MENU

IFAの平均年収はどれくらい? データから見る年間手数料や年収

この記事で解決できるお悩み

・IFAの平均年収はどれぐらいなのか。
・年収1000万円を超える人はどれぐらいいるのか。

IFAへの転職を検討する際に、多くの人が懸念している点が年収についてである。「IFAは平均年収が1,000万円を超える」などの話は耳にしたことがある人も多いだろう。しかし、実際はどうなのか気になる方も多いと思う。

本記事では、アドバイザーナビ株式会社が実施した「現役IFAに対するアンケート調査」の結果をもとに、IFAの平均年収や前職からの変化について解説していく。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

年間手数料から見るIFAの年収

まず、年間手数料からIFAの年収を考察してみよう。下記データは、アドバイザーナビ株式会社が毎年行っている全国のIFA向けのアンケート調査からのデータである。

アンケートの概要

本記事で参考資料とする「現役IFAに対するアンケート調査」(以下:同調査という)は、下記概要のもと実施された。

実施期間2021年12月24日~2022年2月3日
回答数203名
回答方法選択式、自由記述式
回答項目81項目
実施主体アドバイザーナビ株式会社

実施主体であるアドバイザーナビ株式会社より全国のIFA法人へアンケート依頼を郵送し、所属IFAがインターネット上で回答したものである。なお、総発送数は606通となっている。

年間手数料による年収の試算

下記グラフは、同調査内のIFAの年間手数料に関する回答結果である。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について

IFAの年間手数料は「1,000万円以下」が45%、「1,000万円超〜1億円」が51%を占める結果となった。

前述のとおり、IFAの収入は大きく分けてコミッション型と残高フィー型の2種類となっている。
ここでは、上記手数料をコミッション型で還元された場合の年収を試算してみよう。手数料の還元率は所属するIFA法人によっても異なるが、1,000万円の手数料を60%のバック率で受け取った場合、IFAに還元される手数料は600万円となる。
こう見ると「会社員時代と比較して大きく年収がアップした」とは言い難い。


しかし、金融機関時代のノルマ営業では、「年間1,000万円以上の手数料をあげていた」という人も多いのではないだろうか。
仮に金融機関での勤務時と同水準の手数料成果をあげたとすれば、大きく年収がアップすることも十分考えられる。

また、コミッション型の収入は実質青天井であるため、手数料が増えるほど年収も比例してアップする期待がある。
例えば、上記調査結果では、年間1億円以上の手数料を稼いでいるIFAが6%いることが分かる。
仮に1億円の手数料を60%のバック率で受け取った場合、IFAに還元される手数料は6,000万円だ。つまり、担当する顧客層によっては、飛躍的に年収が増加することも可能なのである。

年間手数料と外務員活動年数の相関性

IFAへの転職を検討する際に「外務員としての経験が浅いので、IFAとして手数料収入をあげられるか不安だ」と感じている人もいるかもしれない。下記グラフは、IFAの年間手数料と外務員活動年数の相関関係を示したものだ。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

IFAの年間手数料と外務員活動年数の相関係数は「0.07911866」であったことから、ほぼ無関係であったといえる。

もちろん外務員としての経験が営業活動に活きることは間違いないだろうが、「IFAとして手数料を得るためには、外務員としての長い経験が必須」とは言い切れないことが分かる。

実際に、同調査に回答したIFAの外務員の活動年数を確認してみよう。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

外務員の活動年数が10年に満たない人が40%を占めている結果となった。
つまり、外務員としての経験が浅い人でもIFAとして活躍することは十分可能なのである。

IFAの前職からの年収の変化

前職からの年収の変化の調査結果

同調査では、前職からの年収の変化に関するアンケートも行われた。下記グラフはその回答結果である。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

「前職の年収と同程度」と回答したIFAが43%、「1.5倍〜2倍」が25%、「3倍以上」と答えたIFAは14%にものぼった。

回答者の大半が前職の同程度もしくはそれ以上の年収を得ているが、一方で18%のIFAが前職の半分程度・半分以下となっている結果も見逃せない。

ただし、本調査に回答したIFAの前職は金融機関に限定されていないため、前職での年収が高額であった可能性がある点や、IFAへの転身から間もない人も含まれている点は考慮すべきだろう。

年収の変化と預かり資産額の相関性

「前職と同水準の収入を維持するためには、多くの預かり資産が必要なのではないか」と不安に感じている人もいるかもしれない。下記の表は預かり資産額と年収の変化の相関係数を示したものだ。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

預かり資産額と年収の変化の相関係数は「0.21365231」であったことから、ほぼ無関係の結果となった。
このことから、「大きな預かり資産がなければ、IFAとして収入を確保できない」と考えるのは誤っていることが分かる。

預かり資産から見るIFAの年収

IFAの預かり資産から年収を考察しよう。

預かり資産額による年収の試算

下記グラフは、同調査内のIFAの預かり資産額に関する回答結果である。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

IFAの預かり資産は「5億円以下」が47%、「5億円超〜30億円」が39%を占める結果になった。


IFAの報酬は、顧客が支払う取引手数料の一部が還元される形(コミッション型)と、顧客の預かり資産残高に応じてフィーが還元される形(残高フィー型)の2種類に分けられる。

仮に、本調査結果の預かり資産で残高フィーを受け取った場合の年収を試算してみよう。残高フィーの還元率を1%とした場合、預かり資産額3億円で300万円の手数料収入となる。

もちろん全ての証券会社が残高フィー型の手数料体系を採用しているわけではないため、上記金額はあくまで試算にすぎないが、顧客の売買に依拠せずに収入が確保できるのはIFAにとっても嬉しい点といえる。

従来のIFAは「金融機関時代と同じように売買を勧めなければ収入が維持できない」といった側面もあったが、今後残高フィーを導入する証券会社が増加すれば、顧客の売買取引がなくても、一定の年収を確保できるようになることも十分あり得るだろう。

預かり資産と新規顧客の相関性

IFAへの転職を検討する際、「相応の預かり資産を得るためには、新規顧客を獲得し続ける必要があるのではないか」と不安に感じる人もいるだろう。下記のグラフは、預かり資産額と新規顧客の相関性を示したものだ。

画像引用:アドバイザーナビ株式会社「現役IFAに対するアンケート結果について」

預かり資産額と新規顧客の相関係数は「0.12740563」となっており、ほぼ無関係である結果となった。
このことから、「預かり資産額を維持するためには、新規顧客開拓が必須である」と考えるのは誤っていることが分かる。

ここまで、預かり資産額と年間手数料からIFAの年収を試算してきた。ここからは、IFA転身後の年収の変化について解説しよう。

雇用形態の違いによるIFAの平均年収の違い

IFAは雇用形態により報酬制度が異なるため、年収も大きく変わる。

ここまで解説してきたIFAの年収は、業務委託型IFAの例である。
業務委託型IFAの場合、手数料体系によっては会社員時代と比較して大きく年収がアップすることも珍しくない。
しかし、中には「収入が不安定になることが怖い」と感じる人もいるだろう。

その場合は、社員型IFAへの転身を検討するとよいだろう。
社員型IFAは、業務委託型IFAのようにコミッション型や残高フィー型での報酬体系が採られておらず、固定給が採用されていることが一般的だ。固定給の水準はIFA法人によって異なるが、前職での年収や経験を重視してもらえることも多い。
そのため、IFA転身後も年収が大きく変化する不安もなく、安定した生活を築くことも可能である。

最近では、社員型IFAを積極的に採用しているIFA法人も多いため、業務委託型IFAの収入の不安定さにリスクを感じている人はそうした法人を中心に探すことがおすすめだ。各雇用形態(正社員雇用及び業務委託契約)の平均年収について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして欲しい。

おわりに

IFAに転身する上では必要な資格や雇用体系、報酬の仕組みや証券会社のアドバイザーとの違いについて理解しておくことが大切だ。
IFAは雇用体系によって報酬の仕組みや働き方が大きく異なる。自分に合った雇用体系を選び、IFAとしての活躍を目指していこう。

また、IFAになる際には基本的にはどこかの法人に所属する形を取ることになる。
しかし、全国には約650社ものIFA法人があり、なかなかインターネットやSNSだけでは情報を取ることや比較することが難しい。


また、IFAになること自体の不安の声や疑問の声も多い。
実際に、「いくらぐらいの預かりがあれば良いのか?」、「金融機関時代の様なビジネスはできるのか?」の質問をよくいただく。

この様に、IFAへの転職に悩んでいる方は、ぜひIFA特化型の転職エージェント「アドバイザーナビ」に相談してみて欲しい。
弊社はこれまでに100名以上のIFAへの転職支援実績があり、「IFAへの転職利用満足度No.1」を獲得している。まずは情報収集をしたいといったカジュアルな形からでも無料で面談ができるので、お気軽に相談してみてほしい。

面談のお申し込みは下記フォームからお申し込みを。

\ IFAへの転職を検討している方は /

目次