込に対応しており、24時間365日いつでも申込を受け付けている。

ただし、カードローン会社によっては、申込をした時間によって即日融資ができない場合もある。

申込受付時間が長いカードローン会社を選ぼう。

手続きの簡単さで選ぶ

3つ目のポイントは、手続きの簡単さだ。

即日融資を受けるには、契約手続きをできるだけスムーズに行う必要がある。

契約手続きには、本人確認書類や収入証明書などの提出・電話連絡・郵送物の受取などが含まれる。

こうした手続きが多くて面倒なカードローン会社の場合、即日融資を受けることが難しくなることが考えられる。

そのため、できるだけ手続きが簡単でスピーディーに借入できるカードローンがおすすめだ。

無利息期間の長さで選ぶ

4つ目のポイントは無利息期間の長さだ。

無利息期間とは、借入金に対して利息が発生しない期間のことを指す。

無利息期間の長いカードローンを選べば、借入コストを抑えて返済の負担を軽減できる。

無利息期間を確認する際は、以下の点に注目しよう。

  • 最大何日間まで適用されるか
  • 適用条件が初回に限定されているか
  • 借入限度額や回数に制限があるかどうか

最大30日程度の無利息期間を設けている消費者金融が多いが、さらに長期間の場合もあるのだ。

見落としがないよう、しっかり公式サイトからチェックしておこう。

即日融資可能の消費者金融カードローンで借入する際の注意点

即日融資可能なカードローンは、一般的なカードローンに比べて注意すべき点がある。

それは、即日融資が受けられる商品の中でも融資までのスピードが異なる場合があることだ。

60分以内にできることもあれば、24時間以内という場合もある。

実際に60分以内のスピード融資が可能なのは、大手消費者金融のみだ。

大手消費者金融はAIによる自動与信審査システムを採用しており、短時間で審査が完了する。

一方、中小消費者金融の場合は人間が審査を行っており、審査時間が長くなる場合が多い。

自分が申し込みする消費者金融の規模も確認しておくと、融資を受けられるまでのスピード感が予測しやすい。

即日融資可能の消費者金融カードローンは審査に受かりにくい?

即日融資可能のカードローンが、対応していない商品と比べて審査が厳しいというわけではない。

実際、即日融資ができない銀行ローンよりも、即日融資可能なカードローンの方が審査に通りやすい場合が多い。

これはリスクの違いに原因がある。

銀行の場合、金利が低いカードローンを提供することが一般的であり、利益は消費者金融よりも少なくなる場合が多い。

また、消費者金融は銀行カードローンの審査とは異なり、警察庁のデータベースへの照会が必要ない。

そのため、即日融資が可能な場合も多いのだ。

消費者金融の審査についてさらに詳しく知りたい人は、この記事を参考にしてみてほしい。

消費者金融の審査に関する詳しい解説はこちら。

即日融資の消費者金融カードローン審査に受かるコツとは?

即日融資のカードローン審査に受かるためには、いくつかのコツがある。

コツを押さえておけば、審査で有利になる可能性が高まる。

具体的には、次の6つがポイントとなる

  • 安定した収入を確保しておく
  • 収入証明書の準備をしておく
  • 借入残高を減らしておく
  • 申込内容を正確に記載する
  • 即日融資の条件に満たしているかを確認する
  • 信用情報に傷をつけない

それぞれのコツについて詳しく解説するので、申込の際にはぜひ参考にしてほしい。

安定した収入を確保しておく

1つ目のコツは、安定した収入を確保しておくことだ。

カードローンの審査では、申込者の返済能力を確認するために、収入が安定しているかどうかが重要な判断基準になる。

例えば、正社員や公務員などの安定した職業に就いている人や、長期間同じ会社で働いている場合は審査に有利になる。

とはいえ、最近では主婦・アルバイト・パートなどでも利用できるカードローンは増えている。

毎月安定した収入があれば審査に通りやすくなると言える。

収入証明書の準備をしておく

2つ目のコツは収入証明書の準備をしておくことだ。

即日融資のカードローンの申込では、本人確認書類とともに収入証明書が必要になるケースがある。

具体的には、50万円を超える高額な融資を申込む際や、他社との借入合計額が100万円を超える場合だ。

収入証明書としては、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などが一般的である。

もし、条件に当てはまる場合は収入証明書も事前に準備しておけば審査時間を短縮できる。

借入残高を減らしておく

3つ目のコツは、借入残高を減らしておくことだ。

カードローンの審査では申込者の信用情報が照会され、他社からの借入状況や返済履歴がチェックされる。

他社から多額の借入がある場合は審査が不利になる。

そのため、できるだけ他社の借入がある場合は少しでも返済して、借入残高を減らしておくことが重要だ。

カードローン以外にクレジットカードやショッピングローンの利用状況も調べられるため、これらの利用も控えめにしておこう。

申込内容を正確に記載する

4つ目のコツは、申込内容を正確に記載することだ。

カードローンの申込では、個人情報・勤務先情報・年収などを申告する必要がある。

年収を実際より多めに書くなど虚偽の申告をするのはもってのほかだ。

さらに正確に記載することで審査がスムーズに進み、即日融資をしてもらいやすくなる。

もし、申込内容が正確でない場合、確認のために審査通過まで時間がかかる

最悪の場合は審査に落ちる可能性もあるので、注意が必要だ。

即日融資の条件に満たしているかを確認する

5つ目のコツは、自分が即日融資の条件を満たしているか確認することだ。

カードローン各社では、それぞれ即日融資の条件がある。

具体的には、年齢・収入・借入限度額などの条件だ。

特に年齢については会社によって違う場合が多い。

また、Web申込やスマホアプリなどでの申込が条件となっている場合もある。

自分が条件を満たしているかを確認しておけば、スムーズに審査を通過して即日融資を受けられる可能性が高くなる。

信用情報に傷をつけない

6つ目のコツは信用情報に傷をつけないことだ。

延滞や滞納歴があるなど、信用情報に傷がついていると、返済能力が低いと判断されてしまう。

そのため、即日融資は難しくなる。

信用情報機関に登録されている信用情報には、過去の返済・支払い状況・取引事実などが記録されている。

一度記録された信用情報は一定期間登録されているため、信用情報に傷がつくと審査に落ちる可能性が高くなる。

審査が甘い・審査なしを謳うカードローンは違法業者の可能性が高い

時折、審査が甘いとか、審査なしと広告しているカードローンを見かけることがあるかもしれない。

しかし、そうした宣伝文句を鵜呑みにしてはいけない。

審査が甘い・審査なしを謳うカードローンは違法業者の可能性が高いため、注意が必要だ。

消費者金融や銀行など正規の金融機関では、法律で定められた基準に基づいて審査が行われる。

しかし、審査が甘かったり審査がなかったりするカードローンの場合は、闇金や違法な高利貸しの可能性がある。

こうしたカードローンの申込を行うと、高金利の貸付により、返済が困難な状況に陥る可能性があるので注意が必要だ。

即日融資可能の消費者金融カードローンに関するよくある質問

即日融資可能のカードローンに関するよくある質問をまとめてみた。

即日融資とは何か?

即日融資とは、カードローンの申込をしたその日のうちに融資を受けることだ。

即日融資を受けるためには、即日融資を可能としているカードローン会社に申込を行う必要がある。

ただし、即日融資が可能としているカードローン会社であっても、申込時間や曜日によっては審査が翌日以降になってしまい、当日中に融資を受けられない可能性もある。

収入が安定していない人でも即日融資は可能か?

収入が安定していなくても即日融資を受けられる場合がある。

ただし、収入が安定している人に比べると審査は厳しくなることが多い。

具体的には、アルバイトやパートの場合だが、審査に通る場合もあれば、通らない場合もある。

そのため、収入が気になる場合は、事前に現在の雇用形態でも申込可能か確認しておくと良いだろう。

個人事業主は即日融資を受けられるか?

個人事業主でも即日融資を受けられる場合があるが、会社員と比較すると審査が厳しくなることが予想される。

その理由としては、個人事業主の収入の安定性が挙げられる。

個人事業主の場合、申込時の収入が高くても、継続的にその収入が得られるか確証がないからだ。

そのため、フリーランスや自営業の場合、審査に落ちる可能性がある。

即日融資が可能な消費者金融を使いこなそう

即日融資が可能な消費者金融とは、カードローンの申込をした当日に借入が可能な消費者金融のことだ。

できるだけ早くお金を借りたいときに便利なため、記事の内容を参考に使いこなして欲しい。

即日融資に対応しているからといって審査が緩くなっていることはない。

通常の審査と変わらず、安定した収入や信用情報に傷がないことなどが大事だ。

即日融資を謳っていても、審査に時間がかかると即日融資が難しくなる。

借入をする際は、借入金額額が高すぎないか、必要な書類は揃っているかなどを確認しておこう。

 

\ 審査の手続きカンタン!/

目次