1. ホーム
  2. 対面証券
  3. いちよし証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

いちよし証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

この記事で解決できるお悩み
  • いちよし証券のサービスにどのような特徴があるのか知りたい
  • いちよし証券の評判が知りたい
  • 運用相談をどこにするべきかわからない

規模はそれほど大きくないものの、対面コンサルティングにこだわり、着実に利用者を増やしているいちよし証券。

「お客様第一」を経営理念に掲げて業務を遂行しているが、大手5大証券や大手のネット証券会社に比べると知名度は乏しく、利用するメリットが分かりづらい人もいるのではないだろうか。

本記事では、いちよし証券のサービス内容や評判、利用するメリット・デメリットなどをまとめた。

いちよし証券の利用がおすすめな人や、資産運用を進める際の相談先についても紹介しているので、これから資産運用を始めようと思っている人はぜひ参考にしてほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する
目次

いちよし証券のサービス内容

いちよし証券のサービス内容 わたしのIFA

いちよし証券に限らず、どの証券会社で口座を開設するか検討するにあたって、サービス内容や特徴は誰もが知りたいと思うだろう。

ここでは、いちよし証券の会社概要や提供サービス・特徴をまとめた。

以下の内容を踏まえて、まずは、いちよし証券がどのような証券会社であるか把握しよう。

いちよし証券の会社概要

いちよし証券の会社概要は下表のとおりである。

会社名いちよし証券株式会社
本社東京都中央区日本橋茅場町1-5-8東京証券会館5階
創立1950年8月18日
代表取締役玉田弘文
従業員数864人(単体)(2024年3月末時点)
営業拠点数52ヶ所(2024年4月1日時点)
資本金145億7,700万円(2024年3月末時点)
純資産290億800万円(2024年3月末時点)
自己資本比率62.1%(2024年3月末時点)
出典:いちよし証券「会社概要」

いちよし証券は創立から70年を超える、歴史のある証券会社だ。

いちよし証券は過去に複数の証券会社を吸収合併しており、その都度規模を拡大させているという特徴がある。

2024年3月期の決算報告によると、同期の営業収益は、前期に比べて21億7,000万円増加の188億3,700万円、経常利益は前期比16億5,900万円増加の28億7,500万円であった。

預かり資産の推移を見ると、2024年3月期が過去最高で、2兆2,000億円を突破している。

2021年3月期から3年連続で減少していたが、直近では預かり資産が3,000億円以上増えている状況だ。

いちよし証券が提供するサービス

いちよし証券では、大きく分けて「店舗での取引」「いちよしダイレクト(テレフォントレード)」の2つの取引ができる。

両者のそれぞれに向いているのは、下表に該当する人だ。

店舗での取引が向いている人
  • 資産運用のプロに相談したい
  • 運用スタイルを一緒に決めていきたい
  • 資産状況や市場に合わせて個別具体的なアドバイスを受けたい
いちよしダイレクトが向いている人
  • 来店の時間の確保が難しい
  • 近くに店舗がない
  • 情報収集や取引を自分のペースで行いたい

いちよし証券では、店舗での取引者に限り、「いちよしファンドラップDream Collection」に投資できるのが大きな特徴である。

これは、5つの運用モデルから、投資方針やリスク許容度等に合わせて最適なモデルを選び、投資する資産クラスに応じて分散投資する仕組みだ。

ほかにも、いちよし証券では以下のサービスを提供している。

  • いちよしメンバーズクラブ
    • 預かり残高状況や取引履歴・レポート等が閲覧できる専用サイト
  • 電子交付サービス
    • 各種郵送書類をインターネット経由で交付
  • いちよしスマート振替サービス
    • 簡単・即時に資金の振替入金が可能
  • いちよしファンド・プレミアムサービス
    • 預かり残高に応じて特典を受けられる
  • いちよしまるごと引越し便
    • 株式・投資信託・債券等の移管手数料を全額返金するサービス
  • 外貨送金手数料返金サービス
    • 送金元の金融機関に支払った外貨送金手数料を全額返金するサービス
  • いちよしの財産証券コンシェルジュ
    • 資産を次世代に受け継ぐためのサービス
  • いちよしの相続ガイド
    • 相続に関する情報を分かりやすくまとめたコンテンツ

各種金融商品の提案はもちろん、資産を守り、受け継ぐためのサービスなども提供していることが分かる。

いちよし証券の特徴

いちよし証券の特徴は、「対面での取引を重視している」という点に集約できるだろう。

いちよし証券の場合、インターネットでの取引には対応していない。

店舗での対面取引、または電話による取引のみ可能であり、ややレガシーな印象を受ける人もいるのではないだろうか。

この点は、いちよし証券が掲げる「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」ことを実現するため、納得いくまで話ができる対面コンサルティングにこだわっている証でもある。

自分で投資する資産クラスや銘柄などの選定をしたい人にとっては、いちよし証券はミスマッチになる可能性が高い。

一方で、金融のプロから適宜アドバイスをもらいながら、資産運用の進め方を相談して決めていきたい人にとっては、いちよし証券は有力な選択肢になるだろう。

いちよし証券の評判とは?

いちよし証券の評判とは? わたしのIFA

いちよし証券の概要やサービス内容は上述したとおりだが、実際の評判が気になる人も多いだろう。

ここでは、いちよし証券の顧客満足度や信頼度、評判をまとめた。

利用するサービスを決めるにあたって口コミを重視する人は、以下の内容も参考にしながら、いちよし証券を利用すべきかどうか考えてみてほしい。

いちよし証券の顧客満足度や信頼度について

いちよし証券は、証券会社のなかでも店舗数が比較的多いのが特徴である。

国内で最も店舗数が多いのはみずほ証券で221、次いで大和証券、野村證券、SMBC日興証券などが続く。

上位7社は大手・準大手の証券会社で、8番目に位置するのがいちよし証券(52ヶ所)だ。

インターネット取引が普及している昨今、大手・準大手の証券会社においては、対面取引を行える店舗を減らす傾向にある。

その反面、対面取引のみを行ういちよし証券においては、顧客一人ひとりに寄り添い、きめ細やかなコンサルティングサービスを提供することで差別化を図る狙いがあると言えるだろう。

顧客満足度や信頼度に関する定量的な調査結果は見当たらなかったものの、自社の強みを活かした運営体制が垣間見える。

いちよし証券の良い評判の例

いちよし証券の評判としては、以下が見受けられた。

アポ無しで相談に行ったが、嫌な顔もされず、とても親身になって話を聞いてくれた。営業独自のプッシュもなく、明るく親切な方が対応してくれた。

IPOに当選しやすいと思う。いちよし証券では資金が少額の人や新規の人にもチャンスがあるようで、5社のIPOに申込み、2社のIPOに当選できた。

証券会社としては可もなく不可もなくといった感じで普通に使える。他社と違う点を挙げるなら、株に関するいろんな記事を読むことができ、参考になることが多いところ。

引用:みん評「いちよし証券の口コミ・評判」

資産運用に関する相談は、担当者との相性が非常に重要である。

自分の状況に合わせた提案をしてくれるのか、話を親身に聞いてくれるか、自社商品の押し売りがないかなど、担当者のスタンスが合っているかどうかは大きなポイントになるだろう。

また、いちよし証券では「兜のささやき」というコラムを掲載している。

このコラムは物語調で内容が展開されており、読み進めやすさを含めて参考になるという評判も見られた。

いちよし証券の悪い評判の例

一方、いちよし証券には、以下のような評判も寄せられている。

いちよしラップ型ファンドが特に成績が悪かった。手数料も高く、勧められたものを購入すると運用益がとても悪い。押しに弱い人は損する商品を買わされる。

勧誘や手数料目的の投資の誘いが過剰で、担当の個人業績を上げるための行動が目に余る。

とにかくおすすめしてきた物がすべて損失を出している。ネット証券で自分で買ったほうがよほど儲かっている。

引用:みん評「いちよし証券の口コミ・評判」

担当者のなかには、業績やノルマを達成させるために、過剰といえる訪問や営業・提案を行っているものと伺える口コミが多数見受けられた。

ほかにも、手数料が高いことに対するマイナスな口コミも多いが、この点、店舗を構えて対面取引のみをしている業態を踏まえるとやむを得ないだろう。

また、勧められて購入した金融商品が大きく損失を出しているという口コミも多数見られた。

これに関しては、投資はあくまで自己責任であることを踏まえ、投資に対する正しい知識を身につけて、目的に合わせた判断ができていない可能性を示唆するものといえそうだ。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

いちよし証券はどんな投資家に向いているのか

いちよし証券はどんな投資家に向いているのか わたしのIFA

いちよし証券は、結局のところどのような投資家におすすめなのか詳しく解説しよう。

以下、いちよし証券のメリット・デメリットについてもまとめたので、両側面を踏まえて利用する証券会社を考えてみてほしい。

いちよし証券のメリット

いちよし証券のメリットは以下のとおりである。

いちよし証券のメリット
  • 対面でしっかりと相談しながら資産運用を進められる
  • 店舗数が多いため、窓口で相談しやすい
  • 不明点や疑問点をその都度解決できる
  • コラムが充実しており、資産運用を勉強しながら投資ができる

いちよし証券の、対面取引を重視する業態は大きなメリットである一方、見方を変えるとデメリットにもなる。

資産運用に関して不安がある人を中心に、相談相手がいる心強さや頼もしさは特に大きいだろう。

また、先述した兜のささやきを中心に、資産運用や投資に関するコラムが充実しているのもメリットとして挙げられる。

投資に関して自ら情報収集し、投資妙味の有無や自分なりの考え方・スタンスを取れるようになるのは非常に重要だ。

この点、いちよし証券なら投資について学びながら資産運用できるので、知識を身につけながら資産形成できる点もメリットといえるだろう。

いちよし証券のデメリット

いちよし証券には、以下のデメリットもある。

  • インターネット取引には対応していない
  • 取引手数料が高い
  • 電話で取引できるのが平日の午前8時30分から午後5時まで

先述したように、いちよし証券は対面でじっくりと話し合える場所・環境の提供を重視している。

言い換えると、自宅やカフェなどにいながらインターネットで取引することはできない。

また、いちよしダイレクトのテレフォントレードの場合、最低手数料は1,650円、窓口取引の場合は3,300円の手数料がかかる。

小口取引の場合、いわゆる「手数料負け」状態になりかねず、運用利回りを下げる要因にもなるだろう。

取引の柔軟性に欠けるという点においても、大手証券会社やネット系の証券会社に比べると劣っていると言わざるを得ない。

いちよし証券はどんな投資家に向いているのか

いちよし証券がおすすめなのは、以下のような人だ。

いちよし証券がおすすめな人
  • 対面で相談しながら投資先を検討したい
  • アクセスしやすい場所に店舗がある
  • 平日の日中に連絡を取れる
  • 比較的まとまった金額を投資したい

繰り返しになるが、いちよし証券の最大の特徴は、対面によるコンサルティングへのこだわりである。

各支店で担当者がつき、相談者の知識レベルに合わせた説明・提案が可能であるため、投資判断に迷いがある人はいちよし証券がおすすめだ。

いちよし証券は、東は岩手、西は長崎に店舗があり、三大都市圏には多くの店舗を構えている。

生活圏内に店舗がある人は、いちよし証券の利用を検討してもよいだろう。

また、投資する金額が一定のまとまった額である場合、手数料は気になりにくい。

投資額が増えるほど考える事柄が増えるため、プロに相談できるメリットを享受しやすくなるだろう。

資産運用の相談先にはどんな選択肢がある?

いちよし証券での資産運用の相談は誰に相談するべきか? わたしのIFA

資産運用をするにあたって、いちよし証券に限らず、証券会社の外務員に相談するのは、最も一般的な相談先としてイメージしやすいだろう。

ほかにも、大手証券会社を中心にロボアドバイザーと呼ばれるAIを活用した資産運用のアドバイスを提供するケースもある。

ここでは、資産運用の相談先としてどのような選択肢があるのか、近年の対面証券の傾向や、資産運用における専門家の重要性などについてまとめた。

おすすめの相談先についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

近年の対面証券の傾向とデメリット

近年において、大手・準大手の証券会社はオンラインでの取引が行えるように体制を変化させてきた。

一方、その他の証券会社においては、大手・準大手に比べて柔軟な対応ができていない傾向にあり、対面での取引がメインとなることが多い。

この点は先述した、いちよし証券のデメリットにも該当するが、どうしても手数料が高くなるうえ、小口の投資には不向きである。

店舗を構えること自体がコストになるのは事実であり、ネット証券会社を中心とした手数料がほぼかからない業態に比べると、どうしてもデメリットは大きくなってしまうだろう。

いちよし証券の店舗数は52あるものの、その他の証券会社はさらに店舗が限られる。

店舗に行くとしても、行けるのは都市部に住む人に限られるため、利便性という観点からも使い勝手はイマイチといえるだろう。

資産運用における専門家の重要性

資産運用において、目的や投資に回す資産額、生活状況など、すべては人それぞれだ。

つまり、資産運用の方法には万人に共通する最適解などはなく、正解は人によって異なる。

また、同じ人であってもライフステージによって環境は異なり、その都度投資手法も変化させるべきだ。

このように考えると、その時々に応じたアドバイスをもらう必要性は高く、専門家に頼る意義も高い。

「全世界・全米株式の投資信託を購入すればOK」などという単純なものではなく、ライフステージや状況に合わせた最適な方法に基づき、資産運用を進めていくことが重要なのだ。

IFAという選択肢、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法

資産運用における専門家として、最もおすすめなのが「独立系ファイナンシャルアドバイザー」のIFAである。

名前からも分かるように、特定の証券会社に所属していないため、自社商品を販売するノルマがあるわけでもない。

顧客の資産運用の目的や状況に合わせて、公平中立な立場から最適な金融商品の提案を受けられるのが、IFAを利用する大きなメリットだ。

また、IFAは地域に根付いて活動していることが多く、異動による担当者の変更が起きることもない。

資産運用に関して、同じ担当者に長期にわたって相談できるのも、IFAならではだ。

「わたしのIFA」を使えば、あなたの居住地や資産額、目的などからIFAを絞り込み検索でき、自分に合うIFAを簡単に見つけられる。

初回相談は無料でできるので、相性を見極めることも可能だ。

公平な立場から、資産運用に関する幅広いアドバイスや提案を受けられるIFAに相談したい人は、「わたしのIFA」を利用するとよいだろう。

いちよし証券の評判をもとに資産運用の進め方を考えよう

いちよし証券の評判をもとに資産運用の進め方を考えよう わたしのIFA

いちよし証券は対面でのやり取りを重視するのが大きな特徴で、しっかりと相談しながら資産運用の進め方を考えたい人、店舗が近くにある人には特におすすめだ。

一方、インターネット取引に対応していないため、手数料は割高なうえ、地方部に住む人にとっては選択肢になりにくいだろう。

この点は、大手・準大手以外の証券会社に共通するところだ。

また、証券外務員に相談した場合、扱っているのは自社が扱う商品だけで、ノルマが厳しいことも多い。

また、長期にわたって相談しにくいのは大きなネックになるだろう。

この点、IFAであれば公平中立な立場から、あなたの状況に合わせて最適な金融商品を提案してくれる。

異動によって担当者が変わることもないため、生涯にわたって資産運用に関する相談ができるのも心強いだろう。

IFAの検索サービスである「わたしのIFA」を使えば、お近くのIFAを簡単に検索できる。

まずは無料相談してみて、IFAとの相性を判断することから試してもよいだろう。

本記事の内容を参考に、資産運用の進め方を考えてみてほしい。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

いちよし証券に関するQ&A

いちよし証券のサービスにはどのような特徴がありますか?

いちよし証券のサービスは、対面・電話取引という点が大きな特徴と言える。

インターネット取引には対応していないため、相談しながら資産運用を進めていきたい人におすすめな証券会社だ。

いちよし証券の大手証券にはないメリットは何ですか?

担当者一人あたりの顧客数は大手に比べて少ないものと予想されるため、きめ細やかな提案やサポートを受けやすいだろう。

いちよし証券での投資相談を最大限活用するためには、どのような準備をするべきですか?

投資の目的が何であるかは必ず明確にしておくとよいだろう。

そのうえで、どの程度の金額を投資に回せるのか、毎月の支出も明確にしておくと、投資クラスの選定や資産配分について、より具体的なアドバイスがもらえるはずだ。

いちよし証券を選ぶ最大のメリットは何ですか?

いちよし証券を選ぶ最大のメリットは、対面によるきめ細やかなコンサルティングサービスを受けられる点だ。

顧客一人ひとりに寄り添い、目的に合わせた投資手法の提案を受けられるため、自分で投資判断するのに自信がない人は、いちよし証券がおすすめである。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次