MENU

アコムの無利息期間「30日間金利0円サービス」とは?適用条件や有効活用する方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

大手消費者金融として、高い人気を誇るアコム。利用者としては、毎月の借入金額にかかる金利を少しでも抑えて気軽に利用したいだろう。

そうした利用者のために、アコムでは無利息期間として「30日間金利0円サービス」が設けられている。

では、この無利息期間はどうすれば活用できるのだろうか。この記事では、アコムの無利息期間の適用条件・活用方法を解説していく。

注意点もまとめているため、検討の際にぜひ役立ててほしい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

アコムの無利息期間「30日間金利0円サービス」とは

数あるカードローンの中には、初めての利用者が借入を行いやすいように「無利息期間」という期間を設けているものがある。

無利息期間とは、通常借入金額にかかるはずの利息が発生しない期間のことを指す。

無利息期間がある場合、借入金額・金利にかかわらず一切利息がかからない。

大手消費者金融の1つとして知られるアコムでは「30日間金利0円サービス」と銘打って、利用者の返済負担を軽減するサポートが行われている。

期間は30日間と比較的長く設定されており、利用者が借入して返済するまでの猶予を十分に与えている。

多くの利用者が一度は無利息で融資を受けられるのだ。

アコムの借入額について知りたい方はこちらから。

アコムの無利息期間と無利息残高の違い

アコムを利用しようとすると、無利息期間以外にも「無利息」とつくサービスがあることに気づくだろう。

それが「無利息残高」だ。無利息残高とは、利息・手数料が一切かからず、支払期限も設定されない借入残高として扱われる金額のことを意味する。

アコムで返済を行う際、ATM返済の場合は硬貨が使用できず1,000円単位で取引することになる。

だが、返済額は利息が加わると端数が出てしまう。

そこで、返済の残高が1,000円未満となった場合に、利子や手数料、支払い期限を設けないものとする制度が無利息残高なのだ。

無利息期間は借入金額全体に利息がかからない期間で、無利息残高は返済時にシステム上払い切れない端数を無利息にするという違いがある。

無利息とはいえ、残高であることに変わりはない。カードローンの解約時は最後の1円まで返済する必要があるため、放置することはできない。

再度アコムで借入を行うのであれば、払い切らなくても完済と見なされる。

ただし、次回の借入に無利息残高を加算した金額が返済金額となることを覚えておこう。

借入をきちんと清算したい方には、無利息残高が発生しないインターネット返済もしくは振込返済を選択しよう。

アコムの無利息期間の適用条件

アコムの無利息期間は、誰でも自由に利用できるサービスではない。適用条件をクリアしなければ適用されないため、注意しよう。

ここからは、無利息期間のサービスを受けるための3つの適用条件を解説する。自分に適用される可能性があるか、よくチェックしてみてほしい。

アコムでの契約が初めての人

まず、重要な点としてアコムでの契約が初めての利用者が対象となる。他のカードローン利用の有無は問われないが、アコムとの契約は初めてでなければならない。

つまり、新規申込をする申込者のみサービスを受けるチャンスがあるのだ。そして、現在だけでなく過去にも利用歴がないこともポイントとなる。

過去にアコムを解約した方が改めて審査を受けて再契約を結ぶ際も、二度目の契約であるため対象外となってしまう。

あらかじめ確認しておこう。

「無担保カードローン」の利用者

アコムでは、クレジットカード・借換専用ローンなど融資を受けられる商品に種類がある。しかし、どの商品にも無利息期間が設けられているわけではない。

無利息期間が適用されるのは「無担保カードローン」の利用者に限られる。無担保カードローンは担保・保証人不要で借入できる通常のカードローンだ。

アコムへの申込時には、無担保カードローンを選択する方が多いだろう。しかし、うっかり他の商品に申込した場合は適用されないため注意しよう。

契約日の翌日から適用

カードローンの無利息期間サービスが適用されるタイミングは会社によって異なるが、アコムの場合は契約日の翌日からになる。

利用者が申請して適用されるものではなく、契約すると自動的に適用されるサービスである点はよく覚えておこう。

さらに、契約後すぐに借入しない場合でも適用期間は減っていってしまう。無金利で借入したいのであれば、契約後すぐに借入する必要がある。

アコムの無利息期間を利用するとどのくらいお得になる?

アコムの無利息期間を利用すると、実際にどのくらいお得になるのだろうか。その他の消費者金融・銀行カードローンと比較してみよう。

そもそも前提として、アコムの金利(実質年率)は年3.0%~18.0%だ。今回は、借入金額が少ない場合に適用される上限金利で比較する。

一般的な消費者金融の上限金利は、おおよそアコムと同じ年18%となる。銀行カードローンは、やや低めの年14%となっている場合が多い。

利息は「残高×年率÷365×借入日数」で計算できるため、それぞれの平均金利を元に利息金額を算出する。

たとえば、5万円を借入して1ヶ月以内に一括返済したと想定しよう。

消費者金融では740円、銀行カードローンでも575円の利息が加算されることになる。

アコム
(無利息期間適用)
一般的な消費者金融
(年率18%)
一般的な銀行カードローン
(年率14%)
0円740円575円
            

利息が千円を切っていると、さほど無利息期間の魅力は感じられないかもしれない。続いて10万円を借入して1ヶ月以内に一括返済した場合を見てみよう。

アコム
(無利息期間適用)
一般的な消費者金融
(年率18%)
一般的な銀行カードローン
(年率14%)
0円1,479円1,151円

この場合、消費者金融は1,479円、銀行カードローンでも1,151円の利息がかかる。

借入金額が10万円になると利息も1,000円を超えてくる。

ただ、無利息期間を利用すれば利息は0円になる。この2例を見ただけでも、メリットが大きいことが分かる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アコムの無利息期間を賢く有効活用する方法

自分がアコムの無利息期間を利用できる条件に当てはまっているなら、十分に活用してお得に借入したいと思うはずだ。

そのためには、申込から返済までの間でいくつか押さえておきたいポイントがある。

賢く有効活用するために心がけたい4つの方法を解説していく。

借入日を決めてから申込する

適用条件として前述した通り、アコムの無利息期間は契約日の翌日から適用される。無利息期間である30日間は、借入の有無にかかわらず減ってしまい、中断することはできない。

この無利息期間でしっかり借入したいなら、あらかじめ借入日を決めてから申込もう。借入希望日の前日に申込んでおけば、期間を無駄にしないで済む。

アコムでは最短20分で審査が完了し、最短即日融資にも対応している。本当に融資が必要になってから、申込を行うとよいだろう。

無利息期間内に完済する

余分な利息を発生させないためには、無利息期間内に完済することも重要である。利息は借入時ではなく、返済時に発生することを忘れてはいけない。

つまり、借入したのが無利息期間内であったとしても、返済額が残っていると利息がかかってしまうのだ。

契約後、すぐに借入しなくても、無利息期間は30日で終了してしまう。借入日・無利息期間の終了日をよく確認して、可能な限り期間内に完済しよう。

無利息期間内に多めに返済する

無利息期間内に返済された金額は、手数料などを除き、全て元金に充てられる。さらに、期間中に返済した元金に対する利息は、期間が終了してもかからない。

そのため、分割で返済する際は無利息期間内の返済を多めにしておくとよい。そうすれば、もし長期的な返済になるとしても利息の軽減が可能になる。

手数料が無料になる返済方法を選択する

無利息期間を利用して利息はかからなくなっても、返済時の手数料が多くなれば意味がない。

インターネット返済・銀行振込・口座振替・アコムATMでの返済を選択すれば手数料無料で返済できる。

コンビニなど提携ATMでは手数料がかかるため注意が必要だ。

手数料は少量の額とはいえ、回数が重なれば負担は大きくなってくる。手数料が無料になる返済方法を選択するのがおすすめだ。

アコムの無利息期間を活用するメリット

ここまで、アコムの無利息期間が魅力的であることを紹介してきた。とはいえ、アコム以外のカードローンで、無利息期間サービスがある場合も珍しくない。

では、あえてアコムを選択するメリットはどこにあるのだろうか。アコムの無利息期間を活用すべき4つのメリットをまとめた。

契約から最短即日で無金利融資が受けられる

アコムは最短20分で審査が完了する上に、最短即日融資にも対応してくれる。そのスピーディーな対応は非常に魅力的だ。

そのため、アコムで契約すれば最短即日で無金利融資を受けられることになる。急いでお金が必要な時に、すぐ無金利で借入できるのは助かるだろう。

とはいえ、無利息期間は審査時間にかかわらず契約の翌日から始まる。契約日はローンカード発行まで行っておいて、翌日に借入することをおすすめしたい。

無利息期間内なら何度でも融資が受けられる

アコムの無利息期間中は、一度の借入で終わらせる必要はない。期間内なら何度でも利息なしで融資が受けられるからだ。

例えば、契約翌日の無利息期間1日目に10万円を借入し10日目に返済した場合、無利息期間は20日も残っている。

残りの日数で何度借入・返済をしてもよい。さらに、1回目の借入を完済していなくても、次の借入が可能となっている。

短期間の借入をしたいのであれば、アコムの無利息期間を活用しない手はないだろう。

借入額が多くても適用される

アコムの無利息期間には、借入額の上限がないところも魅力だ。借入限度額内なら、どれほど借入しても無利息となる。

金利自体は借入額が大きい方が低くなるが、借入額が大きい分利息も多くかかってしまう。高額融資を受けたい場合にも、無利息期間は助けになるのだ。

ただし、借入額が大きくても無利息期間が延長されることはない。期間終了前に完済できるよう、返済計画をしっかり立てておくようにしよう。

学生も利用できる

カードローン会社によっては学生では借入できない。しかし、アコムでは20歳以上で安定した収入・返済能力があると認められれば、学生も契約できる。

そして、アコムの無担保カードローンを初めて利用する方なら無利息期間が適用される。そのため、学生でも契約後すぐに利息なしで借入できるのである。

注意しておきたいのは、利用者本人に安定した収入がなければ契約ができない点だ。アルバイトでも問題ないが、ある程度勤務実績を残してから申込んでほしい。

アコムの無利息期間を利用する際の注意点

アコムの無利息期間には活用すべき理由がたくさんあるが、同時に注意すべき点もある。気にせず申込んでしまうと、後悔することになるかもしれない。

そこで、アコムの無利息期間を利用する際に気をつけたい4つの注意点を解説する。アコムの利用を検討する際にぜひ役立ててほしい。

審査が通常どおり実施される

アコムの無利息期間はアコムの利用者に設けられている付帯サービスであって、契約自体が特別なものではない。

そのため、審査は通常どおり実施される。アコムが独自に設けている審査基準に則って審査が進められ、通りやすくなることはない。

当然、無利息期間の対象として不適当だと判断された場合は適用外となる。審査を通過できずに契約自体ができないこともあり得るだろう。

アコムでの利用歴がある人には適用されない

前述した点だが、アコムの利用歴がある申込者には適用されない点を忘れてはいけない。以前の利用がどれほど以前のことでも、結果は同じだ。

利用歴には、契約そのものも含まれる。契約のみを行い、一度も借入を行っていない状態で数年経過している場合でも、改めて適用されることはない。

また、アコムのクレジットカード・借換専用ローンなど、無担保ローン以外の商品を利用した経験者も対象外となる。

無利息期間は「1ヶ月」ではない

アコムが設けている無利息期間の名称は「30日間金利0円サービス」だ。その名称から分かる通り、期間は30日間適用される。

30日間と聞くと、つい1ヶ月と捉えてしまう方も多いかもしれない。しかしアコムの無利息期間は1ヶ月ではなく、あくまで30日間だ。

1ヶ月だと思っていると無利息期間が自分の予定よりも早く終わってしまい、返済が遅れる可能性がある。

開始日から終了日をきちんと計算しておこう。

無利息期間終了後は通常の金利が適用される

アコムの無利息期間終了後は、通常と同じ年3.0%〜18.0%の金利が適用される。注意したいのは、期間内の借入分でも借入残高に応じ利息が発生する点だ。

期間内に借入額を全額は返せないとしても、多めに返済しておくことで利息を最小限に抑えられる。そうすれば、無利息期間を無駄なく利用できるだろう。

また、期間終了後に新しく借入・返済する場合は、借入した全額に通常の金利が適用される。利息を計算し忘れずに確実に返済するよう気をつけてほしい。

アコムの無利息期間内に確実に返済するコツ

アコムの無利息期間を利用するのであれば、余分な利息を払わずに済むよう期間内に完済して出費を抑えたいと思うだろう。

返済のし忘れで遅延損害金が発生したり、無利息残高扱いになる端数が残ったりしないように、確実に返済する必要がある。そのための2つのコツを紹介する。

Eメールサービスに登録

アコムには、返済期日3日前(土・日・祝日を除いた3営業日前)及び当日にEメールによる通知が行われるサービスがある。

もし、返済期日までに返済できなかった場合にも継続してメールで通知されるため、遅延損害金を最小限で抑えられる。

さらに、お得なキャンペーン情報・お知らせもしてくれる。

返済日を忘れる不安がある方は、Eメールサービスに登録しておくのがおすすめだ。

口座振替に登録

アコムの返済方法の1つに、口座振替がある。これは、利用者の指定した金融機関から毎月6日に自動引落が行われる返済方法だ。

忙しくて返済手続きを行う時間がない方でも、給与受取口座を振替口座として指定しておけば、入金の手間なく返済しやすい。

さらに、提携ATM返済のように無利息残高が生まれることなく完済できる。引落手数料も無料であるため、手間・費用の両方を削減したいなら口座振替を選ぼう。

お得なアコムの無利息期間を有効に活用したいなら

この記事ではアコムの無利息期間「30日間金利0円サービス」の適用条件・活用方法・注意点をまとめて解説した。

無利息期間を活用するには申込前に借入日を決めておき、審査後に30日後の終了日をメモして忘れないようにしよう。

利息による返済負担を心配してカードローン利用を躊躇う方もいるだろう。カードローンを検討中なら、ぜひアコムの無利息期間を活用してほしい。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

カードローンナビでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次