MENU

カードローンの自動契約機とは?消費者金融カードローンの注意点についても解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンの自動契約機を利用したいが、利用方法について分からない方も多いのではないだろうか。

この記事では「自動契約機の利用手順について知りたい」、「自動契約機を使う際の注意点について知りたい」という方に向けて、解説を行う。

さらに、記事内では消費者金融のカードローンの注意点についても触れているため、気になる方はぜひ参考にして欲しい。

目次

カードローンの自動契約機とは?

カードローンの自動契約機とは、ATMのような機械を利用して、銀行や消費者金融から借入をする機械である。

いわば、契約手続きを行うセルフサービスのシステムだ。

通常、カードローンの申込をする際には銀行や消費者金融の窓口に直接出向くか電話やインターネットを利用する。

しかし、カードローンの自動契約機を利用すると、24時間いつでも申込や契約をすることができる。これは非常に便利なシステムと言えるだろう。

その他の具体的な特徴は、以下の通りだ。

  • 審査結果の即時表示
  • 必要書類の提出はスキャンで行う
  • 説明書の確認も自動契約機で行う
  • ローンカードが即座に発行される

自動契約機では審査結果が即座に表示されるため、急いで融資を受けたい方にとっては便利である。

また、ローンの申込には運転免許証などの本人確認書類や、源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要となる。自動契約機内で、これらの書類をスキャンして提出することができるのだ。

さらに、カードローンの契約手続きを行う前に、自動契約機内で契約内容や返済プランなどの説明書を確認できる。重要事項の確認や理解を十分にしたうえで契約を進めよう。

最後に自動契約機で契約が完了すると、ローンカードが即座に発行される。発行されたカードは融資を受ける際に使用する。

自動契約機は、迅速な審査と即時融資のニーズに応えるために利用されることが多い。利用時は必要書類を持参することや、審査基準をクリアすることが重要だ。

そもそものカードローン全体の仕組みについて知りたい人は、以下の記事も参考にしてほしい。

カードローン 仕組みについて詳しく知りたい方はこちら

「カードローンの仕組みとは?申込方法・選び方・メリット・注意点を解説」

自動契約機の利用手順について

自動契約機を利用する際の手順は次のとおりだ。

  • 申込
  • 審査
  • 必要書類の提出
  • 契約

また、一般的に契約後は増額申請も可能である。利用手順の流れに沿って、解説していこう。

申込

まずは、銀行や消費者金融の店舗や特定の場所に設置された自動契約機に行こう。通常はATMのような外観をしていることが多い。

次に、自動契約機の画面上にて操作を行う。画面操作では、氏名・住所・生年月日・電話番号・勤務先情報・年収など必要な情報を入力する。

また、借入希望金額や返済期間なども選択する。

審査

入力された情報を元に、即時審査が行われる。基本的には審査結果がすぐに表示されるケースが多い。

カードローンには他の金融機関からの借入状況や過去に金融トラブルが無いかなどの審査基準がある。事前に審査基準をクリアできているか確認してから、申込を行おう。

審査に合格した場合、契約手続きに進める。不合格の場合は借入ができない。

必要書類の提出

審査に通過した場合、契約手続きで必要な書類の提出が求められることがある。

これには、運転免許証やパスポートなどの身分証明書や、給与明細や確定申告書などの収入証明書などが含まれる。

これらの必要書類を店舗に持参し、提出しよう。

契約

必要書類の提出後、契約内容が確認される。これには、金利・返済条件・借入限度額などが含まれる。

各項目を確認し、了承した場合は契約手続きが完了する。その後、借入や返済に利用するカードローンのカードが発行される。

増額申請も可能

契約後、借入に追加もしくは増額を希望する場合は、自動契約機を利用して増額申請を行うことができる。

その場合は増額の審査が行われ、申請が承認されれば追加で借入が可能となる。

自動契約機でのカードローン契約方法とは?

自動契約機に設置されたスキャナやカメラを使って、契約に必要な書類を読み取ることで、契約の確定画面へと進む。

その後、契約内容を確認し、同意した場合は指示に従って契約を確定させる。契約が確定した後、自動契約機からカードローンのカードを受け取ることができる。

自動契約機を利用することで、時間と場所に制約されずにカードローンの契約手続きができるのだ。ただし、各金融機関によって手続きや条件が異なる場合があるため、契約前に必ず利用規約や契約内容を確認しよう。

自動契約機を利用する上で必要なものとは?

自動契約機を利用する際に必要なものは、以下の通りだ。

  • 身分証明書
  • 収入証明書
  • 電話番号

契約申込には必ず身分証明書が必要である。一般的にはパスポート・運転免許証・住基カードなどの公的な身分証明書が使用できる。身分証明書は本人確認のために必要なので、必ず持参しよう。

また借入金額や返済能力を確認するために、収入証明書が必要な場合がある。給与明細・源泉徴収票・確定申告書の提出証明などを用意しよう。

さらに契約申込時に連絡が取れる電話番号が必要である。審査結果の通知など、重要な連絡を受けるために必要だ。

その他、自動契約機での契約申込には、氏名・住所・年収・借入希望額・返済期間などの個人情報が必要となる。これらの情報を正確に入力しよう。

個人情報を正確に入力できていないと、審査に落とされてしまうことがある。必ず入力した後の確認を怠らないようにしよう。

自動契約機を利用するメリットとは?

自動契約機を利用するメリットには次のようなものがある。

  • 誰にも会わずに契約可能
  • その場でのカード受け取りが可能
  • 休日も利用できる

以下でそれぞれの項目について詳しくみていこう。

誰にも会わずに契約可能

自動契約機の最大のメリットは、誰にも会わずに契約が可能なことだ。

通常の銀行や金融機関では、契約手続きのために窓口や担当者と面談する必要がある。ただ、自動契約機を利用すればそのような接触は不要となる。

審査書類の提出や契約内容の確認は、自動契約機内で行うことができる。これにより、時間や場所に制約されずに契約手続きを進めることができる。

仕事や家事で忙しい方や、担当者と顔を合わせることに抵抗がある方にとっては特に便利と言える。

その場でのカード受け取りが可能

自動契約機で契約を行うと、通常はその場でカードローンのカードを受け取ることができる。

銀行や消費者金融の店舗で手続きをする場合と異なり、カードを受け取るために別途行く必要がない。

自動契約機を利用する場合は、その場でカードを受け取れることがメリットだ。

休日も利用できる

自動契約機は設置場所や金融機関によるが、コンビニエンスストアに設置されていることが多い。そのため、休日も利用しやすい。

よって、平日や営業時間内に行うことが難しい場合でも、休日や深夜に利用することができる。

一般的な銀行や金融機関は、土日や祝日などの休業日には営業していない場合が多い。しかし、自動契約機は24時間稼働しており、休日や非営業時間でも申込手続きが可能だ。

例えば、金融機関の窓口に行けない休日や夜間に急な融資が必要な場合でも、自動契約機は利用できる。

また、自動契約機は人との接触や窓口での待ち時間がないため、待ち時間を気にせずに手続きを進めることができる。それだけでなく、混雑も避けられるのも嬉しい点だ。

自動契約機を利用する際のデメリットについて

自動契約機は非常に便利だが、デメリットも存在する。デメリットには次のようなものがある。

                        

  • 契約機が近くにない場合は手間がかかる
  • 審査中は契約機内での待機が必要
  • 利用できる時間が限られる
  • 自動契約機に入る姿を見られる可能性がある

以下でそれぞれの項目についてみていこう。

契約機が近くにない場合は手間がかかる

自動契約機は銀行やコンビニエンスストアなどに設置されている。ただ、地域によっては契約機が少ない場合や、利用者にとって遠い場所に設置されていることがある。

そのため、自動契約機までの移動やアクセスに手間や費用がかかるかもしれない。

住んでいる地域に契約機があるかどうか、事前に確認してから利用しよう。

審査中は契約機内での待機が必要

自動契約機での契約手続きの場合、即時審査が行われることが多い。その際、審査結果が出るまでは契約機内で待機する必要がある。

特に審査に時間がかかる場合は、待ち時間が長くなる可能性がある。そのため、自動契約機を使用する場合は時間に余裕を持つようにしよう。

利用できる時間が限られる

自動契約機の利用時間は、設置場所や金融機関によって異なる。中でも銀行の場合、営業時間内に限定されることが多く、休日や深夜には利用することができない場合もある。

自動契約機に入る姿を見られる可能性がある

他の人に自分の契約手続きを見られる可能性があることは、デメリットの1つとして挙げられる。

自動契約機は公共の場所に設置されており、人目に触れる場所で手続きを行う。そのため、プライバシーが気になる方には不安に感じるかもしれない。

ただ、自動契約機の画面は周りから見えにくく、操作中に他の人が個人情報を覗き見ることは困難だ。

また、セキュリティ機能や暗号化技術を用いて個人情報を保護しているため、情報漏洩のリスクも最小限に抑えられている。セキュリティ面には十分な配慮がされているといって良い。

それでも他の人の目が気になる場合には、人の少ない時間帯や、プライバシーを確保できる場所で利用するなどの工夫が必要だ。

また、一部の金融機関やカード会社では、ウェブサイトやアプリを通じてオンライン契約や申込手続きができるサービスがある。それらを活用することも選択肢の1つと言える。

自動契約機に関するよくある質問

自動契約機に関する質問には次のようなものがある。

  • 所要時間はどのくらいですか?
  • 自動契約機の中はどのようになっていますか?
  • 自動契約機はどのような場所にありますか?
  • 自動契約機で利用できるのは消費者金融カードローンのみですか?
  • 営業時間はいつからいつまでですか?

以下でそれぞれの項目について説明する。

所要時間はどのくらいですか?

自動契約機利用の所要時間は、契約内容によって異なるが、通常は10分から30分程度だ。ただし、審査が必要な場合や手続きが複雑な場合、待ち時間が長くなる可能性もある。

自動契約機の中はどのようになっていますか?

内部には普通は座席やデスクがあり、操作用のタッチパネル・カメラ・印刷機などが設置されている。

また、個人情報や秘密情報の保護のために、周囲を仕切るパーテーションやセキュリティ対策が施されている。

自動契約機はどのような場所にありますか?

自動契約機は、銀行・信用金庫・一部の消費者金融などの金融機関の支店内・ATMコーナー・コンビニに設置されている。設置場所は、金融機関や地域によって異なる。

自動契約機で利用できるのは消費者金融カードローンのみですか?

自動契約機で利用できるのは、消費者金融カードローン以外に銀行カードローンやクレジットカード等金融商品がある。

例えば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は自動契約機で利用可能だ。

自動契約機は、個人向けの金融商品の契約手続きを簡素化し、よりスムーズに行うために導入されている。

一般的には、消費者金融のカードローンや銀行のカードローンにおいて利用される。自動契約機では、審査結果が即座に表示され、必要な書類の提出や契約手続きが行われる。

その結果、契約が成立するとカードが即座に発行される。

また、クレジットカードの申込や追加カードの発行なども自動契約機で行うことができる。カード会社によっては、自動契約機を設置している場合もある。

営業時間について 

営業時間は、設置場所や金融機関によって異なる。一般的には、銀行や信用金庫の営業時間に準じており、平日の午前9時から午後5時までの間に利用することができる。

ただし、一部のコンビニエンスストアなどの場合、24時間いつでも利用することができることもある。また、土日や祝日は営業していない場合もあるため、事前に確認が必要だ。

消費者金融カードローンの注意点とは?

消費者金融カードローンを利用する際の注意点は、以下の通りだ。

1つ目は高金利であることだ。消費者金融カードローンは、金利が比較的高い傾向がある。それに伴って返済額も増えるため、利息負担を抑えるためには借入期間や総返済額をよく考える必要がある。

2つ目は借入限度額の制約だ。消費者金融カードローンでは、一度に借りられる金額に上限が設けられている場合がある。自分の必要な額を借りられるか、または他の金融機関を検討する必要がある。

3つ目は審査基準だ。消費者金融カードローンの審査は厳格な場合がある。収入・借入状況・信用情報などが審査される。

審査に通らない場合もあるので、事前に自分の信用状況を把握しておくことが重要だ。

4つ目は返済計画の立て方だ。消費者金融カードローンは、短期間で返済することが求められる場合がある。自分の返済能力を考慮して借入額や返済プランをきちんと計画する必要がある。

5つ目は返済の遅延や滞納によるリスクがあることだ。返済が遅れる場合や滞納すると、遅延損害金や延滞利息などの追加費用が発生する可能性がある。返済を忘れないよう、十分な予算管理を心掛けよう。

6つ目は問題の解決策を考えることだ。返済困難に陥った場合、消費者金融との相談や債務整理などの解決策を検討することも重要だ。

ただし、利息制限法や貸金業法など関連する法律にも適切に対応する必要がある。

上記注意点を踏まえ、消費者金融カードローンの利用には借入の必要性と自身の返済能力を検討し、計画的に利用するのが重要だ。

また、消費者金融として具体的にはレイク・アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルなどがある。審査時間も20〜30分と比較的短時間になっている。以下にそれぞれの比較表を提示する。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

自動契約機での手続き時間を短縮する方法とは?

自動契約機での手続き時間を短縮するためには、以下の方法がある。

  • 事前に必要書類を用意すること
  • 必要な情報を事前に準備すること
  • 混雑時を避けること
  • ネットでの事前契約を利用すること
  • インターネットバンキングを利用すること

書類の事前準備や必要情報の把握をしておくことでスムーズに手続きできる。また、混雑時間を避けたり、事前のオンライン申込みを活用することで待ち時間を短縮できるだろう。

さらに一部の金融機関では、自動契約機の手続き前にネットで事前契約を行うことができる。この方法を利用すると、必要な情報を事前に入力しておくことができ、手続き時間の短縮につながる。

これらの方法を組み合わせることで、自動契約機での手続き時間を効率的に短縮することができる。

ただし、各金融機関の手続き方法や要件には違いがあるため、利用する前に事前に確認することをおすすめする。

カードローンの利用は計画的に

この記事では「自動契約機の利用手順について知りたい」、「自動契約機を使う際の注意点について知りたい」という方に向けてカードローンの自動契約機について解説した。

消費者金融カードローンを利用する際の注意点には、高金利であることや、返済の遅延や滞納によるリスクなどが挙げられる。

そのため、消費者金融カードローンの利用には借入の必要性と自身の返済能力を検討し、計画的に利用するのが重要だ。

消費者金融についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてほしい。

消費者金融の審査について詳しく知りたい方はこちら

「251 消費者金融の審査基準とは?|落ちる原因・通りやすい人の特徴を徹底解説」

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
目次